渋谷サンスイ その01

2016.02.06(Sat)

一昨年、ダイワの「波濤 3号」の穂先が折れたのだが、そのままにしていた。




よくラインが絡まっていたので、全部のガイドをIMにしようとたくらんでおり、自分でやるのも不安なので、ショップでやってもらった。

渋谷のサンスイである。




20160203001.jpg

1番元のガイドだけは、大きさが合わないとの事で替えてないが、これで復活したわい。

1万数千円かかったが、思い出もあるし、新しく竿を買うよりはいいだろう。




サンスイでは時々、ウキや針などの小物を買っていたのだが、長居は無用だ。

ここには危険なものがいっぱいあるからだ。

脇見せず、何気にやりすごすのが賢い釣り人である。

ちょっとでも興味を見せると、待っていたかのように、悪魔が寄って来る。



20160203002.jpg

店員のフルイチだ。

ニコニコというより、ニヤニヤと、危険な香りをムンムンさせながら商品説明を始めるのだ。

「適当に聞き流せ!」

と自分に言い聞かせるのだが、言葉巧みにオレの購買欲をくすぐってくる。

現在使用しているリール、シマノの「BB-X デスピナ」は、よくできており、別に不満はない。

が、一つ上のランクであるハイパーフォースは、どこが違うのか・・・と不用意にした発言がいけなかった。




20160203003.jpg

フルイチが、ここぞとばかりに、しゃべりまくる。

そして、ほれ、自分で回してみい! と、オレが手に取ってしまうように誘導する。

「いけない!」と思いつつも、受け取ってみると、か、軽い!

回転もしごく滑らかだ。

「一度いいものを使っちゃうと、もう戻れませんよ~」

フルイチが、さらにダメ押しを仕掛けて来る。



リールを買うつもりなど、まったくなかったのだが、ハイパーフォース2500DXG・・・買ってしまった・・・

明日、入間に行く予定なのに、手持ちの現金がなくなってしまったではないか!

帰りに銀行へ寄ったのは言うまでもなかろう。




20160203004.jpg

家でさっそく道糸を巻いてみる。

デスピナと大きさは同じで、スプールは互換性があるというのも便利だ。

道具で魚が釣れるわけでもないのに、つい欲しくなってしまうのは、釣り人の性であろう。

あとは「腕」だな・・・下手くそやからの~



にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

渋谷サンスイ その02

2016.03.14(Mon)

シマノのホームページを見ていたら、いいものを見つけた。




20160207001.jpg

夢屋のスプールだ。

4号ラインを150m巻ける。

シマノのレバーブレーキリールは、4号ラインを150m巻く選択肢がない。

いや、あるのだが、ハイパーフォースの、ドラグがないゴリ巻き仕様というのしかない。(現在の製品群)

この夢屋のスプールは、ドラグもあるし、手持ちのデスピナ、ハイパーフォースのどちらにも装着できる。

離島に行くときは、レマーレP5000DHG に5号ラインを150m巻いているが、1台しかないので、予備が欲しいと思っていた。

このスプールをデスピナにセットすれば、りっぱな予備リールとなろう。

15,000円もするが、新しくリールを買う事を考えれば、安い。

さっそく、ショップで取り寄せてもらうことにした。




20160207002.jpg

渋谷のサンスイである。

シマノも欠品状態で、3月末になるだろうと言われたが、別に急いでないので予約した。

ここで帰ればいいものを、ちょっとだけ雑談をしてしまった。

新しいBB-Xの竿が話題になり、店頭にはないだろうと思って、興味を示してしまったのだ。

「ありますよ~、ここに。」

なにっ! 見えなかったから、安心して話をしたのに、あるだと!?



なんと! メインの上物竿のコーナーではなく、底物竿・遠投カゴ竿の横に並べてあったのか!

罠だ。

上物師が、デンジャラスゾーンを避けて、反対側に回ったところを狙い撃ちした、恐ろしい戦術と言えよう。




20160207003.jpg

店長のウチダだ。

おい・・・なぜケースから竿を出す。

だれが竿を伸ばせと言った!



あ~あ、全部伸ばしてしまった・・・


オレは触らんぞ。


なになに・・・確かに細いですね・・・え? 強風の時、影響が少ない?

確かにこの細さなら、そうかもしれませんね~。

短くした状態だと、操作しやすい?

ほぉ~、しゃっきりしてるし、持ち重りもしませんな・・・

号数の低いレマーレみたいなもんですか?



・・・知らぬ間に持たされておるではないか!





何をしておる! フルイチ!


竿先を持つでない!



ほお~、確かに先調子で、穂先でアタリを取りやすいかもしれませんな~


イカン!

ウチダとフルイチが絶妙の連携を取っておる!

とにかく、今日は退避じゃ!

スプールの取り寄せに寄っただけなのだ。

あやうく、竿を買ってしまうところだった。


渋谷サンスイ・・・危険な場所である。




にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

渋谷サンスイ その03

2016.04.11(Mon)

この間の神津島・大黒根は、楽しかった。

その一因が、竿である。




シマノの「ベイシスISO 2-500」を使用したのだが、40オーバーのメジナがよく曲げてくれた。

赤レマーレは、強反発で頼もしいのだが、このクラスの魚には強すぎる。

釣り上げて当然という感じなので、もっと遊べる2号竿が楽しいのだ。


まあ、とんでもないヤツがいる離島では、もしもの時のために、強い道具、仕掛けにしておくという事も必要ではある。

大黒根では5号ハリスを、針のすぐ上で3回飛ばされている。

ガツンと来た瞬間、重さが普通じゃなかったので、デカいヤツだったのは間違いなかろう。


家に帰って、ベイシスをきれいに洗ってると・・・ん?

穂先が何か変・・・おわ! け、削れとるではないか!

トップガイドのちょっと下が、3センチほど削れて、細くなっている。

岩か何かに擦れて、こうなったのか、原因ははっきりしないが、ほどなく折れるであろう。

釣りをしていて折れると面倒なので、すぐ修理に出さねば!





20160409001.jpg

渋谷の危険地帯、サンスイ 海釣り館だ。


余計なもんを買わないよう、釣り人は気をつけねばならない。





20160409002.jpg

こうならんようにな!



うれしそうやの・・・二人とも。

一見、人の良さそうな笑顔の店長、ウチダ。

今にも吹き出しそうに、笑いたいのをガマンしているフルイチ。


やられたの~


表示している金額から、現金特価としてさらに5%オフだという口車に乗せられ、まんまと引っかかってしまった。

ヒシャクも、新製品だとの事で、鱗海の80センチを買ってしまった。

明後日、また賀寿丸に乗る予定だったので、余分に現金を持っていたのがいけなかった。


まさに、カモネギである。



ま、今度の神津で使ってみるか。



ベイシス、はよ直してくれよ!

注文したスプールも、まだ来とらんのやで!




にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

渋谷サンスイ その04

2016.07.28(Thu)

磯釣りをするようになってから、偏光グラスが必需品になった。

外国製のものや、有名メーカーの製品がいいだろうと思っていた。

が、彫りの深い西洋人とは顔の造りが違うのだろうか、かけてみるとオークリーなどは私には合わない。

で、日本製のスワンズのエアレスリーフというものを使用していたのだが、移動中に紛失してしまった。

次に、現在も使用している、ダイワの偏光グラスを買った。




20160728001.jpg

タレックスのレンズで、いいお値段がする。

が、通販で買ったため試着していなかったのだ。

日本製であっても、人によって顔の造りが違う。

はっきり言って、私にはフレームが合わない。

大きい小さいではなく、合わないのだ。

メガネ屋さんで、微調整してもらったのだが、どうしてもしっくり来ない。

が、性能に問題は全くないので、使用している。

フレームが細く、レンズにあまり触りたくないので、取り扱いに気を遣う。

磯でしょっちゅうしぶきを浴び、視界が曇るので、その場で真水をかけて拭くのだが、何度もやっているとレンズを固定しているネジが緩んでしまう。

これがとても小さいネジで特殊なため、帰ってから小さいプライヤーで締めるのだが、レンズに傷がつきそうで、きつく締められない。

ええのがないかのう~

と思っていたが、実際に合わせてみないと、もう買う気がしない。

長時間使うものなので、合わないとつらい。

レンズの性能などは、今のメーカー品ならば問題ないと思う。

が、フレームだけは、顔に合うかどうか、かけてみないとわからないのだ。

私にとって、通販では買えない製品の一つだ。

釣具屋でも置いているが、そうそうたくさんの種類をそろえてはいない。

知らない店で、いろいろ試させてもらって買わないというのも気が引ける。

そんな時、渋谷サンスイのウィンドウにちょっとだけ展示してあるのを見つけた。

この店なら、気兼ねなく商品を試したり、説明を聞ける。

種類が少ないが、かけてみるか・・・

合わなければ買わないだけだ。



フルイチが喜々として解説を始める。

レンズはタレックス製で、まったく問題はない。

値段の差は、デザインだと言うのだが・・・

ワシは中年、もはやファッショナブルとか、カッコよさなどには無縁だ!

いや、一応、きちんとした服装、装備で釣りに行っているつもりだが・・・


と言うか、私が偏光グラスに求めるものは、機能と快適さだ。

最近のものは、レンズの面積が狭くて、横、下から外光が入ってくる。

60年代の顔の3分の1を覆うようなものは要らないが、ある程度面積が広いものが欲しい。

で、かけてみると意外といい。

ZEAL の製品だが、ここにある一番安い型が、顔にしっくりと来る。

レンズもある程度の面積があって、視界が広い。

おお~、今まで出会った偏光グラスで、一番いいではないか。



で、買ってしまった。




20160728002.jpg

写真を撮る時、いちおう笑顔を作るフルイチだが、商品を説明しながらこちらに向ける笑顔とは違う。

買え~、買え~、とテレパシーを送っている呪怨塔だ。

その怨念がいやらしい笑顔を作り出している。




20160728003.jpg

ZEAL のステルス、レンズはタレックスのマスターブルーというやつだ。

まあ、今回はいい買い物ができたので、満足ではある。

たまたま置いてあったこれが、私の顔に合ったというのも、幸運だった。

普段、いらんもんまで買ってしまうのは、不幸せだが。



釣具を見て迷うのも楽しみの一つだが、店員をイジるのもまた、楽しい。

またイジりに、渋谷へ行くか。

そんな行きつけの店があるというのは、幸せなのだ。


にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村

渋谷サンスイ その05

2016.08.10(Wed)

前々から気になっているものがある。

湯川杓だ。

八丈島の邦仁君が使っていたのを見た覚えがある。

そして渋谷サンスイには、実物を置いてあるのだ。




20160729001.jpg

結構なお値段である。

が、すでに磯ラーの一歩手前まで来ている私には、欲しくてたまらんヒシャクなのだ。

以前からムラムラしていたのだが、ある日、ムラムラムラッとしてしまった。




20160729002.jpg

長さや色、カップの大小が違う完成品を数種、展示しているが、その組み合わせを自分好みにオーダーできるのだ。


どういう色が人気なのか、聞いてみなければなるまい。




20160729003.jpg

カモが来たわ、とばかりに、店長のウチダが対応する。

「売れている組み合わせを教えて下さい。」

握り(グリップ)の皮は、黒、赤、白、黄、緑の5色で、赤と白が人気だそうだ。

サメかエイかわからんが、ざらざらの皮を使っているという。

シャフトは黄土色と黒の2色で、黒が多いらしい。


ここは、他の人が選ばない色で行くか。

どうせ買うなら、他に人が持ってない色の組み合わせにしたいではないか。


じゃ、グリップは緑で。

シャフトは、黄土色で。

カップは小で長さは、一番長い76センチで。



よし、この組み合わせは、ふつう選ばんだろう。

「え? 一週間ほどかかるんですか? わかりました、急いでないし。」

オーダーなので、前払いである。



このヒシャク、実物を置いてあるところは少ないだろう。

実際に手に取ってみたい人がいるのではないだろうか。

「展示をブログに載せるから、ポーズを取ってくれます?」




20160729004.jpg

こら、なにをスマした顔しとる、フルイチ。

「ほら、表情が硬いから、笑って~」





20160729005.jpg

時々見せる、あのいやらしい笑顔を、なかなか出さんな・・・

見たら石になってしまう、メデューサのごとく、自制心をマヒさせられるからのう。

今日は買わない!と決めたら、目を合わさないように心がけよう。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「届きましたよ~!」

しばらくして、サンスイより電話があったので、取りに行った。





20160729006.jpg

うむ、さすが不人気色、この組み合わせはなかなか見られないだろう。

猫に小判かもしれんがのう。

最初に使うのは、いつがええかのう~


にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村

渋谷サンスイ その06

2016.09.11(Sun)

ちょっと小物を買いに、サンスイへ来た。

入口からすぐの場所に、釣り針をかけている場所があり、そこで針を選ぶのだ。

今回はチヌ針である。

昔、2号と3号の千個入り箱を買って、それをずっと使っていたのだが、この間の釣行で、とうとう2号が残り2本になってしまったのだ。

だから最近のチヌ針をよく知らんのだが、う~む、こんなに種類があるのか・・・

昔はこんなになかったぞ?

時代に取り残されとるような気分じゃのう~

金網のツイタテに、チヌやら他の針をかけているのだが、その隙間から向こうが見える。

ん?

・・・隙間から誰かがこちらをのぞいている。


何をしておるのだ、フルイチ!


「あ、こんにちわ~」

わざとらしいの~

でもちょうどええわい。

「チヌ針、ちょっと教えて下さい。」

並んでいる針を、解説してもらう。

・・・さすがによく知っとるの~

「・・・ほ~、細軸と太軸が・・・え?カエシが2段になってるのがあるんですか?

それは実にいやらしい針ですな~。 じゃあ、それと・・・そっちの、よく刺さるやつにするかな。」

あんまりたくさん買っても、途中で変えるかもしれんので、今回は少なめにしておこう。

というか、箱買いなら、1本単価がこの10分の1くらいじゃないだろうか。

釣り針、高いの~




20160909001.jpg

ふと、チヌ竿を見てみる気になり、シマノの鱗海スペシャルを握らせてもらった。

昔の竿よりはピシッとしているが、最近は磯竿を振り回しているので、ぐにゃぐにゃに感じる。

シャンとしていないからだろうか、持ち重りがするのう~

リールを付けんと、バランスがわからんのう。

「何かリールを付けてもらえます?」




20160909002.jpg

・・・・おい、なぜこれを付ける・・・

テクニウムかい!

粉まみれになるのに、こんな高いリール付けるわけないではないか!

フルイチ「えへへ、ラベル剥がすのめんどうだったんですよ~、これ、何も付いてなかったからですよ~ たまたまですよ、たまたま~」


ウソをつけ!


さりげなく付けおってからに~、術中にハマるとこだったわい、危ない危ない。




20160909003.jpg

他にも何種類か試してみる。

う~ん、曲がり具合がこんなにも違うんだのう・・・

竿だけは、好みの問題があるからのう。

感性の商品だから、通販ではわからんのう。

一番しっくりきたのは、意外にもシマノのツインパルサーだった。

あんまりメジャーではないが、この1号が使いやすくて楽しそうだ。

かなり胴に調子を振っており、ズームを短くした状態だと持ち重りもしない。

これでリールシートではなく、スクリュー式だと完璧だが・・・


ハッ


今日は、針を買いに来たのだ!

ワナにハマるとこだったわい。

危うく、ダイワやがまかつの竿も試すところであった。

さて、会計して帰るか。


「新しいカタログが出ましたよ、持ってって下さい。」




20160909004.jpg

そ、そんな全部入れんでよろしい!

むう・・・最後まで油断ならんのう、フルイチ!


にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村

渋谷サンスイ その07

2016.12.29(Thu)

BB-X SZ2 2号の穂先を折ってしまった。




20161228001.jpg

なぜ折れてしまったのか、わからん。

磯で取り出して糸を通そうとしたら、ポロっと落ちてしまったのだ。

数多くおかかりあそばされた、イスズミ様の呪いかのう。





20161228002.jpg

さっそく渋谷サンスイに持ち込みじゃ。





20161228003.jpg

ドアの外から中を覗くと・・・ん? フルイチがおるな・・・





20161228004.jpg

中に入ると、振り向きざまに、カモネギを見るようなニヤけた顔を向けてくる。

あぶないの~

デンジャーゾーンを軽やかなステップで通り抜け、すぐにレジまで行く。

まだ保証期間内なので、1回だけ4,000円+消費税で、修理できるという。

ガイドを落としていれば、その部品代がさらにかかるらしい。

今回は折れただけの状態なので、4,320円だ。

2週間ほどかかるらしいが、しばらく離島へは行かないので、問題はない。


さて、前回フルイチのオススメ、ツインパルサー1号、まだ残っとるかのう。

ふふふ・・・やはりまだ売れてないのう。

よしよし、もう少したてば、まだ値引きするじゃろう。

ガマンじゃ。




サンスイのホームページを見ておったら、なんとフルイチが載っておった。





20161228005.jpg


黒鯛ハンターじゃと!?


ほう~・・・・今度ネチネチと教えてもらうかのう~


今日は竿を修理へ出しに来たのだ。

針とガン玉だけ買って帰るとするか。

長くいると、フルイチと店長のワナにハマルからのう。










20161228006.jpg


・・・・・3週間後






20161228007.jpg

がまかつの竿を手に取っていた・・・


修理した竿を取りに来ただけちゃうんかい!


この間、入間で船長のアテンダーを触ったからか、はたまた値引き率が悪いメーカーの恐いもの見たさか、ちょっと興味を持ったのだ。

レマーレやBB-Xを持っている時点で、値段が高いうんぬんを言う資格はない。

が、さすがにインテッサを手に取る勇気がないのが、くやしいところでもある。

新しい竿、ファルシオンを、


「ん? お手軽な値段じゃん?」


と思うようになった自分に腹が立つ。


「磯ラー」にはならないと思っていたのは、間違いだったのか?

アテンダー2とファルシオンを出して、持ち比べて曲げてみる。

ほうほう・・・・・なるほど・・・・・だいぶ違うのう・・・・・シマノっぽいか?

板シートの竿より、スクリューシートの方がええからのう・・・・・

がまかつの竿、持っとらんからのう・・・・・

実際に釣ってみんと、店で曲げただけじゃわからんのう・・・・・

一本くらい試してみるかのう・・・・・

でも、今日は持ち合わせがないのう・・・・・


はっ!








20161228008.jpg


あ、あぶね~!


店長のウチダだ。

普段は決して見せない、邪悪な表情・・・買え~、買え~と、呪いをかけておるのか!






20161228009.jpg

か、顔と腹が、はみ出して見えとるぞ!

危なくカードを出して買うところだったわい。



さっさと修理代金を払って帰ろう。






20161228010.jpg

ちっ、もう少しだったのに・・・とか思っておるな?

残念そうだの・・・・・フルイチ。


フルイチ「あ、そういえばあのツインパルサー、売れちゃいましたよ!」

むう・・・はよせんと、このファルシオンも売れてしまうと言いたいのか?

最後にプレッシャーをかけてきおったな・・・油断できんのう。


がま・・・・・ハマらんように気を付けんとのう。

年末、12月28日の出来事である。


にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村

渋谷サンスイ その08

2017.01.16(Mon)

海が荒れている。

とんでもなく荒れている。

爆風予報で、もちろん釣りは中止だ。

もう1か月も釣りに行っていない。

せっかくの休み、釣りに行けない苦しみで、身悶えしていた。

そうだ、こんな日はあそこへ行こう。




20170112001.jpg

渋谷の魔界、サンスイだ。

釣りへ一緒に行く予定だった、偽チヌ師さんに連絡して、一緒にやって来た。

表からそっと中を覗くと・・・





20170112002.jpg


・・・フルイチがおるな。

カモリストでも書いているのか。


二人で店内に入り、何かええもんがないか物色する。

どんな釣りをするか、道具を見ながら想像するのも楽しいものだ。

妄想するのはタダじゃからのう。



ふと、聞いてみた。

「この間の竿、もう一度曲げてみてもいいですか?」

0.1秒の反応速度で、店長のウチダが陳列棚へ移動する。






20170112003.jpg

満面の笑みで、竿先を持ちやがって・・・

なんか・・・ドラエモンに似てきたな。

少し前、五島の福江島に行ってきたらしい。

ええのう・・・去年行ったけど、今年も行ってみたいのう・・・



さて、BB-X と曲げ比べると、やはりファルシオンはまったく違うのう。

わしゃあ、BB-X が使いやすいから、BB-Xの1.5号にするかのう。

いや、ガマを持っておらんから、1本はガマにするかのう。

BB-X より安いしのう・・・

いやいや、買わんように、現金はあまり持って来ておらんのだ!





考えていると、「がまは・・・うんぬんかんぬん・・・」と、攻めて来る店員がいる。





20170112004.jpg

ヤスカワだ。

話では、底物とカゴをやるという。

彼はとてもマジメで、へらへらしているフルイチとは少し毛色が違う。

が、マジメすぎて、ちょっちピントがずれている。

達者で暮らせよ。




偽チヌ師さんは、あっちの方で、何やらフルイチとやり取りしておる。

ふたりでハァハァせんようにの。



2時間ほど遊んで、家に帰る。








20170112005.jpg

持って帰ったんかい!





20170112006.jpg

やられたの~

カネを持って行かんかったのに、カードがあったからのう。






20170112007.jpg

むう・・・このつづりだと、ファルシオンじゃなく、ファルチオンか、ファルキオンにならんか?

まあ、名前はどうでもええわ。

1.5号の5m・・・半島回りじゃの~

離島じゃ、イスズミ様には太刀打ちできんからの~

いい竿を持っても、ウデが悪いから、猫に小判かもしれんがのう。





天気が悪いと、ロクな事にならん!

釣りに行きたいの~


にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村


にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村

渋谷サンスイ その09

2017.05.09(Tue)

ウキ止め糸が残り少なくなった。

近くの釣具屋で買えばいいのだが、フラフラと渋谷へ向かったのが運の尽きである。



家でリールの道糸にセットする時は、スプール巻きのウキ止め糸を使っている。

が、現場ではスピーディにセットしたい。





20170219001.jpg

道糸を通して締めるだけのものが便利だ。

これで帰ればいいものを、ついつい話しかけてしまう。





20170219002.jpg

ふむふむ・・・なるほど・・・口車に乗り、いらんもんをカゴに入れてしまった。

まあ、もっと便利になるかもしれんからのう。





20170219003.jpg

一つ一つが安いので、気軽にカゴに入れてしまう。





20170219004.jpg

いつの間にか、こんなに入っておるではないか!





20170219005.jpg

さらにハリスのコーナーへ突入した所で、さすがに正気に戻った。

「はっ! 何をしておるのか・・・ウキ止めを買うだけではないのか!」


話をしてると、ついついマヒしてくるのだ。







20170219006.jpg

フルイチだ。

風俗嬢のパンフみたいに手で顔を隠すが、ムダだ。

もう全国にメンが割れとるのを知らんのか。






20170219007.jpg

いっけん、マジメそうであるが、このような特殊色彩感覚を持っておる。

最近、渡船で時々見かける、中国人のようだ。






20170219008.jpg

レジ、打ち間違えろ!

安い方にな!



むう・・・ブーツのスパイクソールを買ったとはいえ、8千円を超えてしまった。

ウキ止めだけなら、120円だったものを~


そういえば、偽チヌ師さんも、堕ちたのう。

ついに竿をトーナメントにしてもうたのう。

あれは店長のウチダにやられたみたいだのう。

ワシがファルシオンに墜ちた時と同じパターンみたいだ。


こわいのう~、渋谷は。

そのぶん、フルイチをイジって遊ばんとイカンのう~




応援して頂くと、書く励みになります。
下のバナーをクリックして下さると、大変うれしいです。

にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村


にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村


楽竿のホームページへジャンプ

渋谷サンスイ その10

2017.05.16(Tue)

スマホの呼び出し音が鳴る。

画面には、「渋谷サンスイ」の表示。

出てみると・・・

「ご注文のライフジャケット、届きましたあ~」

む。フルイチの声だな・・・

「わかりました、都合がつく時に取りに行きます。」

もちろん、普段は社会人としての言葉を使う。

ブログは、心の声だ。

現実世界では、あくまで「ふるいちさん・店長のうちださん」なのである。





20170511001.jpg

今日は雨だ。

ライフジャケットだけを持って帰ればいいものを、ついでに小物を買って帰るのが悪いクセだ。





20170511002.jpg

レジを打つフルイチの向こうで、店長のウチダがどこかに電話しておる。

もっと売りつけんか!と、指令を出してるのではなかろうな。




ただ、店の名誉のためにここで記しておくが、渋谷サンスイは決して押しつけがましい売り方をする店ではない。

こちらから聞かないと、あまり話しかけてこない。

商品について説明を聞こうと話しかけた場合のみ、親切丁寧に解説してくれる。

で、そこで説明を聞いたから買わなければならないという雰囲気は全くない。

買うかどうかは、客次第だと言わんばかりの態度である。

針などの小物を手に持って、他のウキ止めなんかを見ていると、静かにスッと「カゴ」を差し出してくれる。

このタイミングがまた絶妙だ。

竿を見ていると、「どうぞ手に取ってみて下さい。伸ばしますか?」

と、話しかけて来て、竿を伸ばしたら竿先をもって曲がり調子を試させてくれる。

それでも決して「これは絶対いいですよ~!」などとは言わない。

「この調子が好きな人も嫌いな人もいますし、場所によっては使いにくい事もありますよ。」

強引にレジに持って行くような事は絶対にしないのだ。

とても居心地がいい店なのである。

他の店と比べて、少しくらい高くても、ここで買ってあげよう。

上州屋にあったけど、ここで取り寄せて買おう。

そう思うのだ。









が!


それがワナだ!




彼ら自身がいろんな場所で釣りまくっている釣り人であるため、こちらの心理をよく知っているのだ。


殺気を隠し、なかなか落ちない客の回りをおいしいもので囲み、ふと目先を変えて「こんなのもありますよ」と、何気なく差し出すエサに喰い付かせるのである。

他の客に説明していても、実はこちらに聞かせているというテクも使う。


渋谷のこんな一等地で、場所代もかかるし、人件費も大変だろうな・・・もう少し買ってあげるか・・・

などと思うようになれば、それはもう呪いにかかっている。

何回針にかかっても、また喰い付くバカ魚みたいだ。

わかっていながら、また足を運んでお金を落とす。

その代わり、釣りに行けない時は、ここでフルイチをイジって遊ぶのだ。

時々、バラしたあ~! と、悔しがらせんとイカン。





フルイチが、ライジャケを大きな袋に入れようとしておる。

「このまま着て帰るから、袋に入れなくていいですよ。 あ、小物はライジャケのポッケに入れて。」

雨の日に荷物を下げて帰るのもナンだ。

着て帰るのが一番ラクなのだ。






20170511003.jpg

少々あやしいが・・・

顔をマスクで隠すと、いっそうあやしい・・・

これで渋谷から電車に乗って帰った。

恥ずかしくないかって?

そんな中途半端な羞恥心は、釣りババ道には不要だ。






20170511004.jpg

左がいつも着ているライジャケで、右が今回買ったものだ。

まる4年間使ったせいで、色が褪せてしまった。

メーカーも3~4年で交換する事を推奨している。

今までご苦労さんだったのう。

最後にひと花咲かせてやるかのう。





20170511005.jpg

ん~、書体がラブコメみたいじゃのう・・・





20170511006.jpg


ちょっと硬いのう・・・






20170511007.jpg

稲川淳二みたいだのう・・・縁起が悪いのう・・・





20170511008.jpg

こんなとこかのう・・・





20170511009.jpg

アイロンプリントだ。

くくく・・・まあ、最後の1回、試しにこれを着て釣りに行くかのう。






20170511010.jpg

5月5日の子供の日、入間の君掛裏で、派手にしぶきを被りまくった。






20170511011.jpg

帰って水洗いしたら、はがれかけていた・・・

アイロンプリントはダメだな・・・

ワッペン作るかのう~



応援して頂くと、書く励みになります。
下のバナーをクリックして下さると、大変うれしいです。

にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村


にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村


楽竿のホームページへジャンプ

プロフィール

楽竿作者

Author:楽竿作者
釣り歴36年だけど、磯は初心者!
房総、伊豆半島、三宅島、八丈島に出かけています。

アクセス

カテゴリ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

にほんブログ村ランキング

↑