10月11日 三宅島 三本岳 大根 他

2015.11.04(Wed)

10月10日、夜8時に家を出た。

竿ケースを肩にかけ、背負子2号をゴロゴロ引きながら地下鉄の駅に向かう。




20151011001.jpg

土曜の夜だ。 上りのホームは、ほぼ無人。

今回は、「楽竿ライト2」の量産品最終実釣テストである。

三宅島へ渡るのだが、正直この時期はあまり期待できない。

いやいや向かうのである。イヤイヤ。



20151011002.jpg

車内もガラガラ・・・

開放感あふるる気分だが、浮かれてはイカン。

大事な大事なテストなのだ。

気を引き締めなければ。



20151011003.jpg

地下鉄「大門」駅で降り、竹芝桟橋まで歩くと、今日は混んでいた。

大島航路が多いとはいえ、三宅島方面へも結構な人数が渡るようだ。

今日は、東京磯釣倶楽部の山田、古川の両氏とともに3人で行くのだ。

船中は以外にも空いていた。

大型台風が北に抜けたものの、うねりが残っているだろうと、釣客がキャンセルしたのかもしれない。

午前5時に三宅島へ到着。

今回はいつもの「薄木荘」ではなく、民宿「共栄」だ。

なんと薄木荘は満室だという。

ここ何年かで、初めてではないだろうか。



20151011004.jpg

が、釣り道具は薄木荘にあるので、宿泊荷物だけ「共栄」に置き、我々はここで支度をする。



20151011005.jpg

阿古港で、渡船に荷物を積み込む。

一番、心弾む時間帯だ。

いやっ!

今回は楽しみに来ているのではない。

テストなのだ、テスト。

緩むほっぺを押さえながら、自分を戒める。



20151011006.jpg

午前6時に出港し、三本岳へ向かう。

まずは青根で数人を下す。

我々3人と石物師3人の、計6人が大根に乗った。

三本岳では、チャカ着けせず、飛び乗り、飛び降り、荷物も放り投げて受け渡しする。



20151011007.jpg

石物師の竿ケースが海に落ちた。

よくある事で、私がカギ棒で拾い上げた。

今日は西からの風が強く、みんな風裏であるチャカ場の近くに陣取る。

このところ天気がよくないためか、大根全体が濡れており、この時期なのに滑りやすい。

今日も朝から雨模様である。

さて、私は一番端にチャランボを打つか。

と、その時、向こうで叫び声が上がる。

なんじゃろう?

と、覗くと、古川氏が海に落ちていた。



20151011008.jpg

すぐに他の石物師が掴み上げ、私はロープを垂らした。

ちなみにこの画像は、頭に付けたソニーのアクションカムで、渡船からずっと回していたビデオの画像を切り取ったものである。

決して、落ちた様子を、上から写真で撮っていたわけではない(笑)

赤いライジャケを着ているのが古川氏だが、幸いケガはなく、どこも打っていなかった。

何食わぬ顔で、釣りのセッティングを再開していたが、冬なら凍えて、即撤収だろう。

古川氏は、東京磯釣倶楽部の前会長である。

伊豆諸島、小笠原にも出かける、磯釣歴40年の大ベテランで、現在はほぼ石物狙いの、底物師だが、今まで海に落ちたことはない。

海防演練で、ライジャケ着て海に飛び込む練習はしているが、今回初めて海に滑り落ちた。

「今まで大丈夫だったし、俺には経験がある。海に落ちることはない。」

よく聞く、こういう考えは、厳しく言えば何の根拠もない虚言である。

図らずも今回は、それを実証してしまったのだ。

私は安全そうに見える磯でも、チャランボから離れて釣りをしない。

チャランボは、海に落ちないための、命の道具だと考えているからだ。



スパイクは滑って海に落ちないためのもの。

ライフジャケットは海に落ちた時のためのもの。

チャランボは、波にさらわれないためのもの。


ただチャランボには、波にさらわれないだけではなく、他の意味もある。

・スパイクが岩につっかかり、前のめりに海に落ちそうになった。

・バッカンの出っ張ったハンドルに足をひっかけて海に落ちそうになった。

・しゃがんだ状態から立ち上がって、立ちくらみがした。

この4年間、私の上記3点の危機を救ってくれたのが、チャランボである。

磯釣りで、私がいつでもチャランボに手が届く位置で釣りをしている理由だ。

楽竿ライトをチャランボに取り付けて釣りをしているのは、こうすればチャランボから絶対離れる事がないからでもある。

もちろん竿を手持ちで釣る時も、チャランボの横でやる。

「私は絶対海には落ちない。」

などと言うほど、私は自然に対して傲慢ではないつもりだ。



さて、海に落ちたにもかかわらず、持っていたピトン袋を手放さなかった古川氏は、チャカ場に釣り座を構えた。

私もチャランボを打ち終えたので、さあ、竿を出すか!

ん?

・・・・ない

・・・・・・・・リールがない


うおおおおお~~~~!


リール忘れた~~~!


そういえば、家で磯バッグに荷物を詰めていた時、妙に空間があったのだ。

「ふ、俺も荷物整理がうまくなったな・・・」

などとタバコをくゆらしながら「いや~、まいったまいった」などと一人で照れていたのを思い出す。

それを・・・よりによって、三宅島の三本岳に乗ってから発見するとわっ!



終わった・・・


呆然としていると、びしょ濡れの古川氏が、

「リール貸そうか?」

「ええ!? 持ってるんですか!?」

「石鯛用だけど。」

「・・・道糸何号?」

「・・・18号・・・」

そんな道糸、仕掛けが出て行かんがな!

ウキの穴、通るんかい!

すると山田氏が、上物用のリールを持っていると言う。

貸してもらったが、両軸リールだった。

この際、ぜいたくは言っておられん。

リールがなければ、釣りができんのだ。



20151011009.jpg

で、こうなった(笑)

私は右手で竿を持つのだが、リールは右ハンドル。



20151011010.jpg

仕方なく、こういう手持ちスタイルになってしまった。

・・・何のテストをしに来たのか!

しかもこのリール、巻き上げる時、カッカッと、引っかかって止まりやがる。

山田氏「あ~、中古で買って、全然手入れしてないからね~」

お先真っ暗である。



潮が左から右にゆっくりと移動している。

右は石物軍団。

左の潮上に仕掛けを投げ、正面で回収するスタイルしか取れない。

スピニングと違って遠投できないので、沖を流せない。

コマセを撒くと、チョウチョウウオモドキが群れまくっている。

・・・終わっとる・・・

エサは取られるが、何も来ない状態が延々と続き、午前10時には、やる気ナッシング。

石物は何枚か上がっており、上物一人の私はボウズ。


意を決し、チャカ場から離れる事にした。



20151011011.jpg

表を見に行くと、風が奥のエビ根方面からビュービューと吹き付けてくる。

体感10mほどだが、潮も引いてるし、なんとか釣りになるじゃろう。

が、ここまで荷物を運ぶのに一苦労。

滑りやすいうえに、コマセは海水混ぜて作ったのが、ほとんど減ってないので重い。

汗だくになりながら2往復して、やっと釣り座を作った。

釣りを再開したのは、午前11時を回った頃だろうか。



20151011012.jpg

おお、これぞまさに海の男の絵ではないか。

荒磯に打ち付ける波が、背丈を超えておる。

あ、ちなみに持って行く波ではなく、真上に上がる波しぶきである。

コマセを撒いて足元に仕掛けを入れると、すぐにこんなのが来た。



20151011013.jpg

まあ、今までよりは釣りになるという事だろう。

右からの強風で、正面より左にしか仕掛けを入れられないが、サラシに入れるか、淀みに入れるか迷う。

ちなみに潮はほとんどない。

両軸リールで仕掛けが飛ばないのに、さらにこの強風である。

遠投用の0号ウキを使って、思いっきり竿を振る。

うおりゃ~~~! ブンッ!

ぴゅう、ぼちゃ。

すぐそこかい!

淀みからサラシに引かれて、沖に出て行く流れに乗せるしかないの~

コマセをその流れに入れて、なんとか仕掛けもそれに乗せる。



20151011014.jpg

やっと、ええ引きが来ましたがな。

が、竿は左手、タモは右手と、いつもと逆なので、扱いにくい!


20151011015.jpg

むう・・・口太か。

測ったら45センチだった。

今日は尾長は難しいかのう・・・


しばらくしてもう1尾上げたとこで、船長が沖で何か叫んでいる。

あ・・・撤収か!

風がさらに強くなってきたので、そうなのだろうと、急いで片づけをする。

汗だくで荷物をチャカ場まで移動してたら、みんなはまだ釣りをしている。

「あれ?撤収じゃないの?」

「何も聞いてないよ。」

どうやら、波が出てきたのと、潮が上げてきたので、私に注意を促したようだ。

たぶん。


・・・まともに釣りをしたのは、20分だけかい!


気が抜けて、しばし休憩。

磯上がりは午後3時なので、まだ時間がある。

みんなの端で、またやるか。

チャランボを打ち終わったとこで、今度は船長が、全員に撤収の合図。

再セッティングし始めたとこやのに~



20151011016.jpg

すぐさま片づけをして、午後1時、三本岳を後にした。


20151011017.jpg

三本行って、45と44の口太2尾だけ・・・


リール忘れるからじゃ!



さて、まだ時間は早い。

古川氏は着替えてから、釣り小屋の自分のロッカーを整理すると言う。

まあ、海に落ちてずぶ濡れだから、今日はもうやりたくないだろう。

私と山田氏で、車を走らせ、釣り場を探す。

けっこうなうねりがあり、なかなかいい場所が見つからない。


20151011018.jpg

空港下のベンケイに入った。

適度に波があり、きれいなサラシが出ているのが見えたからだ。



20151011019.jpg

山田氏のロッカーから、スピニングリールをお借りした。

ふふ、これでテストになるわい。

ただ、ハンドルが右なので、やはり竿は左手だ。

チャランボは、私の体の左に打つ。



20151011020.jpg

カゴの山田氏はすぐに、小さいがシマアジを釣る。

よし、私もやるかぁ。

で、始めたら、すぐにうねりが強くなってきた。



20151011021.jpg

となりの岩が、まともに波を受け、しぶきが飛んでくる。

なんで私がやりだしたら急に荒れるんじゃ!

撤収じゃぁ!


20151011022.jpg

帰りも重い・・・バッカンのコマセ、減っとらんやないか・・・

さんざんな一日であった。



にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

10月12日 三宅島 地磯 ツル根

2015.11.07(Sat)

まだ暗いうちに宿を出た。

今日は一人で地磯「ツル根」へ向かう。




20151012001.jpg

いつものハナレは、まだ波を被っている。

干潮に向かっているので、おにぎりを食べたり、仕掛けを作りながら渡れるようになるのを待つ。



20151012002.jpg

きれいな日の出だ。

ハナレも波があまり被らなくなったので、セッティングを始める。



20151012003.jpg

うむ。

いつものスタイルで釣りができそうだ。




20151012004.jpg

山田氏から借りたスピニングリール、ハンドルを左に付け替え、ほぼ操作環境が慣れたものになった。

もっとも、こんなドラグのリールは使ったことがないので、おおもんが来たら困るの~

レバーブレーキもないし、どうやってやりとりすればええんかのう~

などと、釣ってもいないのに心配をする。




20151012005.jpg

まだ時々足元まで波が上がってくるので、バッカンの把手をもう1本のチャランボに通す。



20151012006.jpg

となりの高足場からは、石物師2人が竿を出している。

さて、釣り開始だ!

コマセを撒き、仕掛けを入れると、しばらくしたら入れ食いになった。




20151012007.jpg

こ~んな尾長や・・・




20151012008.jpg

こ~んな口太がな!


石物師を見ると、いきなり何枚か上げておる。

ちょっと見に行くと、小型ではあるが、石鯛と石垣鯛が上がっているとの事。

リリースしていたが、「いります?」というので、ありがたく石垣鯛を頂いてきた。

後ろの潮だまりに放り込んでから、釣りを再開する。

相変わらずコッパが釣れ続けて疲れる。


たまらず、仕掛け投入ポイントを、大幅にずらすと、また入れ食いになった。



20151012009.jpg

こ~んなシマアジが!

全部ポイポイしてるうちに、

「待てよ。このままでは今日のお土産がないではないか。よく考えると、このチビシマアジ、いつも食卓で食べてるマアジとサイズ的には変わらんな。家族4人、一人1尾のおかずに持って帰るか。」

と、キープすると決めた瞬間、釣れなくなった。

お前ら~!

気配を察したか!

などと一人で突っ込み入れてると、後ろでカラスがカアカアうるさい。

ハッと振り向くと、潮だまりの石垣鯛が外に出ておる!

急いで駆け戻り、カラスを蹴散らす。



20151012010.jpg

おのれ~! 目玉をつつきやがって!

ドンゴロスを持って来なかったので、ビニール袋に入れて、竿ケースの中に隠す。

これで喰えんじゃろう。

貴様らは、これでも喰らえ!



20151012011.jpg

ふふ、お前らがババ好きなのは知っておる。

が、液ババは喰えんのも知っておるぞ。

ほれほれ、はようせんと、海面に流れ落ちてしまうぞ?

ざまあみやがれ。




さて、再開すると、またシマアジが来た。



20151012012.jpg

2尾で終わったが・・・


少しいい引きのが来て、上がってきたら、銀色がキラッと見えた。

なんだ~、イスズミか~

と思っていたら、キラキラと周りの水中がやたらに光る。




20151012013.jpg

なんじゃ?こいつは。

見たことがない魚である。

なんとなくウマそうなので、キープした。

後でネットで調べると、「小判アジ」と言うそうな。

刺身は絶品とあった。

さて、今日は東京に帰る日なので、午前10時に納竿とした。

潮だまりで、ウロコを打ち、内臓を取る。



20151012014.jpg

シマアジは2尾とも、口内に寄生虫がいた。



20151012015.jpg

ひっくり返すと、相変わらずの気持ち悪さである。

よちよちと歩いているので、放置した。

カラスにくれてやるわ。



20151012016.jpg

斜面を上がり、上からワンドを見下ろす。

まだちょっと時期が早いの~

来月だな。


ま、とりあえずテストは成功したし、久々に良い景色に癒された。


20151012017.jpg

石垣鯛はもらいもんだが、まあ一家4人には十分なお土産だろう。



20151012018.jpg

昨日海に落ちた古川氏は、良い型の石垣鯛を2枚上げていた。50弱だろうか。



20151012019.jpg

山田氏も、同じくらいの石鯛と石垣鯛を上げていた。

石物絶好調ですな。



20151012020.jpg

今日は三池港から、午後1時半ごろに出船した。

もちろん帰りは爆睡である。

帰宅したのは夜の9時半ごろ。

猛烈に腹が減っていたので、とりあえず今日釣ったシマアジを焼いた。



20151012021.jpg

もちろん、おいしゅうございました。



20151012022.jpg

口太も45クラスになると、お味もイマイチなので、次の日の鍋に入れる。



20151012023.jpg

で、問題の「コバンアジ」。

氷で冷やして帰ったのだが、このままウチワにできそうな硬さだ。

3枚に下ろしても、身が硬い。

刺身が絶品とあったが、ホンマかいな・・・



20151012024.jpg

上が石垣鯛、下がコバンアジ。

コバンアジは脂がノリノリで、味は確かに絶品だった。

これは間違いなくウマい。

次、釣れるかどうかわからんが、絶対にキープしなければならん。

まあ、来月から釣れ始める「スマ」の脂にはかなわんだろうがな。

もうスマを釣った気分になっているのであった。



にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

10月24日 三宅島 地磯

2015.11.18(Wed)

11月まで待てと言うのに、性懲りもなく行くことにした。

いつものごとく、ガラガラの地下鉄に乗り込む。




20151024001.jpg

たぶんこの間と状況は変わらないので、雰囲気を楽しみに行こうと、あきらめムードである。

・・・その割に、しっかり発泡スチロールの箱をくくりつけているが。


今回は最初から地磯だ。

早朝、三宅島に到着し、一人、ウノクソ・ツル根に向かう。



20151024002.jpg

おや、先客が1台。

珍しいの~




20151024003.jpg

上から見ると、けっこう荒れており、ウノクソ側はしぶきが上がって無理そうだ。

ツル根側はうねりの裏側なので、何とか竿を出せそうだが、高台には先客が入っている。

石物師のようだな。

先端は波が超えているので、絶対無理だし・・・

その場にとどまり、タバコを吸いながら、どこにするか考える。

よし、湾奥の安全なとこから遠投するか。

下りてすぐだから、楽だし~



20151024004.jpg

ふふ、予想してたので、今回は遠投用の粉を持って来た。



20151024005.jpg

リールも忘れずに持って来た。

まあ、それが普通か(笑)

この間は、大変だったからのう~



20151024006.jpg

おお~、ウマそうじゃ。

オキアミは3ブロック。 今日1日分のコマセである。



20151024007.jpg

いつも乗るハナレは、被りまくっており、とってもデンジャラス。



20151024008.jpg

ここは湾奥で、静かだ。

ふふ・・・しかし感じるぜ・・・コマセに乱舞する、ヤツの熱い気配を。

感じるぜ・・・ヤツの熱い鼓動を。




20151024009.jpg

こいつの熱いビートをよお!

コッパが入れ食いになってしまったではないか!

・・・まあ、そのうちデカいのが寄って来るだろう。


が、だんだんと湾奥までうねりが入るようになってきた。



20151024010.jpg

うおっ!



20151024011.jpg

ひい~~!


持って行く波ではなく、打ち付ける波しぶきが、真下から突きあがってくる。

全身に海水を受け、仕方ないのでレインジャケットを着る。

・・・濡れた上に着るので、あまり意味がなかったが・・・


よ~し、コッパの下にいる、おおもんを狙うか!



20151024012.jpg

お前のことではない!


さらに波しぶきがデカくなってきたので、ヤメにした・・・



20151024013.jpg

片付けをしながら、上着を干す。

風と太陽は、ありがたいですな。

30分ほどで、乾きそうだな・・・などと、ゆったりタバコをくゆらせながら、ふと気が付いた。

バッカン、そのままやんか!



20151024014.jpg

うおおぉ~~!

フチまで海水がいっぱいにぃ~!

恐る恐る、上澄みを捨てるが・・・コマセはドロドロのゲル状に・・・

来る時の、倍以上の重さになっとるやないか!

おんおん、うなりながら、背負子を担いで急斜面を上がった。


汗だくになり、さて、どうしよう。

まだお昼前だし、いろいろ見ながら、釣り場を探すか。

風とうねりで、どこも荒れている。

バッカンがメガトン級の重さなので、すぐに入れるお手軽地磯しかないだろう。



20151024015.jpg

で、ここに来た。

見る事はあっても、釣りをした事はなかった場所で、車からすぐの釣り場だ。

名前?

ガイドブックにも載っとらん、釣れるかどうかもわからん地磯だ。

左には、砂利浜があり、ルアーマンらしき人影がある。

まあ、ここでいいか。

近いし、あまり荒れてないし。



20151024016.jpg

・・・底が見えとる。

めちゃ浅い所に、ドスン、ドスンと、根が沈んでいる。

本州の地磯なら絶対やらんようなとこだが、ここは離島。

他に、浅くても喰ってくる場所はあるのだから、大丈夫に違いない。

みんながやらんぶん、魚も多いじゃろう。



20151024017.jpg

確かに多かった・・・ここもコッパかい!

おれはコッパマンかい!

浅いから遠投しようにも、ドロドロのコマセは飛ばんのだ。

ひしゃくで、近くに水を撒くような感じである。

ぴしゃ~、ぴしゃ~っと撒くと、わらわら~、わらわら~っと小さいコッパか何かが走り回る。

払い出しの先を釣るしかない。

いろいろと探ると、ちょっとマシなサイズが釣れ出した。



20151024018.jpg

が、足裏サイズ止まりである。

こうなれば、物量勝負じゃ。

バッカンを傾け、ドロドロコマセを流し込む。

ベチャッ、ベチャッと海面に落ち、さらにヒシャクで撒きまくる。

これでもかというくらい、目の前にコマセを撒くと、釣れた。



20151024019.jpg

ちょっと40には足らんけど、まあまあの尾長が。

きさま、欲に目がくらんだな(笑)


後で、他の三宅島情報を見ると、今日はこれで上々のようだった。

潮も上がってきて、足元にしぶきがかかってきたので、ここでやめる。



20151024020.jpg

ほんまのお手軽地磯で、左にはもう一か所岩場があり、地元民が3人、カゴを投げていた。

何が釣れるんだろう・・・

今日、これならば、シーズン中、一度ちゃんと狙ってもいいかもしれないと思った場所であった。


さて、まだ暗くなるまでには少し時間がある。

錆が浜港の桟橋に向かう。

東京磯釣倶楽部のメンバーが数人いた。



20151024021.jpg

先週の競釣会が流れ、今日集まったのである。

潮が入らず三本岳は、全然ダメだったとの事。

ここも潮が動かず、アタリが全くないという。

まあ、ちょっと竿を出してみるか~

・・・サバ1本であった。


薄木荘に帰り、ビールと晩飯でくつろいでいると、表のネコがやかましい。



20151024022.jpg

網戸にへばりついとるやないか。



20151024023.jpg

お魚の残りを、おねだりしているようだ。

ちなみに全部ノラネコである。

ここに居着いているが・・・



20151024024.jpg

うちの会長は、午後8時にはオネムの時間となる。

いつもこのカッコで寝るのだが、どうやら欲求不満らしい。

釣れずに、余計にウップンが溜まっておるのだろう。

寝るのも早いが、起きるのも早い。

午前3時には、ゴソゴソガサガサ活動を始めるので、なんとか早く寝かせないように、みんなで妨害するのだが、いまだ有効な手段がない。

明日も風が強くて荒れるという。

まあ、なんとかなるだろう。



にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

10月25日 三宅島 伊ケ谷堤防

2015.11.24(Tue)

今朝は午前4時に起きだした。

張り切って暗いうちから地磯へ出かけるのだ。

準備を完了して、さあ出かけるぞという時、とんでもない情報が飛び込んできた。




今朝の東海汽船が、三宅島に着岸しなかった!


確かに強風だが、そんなに強いか?!

話によると、御蔵島は当然素通り、八丈島にも着かない場合、途中で引き返す可能性があり、三宅島に戻って来るのが早くなるかもしれないとの事。

帰りの時間が早くなるかもしれないので、電話の通じる所にいてくれ?

・・・帰りの船、ちゃんと着岸するんか?

帰れなかったらまずいな~

テンションダダ下がりで、地磯に行く気がなくなってしまった。

みんなと一緒に、堤防行くか・・・

風向きを考えて、伊ケ谷の堤防へ行く事にした。

先端まで行って、竿を出すが、コマセを撒いても魚影が見えない。

え?ボウズかって?

いや、コッパマンは、コッパだけは釣るのだ(ToT)

やる気ナッシング・・・


20151025001.jpg

角で竿を出してた石物の樋口氏の竿が、いきなり引き込まれた。

おおもんか?

あっという間に根に入られたようで、出て来なかった。

正体わからん方が、幸せだったかもしれませんな(笑)


イシダイなら、私も釣りましたぜ、2枚も。



20151025002.jpg

こ~んなヤツをな!



しばらくしたら、いきなりデカいアタリが!



20151025003.jpg

途中まで期待を持たせ、脱力感でタモを伸ばさせる魚である。

途中までは、「なんだなんだ?」と人を寄せ、

浮いてきたら「なんだ~」と人を散らす、

不幸のサカナ、サンノジである。

不幸のテガミみたいで、かわいそうだな、お前(笑)

ライバルに向かって、「足元を探ると、デカいの来るよ」とささやいてだまくらかし、コイツを釣らせて体力を奪い取るという妨害工作にも使われる。


ちょっと遠投してタナを深くすると、アジが釣れた。

で、遊びで泳がせる事にした。

デカい針に付け替え、背掛けにして放り込む。



20151025004.jpg

まさか堤防で釣るとは思わなかったので、クーラーを持って来ていない。

楽竿ライト2を使えないので、こんな風に竿を置く。

ぼ~っとしながら、人の釣りを眺める。

後からフカセの人達が隣に入って来た。

最初はビシビシッとコマセを打ち、シュパァッと仕掛けを投入していたのだ。

が、あまりの釣れなさに、だんだんだらけて・・・堤防に座って手前で糸を垂れておった(^^;

昨日、今日と、三宅島のフカセは絶不調のようで。

ふと気づくと、おお、レマーレの竿先がグングンと引かれている。

???青物ならもっと引くだろ?

中途半端な引きを見せる魚って、何だろうと思いながら糸を巻く。

抜き上げたら、こんなヤツだった。



20151025005.jpg

おわ~、エソやんけ~



20151025006.jpg

アジに喰いつくとは思わんかった・・・

というか、針がかりしておらんのだ。

アジに喰いついて放さなかったのである。

堤防に上げられてから、やっと放したような次第で・・・アホやな・・・お前。



20151025007.jpg

あ~あ、アジがこんな傷だらけになってもうた。

あれ?まだ生きとるやんか。

も一回、行ってこ~い!

天高く、弧を描いてアジが飛んで行く。

・・・が、何も反応なく、10時になったので、納竿した。

宿に帰って道具を片付けてると、錆ヶ浜堤防で竿を出してた二人が帰って来た。



20151025008.jpg

ありゃ、イシダイ釣れたのね。

昨日は何にもアタリがなかったというのに・・・


帰りの東海汽船は、きちんと定刻にやって来た。

・・・それなら、地磯行けばよかった。

来月に期待する!

前回も同じこと言ったような・・・



にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

プロフィール

楽竿作者

Author:楽竿作者
釣り歴36年だけど、磯は初心者!
房総、伊豆半島、三宅島、八丈島に出かけています。

アクセス

カテゴリ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

にほんブログ村ランキング

↑