磯釣り初心者

2013.07.19(Fri)

2012年の5月、初めて磯に立ちました。 場所は房総半島 白浜。
押し寄せる波の迫力にびっくり!

しぶきがかかりそうになった時は、恐怖で足がすくんでしまいました。

とても釣りをする気になれず、1時間以上、後方の高い所で、びくびくしながらあたりを見ていました。
結局、その日は釣りをせず、何か所か磯を覗いただけで帰ってしまいました。

「房総半島 パーフェクト地磯ガイド」というのを購入し、開いてみると・・・

薄暗い海を、数人が腰まで水に浸かりながら移動している写真が!

こ、この方たちは!!

まるで落ち延びてゆく義経一行のようで・・・正気か?!

失礼ながらそう思ってしまいました。

まあ、これは特殊だろうと思い直し、ページを繰って行くと、ポイントへ行く道程を、地図に点線で記してあります。
・・・ん? こ、これって海の中だよな・・・

磯釣りを始める自信をなくし、びびりながら始めた記録です。
スポンサーサイト

6月18日 神津島 タダナエ島 平段裏

2016.06.24(Fri)

今回は東京磯釣倶楽部のメンバーとの神津島釣行だ。




20160618001.jpg

本島回りと、恩馳群礁、タダナエ島がある。

今回はタダナエ島に下りた。





20160618002.jpg

今日は人が結構多い。

タダナエの沖磯、平段の裏に、池田、杉浦、私の3人が下された。

うねりがあり、向きによっては低い磯には乗れないようである。




20160618003.jpg

底物狙いの池田さんはチャカ場で竿を出し、カゴの杉浦さんは少し離れて竿を出した。

私はエボシとの間の水道に釣り座を取って、まずは底物の仕掛けを放り込んだのだが・・・

かなりの流れがあり、あっという間に流されて根がかりしてしまった。

仕方ない、ここでは底物はあきらめるか・・・

で、フカセを始めた。




20160618004.jpg

この状況でフカセ? と思われる方も多かろう。

イヤンな配置ではあるが、やってみる。




20160618005.jpg

仕掛けを入れると、矢印の流れに乗って、すっ飛んで行く。

バチバチと指をはじきながらラインが出ていく・・・

・・・・・なんも来んわ・・・

少しづつガン玉を増やして深さを調整するが、来んの~

潮下のカゴと、仕掛けがからむ。

それにもメゲず、延々と流し、150m巻いてる糸がなくなる直前まで流すと、やっと「バチバチ」が、「バチバチバチッ」となる。




20160618006.jpg

お、重い! おおもんかぁ~!





20160618007.jpg

35センチかい!

流れで重かっただけじゃ。

アタリから、手前に持って来るまで、2分もかかってしまった。

この型の尾長ではのう・・・疲れる・・・流すのや~めた(笑)



足元に、潮とは反対に出るサラシがあり、中立になるエリアが、たまにできる。

カワセミのようにじっと観察し、できた瞬間、コマセと仕掛けを放り込む。




20160618008.jpg

おお、素直にウキが引き込まれたわい。




20160618009.jpg

40オーバーの口太か~

う~ん、これを狙っとるわけじゃないからのう・・・

でも一応、40のメジナを上げたという事で、ノルマ達成だ。





20160618010.jpg

底物の池田さんは、ウツボを上げている。

同じ場所で、立て続けに4本・・・

う~ん、底物や~めた(^^;




20160618011.jpg

昼近くになると、風がなくなる。

暑くてたまらんので、キャップから笠に変える。

やっぱり笠は涼しいの~

中途半端に流しても、何も来ないので、場所を変えるか。




20160618012.jpg

チャカ場の右ぎりぎりに釣り座を取る。

サラシも出て、雰囲気がとってもいい。

が・・・来ない。

付けエサがそのまんま帰って来る。

サラシが切れた時に見える海中には、デカいのがうようよしておるが・・・

イスズミ様ご一行である。

その中に、わけのわからんデカ魚がいるが、何かわからない。

付けエサをオキアミからイワシにも変えてみるが、口を使わない。

ん~、キビシイの~

軽い仕掛けからどんどん重くして、竿1本半でコイツが来た。




20160618013.jpg

なんでこんな深さでタカベが来るんじゃ!

ちょっとおかしいの~


サラシの先をしつこく探ると、コイツだ。




20160618014.jpg

ババイサキ・・・しかし群れでいるはずのコイツも、単発。


な~んか、様子がおかしくないか?

などと、自分がヘタクソなのを棚に上げ、首をひねる。


アタリの少なさにダレまくり、人の釣りを見たり、ダベったりで、時間が過ぎて行った。

潮だまりに入れてた魚をクーラーに移していたら、尾長にやられた。




20160618015.jpg

ちょっと深めにスパッと反撃された。

もう何回切ったことか・・・

しかし、押さえているとすぐに血が止まる。

・・・だんだん治りが早くなってきたような気が(笑)




20160618016.jpg

午後3時、撤収が始まる。

エボシには、海央丸が着けていた。


我々も港に帰り、宿に行く。

賀寿丸の宿かと思ったら、今夜は民宿「松浦」。

船長が退院して、女将もすぐには宿を再開できないのだろう。




20160618017.jpg

スーパーで明日の飲み物と昼飯を買い込む。

みんな疲れてるのか、アイスを買い食いだ。




20160618018.jpg

ビニール袋を下げて宿に帰るおっさんたち。

アイスを食べながら、夕暮れの美しい街並みを汚す。




20160618019.jpg

夕食はこれにご飯とみそ汁。

前の宿もそうだったが、地元の魚は出んのか?

神津島でサンマはちょっとなぁ~



20160618020.jpg

酒を飲んでいい気分になり、クーラーのきいた快適な部屋で、8時間熟睡したのであった。

にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村

プロフィール

楽竿作者

Author:楽竿作者
釣り歴36年だけど、磯は初心者!
房総、伊豆半島、三宅島、八丈島に出かけています。

アクセス

カテゴリ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

にほんブログ村ランキング

↑