8月07日 房総半島 地磯 洲崎

2015.08.12(Wed)

真夏の磯は危険だ。

先日の神津島では、熱中症になりそうで危なかった。

で、日中を避けて夕方に釣りに行った。




20150807001.jpg

車を、洲崎の弥平駐車場に停め、ここから歩いて行く。



20150807002.jpg

数年前からちょっとずつ整備してた洲崎は、入場が有料となっている。

ただ、車で釣り座のすぐ近くまで行けるので、1,000円の駐車料金は高くないだろう。

弥平駐車場に停めた場合は、歩いて行けばタダで入場できるのだが、今回はそっちへは行かず、矢印の脇道へ入って行く。



20150807003.jpg

脇道がたくさんあり、慣れないとすぐにはたどり着けないが、洲崎の北東側に出られる。



20150807004.jpg

ふふ、この時間なら、涼しいとは言えんが、耐えられん事はない。



20150807005.jpg

今回はカゴを持って来た。

狙いは決めてないが、何か釣れるじゃろう。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


タナを段々と深くし、針が海草を引っ掛けるまで調整したが、何にも釣れんではないか!


おおっ! ウキが沈んだぁ!



20150807006.jpg

お前かい!

テラスの方を見ると、同じように赤く光るウキが飛んでいる。

何を狙っているのか知らんが、あっちは人が何人かいるので、釣れとるのだろう。

ヘッドランプを点けると、虫が飛んで来て、顔にバシバシ当たる。

ええい! うっとおしい!

アタリもないので、粘らずにさっさと引き上げる事にした。

NB(ノーマルボウズ)であった。

考えもなしに、ただ釣りに来ても、ロクな事がない。



20150807007.jpg

帰りの登り道は、やはりキツイ。

汗だくになって、ゼイゼイ言いながら上る。

ぷわっ

顔にクモの巣が張り付く。

ちょっとの間に、もう巣を作りやがって!


車のクーラーで涼み、ギャツビーで体を拭く。

局部を拭かないよう、学習済みである。



20150807008.jpg

館山のくるまやラーメンで、ミソコーンを注文する。

ちょうどその時、スマホで自分の記事を見ると、コマちゃんからコメントが付いていた。

なになに、昨日保田港で釣りをしてたって?

朝のうちだけ、私もやっていこうかな。



20150807009.jpg

ならば・・・と、付けやすそうなコーンを選抜する。

店のおばはんが変な顔をするが、無視だ。

若いお姉さんなら、考慮するんだがな・・・

鼻にコーン詰めて、そちらに飛ばしてやろうかい。

完全に、釣れない腹いせである。


道の駅に移動して、車の中で寝たのであった。



にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

8月8日 房総半島 保田港

2015.08.15(Sat)

道の駅で夜を明かし、コンビニで買っておいたおにぎりを食べ、ゆっくりと保田港に向かった。

明るいとはいえ、まだ5時過ぎである。

誰もいないだろう、そう思いながら車を停め、荷物を持って堤防に向かう。

うおっ、すでに人が・・・




20150808001.jpg

そうか、今日は土曜日。

家族連れや、サンデーアングラーが、安易に釣果を求めてやって来る日だ。



20150808002.jpg

ふふふ、そんな簡単にお魚が釣れるなら、苦労はせんのだ。

見よ、本格的な釣り人の装備を。

そんなリール付き安物釣竿とは、わけが違うのだ。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



おかしい。

何も来ない。

アタリさえもない。


そうだ、タコが釣れたとコメントにあったな。



20150808003.jpg

昨夕、洲崎で捕まえたカニがいる。

ふふ、困った時のカニ頼み。



20150808004.jpg

これでどうだ!

タコの大好物である。

ほれほれ~、喰いついてこいよ~





それにしても、家族連れはうるさい。

はしゃぐのが、釣りのルールだとでも思っているのか。

ま、楽しんでいるのだから、土日は許そう。

どうせ大した魚は釣れんのだ。




ん? 何か釣れたようだの。

はは、小サバか・・・あれで喜べるのだから、かわいいものだ。




また釣ったか?

今度は小さなガシラか・・・かわいいの~




・・・何を騒いでおるのだ。

うおっ!

タコを釣り上げているではないか!

あまりおお、大きくはないが、マダコではないか。




ふん、し、素人が釣る事もあるのだな。

ほら、ガキ兄弟も言っておる。

「にいちゃん、すごい~、タコどうやって釣ったの?」

「引っかかったんだよ、釣ったんじゃないよ。」

ほれみい!

自分でマグレだと言っておるではないか。


本当はマグレではない事を知っているにも関わらず、その言葉に頷く私であった。





おっ、竿先が重い! 来たかぁ!

・・・根がかりかい!

思いっきり引っ張ると、外れた。

ああっ、カニが取れてしまったではないか!

貴様ぁ~、貴重なカニをぉ~


仕方ないので、オキアミに戻す。

今度はアタリばかりだが、一向に針がかりしない。

小物が集まっとるのだな。

これはチャンスじゃ。



20150808005.jpg

くるまやラーメンで仕入れたコーンを付ける。

ぐふふ、来いよ~、チヌチヌ。

む、オキアミとセットで付けるか?

ククク、はよ沈めよ~、ウキ~





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





曇りで涼しかった朝マズメは、いつしか過ぎ去り、10時頃には日も出てきた。

暑くなった堤防に、笠を被った釣り人が一人、ポツンと座っている。

回りにいた釣り人は、釣れないのか、すでに撤収したようだが、一人だけ粘っているようである。

時々、ギャラリーが通りがかりに声をかける。



20150808006.jpg

不機嫌そうに答える彼の回りには、負のオーラが漂っていた。


やがて肩を落としながら片づけをし、お昼前に去って行った。

背中にPBという文字を背負いながら・・・



にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

8月27日 房総半島 旧富浦港

2015.09.01(Tue)

やっと台風がいなくなった。

が、まだ外洋に面した海は荒れている。

潮も濁っているに違いない。

ふふ、チヌ釣りには最適じゃろう。




20150827001.jpg

で、内房の旧富浦港にやってきた。

今回はダンゴである。



20150827002.jpg

紀州パワー2袋を使う。

関東はダンゴの材料が気軽に手に入らない。

めんどくさいので、売ってるのを使うのだが、メーカーが研究して配合したものであるから、握りやすいのは間違いない。

簡単にダンゴができるので、クセになりそうだ。



20150827003.jpg

これにサナギのミンチを混ぜるのじゃ。

内房とはいえ、台風の後で、もっと荒れていると思ったのだが、予想に反して静かである。

が、濁りはあるので、大丈夫だろう。

午前7時過ぎ、最初のダンゴを放り込む。

・・・あれ?・・・ここ水深何メートル?

そう、初めての釣り座である。

測ったら、3m弱(-_-メ)

浅すぎるのではないかい?!

一瞬、やめようかと思ったのだが、まあ、せっかく来たのだ。

しばらくやってみようではないか。

魚はいるのだろう、確かにダンゴはつつかれる。

ウキを引きこまんが。



20150827004.jpg

すぐ横に、鳴釜渡船があり、船長が作業してたので、話を聞いてみた。

この季節、上物師の客は来ないので、様子はわからんそうだ。

ほとんど石鯛狙いの人ばかりだそうな。

えさのヤドカリを、船のイケスに入れていた。

1匹160円とか言ってたかな・・・最近は釣具屋であまり売っておらず、客用に用意するらしい。

寒くなったら、これで沖磯に出て、メジナを狙うのも悪くないか。



さて、自分の釣りに集中じゃ。

ダンゴを投げると、盛んに何かがつついておる。

自作寝ウキの、ピョコタンが、時々ピョコンと立つ。

が、すぐにペタンと倒れる。

ぴくぴく・・・ピョコン!

おお、立ったぁ!

そこじゃ! そこでズボッと行くんじゃぁ!

・・・ペタン・・・

持続力のないやつめぇ~!

ドリンク飲んで、頑張らんかい!



20150827005.jpg

というわけで、チヌにこれだ!を、ドボドボドボ~

これでピンピンやろぉ~



20150827006.jpg

付けエサのオキアミも、フェロモン入りやで~


が、相変わらず寝ウキがピョコンと立てるも、引き込まれずに、倒れてしまう。



20150827007.jpg

倒れたままでいいのか!

さらなるドリンクの追加を考えてたら、あっ! 入った!

おお~、かかっとるわ~



20150827008.jpg

こんな小さいチヌがぁ!



20150827009.jpg

ポイじゃ!


ウキが引き込まれる前は、どのタイミングでも針がかりしないので、仕掛けをちょっと浮かせてみた。



20150827010.jpg

浮かせたら、お前か~!



群れてるとたまらんので、また底を這わせる。



20150827011.jpg

やっぱりチヌのサイズが小さいの~!


20150827012.jpg

大きになってから、かかってこいやぁ~、ポイッ!


むう~、ここは小さいチヌしか、おらんのかぁ。

場所変えを考えてたら、何やらウキが変な動きをする。

竿を上げると、おお、この重さと、引きは!

海面に、傘が開いたり閉じたりしながら浮かんできた。


20150827013.jpg

急いでタモですくう。



20150827014.jpg

ええ型のマダコじゃ!

大好物なので、チヌより嬉しい。

最近のスーパーで売っているのは、アフリカ産ばかりである。

国産のマダコは高いからの~




そんな事をやってたら、もうお昼になってしまった。

保田港で竿を出してるコマちゃんに電話してみると、チャリコとサンバソウばかりだという。

しかしここで粘っても、デカいのが釣れそうにない。

釣り座を引き払い、追加のダンゴや氷を買って、私も保田港へ向かう。





3時半ごろ、コマちゃんの隣に釣り座を作る。

その最中、コマちゃんにやっと30センチほどのチヌが来た。

おお、ええ時間帯になったようやの~、こっちにも来いよ~



20150827015.jpg

お前は来んでええんじゃ!

大人になってから来い!



アワセてもアワセても、針がかりしない小物がダンゴをつつき、欲求不満が爆発しそうになる。

コマちゃんがまたチヌを上げた。

さっそくカメラを持って、「え~?こんなサイズで?」と嫌がるコマちゃんを撮ってあげた。



20150827016.jpg

顔が暗いので、強制フラッシュを焚いたが、その写真はあまりに人相が悪かったので、割愛する。


よ~し、釣るで~





20150827017.jpg

ま、まあ1匹は仕方がなかろう・・・




20150827018.jpg

に、2匹目も許してやるか・・・





20150827019.jpg

3匹目は、もう許さん!

もう辺りは夕闇が近い。

実は夜釣りもしようと考えていたのだが、これが来るともうダメじゃ・・・

ゴンズイ師の異名をつけられるわけにはイカンのだ。

今日は納竿とした。

オドヤ(地元のスーパー)で弁当とビールを買い、道の駅で車中泊なのである。

明日、またここで釣るかの~




にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

8月28日 房総半島 白間津港

2015.09.04(Fri)

早朝、4時に目が覚めた。




20150828001.jpg

風があり、気温も低く、肌寒い。



20150828002.jpg

昨夜のマクラは、紀州パワーと、湾チヌスペシャルだ。

気温が低いため、快適な車中泊であった。

さて、保田港へ行くか。



で、行ってみると風が強く、昨日の釣り座からは向かい風となっており、大変寒い。

空模様も怪しく、今にも雨が降り出しそうだ。

そういえば、昨年の同時期も、寒かった。

他に、この北風をしのげる場所がないものか。

車に乗って、いろいろと港を見ながら南に進む。

風向きが悪いな・・・人がおるな・・・なんやかやとイチャモンを付け、さびれた地域を目指す。

いっそのこと、南房まで行ってみるか!



20150828003.jpg

というわけで、白間津港で釣る事にした。

外洋はまだ荒れており、磯釣りは無理そうである。

ここでダンゴを投げた事はないが、だれもやっとらんから、それが魅力だ。

すでに午前9時を過ぎてしまった。



20150828004.jpg

漁協の対面の岩場からダンゴを投げる。

あちら側では、3人ほどのルアーマンがうろついておる。

何も釣れておらんようだが。

ふふ、こちらでは、釣れておるぞ。





20150828005.jpg

こんなんがぁ!

コッパばかりではないか!

しかもこいつが集まって、釣れまくりやがる。




20150828006.jpg

バッカンに落としたら、暴れてダンゴまみれになりやがった。

ポイしたら、ダンゴ煙幕をはりながら逃げて行き、その煙幕に小さなベラが突っ込んでいく。

見るもおぞましい景色である。




日差しが強くなってきた。

気温は低いが、キャップではやはり暑い。

で、いつもの笠にした。



20150828007.jpg

笠は、頭を輪っかに入れるため、本体と頭の間に空間ができる。

麦わら帽子も優れた避暑グッズだが、笠にはかなわない。



20150828008.jpg

おかげで、涼しく釣りを続けられる。



20150828009.jpg

コッパグレ対策として、サナギを使ってみる。

が、これだと何も来ない。

チヌが寄るまで粘るべきだろうが、つまらないので、オキアミに戻す。



20150828010.jpg

お昼前になると、釣り船が帰って来た。

ちょうどコッパが釣れたので、すぐに上げず、泳がせて見せつける。

船上の釣り人が、何が釣れたのか興味しんしんで見ておる。

06号のチヌ竿なので大きく曲がっている。

ふふ、どうや、デカいんが釣れとるで~

船が右奥の船溜まりに消えるまで、この状態を維持する。

上げてしまったら、コッパだという事がバレてしまうのだ。

はよ見えんとこまで行ってくれ~!




もうダンゴが残り少なくなった。

ここらで必殺「虫ダンゴ」を使うか。


「虫ダンゴ」とは!

昨夜、車中でビールを飲みながら、寝る前に考えた必殺ダンゴである。

夕方、コマちゃんからもらった青イソメを使用する。

コマちゃんも、他の釣り人が帰るからと、もらったもので、クーラーに保管していた。




20150828011.jpg

釣針に青イソメを一本がけし、ダンゴの外にまで伸ばす。

この外に出た部分を、ピロリンと呼ぶ。



20150828012.jpg

ダンゴが着底すると、このピロリンがピクピク動いて、魚を惑わす。



20150828013.jpg

小さな魚が集まるのを見て、デカい魚が突進してくる。



20150828014.jpg

デカい魚がかかるという具合だ。


ふふ、どうやら最後に、この必殺ダンゴの出番が来たようだ。



20150828015.jpg

もらいもんの、もらいもんである、青イソメである。



20150828016.jpg

元気のいいとこを、1本がけだ。

これでダンゴをにぎにぎする。




20150828017.jpg

これが虫ダンゴだ!

ふふ、このピロリンが、とっても効きそうである。


喰らえぇ~!




20150828018.jpg

ああっ! ピロリンがぁ!

投げた瞬間、ピロリンが切れたぁ!

着底したダンゴが、さかんにつつかれ、すぐに割れる。

ウキが水中に吸い込まれる。

おおもんかぁ!




20150828019.jpg

きさまぁ~!

昨夜からの、大構想が崩れたではないか!



打ちひしがれ、鼻水が垂れそうになりながら、帰る準備をしようかと思った時、思い出した。

東京磯釣倶楽部の御大、山田氏が、

「コッパメジナをアジフライのようにしたら、アジよりウマいぞ。」



20150828020.jpg

もうダンゴ1個くらいの量しか残っていないが、これをコマセにし、コッパを釣る事にした。



20150828021.jpg

ウキを、ピョコタンから、円錐ウキ0号に変える。

左手で、ダンゴ材料を撒き、フカセで釣る。

磯釣りをやりだしてから、こういうのが楽にできるようになった。



20150828022.jpg

すぐに4尾が上がる。

家族の人数分釣れたから、これでやめようかと思ったが、よく考えると、一人2枚は食べるよなぁ。



20150828023.jpg

という訳で、4尾を追加。



20150828024.jpg

ウロコと頭、内臓を取って、これで持ち帰る。

昨日のタコと、このグレフライの材料があれば、まあええじゃろう。

あ~、よく遊んだ~

まだ12時半か・・・のんびり帰ろう。



にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

プロフィール

楽竿作者

Author:楽竿作者
釣り歴36年だけど、磯は初心者!
房総、伊豆半島、三宅島、八丈島に出かけています。

アクセス

カテゴリ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

にほんブログ村ランキング

↑