7月30日 神津島 タダナエ島 ナダラ

2015.08.02(Sun)

1か月釣りに行っておらん。

ここ数年で初めての事だ。

精神と体のバランスが崩れる前に、行かねばならない。

房総でダンゴを投げるか? それとも夕方から半夜釣り?

どこへ何を釣りに行くかを、迷いながら考えるのも、楽しいものである。

ネットでふらふらしてたら、賀寿丸が30日に、神津島回りに行くとあった。

夏の磯か・・・

もうイサキもハタいた後で、ウマくないかもしれんが、離島なら、何かとんでもないもんが釣れるかもしれん・・・

などと夢想する。

そう、釣りはロマンなのである。




ロマンと言えば、私の年代なら、日活ロマンポルノだろう。

今の若者にはわからないだろうが、「普通、そんな事ありえんやろ!」という場面を映像化した、ロマンあふるる映画群なのである。

団地妻などのシリーズが有名だが、こんなシリーズもあった。



20150730001.jpg

海女さんを題材にしたものだ。

実際の海女さんは、「昔は、お姉さんだったわい」というババアばかりである。

タイトル写真のような若い海女さんが、おるわけなかろうが!

「潮吹海女」「色情海女」「くいこみ海女」「乱れ貝」など、現実の海女を考えたら、想像したくもないタイトルであろう。

そう、ありえないから、ロマンなのである。


ちなみにロマンポルノ群から、現在も活躍している男優、女優、監督がたくさん生まれているそうだ。

ただのエロ映画とは違うのである。


話が脱線してしまったが、男はロマンを追い求めるのだ!という訳で、日帰り神津島釣行である。


伊豆半島下田まで、バイクで行くつもりだったのだが、荷物が多いのと、暑さを考えて自動車にした。

夜中、空いている道を軽快に走り、下田のシミズフィッシングプラザでオキアミ2枚と配合粉2袋を混ぜる。

自室の冷凍庫に残っていた以前のコマセも混ぜ込み、バッカンに入れる。

下田港に午前2時半に到着、船着き横に駐車し、しばし仮眠。


20150730002.jpg

午前3時半過ぎ、ようやく賀寿丸がやって来た。

少ない釣り客で、共同して荷物を積み込む。


20150730003.jpg

この船はトイレがあるから、緊急事態になっても大丈夫だ。



20150730004.jpg

この季節、釣り客は少なく、ガラガラである。

私もすぐ横になり、クーラーの効いた船室で、神津島までの1時間強を睡眠に充てる。

知らないうちに到着し、島で宿泊していた釣り客を1名乗せ、午前6時、他の船と同時に神津島の港を出発した。



20150730005.jpg

今日はタダナエ島だ。

平段に2名を下ろす。



20150730006.jpg

ここは松ケ下だろうか、1名が下りた。



20150730007.jpg

オネエモにも1名。



20150730008.jpg

で、私はナダラの先端に下りた。



20150730009.jpg

最後に、すぐ横にあるハナレに1名が乗った。

私を含め、全部で6名・・・少ない・・・釣れとらんのか?

というか、この酷暑の中、磯に上がろうというのだ。

まさに「磯ラー」の6名だろう。

※「磯ラー」については、「こちら」

いつの間にか、自分がこの中に入っている事が信じられん。



20150730010.jpg

南を向くと、1名が下りたオネエモとの水道があり、



20150730011.jpg

北はナダラの細長い岬が、陸のタダナエから生えている。



20150730012.jpg

初めて乗ったとこなので、どこに向かって竿を出すか、30分ほどウロウロし、潮を見て一番釣りにくいであろう、神津島に向かって竿を出した。

左斜め前から潮が足元にぶつかって、右に流れて行く。

右には水中にタナが張り出し、あそこに潜られたら、ラインが切れそうだ。



20150730013.jpg

ぶつかった潮が下から盛り上がり、足元は反転流が右から左にウズを伴って流れる。

それに押され、向う側に潮目が出来、左から右へと急流が延々と続く。

なんでここにしたんや~!

反対側は、ハナレとの水道で、同じく急流ではあるが、素直に流せそうだ。 浅いとこが終わって、潮も緩んだとこで、ガツンと来るだろう・・・魚種は指定できんが・・・

そこを蹴って、ここにしたのならば、結果を出さねばなるまい!

まったく自信がないが・・・



とりあえず、向うの潮に仕掛けを乗せると、右にすっ飛んで行く。

流れだけで、リールから出る糸が指をバチバチ弾く。

かなり流し、緩んだとこで、喰いついた。

第一投目から、幸先がええわい。



20150730014.jpg

流れてるので、おおもんに感じられるが・・・



20150730015.jpg

まあまあのイサキだった。



20150730016.jpg

が、腹が膨れとらん!

やはり時期がちょっと遅かったようだ。

まあこれでPBは逃れたので、じっくり釣るか。

と、思ったのも束の間。

これからが結構しんどかった。


めちゃくちゃ長くなりそうなので、ここで一度切る。

ロマンの話が余計だったな・・・




にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

7月30日 続 神津島 タダナエ島 ナダラ

2015.08.06(Thu)

磯に乗った時から、ほとんど風がなかった。

気温は高く、猛烈に汗が出る。

顔を拭いても拭いても、汗が噴き出て来る。

薄曇りだったが、時々直射日光が当たり、まるでサウナに入っているようだ。

本流に入れると、イサキが釣れるのはわかったので、今度は足元の反転流に仕掛けを入れてみる。

ウキが渦に入って、マイマイしている・・・

そんな中でも、コマセを撒くと、魚が寄って来る。

タカベや、デカイスズミなどなど・・・

仕掛けを横に入れ、張っていると、竿先でアタリが取れた。




20150730017.jpg

美味しいかもしれんが、タカベを狙うのも、面白くない。

今日はとんでもないもんを釣りに来たのだ!

で、マイマイするウキでアタリを取ると、こんなもんが釣れてくる。



20150730018.jpg

お母さまを呼べ!



20150730019.jpg

お約束のベラかい。



20150730020.jpg

どんどんランクが落ちて行くではないか!

何のために赤い竿を使っているのだ!



しかも、太陽が高くなるにつれ、気温もグングン上昇していく。

エサをつけて仕掛けを放り込んだら、汗を拭き、仕掛けを流している間に汗を拭く。

風がないから、まったく涼しくならない。

イカン! 頭痛がしてきた。

熱中症になってしまう!

クーラーから冷えた飲み物を出して、がぶ飲みするが、汗が乾かないので、体温が下がらない。

まったく影がなく、逃げる場所がない。



20150730021.jpg

オネエモに下りた人は、パラソルをもって来てたようだ。

ええの~~。

冷えたペットボトルを、首筋に当てて体温を下げようとするが、だんだんぬるくなってきた。

釣りどころではなくなり、氷を直接腋の下に挟み、ようやく頭がはっきりしてくる。



20150730022.jpg

で、楽になったら、釣りを再開するのだが、立っているのが辛い。

クーラーに腰かけて、竿は楽竿ライトにかけたまま流す。

時計を見ると、まだ9時前ではないか!

これはヤバイと思った。

このペースでは、とても飲み物が足りん。

磯上がりは、午後3時。



20150730023.jpg

取りあえず、家族分のイサキだけ、さっさと釣り上げる。

もう、数は要らん。



20150730024.jpg

腕やズボンに、潮だまりの海水をかけてしのいでいたが、潮だまり自体が、ぬるくなってきた。

たまらず、下に下りて、新鮮な海水が入っている潮だまりで、体を冷やす。



20150730025.jpg

靴が濡れると気持ち悪いので、冷えた海水をズボンや、上着の肩から腕にかけて濡らす。

子供なら、キャッキャッとはしゃぐ場面だが、中年は「おう~~、はお~~」と低く唸るのみである。

そんな状態で、とても釣りに専念できない。

時々、釣り座に戻って、海を見ると、海中には何も見えないのだが、立ち上がってのぞき込むと、コマセを撒いてないのに、タカベとデカイスズミが湧いてくる。

公園のコイか!


濡らした腕や足は、風がないので、すぐにヌルくなる。

で、釣りよりも潮だまりで過ごす時間が多くなる。

ここへ何しに来たのだ!



潮だまりには、カニがたくさんおる。

大きいのから小さいのまで、回りはカニだらけだ。

フカフカの海草の上を、まるで花畑ではしゃぐ少女のように、小さいカニが遊んでいる。

そいつをパッとさらう(笑)



20150730026.jpg

脚をもいで半分ほどにし、針にかける。

狙いは、ブダイか石物。

これで真っ黒に群れを成すエサ取りを気にしなくてすむ。

足下に潮が当たってるので、石物が最有力である。

2号のウキに2号のオモリを付け、ズドンと沈める。

渦に巻かれて、ウキがクルクルと回りながら左に進み、やがて本流に乗って右に走る。

コマセも足元に撒きまくる。

これを繰り返し、もうカニが死んだかな?と思った時、ウキが沈んだ。



20150730027.jpg

うりゃ~~!

何度も下に突っ込み、やっとレマーレがきれいに曲がってくれた。

重いが、メジナほどは根性がない。



20150730028.jpg

立ち上がる気力がなく、クーラーに座ったままタモ入れする。

まるで堤防だ。

すまんな、レマーレ。 今までコッパやベラばかりで、腹が立ってただろう。



20150730029.jpg

が、これならよかろう(笑)

41センチのイシガキダイが釣れた。

うむ、タダエサで、おいしい大きさの石もんが手に入ったわい。


さらに日が高くなり、気温もどんどん上がっているようだ。

もうほとんど釣りをする気力がない。

動悸が激しくなり、息も上がっている。

身の危険を感じた。

本当にヤバイ状況になり、船長に電話して上がろうと思った時、賀寿丸が平段の方に向かうのが見えた。

こっちにも来るはずなので、すぐに片付けを始める。

案の定、平段の釣り人を乗せ、こっちに回って来た。

「もう帰る~!」と叫ぶと、船長が上がって来て、撤収を手伝ってくれた。



20150730030.jpg

5人は、12時過ぎに撤収したのだが、オネエモに乗ったパラソル根性釣り師は、残って続けた(笑)

船が走り、その風で生き返る。

クーラーの効いた船室は天国である。

神津島の港に入り、3時ごろの出船まで船室で横になる。



20150730031.jpg

そのまま寝続け、4時過ぎに下田に帰って来た。

他の釣り人も、イサキとタカベをお土産にしていたようだ。



20150730032.jpg

浄水場の横で、魚のウロコを打ち、ハラワタを抜く。



20150730033.jpg

コマセが半分以上残ってしまったが、これは袋に詰めて持ち帰る。

もちろん、冷凍して次に使うのだ。 もったいない。



20150730034.jpg

イシガキダイの腹には、コマセと貝殻が詰まっていた。

狙われず、ぬくぬくと上物師のコマセを喰いやがって~

パンパンに太っとるやないか!



20150730035.jpg

うむ、一家4人のお土産には十分ですな。

コンビニで氷を買い足し、帰るとするか。



20150730036.jpg

全身が塩と汗でベトベトなので、クーラー全開の車内で、体を拭く。

おお~! 冷た~い!

首筋、腕、足、ついでに陰部も拭いてやった。

ぐおっ!

あ、あそこが痛い!

昔、少年時代に使用した、タムシチンキの苦しみがよみがえる。

息を吹きかけたり、もう一度拭いたりするが、ヒリヒリ度マックス!

イソギンチャクがしぼんだように小さくなっているのに、熱いではないか!

うおお~っ!と、うなりながら、運転席で腰を浮かせて、くねくねもだえる。

最後にこんなロマンに襲われるとは!



20150730037.jpg

続 海女選集によると・・・


一度覚えたあの味求め
潮で締まったこの肌が
夜の漁場でうずいて開く


夏の磯でロマンを追い求めるのは、やめておこう・・・



20150730038.jpg

家に帰って、大量のコマセが冷凍室に収まったのであった。



にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

プロフィール

楽竿作者

Author:楽竿作者
釣り歴36年だけど、磯は初心者!
房総、伊豆半島、三宅島、八丈島に出かけています。

アクセス

カテゴリ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

にほんブログ村ランキング

↑