9月20日 南伊豆 入間 掛津

2014.09.23(Tue)

日曜は、東京磯釣倶楽部の競釣会。
土曜は自由釣行なので、金曜の夜に出発した。

今回は車。
古川会長を乗せて、二人で南伊豆を目指した。




20140920001.jpg

途中、真鶴のあおき釣具で、エサ、コマセを仕入れる。
オキアミブロック3kgを3枚バッカンに、2枚をクーラーに入れ、2日分。
付けエサはパックもんを3個。
よこしまな考えを持って、サザエを少々(笑)

会長は下田沖の横根に乗るそうで、シマアジ一本狙い。
イワシの冷凍ブツと、活きアジを仕入れていた。
そこへメンバーの原さんもエサを買いに来て、車2台で会長の別荘に向かう。

午後11時前に到着し、先に着いていた杉浦さんと4人で少し飲んだ。
つまみと酒で、明日の釣りを楽しみに雑談するが、少しは寝なければならない。

ベッドで3時間ほど寝て、みんなは田牛(とうじ)から喜一丸で横根に向かう。
朝5時半出船だ。

20140920002.jpg

私は一人で、入間から6時に出船した。
土曜なのに人が少ない・・・日吉丸は私を含めて4人。
他の船も1人と4人・・・

20140920003.jpg

上物師3人は牛根に乗り、私は一人で掛津に上がった。
ここは周りから隔絶された世界。
足場も広いし、とても好きな場所だ。

万が一、腹が痛くなっても、気兼ねなく用を足せる。
ふふふ、グルグルよ、いつでも来い!

後ろは垂直の崖で、足元から深い。

20140920004.jpg

という事で、石鯛竿も出してみた。
深いな・・・20m弱位だろうか。
ここはモロコ場でもある。

20140920005.jpg

水温は23度強。

釣り始めて2時間ほどは、潮が動かず、アタリもない。
おい・・・はよ動かんかい・・・泡が漂って目障りじゃ。

動き出したとたん、ウキが入った!

20140920006.jpg

アイゴさんですか~(-_-;)

それも連続3発(ToT)

足元に入れると・・・

20140920007.jpg

美味しいからいいけど・・・

20140920008.jpg

小さいがシマアジだ(^^;
今日、横根にいるみんなが釣れてなかったら、「ほれ~、シマアジだよ~」と言ってやろう(笑)

昨夜、会長を乗せて別荘に向かってる時、同じくメンバーの高野さんから電話がかかって来て、「明日、釣れたものは料理するから持って帰るように。ベラでもかまわん。」と言われていた。


けっ!
ベラなど釣るか!




20140920009.jpg

・・・釣ってもうた~(ToT)


少し沖に投げると、ウキがビュンビュン沈む。
全部、コッパだ(T_T)

20140920010.jpg

そのうち風が強くなってきた。
後ろの崖が大部分を防いでくれていたが、回り込んだ風が時々強く吹く。
雨もぱらついてきた。

風で道糸がフケるし、コッパばかりなので、足元を狙う。

20140920011.jpg

水中ウキで右の張り出しをうろうろさせると、ようやく30センチを超える口太が来た。

20140920012.jpg

イサキも小振りだが、4尾上げて、納竿とした。

ウロコとハラワタを出して、すぐ調理できる状態にして別荘に持ち帰る。

石鯛竿は・・・エサ取りのアタリしかなかった(T_T)


20140920013.jpg

持ち帰った魚は、高野さんが鍋に入れて、あら汁にした。
いろんな魚が入ってるけど、とってもいいダシが出てウマかった!

横根組も、イサキのみで、シマアジは出なかったようだ。
コマセに浮いて来ず、姿が見えなかったとの事。

明日は何狙うの?
と聞くと、再度「シマアジ」だそうだ(笑)

他に刺身やら何やらでお腹いっぱい。
明日から釣りに参加する高野、樋口さんを含め、6名となった。

酒も進んで盛り上がるが、明日もあるので、午後9時に消灯。
昨日の寝不足も手伝って、すぐに爆睡モードに。

明日は下田沖の磯じゃ~!



にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

9月21日 伊豆半島 下田沖磯 横根

2014.09.26(Fri)

今日は東京磯釣倶楽部6名で、下田沖磯に渡る。

田牛(とうじ)から、喜一丸に乗るのだが、出船は5時半。




20140921001.jpg

午前3時に起床すると、すでに高野さんが朝飯を料理中。
親子丼だった(笑)

食べてから釣りの準備をしてると、段々と腸の準備も出来てきた。
別荘を4時半に出発すると十分なのだが、みんなは気が早るのか、私がトイレに座ってるのに、もう車に乗ってエンジンをかけている。

落ち着かんではないか!

田牛港に着くと、他の釣り客がすでに準備を始めていた。

20140921002.jpg

石物師3人と、上物師3人で違う船に分かれ、荷物を積み込む。

石物組は、石取根に向かい、私を含めた上物組は、横根に向かう。

20140921003.jpg

右が沖横根、左が横根だ。
私は今回、初めての渡礁である。

午前6時まで沖で待つ。
他の渡船との協定で、時間までは渡礁させないようだ。
聞いた話では、以前はよく船頭同士でケンカしてたらしい。
まあ、自分の船に乗ってくれた客を、いい釣り座に下ろしたいのはどこも同じでしょうな。

他の渡船が来なかったので、沖横根に4人、横根に私を含めて5人が乗った。

横根に下りた5人のうち、他の釣り人2人組はカゴだが、最初右本場に入ったものの、すぐに風表である裏本場に移動した。

我々3人はチャカ付けした、本場に陣取ったが・・・

20140921004.jpg

左にいる古川会長は、活きアジを泳がせてシマアジ狙い。
右の原さんは、イワシのブツを垂らしてシマアジ狙い。

潮は左からの速い流れで、あっという間に右にすっ飛んで行く。

まず石物は、仕掛けが流されるので、断念。

フカセは、仕掛けが5秒で右に回り込んで行くに違いない・・・

しばらくうろうろして、場所の選定を行う。

ならいの風が強く、この本場以外は、帽子が飛んでしまいそうなくらいだ。

20140921005.jpg

潮の流れ優先で、右本場に移動した。

強風は、私がガマンして工夫すればいいが、潮ばかりはどうしようもない。

20140921006.jpg

私の後ろから、左を抜けて、画面奥に潮がすっ飛んで行く。

コマセを撒くと・・・タカベが走り回り、デカイスズミの群れが乱舞する。
たまにメジナが下から上に突進して、反転して行く。

それ以外に、ドデカい魚影がうろついている。
あれが横根名物のシマアジか?
私の道具じゃ、絶対上がらんな。
昨日、原さんが7号ハリスを4回切られたそうだから・・・張り出した瀬際を横に走りまくるらしい(笑)

この写真で、右向い風、風速計で測ろうとしたら、電池切れだった(-"-)
12m/sはあろう、強風だ。
バッカンが軽くなれば、飛ばされそうだ。

20140921007.jpg

道糸がフケまくるので、手持ちにして竿先を海面ギリギリまで下げる。
普段は、楽竿ライトに竿をかけて釣ってるので、楽チンだが・・・この強風なら仕方がない。

20140921008.jpg

竿を脇に抱えてエサを付けたり、仕掛けを変更するのは、風で竿が振られまくるので、やはり楽竿ライトにかけて行う。
どんな竿かけも、横からの風に弱いが、風に向かって、あるいは風を背にすると問題はない。

後ろからの潮流・右前から打ち寄せる波とサラシが、ちょうど目の前でぶつかる。

ガン玉や水中ウキはいらんだろう・・・無理に沈める必要はないと思う・・・魚浮いてるし(笑)

0号ウキに、ハリス2ヒロのみの仕掛けを放り込む。

これが・・・ビュンビュン消し込む。

20140921009.jpg

正体はコイツ、イサキだ。

試しに水中ウキを付けてみる。

20140921010.jpg

親を呼べ!

アタリもあまりないのでやはり水中ウキは外し、素のままの仕掛けを、道糸の張りで調整する。

下から突き上げてくるメジナが欲しい・・・が、イサキがジャマをする。

そんな中、2回だけ奇特なメジナが来てくれた。

20140921011.jpg

30ちょいの口太と、35の尾長だったが、この状況で釣れてくれてありがとう!(T_T)
ううっ・・・この引きがたまらん!(ToT)

コマセを撒くと、水面がバシャバシャとざわめき、タカベが乱舞・・・その下にイサキがうじゃぁ~っと・・・

ここはイケスかっ!


20140921012.jpg

潮溜まりが定員オーバーで酸欠になり、お亡くなりになりつつあるイサキとメジナ。


贅沢だが、もうこれ以上イサキはいらん!

20140921013.jpg


ポイだ。


20140921014.jpg

潮の流れが変わり、釣り座の方角も変える。

相変わらずイサキが元気だ(-_-;)

デカい魚影は喰わんな・・・本場の会長と原さんにも、シマアジは喰いつかないようだ。

それもこれも、イサキがジャマしとるんじゃ!


ここのエサ取りは、イサキじゃっ!


20140921015.jpg

そんなエサ取りでクーラーが・・・氷入れるとフタが閉まるかな・・・


今日は東京に帰るので、船頭に12時上がりと言ってある。
11時には納竿した。

後片付けと魚のウロコ・内臓を取るので、時間ギリギリ。



石取根の底物組は、不調だった。

20140921016.jpg

高野さんだけ、フエフキを上げた。

71センチ、4.78キロ。

ガンガゼに来たそうだ。

20140921017.jpg

別荘に帰り、鴨南蛮のつゆでソバを頂いた。

午後2時頃、自分の車や、乗り合わせで東京への帰路に着いたのであった。

私は一人で釣りに行く事が多いが、こうやって仲間と泊りで来るのも楽しいですな。





見せるような釣りではないが、一応、記録と横根・右本場の雰囲気という事でアップしておきますわ~。



にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

プロフィール

楽竿作者

Author:楽竿作者
釣り歴36年だけど、磯は初心者!
房総、伊豆半島、三宅島、八丈島に出かけています。

アクセス

カテゴリ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

にほんブログ村ランキング

↑