竿かけに革命を起こす! 「きっかけ 1」

2013.09.27(Fri)

チヌのイモダンゴ釣り(宙吊り)と、ダンゴ釣り(底釣り)に、はまった時期がありました。




イモダンゴでは、ヘラのように細長いウキを使い、繊細なアタリでアワせるのが何よりの魅力。 
学生の時にやっていたヘラブナ釣りの海版、といった感じで、非常に面白かったのです。

それよりも手を抜いた釣りが、ダンゴ釣りでした。
こちらの方がのんびりとやれるので、気分によって釣り方を変えていました。

さて、どちらも待つ時間が長い。

じっと竿を持っているのもつらい。

下に置くと、竿やリールに傷が付いたり、他人に踏まれてしまう。

そこで使用したのが、竿かけです。
釣具屋では、いろいろな竿かけを売っていますが、どれも原理は同じ。

ra01001.jpg

竿の前をY字で受け、後ろを押さえるというものです。
使用していたのですが、こんな事がありました。

m01005.jpg

「きっかけ 2」につづく



にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

竿かけに革命を起こす! 「きっかけ 2」

2013.09.29(Sun)

また、こんな事もありました。




m02005.jpg


繊細なアタリには間に合わず、竿を引っ張る魚にもすぐに対応できません。
なにより、慌てている時って、はずれないんですよ、この原理の竿かけ。
何件も釣具屋を見て回りましたが、同じような竿かけしか売っていません。

shian001.jpg

仕方ないので、自分で創る事にしました。

まずコンセプトです。

1.釣り場に着いてから帰るまで、竿とリールを下に置く必要がない。

2.竿を竿掛けに掛ける時、外す時に、面倒なのはイヤだ。 竿を置くだけ、持ち上げるだけの機構。

3.アタリがあった時に、すばやくアワセられる。

4.簡単に収納・展開でき、持ち運びできるようにする。

最初、自分でも「そんなん、できるんかいな?」と思っていましたが、理想は高く持たねば!
試作を始めたのが、今から20数年前の事です。

「設計 1」につづく



にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

プロフィール

楽竿作者

Author:楽竿作者
釣り歴36年だけど、磯は初心者!
房総、伊豆半島、三宅島、八丈島に出かけています。

アクセス

カテゴリ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

にほんブログ村ランキング

↑