3月15日 房総 布良 地磯 平床

2015.03.19(Thu)

ずっと悪天候で釣りに行けず、海に立つ夢をみた。

中毒症状を緩和するため、とにかく釣りに行く事にした。

まるまる2日も空かないため、初日は夕方だけ竿を出す事に。

自宅を午後1時半に出発。
富浦まで高速で走り、マリンスポット釣吉で明日用のオキアミブロックを買う。




20150315001.jpg

南房総は望楼下に到着したのは、午後4時。


20150315002.jpg

平床には、先客が2名入っていた。

挨拶をして釣果を聞くと、そこそこの型のチヌが1枚上がっていた。
メジナは小さいと言う。


20150315003.jpg

先日入った場所だが、これからさらに潮が引くので、もう少し低い右側に釣り座を取った。


20150315004.jpg

今回の付けエサはこれだ!

絶倫ドリンク、「Mr.X サソリ」 に漬け込んだオキアミである。
漬け込んでから1か月以上・・・芯まで浸み込んでいるに違いない。


オキアミ全身が、これサソリなり!


ぐふふっ

釣り始めてすぐに、町内放送で音楽が流れだしたので、午後5時なのだろう。

コマセは、冷凍庫に放り込んでおいた前々回の余り。
少ししかないが、1時間くらいは持つだろう。


20150315005.jpg

コマセが効いてきたら、コッパが喰いだした。


20150315006.jpg

しばらくこれに悩まされる。


20150315007.jpg

だんだんと型が大きくなってくる。


20150315008.jpg

足裏サイズまで上がって来た。


20150315009.jpg

もう少しじゃ・・・ポイ。


20150315010.jpg

やっと来たぞ~!

写真では大きく見えるが・・・実は33センチしかない(^^;


20150315011.jpg

カメラが自動で露光を上げるため明るく見えるが、もう限界。

またコッパが喰いだしたので、これにて納竿。
今日は1時間ちょいの竿出しであった。


サソリは不発だった・・・
コッパを蹴散らして、デカい絶倫魚が奪い合うほどの魅力がなかったか・・・


この間、近所の釣り師、T君と飲んだ際、「ここで見た・・・もう絶対行かない。」と言っていた。
他の人からも同様の話を聞いた事がある。
確かにこのあたりは、暗くなると雰囲気があるのだ。


20150315012.jpg

今日のお持ち帰りは1尾のみ。
卵は小さめなので、まだまだシーズンは続くだろう。


20150315013.jpg

片付けと魚の処理をしていたら、真っ暗になってしまった。
先客2名は、とっくに帰っている。

「見ませんように・・・出会いませんように・・・」

と、びくつきながらヘッドランプを頼りに砂まじりの磯を歩く。

時々、後ろの方で何やら音がするが、「海の音だろう」「風でゴミがカサカサ揺れてるのだろう」と自分に言い聞かせ、決して振り向かない(-_-;)

振り向いた瞬間、誰かいたらどうするのだ!


前だけ見て、車まで戻った。


さて、明日はちょっと目線を変えて、チヌを狙おう。

くるまやラーメンで夕食を済ませ、大房岬の駐車場で車中泊だ。


20150315014.jpg

今夜のマクラは、クロダイ用V9である。

頭の中の妄想をV9に浸み込ませて、明日はウハウハ(死語)じゃぁ!

チヌとメジナの、卵を食べ比べしたいの~(笑)




にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

3月16日 房総 大房岬 マスマ島

2015.03.21(Sat)

朝6時に目が覚めた。




20150316001.jpg

朝飯を食べ、駐車場でゆっくりと準備をする。

マスマ島へ行くには、ロープを使って越えなければならない岩場が1か所ある。

潮位が低ければ、それを使うことなく通る事が出来る。
今朝で言えば、7時過ぎだ。
それを待っているのだ。


20150316002.jpg

というわけで、携帯ウォシュレットを握りしめ、トイレに向かう。


20150316003.jpg

背負子3号を担ぎ、竿ケースを持って、駐車場を出る。


20150316004.jpg

まずは長い階段を下って行く。

下りや上りの道を歩き、海岸を眺めると、南ケイセンの磯には、すでに2名入っていた。


20150316005.jpg

今度は上り階段である。


20150316006.jpg

登り切ったところが第2キャンプ場だ。
ここで小休止。
すでに汗だくである。


20150316007.jpg

第1キャンプ場の上にある展望台まで歩くと、磯へ降りる入り口がある。


20150316008.jpg

ここの急な階段を下って行く。


20150316009.jpg

どんどん下る。


20150316010.jpg

やっと海岸に出た。

向うに見えるのがマスマ島だ。


20150316011.jpg

ここがロープ場。
ちゃんと潮が引いており、下から歩いて渡れた。


20150316012.jpg

・・・やっと着いた・・・

昨年来た時は、第1キャンプ場を拠点にしてたので感じなかったが、駐車場からだとめちゃめちゃ遠い。
帰りの事は考えまい・・・


20150316013.jpg

今日は北北東からの風で、曇り。
そんなに寒くはないのだが、波もそこそこあり、釣れる雰囲気プンプンである。
雰囲気で終わらないよう、来るだけで疲れた体にカツを入れる。


20150316014.jpg

今日はパックもんの付けエサだ。

グレ丸とくわせオキアミ。

フェロモンが入ってるそうだが、何のフェロモン?
ベラとかじゃなかろうな・・・

チヌ狙いだから、サイズはLにしとけばよかったかな。

このあたりはシモリがはっきりと見えているので、その間を丹念に探る。



20150316015.jpg

お約束のベラが来る。


20150316016.jpg

メバルちゃんも来た。
ウマそうだが、狙いはお前ではない。
迷ったがポイだ。


20150316017.jpg

カサゴか。
もっと大きくなってから来い!


20150316018.jpg

うおっ!
なんだこいつは!

見た事ないぞ・・・気持ちわり~


外道ばかりで・・・チヌが釣れんではないか!


景気付けに、ガン玉を外してシモリを狙うと、すぐにコッパが。


20150316019.jpg

遊んだあとは、またチヌ狙いに戻る。

・・・・・・・・

反応なし!

つまらんので、またまた軽い仕掛けにしてメジナで遊ぶ。


20150316020.jpg

ちょこっとサイズが上がって、チヌが釣れないウサを晴らす。

こんなのがバンバン釣れてくる。

なんでチヌは来んのじゃ!


20150316021.jpg

もう完全にメジナモードである。


20150316022.jpg

30超えたやつだけ、キープしとくか。


20150316023.jpg

昼から小雨が降ってきたが、だんだんと強くなってくる。

チヌを狙いだすと、またまた沈黙が続く・・・

雨がバッカンに溜まりだして、残り少ない液状コマセを撒きまくっていると、ゆっくりとウキが沈んだ。

これやっ!

バチッとアワセると、ゴンゴン重く首を振る。

チヌやっ!

とうとう来たで~!

これでええ写真が撮れ・・・


バレた


うおおおお~~!



バチバチとフードに当たる雨音を聞きながら、しばらく茫然としてしまった。

もうやめよ・・・負けた・・・


打ちひしがれ、お土産のウロコを打ち、内臓を出す。


20150316024.jpg

30ちょいの外道たち・・・全員、小さいながら卵を持っていた。


帰りの荷物は軽いが、磯を歩くうちに、汗が噴き出て来る。
長い急階段を休み休み登り、展望台にたどり着いた時は、もう歩けん状態に。


20150316025.jpg

相変わらず雨が降り続き、外から、内からの水責めである。

ここから駐車場までが、これまた長い。
しかもまだ階段の上り下りがある。

ぜいぜい言いながら、時々竿ケースを杖代わりにして休む。
これだけ汗かくと、ゴアテックスも役に立たん。

最後の登り階段、まだか~、まだか~っと上を見上げながら心に誓う。


「もう来んぞ!」


車にたどり着いて荷物を降ろし、びしょびしょになった服を下着から全部取り替える。

運転席でお茶とコーヒーを飲んで、やっと生き返った。

車でよかった・・・バイクなら帰れんわ。




にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

3月24日 房総 白浜沖磯 サメ島

2015.03.27(Fri)

近所のT君と、房総は、白浜の沖磯に渡る事にした。

狙いは、腹パンプリップリのブリブリ口太である。 ブリブリ。

朝6時に白浜渡船が出船、二人でサメ島に乗った。




20150324001.jpg

白浜の沖磯群は低い。
サメ島なら今日は大丈夫との事だったが、一応ちゃらんぼに荷物をかける。
竿用も合わせて、4本のちゃらんぼを立てる。

私は、初サメ島のため、例のごとくT君にレクチャーを受ける。


20150324002.jpg

チャカ場に釣り座を取り、足元から点在する海草を避けて、仕掛けを放り込む。


20150324003.jpg

今回はパックもんの付けエサである。

絶倫オキアミは用意できなかった。
これについては、次の記事で述べよう。


で、アタリはある。

たくさんある。


20150324004.jpg

こんなのや・・・(ウミタナゴ)


20150324005.jpg

こんなのが・・・(フグ)


20150324006.jpg

こんなのも!・・・(ベラ)


ええかげんにせえよ・・・
いらん魚が豊富すぎるではないか!


T君は、江ノ島との間を狙って、小型が多いがメジナをバシュバシュ上げている。


20150324007.jpg

潮も引いてきたので、マッチン島方向の先端に釣り座を移す。


20150324008.jpg

左を流れるサラシに乗せて仕掛けを流すと、やっと来ましたがな。
小さいけど。

流れに乗せて、海草脇を通過させると、そこで喰って来る。


20150324009.jpg

持って帰るかどうか迷うような大きさばかりじゃのう・・・

ぽつぽつと釣れるので、退屈はしないのだが、型が出ない。

T君は34cmが最大みたいだ。

デカいのに2回、切られておった・・・おるんですな、ここには。

小型をあしらってるうちに、いきなり「ドンッ」と来るので、油断は禁物だと反省しておりましたわ(笑)


ラインがトラぶったので、スプール外して直してたら・・・


20150324010.jpg


うおおおお~~!


スプール落としたぁ~~!


足下のカジメ林にポチャリと落ちてしまった。
ラインを手繰るが、ビッチャリと密集したカジメにガッチリかかったらしい。

・・・スプール消失・・・


大損害じゃぁ!


替えスプール持って来てたから、仕掛けを作り直し、今度は釣り座を沖向きに変える。

沖磯上がりの3時まであまり時間がないが・・・


20150324011.jpg

ここに来て、コマセに浮いてきた。
ガン玉を外した仕掛けを、ビュンビュン引っ手繰って行く。


20150324012.jpg

こんなサイズ以下ばかりだが・・・


結局、型は出なかったが、楽しい釣りであった。


20150324013.jpg

一応、お土産もできたし。


後で船長に聞くと、「カジメ林を狙え」との事であった。

・・・根がかりするではないか!

が、そこをうまくかわすのがテクニックなのだろう。
沈み根もボコボコあるし・・・

房総は練習にもってこいの場所だと聞くが・・・こういう釣り場だからだろうか。

なくしてもフトコロの痛まない、安くて浮力のちゃんとしたウキが欲しい~~~



にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

3月31日 伊豆半島 入間 加賀根

2015.04.05(Sun)

久々に伊豆半島の入間へ向かった。

30日の午後、家をスクーターで出発する。
贅沢にも、首都高から東名高速、厚木小田原道路を使い、有料道路三昧である。




20150331001.jpg

真鶴で、あおき釣具に立ち寄り、オキアミブロックを購入する。
に、荷台がてんこ盛り状態に・・・

下田に着いた頃には、日も落ちて暗くなってしまった。

コンビニでアルコールと食糧を買い込み、南伊豆の別荘へ向かう。


20150331002.jpg

何度も言うが、私の別荘ではない。
東京磯釣倶楽部の会長の別荘である。


20150331003.jpg

一人、荷物を広げて、テレビを見ながらくつろぐ。
ビールを飲んで早々に寝てしまった。


翌早朝、4時に起床して朝飯を食べる。
よく朝飯を抜く人がいるが、私は必ず食べる。
朝ババをしやすいからだ。

5時前には無事にババを済ませ、バイクに荷物を積み込む。

気温も13度と高く、海岸線の景色を楽しみながら20分ほど走り、入間に到着した。

日吉丸には、私以外に3人の釣り客。
平日ではあるが、少ないのう・・・釣れとらんのかいな。

福寿丸の客は1人。
入間全体で5人の渡船客である。
がらがらやん・・・

船に乗る前、念のためにもう一度トイレに行った。

・・・まだ残っておった・・・危なかったぜ・・・


20150331004.jpg

私は一人、加賀根の川吾向かいに乗った。
少しうねりはあるが、これから干潮に向かうし、天気もいい。


20150331005.jpg

午前7時、気分最高で釣りを開始。

今日はメジナではなく、マダイを狙うのだ!


20150331006.jpg

左から右にゆっくりと流れる本流にコマセを途切れなく打ち込み、仕掛けを流す。

しばらく続けるが、何もアタリがない。
タナをいろいろと変えて試すが、何も来ない。


20150331007.jpg

思い切って、浅くすると、来たぁ!




20150331008.jpg

こやつがぁ!

磯でも堤防でも、こやつに祟られる。
卵抱いてる時だけ、来いやぁ!(実に自分勝手である。)


少しづつタナを深くすると、またアタリが!


20150331009.jpg

尾長は今回、外道である。 ポイッ


もっと深く、もっと長く・・・流しまくる。

今回のリール、古いラインを下巻きにし、新品の約半分、75mくらいを巻いてある。
結び目を超え、100m以上のはるか彼方まで流しまくる。

エサ取りはまったくおらず、一度も付けエサを取られない。


向うで漁師のおばちゃんが、何やらカンカン音を立てている。

気分転換にふらふらと歩いていく。


私「何が獲れるんですか~?」
おばちゃん「フジツボとカメノテ。」
私「ええダシが取れるやつですな?」
おばちゃん「あれ、知ってるんかいな? お兄さんは釣れとるの?」
私「さっっっぱりですわ! 釣れませんわ!」
おばちゃん「・・・ビニール袋持ってるかい?」
私「ありますけど。」
おばちゃん「これ、持って行きなよ。」
私「ええ!? いいんですか? 素人が持って帰ったら怒られるんじゃないんですか?」
おばちゃん「自分が食べるぶんくらいはいいんだよ。」


20150331010.jpg

というわけで、お土産が手に入った。

きれいに洗って、水から沸かしてダシを取ると教えてもらった。

最近の若いもんは、こうやって磯で海苔やフジツボを獲らなくなったと、ボヤいておった。

あくまで、ご好意で頂いたものであって、伊豆では自分で獲ったりしたらイケないのである。


20150331011.jpg

・・・釣れんの~・・・

竿を手すりにして、ダレたまま流すが、まったくアタリがない。
手を変え品を変え、仕掛けをいじくり回すが、エサも取られない。

つまらんので引っかかるの覚悟で、右の沈み根際に入れると、竿2本くらいの深場で喰った。


20150331012.jpg

33センチの口太であった。

これも外道である。

外道ではあるが、腹がパンパンだったので、持ち帰る事にする。

その後、また本流に戻すが、状況変わらず。

結局、マダイは釣れなかった。
というか、お寒い釣りとなってしまった。


20150331013.jpg

楽竿ライトの試作機の調子は上々であったが、もっと釣りたかったのう~


20150331014.jpg

口太の腹を割くと、おお、卵がでろんと!
パンパンですわ~


午後2時に沖上がりして、入間荘でダベる。

畳根と川吾に乗った3人、口太がそこそこ釣れたようだ。
川吾で42cmくらいのを1枚上げていた。

慣れないのに、マダイなんか狙わなければよかったような後悔が残り、今回は完全に燃焼不足。


別荘に帰ってから、バイクで小稲港へやって来た。

堤防の外側で竿を出す。


20150331015.jpg

こんな隅っこである。

海草だらけで、その隙間に仕掛けを放り込む。
産卵に来たやつらが、うろついとるやろ~


20150331016.jpg

ほら、おった~


20150331017.jpg

ちっちゃいのが・・・


不完全燃焼のまま、別荘でシャワーを浴び、酒を飲んで明日に備える事にした。

明日は曇りで、西南西からの風が強いらしい。
渡船は無理っぽいので、地磯へ行くか。

サッカー日本代表の試合をテレビで見ながら、その勝利を喜ぶ。
私の釣果とは、えらい違いじゃの!



にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

プロフィール

楽竿作者

Author:楽竿作者
釣り歴36年だけど、磯は初心者!
房総、伊豆半島、三宅島、八丈島に出かけています。

アクセス

カテゴリ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

にほんブログ村ランキング

↑