竿かけに革命を起こす! 「設計 1」

2013.09.30(Mon)

設計01





コンセプトを立てたものの、一番難しいのは、

2.竿を置くだけ、持ち上げるだけの機構。

です。
これが実現すれば、

3.アタリがあった時に、すばやくアワセられる。

この問題も解決します。

まずは、どのように竿を固定するか、です。
竿は前が重いので、前をY字型で受け、後ろが持ち上がるのを押さえてやればOKです。
この後ろの押さえを、開くようにして、竿の取り外しをすればいいのではないかと考えました。
ただし、中央から分かれるようにしないと、今までの竿掛け原理が、可動体になっただけで、劇的に素早く動作させることは困難です。

ka001.jpg

上図のように中央から「押さえ」が分かれるようにすると、竿が一瞬ではずれます。

ただし、これには欠陥があります。
左右に分かれた押さえ(以降、アームと呼ぶことにします。)が、上部で合わさって、竿尻が浮き上がるのを押さえるわけです。
しかし、アーム軸部が非常な精巧さを持っていなければ、上部できちんと合わずに、ズレて竿を挟むかっこうになってしまいます。

ka013.jpg

これは横からの力に弱いカーボンロッドには致命的で、竿を挟む力の大きさによっては、割れてしまいます。
合わせる部分の面積を増やしてやればいいので、部材を太くしたり、接する点だけを大きくするなどの解決策がありますが、動作が鈍くなったり、竿を傷つけるおそれがあります。
何より使用しているうちに、アーム軸部分が緩んで、ガタが出てくることは必至です。これでは試用期間が長くなるほど、調子が悪くなってしまいます。
そこで、次の図のようにアームを変形させ、アーム軸を2か所にしました。

ka002.jpg

では、これをどうやって開いたり閉じたりさせるのか?

上図金具をU字溝の中に置き、下にバネ、上に外れないよう留め具を付ければ、竿の重量で沈み、U字溝の両壁に左右アームの根元が当たり、上部が閉じる。 竿を上げれば、バネの力で金具が浮き上がって、アームも開いて竿がはずれる。

最初はこう考えました。
が、これは美しくない。
バネは劣化するし、取り替えるときに、同じものを用意するのが難しい。
シンプルではありません。

ka003.jpg

使える力は、重力だけにすること。
そう考えると、上下する力は、シーソー形式、回転運動しかないと思いました。

ka004.jpg

この図のように、シーソー(Y字受け、アームを含めてこう呼ぶことにします。)に回転軸を与え、竿を置いたら前に傾き、それでアームを動かす。
この方式ならば、重力だけを利用するので、シンプルになります。
なぜシンプルさにこだわるかと言えば、まず部品点数が減ること。 これは故障や誤動作が減ることを意味しています。

ka005.jpg

アームの前後長を伸ばし、その間にシーソーの回転軸を置く事で、Y字受けに竿の重量がかかると、シーソー前部が沈み、アームがU字溝の両壁によって押され、結果として閉じる。

そしてY字受けに重量がかかればかかるほど、アームはきつく閉じる。 だから竿が重ければ重いほど、魚が引けば引くほど、はずれないという理論です。

この仕組みが一番いいように思え、発展させることにしました。

「設計 2」につづく



にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

竿かけに革命を起こす! 「設計 2」

2013.10.01(Tue)

設計02




基本的な仕組みはこれでいいと思うのですが、試作以前にまだ詰める箇所があるはず。
まず、アームの形です。

ka006.jpg

竿がアームと接する箇所は、アームの最後端になるはずです。
左右のアームが接する長さはある程度必要ですが、それより前の部分、図の青色部分は不要です。
不要なものは取り除くべし。

ka007.jpg

青色部分を取り去って、そのまま直線でつなげると、アームはこういう形になります。

しかしこれでは不都合が起きます。
アームが閉じた時、左右の直線部分同士の間隔が狭いので、竿に干渉しないように、アーム後ろ側と同じ弧を描く必要があります。

ka008.jpg

このように、少し変わった形のアームにしなければなりません。

これをU字溝に組み合わせると、こういう形になります。

ka009.jpg

竿を置くと、Y字部分に重量がかかり、下に下がります。すると左右のアーム前方が、U字溝の両壁上端に接して閉じ、竿の後方が浮き上がるのを押さえます。

これで竿を置く時はいいとして、不安が一つ。

ka010.jpg

アームは自重で開きます。
しかし、それをシーソー部の前部重量が妨げるはずです。
前部が重すぎると、シーソーは前に沈みっぱなしとなり、アームは閉じたままとなります。
そこで、シーソー後部におもりを取り付ける必要があると考えられます。

ka011.jpg

これで机上理論は終わり。

ここまでスムーズに構築してきましたが、実際はこうではありませんでした。
なかなかいいアイデアが思い浮かばず、しょっちゅう中断。
あきらめて1か月以上ほったらかしにしていた時もありました。
なんせ、似たものとかの、見本がないんですわ。
ほんとにうまく動くのかどうか、自信がありませんでした。

しかし大変なのはむしろこれからでした。
アームの大きさ、太さ、シーソーの長さ、太さ、おもりの重さ、回転軸の位置など、全てがバランスに関係してきます。
その組合せは、まさに無限大。

ま、現実的な大きさを思い浮かべながら試作に入る事にします。

「試作 1」につづく



にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

プロフィール

楽竿作者

Author:楽竿作者
釣り歴36年だけど、磯は初心者!
房総、伊豆半島、三宅島、八丈島に出かけています。

アクセス

カテゴリ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

にほんブログ村ランキング

↑