7月05日 南伊豆 入間 川吾

2014.07.10(Thu)

4日(金)の午後5時頃、車で出発した。
この時間は下道を走ると、いつ到着するかわからんので、高速を使う。

途中、真鶴のあおき釣具でオキアミブロックを6枚買って、3枚をバッカンに、もう3枚はクーラーに入れる。
午後9時過ぎ、南伊豆の別荘(私のではない)に到着した。




20140705001.jpg

明日の釣り準備は終わっているので、着替えだけを中に入れ、他の人が来るのを待った。

東京磯釣倶楽部のメンバー4人が2台の車でやって来て、しばらくビールとつまみで歓談し、深夜0時ごろ就寝した。

20140705002.jpg


明日はみんな下田沖に渡ると言う。
4時には田牛(「とうじ」と読む)に到着しなければならないそうで、3時半起床である。

私は一人で入間に行くので、4時に起きた。

朝飯は、コンビニで買っておいた牛丼だ。
レンジでチンし、ウォシュレットでババを済ませて入間に向かった。

乗る場所は、いつもの通り船長にお任せ。
今日は他の釣り客2人と一緒に、3人で川吾に乗った。

20140705003.jpg

水温は20.4℃。
エサ取りがいるかもしれんな・・・

20140705004.jpg

場所決めは他の2人に譲り、残った場所に入った。

しかし今日は風が強い。
予報では8mほどじゃなかった?

20140705005.jpg

15mを超えているではないか!

どうりで体が揺さぶられると思った(-"-)

背中から風を受ける形なので、まあ釣りにはなるだろう。

で、コマセを撒き、仕掛けを放り込むと・・・

20140705006.jpg

30センチ前後の口太がバンバン喰うわ。
型は小さいが、おもしろ~い(^O^)

20140705007.jpg

たま~にイサキも喰って来る。

しかし風がさらに強くなったような・・・

20140705008.jpg

さ、魚が空を泳いで、こっちに寄ってこない(-_-;)

朝10時の時点で、すでに釣り疲れてしまった。
でも小型ばっかり。

20140705009.jpg

うむ。腰の入ったいい「ぽい」だ。

メジナは全部ぽいし、イサキだけを持ち帰る。
大きくなって、また来てちょーだい!

風がゆるみ、潮が止まったら、雨が降り出した。
それと同時に喰いも落ちる。

もう十分釣ったので、やったことない仕掛けで遊んでみた。

ウワサの、ハリスを10mとって、ウキ止めなしのやつだ。

慣れないのでむずかしい・・・
あ、ラインが出た。
ポツポツとメジナが釣れる。

ラインを張り気味にすると、竿先にアタリが出る。

釣れるのは、釣れるんですな。
0号のウキだったが、これもちゃんと沈んでアタリがわかるんですな。

いろいろな釣り方があるもんだな~、と思いながらやってると、こんなのが集まって来た。

20140705010.jpg

あかん。
サバ子が来たら終わりじゃ。
どこへ投げても、喰いついてくる。
サバ子とともに、じゃこがうじゃあ~っと湧いてきた。

20140705011.jpg

密集しすぎやろ。

たまらんので、陸側の加賀根との間にコマセを撒くと、デカいイスズミの群れが集まって来る。

イカん。あれかけたら疲れる。
惰性でメジナを釣りながら、午後2時半に磯上がりしたのであった。

お持ち帰りは、イサキ4尾のみ。
メジナを入れたら、クーラーに入りきらなかっただろう。

たくさん釣れて、楽しく遊べてうれしかった。

別荘に帰ると、下田沖磯組も帰っていた。

横根に乗ったという。
石物は釣果なし。
上物は、でかいシマアジが乱舞し、メンバーも乱舞したようだが、ハリス切られまくって歯が立たなかったらしい(笑)
あそこのシマアジは名物らしいですな。
イサキとメジナがポツポツだったとの事。

高野氏が夕方から合流し、夕食を作ってくれた。

20140705012.jpg

豪華でおいしく酒と料理を楽しんだ。
量が多すぎて、残ってしまったが・・・

さて、明日は下田沖磯だ。
早めに寝て、3時に起きるぞ~。




にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

7月06日 伊豆半島 下田沖 平根

2014.07.13(Sun)

朝3時に起床。




20140706001.jpg

昨夜のご馳走の余りで、朝食をとる。
刺身はヅケにしており、ごはんに乗せるとウマい。
時間があまりなかったので、ババができなかった。

20140706002.jpg

そのまま車で出発し、4時には田牛の港について、準備をする。
平根に乗れそうとの事だったので、少しアセる。

乗った事はないが、その名前から、丸見えの沖磯であることは明らかだ。
頭の中で危険信号が鳴り響き、急いでトイレを探す。

おお、あるではないか、あそこに。
しかし走ってはいけない。

アセると、ひねくれて出んのだ。

ゆったりと、別になんでもないという様子で歩く。

むう・・・和式ではないか・・・
ババを済ませ、しびれてジンジンする足をひょこひょこ運び、みんなの所に帰る。

20140706003.jpg

出船は4時半。渡船は喜一丸だ。
10分ほど走っただろうか、船のスピードが落ちる。

20140706004.jpg

左の低い磯が平根。
右はるか奥に見える横根から、太陽が昇る。
このあたりのルールで、午前5時でなければ磯に乗れないらしく、沖で乗るタイミングを測る。
幸い、我々だけのようだ。

初めて乗る平根だが、低いので、少しでも荒れたら無理でしょうな。
想像通り、隠れる所など皆無。
トイレ行っといてよかった。
今日は風があるが、波は低いので、なんとか釣りになりそうだ。

20140706005.jpg

私は端っこのハナレに釣り座を構える。

20140706006.jpg

東京磯釣倶楽部の他のメンバーは、本島?で竿を出す。

20140706007.jpg

東から8.8mの風が吹いており、潮も同じ方向なので、逆らう形での釣りは難しい。

20140706008.jpg

朝イチは、古川会長・・・こそっと処理しようとするのを、見逃さずにシャッターじゃ!

20140706009.jpg

そんな事してたら自分が釣り始めるのが遅くなってしまった。

右の根との間からゆっくりと潮が沖に流れ、それに乗せると・・・
目の前を左沖に流れて、潮が潜る。
こりゃええわ、と思ったのもつかの間。
ぐんぐん手前に潜って来て、足元に仕掛けが引っかかってしまった。

・・・要するに潮がぐるぐる回っとるだけやんか!

いろいろさぐると、このマイマイの外周と、中心で喰って来た。

20140706010.jpg

喰う場所がわかったら、バンバン釣れますわ~

20140706011.jpg

こんなサイズばっかしだが・・・

20140706012.jpg

ぽいですわ。

20140706013.jpg

連続して2尾だけイサキが喰いついた。
これはキープ。

20140706014.jpg

今日も絶好調だ(-_-;)

20140706015.jpg

タカベまで来やがる(-_-;)
こいつはおいしく食ってやることにし、2尾キープ。

気が付くと、少しうねりが出始め、しぶきが後ろから飛んで来るように・・・

20140706016.jpg

間を波が抜けるようになってきた。
・・・帰れんようになるではないか!
ここでハナレから撤退。

20140706017.jpg

もうあまり時間が残ってなかったが、場所を変えて風に向かってやってみた。
仕掛けが飛ばんので、足元しかできないが、サラシに入れると、口太と尾長が混じって上がる。
サイズは相変わらずだが、よく引いて楽しい。

今日は日が出て、暑くなりそうだったので、最初から12時に上がる予定にしていたので、11時半には納竿した。
私と反対側の先っぽでやっていた、池田、原、杉浦の上物組3名は、イサキがよかったみたい。
後ろの潮溜まりを見ると、何やらデカいのが2尾泳いでいる・・・サンノジやん(笑)


20140706018.jpg

まだまだ釣れそうだが、「数だけ」は釣れたので、面白かった。

デカいのはどこにおるんじゃ・・・

20140706019.jpg

今回のお持ち帰り。
古川会長が釣った30cmのイシガキダイを頂き、お土産としては十分かな。
2晩はおかずになるだろう。




にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

プロフィール

楽竿作者

Author:楽竿作者
釣り歴36年だけど、磯は初心者!
房総、伊豆半島、三宅島、八丈島に出かけています。

アクセス

カテゴリ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

にほんブログ村ランキング

↑