磯で「ヌカカ」に刺されたら、こうなる

2013.07.30(Tue)

2012年の夏、房総半島でヌカカに刺されました。

最初は、乙浜港へ行った時。 夕方、堤防の先端あたりで、ちょい投げをしてました。

何にも釣れなかったんですが、ヒマだったんで、ぼーっと座ってたところ、ふと手を見たのです。

手の甲に、黒い小さな物が付いていました。

「ゴミだろう」と思い、逆の手で払うと・・・なんとゴミから血が出たのです。

「ええ~?! これって蚊ぁ?」

だって、ほんと2mmくらいの、小さな黒い点だったのです。

かゆくも何ともありません。

ま、いっか・・・気にすることなく、帰ったのですが・・・

次の日にめちゃくちゃかゆくなりました。 手を見ると、1か所じゃなく、全部で9か所も!

nukaka001.jpg

その日の状態は、このように少し丸く膨れているだけです。

それが、2日もすると、下の写真のように、丸く水ぶくれのようになります。 グ、グロい・・・


nukaka002.jpg

この時、かゆさマックス! かゆくてかゆくてたまりません!

手首の方の2か所のように、かくとつぶれて、中から液が出てきます・・・おえ・・・

四六時中かゆくて、我慢できずにかいてしまいます。 その時は、ああ~~気持ちええ~~

となるのですが、しばらくするとさらにかゆくなります。

もう、寝る時なんか我慢できずに、気がおかしくなってしまいそうになり、寝られません。

3日目に、薬局に行き、手を見せ、かゆみ止めをお願いすると、

店員:「これは・・・何の虫ですか?」

私:「海で、2mmほどの、ヌカカというやつにやられました」

店員:「これ、市販薬じゃ、無理ですよ。 病院に行った方がいいです」

という事で、すぐに皮膚科に行きました。

医師によると、かゆみは、アレルギー反応だから、飲み薬で緩和する。 塗り薬は処方するけど、効果は弱い。

眠れないだろうから、睡眠導入剤も処方する。

との事でした。

ポララミン錠という飲み薬を1週間分、ジフラール軟膏という塗り薬、マイスリーという睡眠導入剤を1週間分、処方してもらいました。

薬を飲んで、軟膏を塗っても、すぐには効きません。

その日は、睡眠剤を飲んで、やっと眠れたのでした。

5日もすると、少し腫れが引いてきて、このように先端がかさぶたのようになり始め、1週間もすると、ほんとにかさぶたになり、ようやく薬を飲まなくても眠れるようになりました。

nukaka003.jpg

その後、川下港でまた刺されました。 3本指先端だけ出ている手袋をつけてたので、その出ている指の部分だけ、2か所刺されました。

また、汗でズボンが足に張り付き、座ったらヒザが破れたのですが、その部分だけ、3か所刺されました。

同じ状況になり、皮膚科に走ったのは、言うまでもありません。

携帯の、電池で薬剤を振りまくという虫よけ機を、腕に付けてたのですが、全く効果ないようです。

その後、ボトルの虫よけスプレーを買い、これにハッカ油を混ぜ、磯で首から手に何度も、シュッシュッかけていますが、刺されなくなりました。

ハッカ油が効果あるようです。 あまりたくさん入れると、す~っとすると言うより、ヒリヒリしますが・・・

みなさん、お気を付け下さい。



にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

ヌカカ 2

2014.05.05(Mon)

今年の4月9日、入間でヌカカに刺された。




20140423000.jpg

刺される感触はなく、手でペチッとやると、潰れて血が出たのでわかった。
その時は痛くもなんともない。
1時間ほどして、ようやく少しかゆくなってきたくらいだ。

で、刺された箇所がどのような経過をたどるか、毎日撮影してみた。

20140423001.jpg

刺された日、夜の写真だ。
少しふくれてきた。
かなりかゆい。
ここで掻いてしまうと、ひどくなるので、ぐっとガマンだ。

20140423002.jpg

昨夜の写真は、局所的に丸く膨れただけだが、2日目には、その周りまで腫れている。
決して小さくなったのではない。
大きくなったのだ。
めちゃくちゃかゆい!
が、絶対掻いてはいけない。

20140423003.jpg

3日目。
中央が突出し、先端が透明感を持った幕のようになっている。
体液が滲出して溜まっているのがわかる。
まるで水ぶくれ状態だ。
かゆさMAX!

20140423004.jpg

4日目。
掻いてはいないが、何かにちょっと触れただけで、先端部が破れて、中から体液が出てくる。
一度出しきっても、その後何度も滲み出てくる。
無性に掻きむしりたくなるが、絶対にガマンだ!

20140423005.jpg

5日目。
溜まった体液が外に出てなくなり、少し凹んだようになっている。
周りはまだ腫れているので、火山の噴火口に似た形状となる。
まだまだかゆい。

20140423006.jpg

6日目。
クレーターに、少しカサブタのようなものが出来始める。
ようやく少しかゆさがおさまって来る。

20140423007.jpg

7日目。
完全にカサブタが形となる。

20140423008.jpg

8日目。
カサブタの色が濃くなり始め、周りの腫れが引いてくる。
かゆさはずいぶん減少。
が、触るとかゆみが出てくる。

20140423009.jpg

9日目。
前日からあまり変化なし。

20140423010.jpg

10日目。
ほとんど変化なし。

20140423011.jpg

11日目。
周りの腫れが、ほとんど引き、カサブタだけが残っている状態に近い。
もうほとんどかゆさはない。

20140423012.jpg

12日目。
さらに腫れが引いて、もう目立たない。

20140423013.jpg

13日目。
ほとんど変化なし。

20140423014.jpg

14日目。
もう腫れはなく、カサブタだけが残っている。
かゆさは完全に引いた。

20140423015.jpg

15日目。
自然にカサブタが取れた。
その跡がわずかに残るが、ここで完治と言っていいだろう。

20140423016.jpg

26日目。
もうかゆみも何もないのだが、うっすらと跡が残っている。
これが消えるまで、まだ日数がかかる。
ヌカカ、恐るべし。


もう何度も刺され、悩まされた人も多いだろう。
私も一昨年の夏、何度も刺された。
それまでは幸運なことに、ヌカカに刺されたことはなかったのだが、2012年に洗礼を受けてしまった。

20140423017.jpg

その時の写真だが、同時に9か所も刺されたため、夜も眠れないほど苦しんだ。
猛烈なかゆみで、頭がおかしくなりそうだった。
その時の記事は、同カテゴリーの「ヌカカ」に記載したが、2012年は連続して何度も刺されたものである。

たぶんそれで慣れと言うか、免疫ができたのだろう。
今回も症状が軽く、完治も2週間ほどだった。

初めて刺された2012年は、完治にもう少し日数がかかったように記憶している。
かゆさも長引き、1か月は尾を引いた。
カサブタが取れて、かなり長い期間、触るとかゆさが戻ってきたものだ。

違う地方に行き、種類の違う蚊に刺された時は、物凄く腫れて、激しいかゆみを伴う事が多いが、それと同じだと思う。

また、1か所でも激しいかゆみを伴うので、複数個所だと、非常に苦しい。
9か所も刺されたら、もはや拷問である。

2013年は、気を付けて対策を取ったため、刺されなかった。

長くなったので、その対策法は次回に。



にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

ヌカカ対策

2014.05.05(Mon)

ヌカカは非常に小さく、普通の蚊のように、視覚で捉えるのが難しい。
肌にとまっても、小さなゴミが付いてるくらいにしか見えないので、気づくのが遅れるのだ。

また、普通の虫除けスプレーは、まったく役に立たない。




20140505001.jpg

おそとでノーマットだ。
これは電池式で、腕に付ける。
薬剤を振りまいて、虫を寄せ付けないというものだが、全く役に立たなかった。
2012年の夏、虫除けスプレーをかけ、さらにこれを付けていたにもかかわらず、ヌカカに刺されまくった。

20140505002.jpg

まずは、肌の露出を最小限に。
磯で半袖、短パンという人もいないだろうが、長袖、長ズボン、グローブは必需品だ。
グローブは5本出しよりも、3本出しの方を使っている。

20140505003.jpg

出ている指が狙い撃ちされるので、少しでも露出を少なくした方がいい。

私は1年を通して、首タオルをしているおっさんだが、これも効果的だ。
首筋の日焼け防止にもなる。
が、耳周りが危ないので、真夏はこれも使用している。

20140505004.jpg

少々うっとうしいが、あの地獄を防げるなら、ガマンできる。

20140505005.jpg

これに加え、ハッカ油が効くらしいので、薬局で買った。
小さいけど、結構高い。
よく覚えてないが、こんなちょっとの量で800円くらいしたかな?

が、これは非常に強いので、原液のままでは使用できないだろう。

私の場合、市販の虫除けミストに、混ぜて使っている。
ボトルにドバっと入れるのではなく、ほんの少しでOKだ。
数滴と言う人もいるようだが、それでは少ないような気もする。

20140505006.jpg

これを服の上、手、首にかけて使っている。
ハッカ油の量で、ヒリヒリ度が変わるので、自分の肌に無理がないように、量を調節した方がいいと思う。
スースーするので、暑いときは気持ちがいい。

汗や手洗いで流れてしまうので、時々かけ直さなければならないが、これを使いだしてからは、ヌカカだけではなく、磯蚊もまとわりつかなくなった。

今年もこれからの季節、必携品だ。



にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

プロフィール

楽竿作者

Author:楽竿作者
釣り歴36年だけど、磯は初心者!
房総、伊豆半島、三宅島、八丈島に出かけています。

アクセス

カテゴリ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

にほんブログ村ランキング

↑