FC2ブログ

釣魚宴会

2018.07.13(Fri)

釣りに行けない日々が続くのはツライ。

特に仲間が行くと、ツライ。

「ミルキング互助会」のラインで出発の打ち合わせが行われていると、自分も仕事を放り出して合流したくなる。

ガマンするしかないのだが、明日はツヨシ、偽チヌ師さん、パティシエさんの3人が式根島方面へ行く。

うらやましい・・・

せめて釣り上げたエエモンを食べたいのう・・・

偽チヌ師さんとパティシエさんは釣りの後、白浜のコンドミニアムで泊まるようだ。

釣った魚を料理して酒を飲むらしい。

明日の夜ならば時間があるので、そこだけ乱入するか・・・

まあ、釣り上げたモンを聞いてから、行くかどうか判断しよう。






当日、早朝にラインが入る。

式根島ではなく、地内島に乗ったようだ。





20180701001.jpg

ツヨシがクチブトの型モンを上げている。

いい潮が入ってないのか、オナガは型が小さいそうだ。





20180701002.jpg

型モンはクチブトとササヨか。

暑い中、ご苦労さんじゃのう~

偽チヌ師さんとパティシエさんはどうじゃ?

クチブトとオナガは、やはり型が小さくポイしておるらしい。


偽チヌ師「楽竿さん、今晩来るの?」

「釣り上げた魚によりますな。」

偽チヌ師「赤い魚が釣れてますよ。」


アカハタか! それなら行かねばなりませんな!


え? マダラアカハタ?





20180701003.jpg

・・・ブダイか!


え? 違う赤いお魚が釣れた?





20180701004.jpg

何がアカハタモドキじゃ!


オジサンではないか!


わざわざ車で190km走って行く価値がないやろ!


それにしても・・・

磯でそんな画像加工しとるヒマがあるんか!(笑)





20180701005.jpg

あ・・・釣った(笑)

クーラーの大きさからして、50センチ台のカンパチですな?





20180701006.jpg

入間では、ナニパクがパラソル挿して釣りをしておる。

後で合流するらしい。

む・・・ナニパクは高級魚を釣る実績が高い。

ここはやはり出かけて、彼らの獲物を食べつくしてやらねばならんだろう。





20180701007.jpg

出刃・柳葉包丁持って車に飛び乗り、高速道路を走る。

日曜の午後、下り方面は空いている。

3時間半ほどで下田港に到着した。





20180701008.jpg

まだ船が帰って来てないが、神津島の賀寿丸がちょうど着岸したところだった。

船長に最近の神津島の様子を聞く。

昨日はオンバセで、45センチくらいのオナガがそこそこ上がったという。

むう・・・ええのう~、行きたいのう~

なんでここにいんの? と船長が聞くので、友達が釣りに行ってるので、獲物を奪いに来たと言うと、笑っておった。

ツヨシや偽チヌ師さんが式根島へ行ってると言うと、船長のキゲンが悪くなるかもしれんので黙っておく(笑)





20180701009.jpg

賀寿丸が出て行くのと入れ替わりに、式根島の海晃丸が入港した。

ん?

ロープ持ってお出迎えしてるのは、富久丸の船長ではないか。

船長同士の力関係が、ちょびっと見える光景である(笑)





着岸して、ツヨシ、偽チヌ師さん、パティシエさんが、真っ赤に焼けた顔で上がって来る。

暑かったようだの~




潮が走らず、オナガは型モンが上がらなかったそうだ。





20180701010.jpg

ツヨシはクチブトの型モンとイサキだけを持ち帰ったようだ。

あいかわらずメジナをよく釣るオジサンである。


宴会組のクーラーはどうじゃ?





20180701011.jpg

・・・赤い

お魚が赤い・・・

ブダイアカハタモドキ(オジサン)ばかりか!





20180701012.jpg

先ほど合流したナニパクとクーラーの中身を物色していたら、神津島の海央丸が帰って来た。

賀寿丸は船足が速くて快適だが、この海央丸のファンも多い。





20180701013.jpg

ツヨシに型モンのクチブトとイサキを分けてもらい、白浜のコンドミニアムにやって来た。

みんなが順番に温泉に入っている間、料理の準備をしておくか。





20180701014.jpg

今日のメイン、偽チヌ師さんが釣ったカンパチだ。





20180701015.jpg

お刺身がたくさん取れて、2皿に並べる。





20180701016.jpg

オジサンもついでに(笑)

他は偽チヌ師さんが準備をしている。





20180701017.jpg

まずはビールですな!

みなさんお疲れ様でした!





20180701018.jpg

ツヨシのクチブトは、オリーブオイルで香草焼きにする。

これはビールにとてもよく合う。

ウマいですな!





20180701019.jpg

偽チヌ師さんが、イサキをナメロウにしてくれた。

もう卵をハタいた後だったらしい。


高級魚専門のナニパクは、お土産なしだと言う。

珍しい事もあるもんだが、今夜の魚はたくさんあるので不問に付す。


しかし釣り仲間との宴会は楽しい。

笑いが絶えず、変態談義に花が咲く。


「夏は釣れる魚種が豊富で面白いですな」

「世間一般では、磯のシーズンは夏以外になってますな」

「実は夏の方が面白いですな」

「引きも強いし、美味しいお魚も多いですな」

「暑さだけがネックですな」

「熱中症対策が必要ですぞ」

「我々にはパラソルがありますからな」

「それでも暑くて頭がボ~っとしますわ」

「もともとボ~っとしてませんか?」

「普段と一緒という事ですな?」

「いや、こりゃ一本取られましたな!」


ワハハハハハ!


「しかし普通は、あまり夏に磯へ行きませんぞ」

「我々は普通ではないという事ですかな」

「変態ブログとか思われてそうですな」

「間違いなく思われてますな」

「仲間もみんな変態と思われてますぞ」

「類は友を呼ぶと言いますからな」

「私は違いますぞ!」

「そう思ってるのは本人だけですな」

「いや、まったく」


ワハハハハハ!





20180701020.jpg

笑っている間に、カンパチのアラとサシミの切れ端の煮付けが出来上がる。





20180701021.jpg

オジサンもこうじゃ!

釣魚を前にして話は尽きず、23時過ぎまで飲んで騒ぐ。

ビールの後、日本酒に進んだが、一升瓶がほぼ空いたところでお開き。

疲れ切った釣り人たちは死んだように眠った。





翌朝・・・

ナニパクは、まだみんなが眠っている間に出かけたようだ。

今日も入間へ釣りに行った。

ちくしょ~、ええのう~


我々は朝7時頃、コンドミニアムを出発、帰途についたのであった。




後でラインにナニパクから写真が届く。


メイチダイが釣れましただと!?

ホンマは昨日釣れたのを隠しとったんちゃうんか!




応援して頂くと、書く励みになります。
下のバナーをクリックして下さると、大変うれしいです。

にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村


にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村


楽竿のホームページへジャンプ
スポンサーサイト

続・続・釣りに行けない日々

2018.07.17(Tue)

休みだ。

いよいよ釣りだ。

心配していた台風8号は、関東に向かっては来ないようだ。

2日間、思いっきり釣りをしてやる!

ネットで天気予報を調べる。

風はないな、よしよし。

波は・・・少しあるな・・・でもそんなに高くはない。

ウネリは・・・




20180710001.jpg

うお!

なんじゃあ!この周期は!

この予報、間違うとらんか!?

と、とにかく前日に、入間の渋谷船長に電話してみるか。





私 「あ~、オレオレ! どう?海は。」

渋谷船長 「明日? 全然ダメだね~、船体避難させてるし~」

私 「え~! 明後日は?」

渋谷船長 「たぶんダメだね~、この調子だと。」


なぜだ!


なぜ私が釣りに行く日はことごとく海が荒れるのだ!


地磯も考えたが、台風の影響でのウネリだし、沖磯よりも危ない。


くくく・・・くふふふ・・・・


くわっ!


絶対呪われとるやろ!



20180710002.jpg

ちくしょ~ ホルモンじゃ!





20180710003.jpg

じゅう~・・・


ホントは今ごろ車で入間へ向かっているはずなのに・・・

前回磯に行ったのは、6月4日・・・


また1か月以上釣りに行けとらんが!


今日は飲んで、思いっきり夜更かししてやる。

サッカーの録画がたまっておるしの。



明るくなるまでワールドカップの録画を楽しみ、釣り開始の時間とともに寝た。




昼頃に目が覚め、ふらふらと渋谷に足を運ぶ。





20180710004.jpg

頼んでいたウキを受け取りに来たのだ。

補充せんと、イザという時に困るからのう。

え? 釣りに行ってないのに、イザもないだろう?

そりゃそうですな、こりゃあ一本取られましたな!

などと心の中で一人ツッコみ、会計をする。





20180710005.jpg

釣りに行かんでも、カネが出て行く・・・




20180710006.jpg

サンスイ海釣り館のちょっと手前の店舗に、フルイチがおる。

覗いてみるか。





20180710007.jpg

む! 写真を警戒して顔を背けたな!

大丈夫。 もうみんな知っておる。

え? ダイワのレインジャケットが入った?

どれどれ・・・

お! 前にワシが言うとった、赤のヤツか!

ちょっと着てみるか!



ぴったしやん。

まあ、気が向いたら買おうかな。

・・・おい! 袋にワシの名前が書かれとるやないか!


フルイチ 「えへへへ、とっときました~」


・・・仕方がないの~、なんぼや?

もう少しまけて!

なに、サンスイの日なら、ここからさらに5%引き?

毎月第3水曜日か。


7月は18日?


次の釣行予定日ではないか!


これだけ釣りに行けんでモンモンとしとるのに、5%安く買うために釣りをガマンしろと!



釣り優先じゃ!


8月のサンスイの日に来るわ!

8月がダメなら、9月じゃ!

延々と伸びて、不良在庫になるから、途中でだれか欲しいと言ったら、売ってもええで(笑)


適度に渋谷で遊び、釣りを予定していた1日目が終わった。







20180710008.jpg

釣りを予定していた2日目。

普段あまり野菜を取らんから、食べ放題で食うとかんとのう。

池袋シェーキーズのランチバイキングにやってきた。





20180710009.jpg

大学生の時に、初めてシェーキーズに来たな。

もう34年前から通うとるんか・・・

あの頃は、高田馬場のシェーキーズだったな。

色々とメニューが増えたが、やはり基本はピザとフライドポテトだ。

思いっきり食べて、ふうふう言いながら店を出る。



ちょっと買い物して行くか。





20180710010.jpg

しかしどうしてスマホコーナーはどこもこうなのだろう。

通る人より店員さんの方が多いではないか!

配置される店員さんも気の毒じゃのう~





20180710011.jpg

おお~、涼しいの~

クーラーが効いている店舗だが、扇風機の前でボ~っと休憩。





20180710012.jpg

家に帰ると、通販の品物が届いていた。

パラソルの固定ペグだ。

これを磯に打ち込んで、太軸のパラソルを立てるのだ、ふふふ。




こうして、釣りに行けない日は、無駄になっていく・・・





仲間が磯へ行く時は、天気がいい。




20180710013.jpg

おお! ナニパクがマグロを釣ったか!





20180710014.jpg

カンパチもか!

あいかわらず高級魚専門じゃの~

イシガキダイも釣ったようだし、絶好調ではないか!

なぜ、この間の宴会の時に釣らんのじゃあ!





20180710015.jpg

じゅう~・・・


釣りに行けんワシは、ホルモンを食う。

新しくご縁ができた磯釣り師のお二人とともに。

まあ、釣りの事になると、話が尽きませんな!

ついつい時間を忘れて飲み過ぎてしまった。

今度磯へ一緒に行きましょうね!

終電過ぎてスンマセン・・・







20180710016.jpg

さて・・・外伝のつづきでも描くか・・・





応援して頂くと、書く励みになります。
下のバナーをクリックして下さると、大変うれしいです。

にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村


にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村


楽竿のホームページへジャンプ

7月25日 南伊豆 入間 君掛

2018.08.01(Wed)

やっと休みと天気がマッチした。

久々の海だ。




20180725001.jpg

今日はパティシエさんと二人で入間へやって来た。

客は他に石物師が1人の、全部で3人。

あいかわらず夏の暑い磯は人気がない。



他の渡船にも客が1人(笑)

その渡船は客を加賀根に乗せたので、我が日吉丸はまず牛根に石物師を下す。





20180725002.jpg

パティシエさんは、川吾に下りた。

そこを独占できるのはゼイタクですぞ~





20180725003.jpg

私は君掛に下りる。

最近はほとんどダレも乗らないようだ。





20180725004.jpg

去年の夏、ここでラインを切られまくった。

その数、実に12回!

なんとか正体を見てみたいものだ。





20180725005.jpg

夏の磯も、日陰さえあればなんとかしのげる。

パラソルは必需品だ。





20180725006.jpg

新しくチャランボを試作したので、それの実地テストも兼ねている。

自分の命に係わるので、ひ弱なチャランボではイカン。

YOU-SHIのチャランボ(ミドル)がとても使いやすく頑丈なので愛用しているのだが、人からよく聞かれるのだ。

「おススメのチャランボは?」

しかしこのチャランボ(ミドルサイズ)、生産中止になってしまった。

仕方がないので、ちょっと改良して試作をしてみたのだ。

少し寸法を変え、エサ箱を2個付けられるようにもしてある。

生オキアミ、ボイル、むき身などを多用するから、エサ箱は1個では足りない事が多い。

操作性、耐久性をテストして、結果が良ければ、限定生産しようかと思っている。





20180725007.jpg

いつもの釣り方で仕掛けを流すと、喰いついてきた。





20180725008.jpg

おなじみのエサ取り、小イサキだ。

これはここでモンスターを狙う税金みたいなもの。





20180725009.jpg

しかし・・・これしか釣れん・・・





20180725010.jpg

スジを変えると、コッパ・・・

見えないけど、海底の地形だろう。



しかし今日は風がほとんどない。

薄曇りではあるが、汗が噴き出て止まらない。





20180725011.jpg

ここで一発、コイツを使うか!

首筋や脇に吹きつけると、ひんやりして涼しい。





20180725012.jpg

パンツを下して、蒸れたアソコにも噴射じゃ!


それ、シュー!





20180725013.jpg

これで風が吹くと、ひんやりして最高なのじゃ!

・・・風がない・・・

・・・・・・風が来ない!

イカン!


ヒリヒリしてきた!





20180725014.jpg

フー! フー!


口で息を吹きかけ、手でパタパタあおぐ!


熱い!


ヒリヒリして熱いぞ!


仕掛けは流しっぱなしだが、今、喰いついてライン持ってったらどうしよう!

などとアセリながらパンツを上げる。

ジンジンするが、ガマンだ!





20180725015.jpg

すなおに、これを首に当てとくか・・・

首筋の裏に当てて、上からタオルを引っ掛けると、涼しい・・・

1枚で30分ほどは涼しく感じられる。





20180725016.jpg

船長が見回りに来た。

「ど~おう~? 釣れた~?」


「釣れ~ん! 水温何度~?」


「27.5度ぉ~!」


お湯か!





20180725017.jpg

あいかわらず、こんなんしか釣れん!





20180725018.jpg

パラソルの下でやっておったのだが・・・





20180725019.jpg

風が強くなってきたので、パラソルを畳んで笠をかぶる。

これでもキャップよりは格段に涼しい。

首筋まで影が覆い、頭にも風が抜ける。

先人の知恵は大したものである。


後はオオモンを掛けるだけ!





20180725020.jpg

・・・・・





20180725021.jpg

・・・・・・・・・・


とうとう君掛モンスターは、来なかった・・・



午後2時、磯上がりして港に帰ると、浜辺に!





20180725022.jpg

布地が少ないではないか!

さっきのスプレーをシューシューしてあげたいのう~

・・・ええモン見せてもろうた・・・



明日も入間でやろうかと思っていたのだが、子供たちと海で遊ぶとかで、南伊豆の渡船は休みだそうな。





20180725023.jpg

ネットで素泊まりの安宿を見つけ、パティシエさんと泊まる。

スーパーとコンビニでツマミと酒を買い、明日の釣りを夢見ながら、気絶するように寝てしまった。




応援して頂くと、書く励みになります。
下のバナーをクリックして下さると、大変うれしいです。

にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村


にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村


楽竿のホームページへジャンプ

7月26日 南伊豆 下田沖磯 石取根 ナライカド

2018.08.07(Tue)

安宿を3時過ぎに出発し、田牛(とうじ)港にやって来た。




20180726001.jpg

喜一丸の渡船客は、堤防の奥から順に車を停めて行く。

すでに5台ほどが並んでおり、我々は1番最後だ。

ここに停めないと、普段のように堤防根元では駐車料金を取られるらしい。

海水浴の客が停めるそうだ。

時おり雨がぽつぽつと来るが、連日の猛暑なので、多少の雨なら大丈夫だろう。

レインスーツは置いて行こう。

早朝にもかかわらず、大変蒸し暑い。





20180726002.jpg

そんなに人数がいないため、1艘での出船である。

まずは横根に着ける。

他の渡船もいるため、下ろすのは競争だ。





20180726003.jpg

裏本場に下ろしたら、すかさず稲荷下へ向かう。

我々は最初から石取根をリクエストしていたので、横根の後だ。





20180726004.jpg

無難に、ナライカドに下りた。

本場は石物師が数人いるのだ。

ならいの風が当たるが、涼しくていいだろう。


さて、下りた時からずっと下りの潮が走っている。

ここはあまりよく知らないが、沖に見える小根の間を流すのがいいらしい。


まずは軽い仕掛けで、流れの様子を探るか。





む! これは難しい!




20180726005.jpg

左は本流が白波を立てて流れている。

その分流がこちらに来るのだが・・・それは表層だけ。

仕掛けが少し入ると、左の本流に向けて力強く引っ張られて行く。

表層よりも下は、手前から沖まで、流れは左だ。

分流の下に潜り込んで行く境目で、潮が上に沸いて楕円の鏡のような模様がいくつも出来ている。


ラインを張ってハリスも浮かせると、仕掛けは小根の間に向かうが、その手前で右へと流れて、やがて止まってしまう。

この図のように、かなりはっきりと潮が強く流れているため、超遠投して「A」付近まで飛ばしても、手前の流れでラインを右に持って行かれてしまう。

これでは、どちらにしても「A」にはコマセが効かない。

足元にコマセを撒くと・・・イサキだろう、海中が茶色になる。

「左の本流に向けて入れ込んで行けばよい」

そう考えるのが普通だろうが・・・

潜り込んで行くと、コレに全部やられる。





20180726006.jpg

ハタいた後のイサキは・・・ポイじゃ!





20180726007.jpg

足元のキワに入れると・・・コッパか!


仕掛けの投入ポイントやラインの張り方を変えて試すのだが、どうしてもしっくりと来ない。

イサキは入れ食いだが、全部ポイじゃ。


そのうち時々ぱらつくだけだった雨が、だんだんと強くなってきた。





20180726008.jpg

あたりが煙るほどの土砂降りになってしまった。

どうせ暑いから・・・と、車にレインスーツを置いてきた。

失敗じゃ・・・


パンツまでびちょびちょではないか!




20180726009.jpg

後ろの岩肌を、雨が滝のように流れ落ちている。





20180726010.jpg

パティシエさんは、日よけのパラソルを、傘にして凌いでいる。

ならいの風も強い。


・・・・・寒い


・・・・・・寒いぞお!


この連日猛暑の中、こんな寒い思いをするとは!


そうじゃ! こんな時は動いて体を温めるのじゃ!




20180726011.jpg

荷物をえっちらおっちら運び、ドブに釣り座を移した。

ブーツの中にも雨水がたまり、くっちゃくっちゃと音を立てる。

さて、こっちはどんな具合かのう。

足元にコマセを打つ。


・・・・・・・・茶色い・・・

みるみるうちにイサキが集まって、乱舞する。

これはイカン!

とりあえず、仕掛けをいろいろと投げて潮を調べる。





20180726012.jpg

「A」の本流を流したいが、どうしても手前の流れにつかまり、「B」へ流れつく。

右のドブからの大サラシで一旦沖へ膨らむが、「B」へと向かってしまうのだ。

潮受けをハリスに付けて中層流に引っ張らせても、表層流が強すぎて負けてしまう。

0号ウキにナマリを貼って水中ウキにしても、道糸が表層流につかまって本流までたどり着けない。

コマセも一部は「B」にたまるのだろう、そこで必ずアタリがある。





20180726013.jpg

雨も小降りになり、時おり晴れ間が広がる。

イサキや小型のメジナが喰いつくが、足裏ほどの大きさが多い。





20180726014.jpg

クチブトだが、42センチくらいだろう、一応型モンが釣れた。

でも痩せておるのう・・・腹が細い。

満潮になれば水没するタイドプールに入れておく。





20180726015.jpg

「B」付近で、こんなのがよく釣れる。





20180726016.jpg

メジナが喰わなければ、イサキだ。





20180726017.jpg

結局、こちら側は、こんな具合の流れになっている。

細かく書くと、もう少し複雑なのだが、少しずつ変化して行くので、大体こんな感じだ。

ハナレか、ナライカドの左端がよかったかもしれない。

中央の裏本場でも、面白かったかもしれない。





20180726018.jpg

ドブ付近はならいの風が吹き抜け、寒くてたまらない。

ブーツをくっちゃくっちゃさせながら、また元の場所に戻る。

パティシエさんが冷えたフルーツゼリーをくれた。

・・・寒い(笑)

おかしいのう~、昨日はあんなに暑かったのに。





20180726019.jpg

だらだらと釣りを続け、コッパとイサキを釣ってはポイしていたら、すっかり晴れてしまった。





20180726020.jpg

時々、ギュギュンと仕掛けを持って行ってハリスを切られる。

下には尾の黒い魚が泳ぎ回っておる。

体力を奪うイスズミの群れは、ここの名物らしい。





20180726021.jpg

パティシエさんもかけては、遊んでおる。

楽しんでいるようだ(笑)


そのうち、下りの潮が10分ほどで上りに変わってしまった。





20180726022.jpg

今度はこんな感じになる。

左にパティシエさんがいるので、コマセと仕掛けの投入場所を右に置く。

今度は表層も中層も同じ方向に流れるが、表層の方が遅い。

コマセをそのまま投入せず、右遠方の岩壁に叩きつけ、仕掛けを右に投げる。

足元まですぐ流れて来るので、仕掛けはくの字で投入せず、付けエサ付近にウキが落ちるように投げ入れる。





20180726023.jpg

上りになってからはイサキが見えなくなった。

小型だが、オナガが喰うようになる。





20180726024.jpg

元気よく突っ込むので、楽しい。





20180726025.jpg

食べごろのオナガが混じる。

ほとんど入れ食いに近くなり、楽しいのだがダラけてしまった。





20180726026.jpg

仕掛けを入れたら、楽竿ライトに竿をかけ、タバコに火を点ける。





20180726027.jpg

仕掛けをズキューンと持って行くので、竿を上げると、





20180726028.jpg

魚が付いている(笑)





20180726029.jpg

暑い・・・


さっきまで寒かったのに、また暑くなってしまったではないか!


びしょ濡れだった服も、すっかり乾いてしまった。

パンツもパリパリだ。

よく竿も曲がり、まだまだ釣れそうな潮を残して納竿とした。

クチブトの型モンは、潮が上がってタイドプールからいなくなっていた。





20180726030.jpg

体高があって、太ったオナガを2尾持ち帰った。

35センチくらいだが、磯で処理したら腹が脂でべっとり。





20180726031.jpg

しゃぶしゃぶにして食べたら、ウマい!

家族4人で、あっという間に完食してしまった。

シメの雑炊まで食べつくし、久しぶりに家族で楽しめた。

夏のオナガはウマいのう!



応援して頂くと、書く励みになります。
下のバナーをクリックして下さると、大変うれしいです。

にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村


にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村


楽竿のホームページへジャンプ

プロフィール

楽竿作者

Author:楽竿作者
釣り歴36年だけど、磯は初心者!
房総、伊豆半島、三宅島、八丈島に出かけています。

アクセス

カテゴリ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

にほんブログ村ランキング

↑