1月6日 神津島 タダナエ 平段カド 初釣り

2016.02.03(Wed)

最初にお断りしておく。

タイトルを見て、「おっ! 平段か! しかもカド・・・爆釣記事か!」

と思われるかもしれない。

が、それはまったくの誤りである。

神津島のタダナエ方面で1番の人気磯、ナギでなければ上がれない離島の沖磯だ。

そこへ一人で乗った、ある釣れない釣り人の、かわいそうな記録である。




今年の初釣りはどこにするかで迷っていたが、賀寿丸で神津島へ行く事にした。

そう決めた年が明けてすぐの1月4日、さっそく船長に電話をする。

が、私の他に行く客がいないと言う。

伊豆半島の下田から、迎えの船に乗るのだが、ある程度人数がいないと出船しない。

明日の夜までに予約が入るかもしれないから、電話してみてと言うので、出船しない場合に備えて、他のプランを考えていた。

やはりホームグランドである、入間にするか・・・あるいは房総の白浜か富浦の渡船にするか・・・いっそ地磯なんてどうか・・・などなど、頭の中では、どこも爆釣である。

5日の夕方、電話すると、私の他に一人だけ問い合わせがあると言う。

油代も出ないだろうから、やめますと言ったのだが、「いや!行こう!」と船長が言ってくれた。




20160106001.jpg

車を走らせ、オキアミの解凍予約を入れたシミズフィッシングプラザでコマセを作る。

いつものあおき釣具は、正月明けで休みらしい。

下田の乗船場所に車を停め、仮眠して4時半の迎えを待つ。




20160106002.jpg

賀寿丸は普通、岸壁に横着けして荷物を積み込むのだが、二人しかいないので、磯と同じチャカ着けで乗り込む。

船内で横になり、1時間ほど仮眠だ。




20160106003.jpg

他の一人を烏帽子に乗せ、私は平段のカドに乗った。

初めての磯だが、この場所を一人で独占できる事は、めったにない。




20160106004.jpg

船長のアドバイスに従い、沖向きに竿を出す。

写真奥は神津島本島で、そちらに向かって潮が流れている。

私にとっては左から右に流れている事になる。

もっと写真奥の方へ行きたかったのだが、波が洗っているので、手前の2段高い場所から竿を出した。

最初は足元から始める。

コマセを足元に打ち込んでいると、魚が集まり始めた。

足が速い。

付けエサだけ取られる。

犯人(犯魚?)はこいつだ。




20160106005.jpg

タカベである。

これがすぐに海中を埋め尽くし、縦横無尽に走りまくる。

多少の遠投など、ものともせず、沖のコマセも喰い尽す。

軽い仕掛けではどうにもならず、2号錘、2号ウキでズドンと沈めると、来るのはこいつ。




20160106006.jpg

ベラもたくさん釣れるでよ!




20160106007.jpg

西風が強くなり、しぶきが、心だけでなく体も冷やす。

コマセに群がるのは、何もタカベだけではない。

トリが海面でウキの回りを泳ぎ回る。




20160106008.jpg

見てみい! 道糸が羽にからまったやろうが!




20160106009.jpg

羽の先っぽに、ウキと道糸がぐるぐるとからんでおる・・・

ぐしゃぐしゃになってるラインを外そうとすると、クチバシでつついてくる。

おのれ~、ライン切るしかないわ!

その間、3回も食べたものを吐き出す・・・うお! オキアミだ!

ヒシャク6杯分くらい、喰うとるやないか!

それがひ~、ふ~、み~・・・8羽おるから・・・コマセを48回、お前らのために振っとったんかい!




20160106010.jpg

もう来るなぁ~!

空へ放り出すと、あっちへ飛んでった・・・と思いきや、目の前の海に浮かぶ仲間とともに、またコマセを待っている。

こいつら・・・学習せんのか・・・



コマセをドカ撒きして、「タカベが全部喰いつくせずに付けエサが沈む物量作戦」で、やっとメジナが釣れる。




20160106011.jpg

こんなサイズが・・・


その後、同じ作戦で何枚か釣れるが、どれも小さい。

私は自分の釣るようすを、ビデオで撮っており、後で観るのが好きだ。

自室で、釣りの雰囲気も思い出せるからである。

ちょうどこの時間帯を観ていると、カラスが映っていた。




20160106012.jpg

む・・・ビデオカメラの前に・・・ジャマだ! どけ!




20160106013.jpg

ああっ! ピ、ピントがカラスに移ったぁ!

オレの姿がボケているではないか!




20160106014.jpg

どかんか~~!!



たぶんこの後だろう、しぶきでコマセがびちゃびちゃにならないよう、バッカンを後ろに置いていたら、カラス軍団がむさぼり食っておった。

お、お前ら・・・カニのエサにしてやろうかい!




20160106015.jpg

たまりかねて、左の小ワンドに移動する。




20160106016.jpg

朝からエビ網だろうか、漁船が岸に沿ってウロウロしておったから、やらなかったのだが、今の釣り座よりは、マシだろう。




20160106017.jpg

ちなみに移動中は、こんな感じでカラスが群がる。

こいつら・・・いつか捕まえてやる・・・

暗い決意を胸に秘め、第一投。




20160106018.jpg

お、小さいが口太が釣れたやないか。

よしよし、もっと寄れ!

尾長も寄れ!

コマセをパシュパシュッ!




20160106019.jpg

お前は寄らんでええ!


地方によっては、見たことがないかもしれないから、一応説明しておこう。

タカベは、夏が旬だ。

まるでサンマのように、焼くと皮が脂でじゅうじゅうと弾け、大変美味になる。

これを専門に狙う釣り人も多い。

夏になると一気に高級魚へと格上げされるのである。

が・・・身がスカスカの今は、ただのエサ取りじゃ!


すでに目の前の海は、こいつらが群れで走り回っておる。


仕方ないので、コマセを思いっきり遠投して、仕掛けもそこに飛ばす。

ベイルを起こし、ラインを張ると、いきなりハンドルが逆回転を!

よっしゃ!来たぁ~!

・・・ん? 竿先が下ではなく、上に曲げられる・・・

「トリ」かい!

抵抗を感じたのか、すぐにオキアミを離したから助かったが、トリに飲まれたら、大変な事になってまうわ。




相関関係図
20160106020.jpg

この場所も、もうダメじゃ・・・




20160106021.jpg

少し右に釣り座を移し、流れにコマセを打つ。

普通に仕掛けを入れては、タカベにやられまくるので、遠投して沖に仕掛けを入れ、だいぶ流してから扇形にコマセ筋に戻す・・・



20160106022.jpg

なかなか筋に戻すのが難しいが、ババイサキと・・・



20160106023.jpg

ちっちゃいメジナが釣れた・・・


打ちひしがれ、午後2時半、磯上がりを迎えた。

船長「どうだった?」

私「ぜんぜんダメだった・・・」

船長「ええ~~!? ここ、一番釣れるとこだよぉ?」

そう、死ぬほど釣れるだろう・・・タカベなら・・・


烏帽子に乗った人は、小さいのから大きいのまで、全部イスズミだったと、がっくりしておった。

神津島から、下田まで、別の渡船を利用した客が2名乗って来たのだが、尾長とスマがけっこう釣れたとの事・・・ええのう~

まあ、腕のいい人なら、この状況でも釣れるのかもしれんが、私には無理であった。

言い訳なんかしてるうちは、上達せんな・・・



その後、賀寿丸のホームページでの釣果速報が微妙に変わった。

・タダナエ方面、タカベ多し・・・

・磯替えするも、よくない・・・

・エサ取りいなければ、釣果よし・・・

今日のような場面では、みな苦戦しているみたいだった。

タカベがいない場所では、けっこういい思いが出来ているみたいだ。



・・・オレが今年最初の犠牲者かい!



にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

1月17日 南伊豆 入間 松ケ下

2016.02.09(Tue)

今年初めての入間だ。

「明日は大会の人達がたくさん来るよ」

と、船長に言われていたが、どっか乗るとこあるでしょ~と、やって来た。




20160117001.jpg

朝、駐車場が結構いっぱいに・・・ずうずうしくも、私は一番手前に入り込んだ(笑)




20160117002.jpg

1便はもういっぱい・・・私と、やはり個人で来られた数人は、2便となる。

メジャーどころは、もう全部埋まっとるの~

どこに乗るのかと思ったら、「楽竿さ~ん、ここね~」と船長がおもむろに崖下に着ける。

こ、こんな場所、人が乗るのを見た事ないで~!




20160117003.jpg

限定1名の、割りといい足場だ。

あとで聞いたら、松ケ下というらしい。



20160117004.jpg

右は浅く、その向うは追手(おて)。




20160117005.jpg

目の前は畳根。




20160117006.jpg

左の奥は、加賀根だ。




20160117007.jpg

海の様子がわからないが、とりあえず足元から探っていく。

昨日、渋谷サンスイで、フルイチに催眠術をかけられて買ったリール、BB-X ハイパーフォース2500DXG を、プロテック1.2-500 に取り付ける。

おおっ! か、軽い!

回転も滑らかで、これはクセになりそうじゃ。

が、環境はいいものの、まったくアタリがない。

付けエサがまるまる残り続ける。

手前から流れに乗せて探っていくが、仕掛けを深く入れても、な~んも来ない。


ここだ! ここでアレを使うのだ!

「絶アミゴールド!」

ふふ、ビニール袋から取り出して・・・ん?

臭いな・・・




20160117008.jpg

ああっ、入れ物の底にヒビが入っとる。

ぜ、絶倫エキスが漏れとるやないか!




20160117009.jpg

く、くっさ~~!

腐っとる!  絶アミゴールドが腐っとる!



・・・ま、ええか。

キツイ臭いで、魚をノックアウト(死語)じゃ!


・・・・・・

・・・・・・・・

・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ノックアウトする魚がおらんのかい!


くさくてふにゃふにゃの絶アミは長持ちせず、1投1投付け替えなければならない。

アタリがないのは、はたして、お魚がいないのか、それとも絶アミが放つ腐臭が悪いのか、不明のまま付けエサがなくなったのであった。



20160117010.jpg

最近釣具屋で、とんと見かけなくなった、グレ丸を取り出す。

もうお昼だ。

今まで、まったくアタリがなかったので、のほほ~んとしてたら・・・いきなり来やがった!





20160117011.jpg

のわ~!

完全に遅れた。


ああっ、やめてぇ! そのミゾ、ダメダメ! そっちは堪忍して~!



ぶちっ


まったく止まらず、あっという間に下に見えるミゾというか、裂け目に潜られても~た。

ぐっそ~・・・せっかくのチャンスを~

もう来んやろな・・・・

と思ったら、5分後に、も一発来た!


ああっ、やめてぇ! その岩の向うはダメダメ! そっちは堪忍して~!



ぶちっ


むお~~!

今度は、少し沖の沈み岩の向こうにダイブして行きやがった。

数少ないチャンスをつかみきれなかった・・・グヤジイ!


しかし・・・止まりませんでしたな・・・デカかったんですかな・・・





20160117012.jpg

なにしろ、こんなヤツや・・・




20160117013.jpg

こんなのは、けっこう簡単に浮いて来ましたからな。

午後2時過ぎに、お迎えの2便船で上がった。

船長に聞かれたので、2発切られたと言うと、

「あ、やっぱり? あそこ一発場だよ。 数は釣れないけど、来れば50クラスだから。 それなりのタックルじゃないと取り込めないよ~」


先に言わんかいっ!




にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

1月31日 神津島 地方 二八

2016.02.19(Fri)

横浜で開催されている、国際フィッシングショーから帰り、急いで準備をして車で出発。




20160131001.jpg

途中、真鶴のあおき釣具で、予約してたオキアミを仕込む。

風が強いだろうから、もちろん超遠投グレを混ぜる。

オキアミ2枚に、この2袋を混ぜ、最後に前回残ったコマセを入れて完成。




20160131002.jpg

雪が降るかもしれんとの予報だったから、オキアミの予約も少ないようだ。

土曜の夜は、いつもなら一面、オキアミが並んでいるのだ。


そのまま下田まで走り、港に車を停めて仮眠する。

今日も賀寿丸で神津島へ行く。

この間のリベンジだ。


が、イマイチ不安がある。




20160131003.jpg

クーラーを新調した。

シマノのスペーザライト・・・・35L (^^;

この時期に、こんなんいるんかい!

と言われそうだが、デカいのが入れグイになったらどうするのだ。

大は小を兼ねるのだ。

が・・・「デカい入れ物を持って行くと、釣れない」というジンクスが昔からあるので、ちょっと不安なのだ。




20160131004.jpg

神津島から乗って来た、かつさんと一緒に、ならいの風裏にあたる、二八に乗った。

少し前下がり気味で滑りやすい場所だ。




20160131005.jpg

左向こうから、こちらに向かう当て潮で、目の前に下から湧き上がる流れが、水面を鏡にしている。




20160131006.jpg

問題は、これが神出鬼没であり、形も大きさもバラバラだという事だ。

右に回り込んで、一の首との間のワンドに向かい、こちらの視界外へと流れているため、ずっと流すわけにもいかない。

足元から、右のリミット地点までの短期勝負である。




20160131007.jpg

よく潮の境目というが、これだけ早く、形を変えていく潮に合わせるのは、不可能に近い。
沖目に投げると、仕掛けが暴れて落ち着かない。

重くするかの~

とりあえずは足元から流すが・・・




20160131008.jpg

こんな型・・・ん?




20160131009.jpg

針が寄生虫にダイレクトに刺さっておる。

・・・お口のお掃除をさせるな!




20160131010.jpg

イサキが来た。

うむ、流れに仕掛けがうまく合っておる証拠じゃ。




20160131011.jpg

強い引きだと思ったら、イスズミかい!

まあ、このデカい尾びれ・・・強いはずじゃのう。

イサキの次にこれが来るという事は、尾長の40が近い!





20160131012.jpg

遠くなったではないか!




20160131013.jpg

やっべ~!!

タカベに見つかった!

海を見ると、こやつらが泳ぎ回っているではないか!

イカン!

この間と同じようになるのだけは勘弁してほしい!




20160131014.jpg

ちなみに、かつさんは神津島在住の釣り師である。

今回、ありがたいことに、私の釣行にお付き合いして下さった。

私には解読できない言葉で、船長としゃべくり合っている。

型に満足できないのか、ポイポイしておる。


そうこうしているうちに、潮がゆるみ、動きが鈍くなってしまった。

タカベだけは、一帯を元気に泳ぎ回る。




20160131015.jpg

こういう時はこれじゃ!

寒のおいしいブダイが釣れるだろうと思って、途中の釣り侍で、カニを買って来たのだ。

爪と、片方の足を取り去り、そこに針を通す。

これでタカベを気にせんですむのう~


目の前のたるんだ海に投げ入れ、漂わせる。


そこへ船長が様子を見にやってきた。

型が小さいのと、タカベが出た事を伝えると、磯替えするかい?と聞いてきた。

かつさんと、どうするか話してたら、ウキが沈んだ。




20160131016.jpg

見物してた船長が、「お、ブダイだ。」

と言って、去って行った・・・伊豆は、島も半島も、ブダイは人気なのだ。

ブダイ専門に狙う釣り師もいる。

そんな釣り師は少ないだろうと思うなかれ。

けっこうたくさんいるのだ。




20160131017.jpg

40くらいのええ型が釣れた。

一応、最初のカニで狙い通りに釣れたので、これはこれで満足。


それからは二人とも鳴かず飛ばずで、ポイポイばかりである。

お昼を過ぎたころから、ちょっとうねりが出てきた。

足元がばしゃばしゃし始め、サラシが出るようになってきた。

足元だけにコマセを打ち、そのサラシの沖に仕掛けを入れる。

相変わらずタカベにエサを取られるが、足元だけにコマセを打つため、沖のタカベ密度は少し低い。

バリヤーをくぐった付けエサを、35くらいの尾長が喰いだした。

ちょっとポリシーを曲げ、2尾だけクーラーに入れた(^^;


サラシが伸びて、今度は左に変わった流れに合流する場所で喰うのだが、これをあえて外し、ガン玉を付けない軽い仕掛けにしてみた。




20160131018.jpg

久々に、ちょっと重い引きである。

爆釣時なら、ごぼう抜きだが、今回はていねいにタモですくう。




20160131019.jpg

うう・・・やっと尾長の型もんが釣れた。

かつさんが測ってくれたが、41センチだった。

よしよし、浮いて来たようだの、続いて来い!



が、連発はせず、ほどなく危ない経験をしてしまった。





20160131020.jpg

少しづつ波が上がって来てたのだが、足が濡れるまでのものはなかったので、判断が遅れた。

突然、自分の背丈以上の波に襲わてしまった。





20160131021.jpg

バッカンなどひとたまりもない。

一瞬で流されてしまった。





20160131022.jpg

とっさに両手でチャランボにしがみついて、難を逃れた。

チャランボがなければ、当然波にさらわれ、海に落ちていた。

また、チャランボが、体から1m離れていたら、落ちていた。


こういう事があるから、私はこれからも、チャランボを釣り座に打つ。

チャランボは、命を守る道具なのだと、身をもって実証したようなものだ。

しかし、こうなる前に、もっと高い所に、釣り座を移すべきだった。

大反省である。


かつさんが、こっちにコマセを打ってくれたが、すでに戦意喪失。

納竿時間まで、1時間ほどあったが、私はここで片付けを始めた。




20160131023.jpg

ほれ、見てみい!

大きいクーラー持って行ったら、スカスカになるじゃろうが~!

付けエサや飲み物の入った袋の方が、存在感があるな(^^;

1匹だけ入っているタカベが、口惜しさを表しておる。




20160131024.jpg

尾長はお刺身に。




20160131025.jpg

ブダイもお刺身にした。

皮つきで、しゃぶしゃぶも考えたのだが、今回はこれに。

歯ごたえが、まるで「サクッ」という感じで、とてもおいしい。

残りのアラは、煮つけにした。



今回、他に2名ずつの2組がいたのだが、よくメジナが釣れたようだ。

聞いてみると・・・


「え?タカベ?いませんでしたよ?」


「エサ取りはいなくて、メジナしかいませんでした」



そういうとこに乗せてくれ~!!


かつさん、すいませんでした。

私には、タカベが憑いてるのかもしれませんな。



タカベよ・・・憑くなら、夏に憑いておくれ(笑)




にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

プロフィール

楽竿作者

Author:楽竿作者
釣り歴36年だけど、磯は初心者!
房総、伊豆半島、三宅島、八丈島に出かけています。

アクセス

カテゴリ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

にほんブログ村ランキング

↑