3月18日 神津島 大黒根

2016.04.05(Tue)

家の冷蔵庫から、メジナの在庫がなくなった次の日、また神津島へ出撃した。




20160318001.jpg

今日も風がある予報なので、これを混ぜる。

ゴッゴッ、ゴズ~ゥ、ゴッゴッ、ゴズ~ゥ

スコップでかき混ぜる音が、深夜の真鶴(まなづる)に響く。

オキアミ9kgに対し、超遠投グレを3袋・・・きちんと規定の量を入れてやるから、狙い通りの所に飛ぶんじゃぞ!

と、自分のコントロールが悪いのを棚に上げて、ニヤニヤしながらマゼマゼする。

この配合粉を混ぜている時に、妄想がふくらむのだ。

自然とニヤけてしまうのである。



となりでは「偽チヌ師」さんが、同じように混ぜている。

ゴッゴッ・・ハァハァ・・・ゴズ~ゥ・・ハァハァハァ

スコップでかき混ぜる音と、荒い息づかいが、深夜の真鶴に響く。


ハアハア・・・・ハアハア


もう絶倫ドリンク飲んだんかい!


コマセに水を入れて混ぜており、バッカンがメガ重で、車までよたよたしながら運んでおる。


釣りに行く前の上物師は、一般人には、変態のように映るかもしれない・・・



今回も下田から賀寿丸で渡してもらう。

ちなみに賀寿丸は、「かずまる」と呼ぶ。

私は最初、「がじゅまる」と読んでおった。

一旦、神津島の港に立ち寄り、船長が釣り人の希望を聞いていく。

タダナエは、タカベ地獄となっており、まったくおススメできないとの事。

楽竿さん、どうする? 恩馳(おんばせ)行く? それとも地方(じかた)?

ん~、ここは迷うの~ 恩馳でいい思いをしたのは、確か一昨年の5月じゃったの~

なに、恩馳は型が小さい?

ん~、船長おまかせ! メジナの釣れるとこ!(笑)





20160318002.jpg

数人を恩馳群礁に下ろし、我々は神津島本島の北側へ向かう。

ほんとに恩馳で下りなくて良かったのか・・・少し後ろ髪を引かれながら、遠ざかる群礁を後にする。




20160318003.jpg

結構な距離があるのだが、賀寿丸は足が速いので、そんなに時間はかからない。




20160318004.jpg

赤崎に二人だったか、下ろして、次は我々の番だ。

大黒根という場所だ。


船長がマイクで、「ここで釣れなかったら、カンベンね~」

こら、変なプレッシャーをかけるな!(-_-メ)

心配するな。必ず釣っちゃる。

何の根拠もなく、心で叫ぶ。


さて、この根を見て回ろうかの。

私、ここでやりますわ~、と偽チヌ師さんは、早くも釣り座を決める。

え?もう?

そのあたり、根が多そうだけど、ええんでっか?




20160318005.jpg

今日は波が穏やかなので、この航空写真のようにサラシは出ていないが、このような位置取りになった。

流れはゆるく、トロトロである。




20160318006.jpg

岸の道が見えるような場所で、私の釣り座の反対側は、とても浅い。

磯遊びできそうな場所ですな。




20160318007.jpg

チャカ場に陣取り、セッティング完了。

むう・・・向かい風じゃの・・・まだ弱いから大丈夫か。




20160318008.jpg

偽チヌ師さんは、沈み根だらけの所から竿を出す。

剛竿で、一気に浮かすつもりらしい。

この写真撮ってる時、仕掛けを回収してるのかと思ったら、コッパが付いていた。

竿が強すぎて曲がっとらんやないか(笑)




20160318009.jpg

今回も最初はこの針で行く。

今まで離島の竿は、赤レマーレを使用していたが、今回は竿を曲げてやり取りを楽しむために、ベイシス磯2.0号5mを持ってきた。

リールはそのまま道糸5号、ハリス5号の太仕掛けである。




20160318010.jpg

午前8時前、釣り開始だ。


目の前のトロみにコマセを打ち、仕掛けを入れるが、オキアミがボロボロになって帰ってくる。

小さいお魚がたくさん集まっとるようじゃの。

右の根に流すと、いきなりウキを引き込まれる。




20160318011.jpg

2号竿は曲がるが、全体が曲がるほどではない。




20160318012.jpg

む・・・口太か。

40オーバーだが、この前のエボシでさんざん釣ったからのう・・・今日は尾長が欲しいのう~



などとゼイタクを言っておったら、尾長が釣れ始める。





20160318013.jpg

コッパの尾長がな!



20160318014.jpg

これはイカン。

仕掛けを変更じゃ。




20160318015.jpg

い、イカン!

また口太じゃ!




20160318016.jpg

もっとイカンではないか!

後ろに偽チヌ師さんが来て、ニヤニヤしておる。

どうやらええ型のをたくさん上げておるようだ。




20160318017.jpg

ダダ~ンIIを差し入れてくれた。

おお、これで難局を乗り切れと!

我々、昔の世代には、「ボヨヨン、ボヨヨン」で衝撃的なCMデビューを飾ったドリンクの「II」である。

ゴキュゴキュと一気飲みし、気合いを入れる。




20160318018.jpg

来たで~!




20160318019.jpg

また口太が!

・・・太っとるから、キープしとくか・・・

デブ専ではないが、太ったお魚は大好きである。



ん~、根本的に狙うスジが違うようじゃの。

向かい風の、あて潮・・・こんな時のために、超遠投グレを混ぜているのではないのか。

コマセと仕掛けをできるだけ遠投して、こっちに向かって流れてくる潮に乗せてやる。

手前に来るまでが勝負じゃ。




20160318020.jpg

おお~、すぐに反応してくれたわい!

足元でしつこく突っ込むの~




20160318021.jpg

やっと40オーバーの尾長が釣れた。

これや!

この潮スジを攻めるんじゃ!




20160318022.jpg

手前を通り過ぎて、右の沈み根付近まで流すと、口太が喰って来る。




20160318023.jpg

海に帰れや~!


同じ筋を流していると、バリバリッと糸が出ていくが、やり取り中にハリスを切られる。

むう・・・根に突っ込まれてないのに5号が・・・

飲んだ尾長か。




20160318024.jpg

針を変えてみるか。

ちょいと重めのヤツにしてみる。




20160318025.jpg

よ~引くの~

沖で喰うのは、全部尾長じゃろう。




20160318026.jpg

よしよし、うれしいわ~


同じように流してると、メジナほど引かないアタリが・・・




20160318027.jpg

イサキだ・・・相変わらずデカいのう・・・40あるんちゃうか。

ウキ下は2ヒロハリスのみで、斜めってるから、タナは1ヒロ強か。

浅いとこで喰ってくるのう、神津のイサキは。

この間みたいに、海がまっ茶色になりませんように・・・


この後、もう1尾追加しただけで、イサキはどこかへ行ってくれたようだ。




20160318028.jpg

こんなサイズも混じって来るが、あっちゃの方に遠投した仕掛けには、尾長が喰う。




20160318029.jpg

口太ほど太ってはいないが、しぶとく引くので楽しい。




20160318030.jpg

2号竿を思い切り曲げてくれるので、釣りをしているという実感を味わわせてくれた。

このくらいのサイズの尾長なら、2号竿が楽しいと感じる。




20160318031.jpg

45クラスも釣れたし、そろそろクーラーの容量がいっぱいになってきた。

前回は35Lのを持ってきたから、お持ち帰りしすぎたのだ。

さばくのが大変だった。

今回は、グッと小さくして、スペーザの18Lを持ってきた。




20160318032.jpg

よって、口太が釣れたら・・・




20160318033.jpg

全部ポイじゃ!




20160318034.jpg

クーラーの中で、お魚が曲がりまくっとるので、整理してやらんと・・・

偽チヌ師さんが来て、「腹を下にして、向きを交互にするといっぱい入りまっせ」と言うので、並べなおしてみる。

が、なんせまだ生きておるので、きれいに並べても暴れてすぐ崩れてしまう。




20160318035.jpg

フタが浮いているが・・・気付かない事にして、無理やり押し込んで閉める。




20160318036.jpg

ちょうどいい量のお土産もできて、あとは二人で会話を楽しみながら、ゆったりと海に向かう。

偽チヌ師さんも、45クラスの口太と尾長を多数釣って、もうお腹いっぱいになっているようだ。

一緒に来た釣り友が、いい型を釣って満足してくれると、大変うれしいものである。





20160318037.jpg

半島回りで、こんな口太が釣れたら、大喜びなのだが、ここでは感覚がマヒする。

もう1尾もクーラーには入らんので、すべてポイである。




20160318038.jpg

午後3時に磯上がりだが、早めに片付けて賀寿丸を待つ。


そのまま下田へ帰港し、無事に離島遠征が終了した。




20160318039.jpg

スペーザの18Lに、詰め込んだ魚たち。

コンビニの板氷を入れたら、これが限界じゃ。

もうちょっとだけ、入るクーラーがええかのう・・・

船着き場でウロコを打って内臓を出してると、賀寿丸に一緒に乗ってた方から、声をかけられた。

私の変なブログを読んで下さっていると言う。

赤のウェアーにライジャケが目立つんかのう(笑)

今日の恩馳は、サメがたくさんいて、どうにもならなかったそうだ。

島の北部に乗った我々のようなグループは、全体に良かったみたいで、同じ神津島といっても、場所によって全然釣果が違う。

あの時、「恩馳に行く!」と言わなんでよかった・・・



20160318040.jpg

薄暗くなるころ、やっと処理が終わる。

尾長 5枚 45センチ強まで
口太 2枚 45センチまで
イサキ 2枚 測っとらんが、たぶん40センチくらい

十分すぎるお土産になった。

うれしいの~



さ、明日は偽チヌ師さんとリハビリだ。

こんな釣りが普通だと思い込まないよう、現実に戻るのだ(笑)



にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

3月19日 伊豆半島 どこかの堤防

2016.04.09(Sat)

土砂降りである。




ドライバーの視界を確保しようと、車のワイパーが単純労働を繰り返す。

風もゴウゴウと音を立て、道路に沿って立つ木々を揺らしている。

昨夜、偽チヌ師さんが車の中から渡船屋に電話をかけまくったが、今日はどこも出船しないという。

まあ、この天候では、無理もない。

昨日は神津島で、非日常の釣りをしたから、今日はどこかでリハビリをせんとイカンのだ。

どこか、波も風も来ない場所はないかと、海岸沿いを走るのだが、なかなかいい場所が見つからない。

地図を見ながら、予測を立て、やっと穏やかな海を見つけた。

ただ、大量のドロ水が流れ込んで、海が真っ茶色だ。

まあ、竿を出せるだけマシだという事で、準備を始める。

すでに午前11時を回っており、いい時間帯とは言えないが、何か釣れるだろう。

お、釣り始めと同時に、雨も止んだ。

太陽まで出てきて、急激に暖かくなる。

これは・・・釣りの女神が微笑んでくれたのか!

20160319001.jpg

フグ2匹。






20160319002.jpg

スズメダイ1匹。





そんだけかい!


女神が微笑んだんちゃうんかい!



早めに出発し、帰りの車の中で、反省会を開く。


私 「今日は釣れませんでしたな。」

偽チヌ師 「ダメでしたな~」

私 「でも、これが普通なのかもしれませんよ」

偽チヌ師 「まあ、それにしてもアタリが少なかったですからな」

私 「フグが2匹と、スズメダイ1匹でしたわ」

偽チヌ師 「え!? 私はボラ1匹とフグ1匹ですわ~、1匹負けた~」

私 「いや~、そんな~、重量で言ったら、あのデカボラの圧倒的勝利でしょう~」

偽チヌ師 「太ってましたからな~、じゃあ、引き分けですな~」

私 「そうですな~」

二人 「わはははは・・・・」


厳しい現実に引き戻されて、通常の感覚が戻らない二人であった。




にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

3月22日 南伊豆 入間 赤島

2016.04.13(Wed)

このところ、神津島へ連続して行ったので、普通の感覚を取り戻さねばならん。

であれば、ホームグラウンドと勝手に思っている、入間へ行くしかあるまい。




20160322001.jpg

今日は久々に赤島のテラスに乗った。

まずは水道のキワ、上部に陣取る。





20160322002.jpg

最初は軽い針で、ゆっくり落としてやるかのう。

潮はトロトロで、流れがわずかしかない。

コマセを打つと、足元からわらわらわら~っと、エサ取りが飛び出してきた。

こりゃイカン。

打ち分けするしかないの~





20160322003.jpg

で、上がってきたのは足裏サイズ。

まあ、これが一般的だわな・・・

んん~?




20160322004.jpg

なんだ、これは!

足裏で、こんなに曲がるんかい!

確かに硬いとこに刺さり、貫通してなかったのは確かだが、こんなこと、あるんかいな?





20160322005.jpg

こっちの針で行こう。



で、頑張るのだが、一向にアタリが来ない。





20160322006.jpg

潮も引いたし、あちらの方もやってみるか。


・・・おだやかな海じゃの・・・



思わず、しゃがんで開放感にあふれたい気分になるが、ここんとこ腹の調子がいい。

ここなら楽にできて、ババも簡単に洗い流せるんだが・・・

安全、安心なババ場、赤島のテラス。

人がたくさんいる時は、サラシ者になる場所だ。




20160322007.jpg

・・・釣果もおだやかじゃの・・・


どれをキープするか、ぜいたくな悩みをかかえる離島とは、えらい違いだ。

キープする魚が釣れん!

が、まあそれは私の腕のせいであろう。


水道寄りに釣り座を持って行くか。




20160322008.jpg

むう・・・かわりばえせんのう~

しかし、磯際からひゅんひゅん、コマセに突っ込んでは消える、いい型が見えるのだが・・・これが釣れん。

というか、狙うのが難しいので、放置してるだけなのだが・・・いっちょ狙ってみるか。



20160322009.jpg

カワハギもうろうろしてるので、付けエサを取られまくる。

それでもメゲずに、しつこく狙うと、やっと今日イチの引きが来た。




20160322010.jpg

狙ってみるもんやの~

離島は50センチのタモ枠だが、半島回りは、45センチのタモ枠である。

これは40ないやろ。

でも1.2号の竿を曲げてくれて、ありがとう!

ようやく普通の感覚に戻ってきた気がする。




20160322011.jpg

ほら~、37強あるやないの~

これを「ちょっといい型」と感じられる自分に戻れたのが、うれしい。



リハビリ終了じゃ!




にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

BB-X SPECIAL SZII 2号 485-520 の曲がり具合 3月31日 神津島にて

2016.04.23(Sat)

リハビリ釣行したばっかりと違うんかい!


その通り。



釣りバイクの改造をしたばっかりだろうが!


そうおっしゃる方もおられよう。


神津島へ行くのも、車を使うのも、厳しい現実からの逃避行なのだ。

趣味だから、それでいいのだと自分を納得させる。

ずいぶんと都合のいい話だと思いながらも、今夜も暗い夜道を突っ走る。




20160331001.jpg

今回は、オキアミ3枚に対し、超遠投グレ2袋、グレパワーV10 SPを1袋混ぜる。

ふふ、フェロモンを、飛ばしまくるのじゃ!

人間がフェロモンを飛ばしまくるとどうなるか、ピンクな想像でニヤニヤしながら、ズコ~、ズコ~っとスコップでかき混ぜる。




20160331002.jpg

金、土曜は24時間オープンのあおき釣り具も、平日は9時に閉まってしまう。

そこで、常連は「夜出し」をお願いする。

外にオキアミを出しといてくれるので、勝手に混ぜて持って行くのだ。

代金は、帰り道に立ち寄って支払う。



下田の港に到着後、車で仮眠する。

バイクだとこれが難しい。

以前、すぐ横にある道の駅の駐車場で、テントを広げて寝ていたが、車ならそんな手間はいらない。

要するになまけているのだが、一度船着き場でテント張るかのう。




20160331003.jpg

ここにテントを張ると、目覚ましにもなる(笑)

・・・一躍、有名人になってしまいそうなので、やめとくか・・・


今日は風が強めで、少し場所を選ぶかもしれないなと思いながら、船室で横になって眠る。




20160331004.jpg

船長が乗せてくれたのは、タダナエの穴の口。

風が強いので、水道に面した釣り座はダメだろう。

足場が高いので、水面まで道糸がふくらみすぎて、釣りにならん。

今日はおニュ~な BB-X 2号 の竿下ろしだ。

変なもん釣らんようにせんとな。

足元のサラシにコマセを打ち込み、仕掛けを放り込むと、すぐにアタリが来る。




20160331005.jpg

うむ、なかなかいい曲がり具合ではないか。

まだまだパワーに余裕があるが、まずはいい感じだ。




20160331006.jpg

45あるかなしの口太だ。

この竿の初魚が尾長であれば、もっとよかったが、ぜいたくは言えん。

これで竿にメジナぐせが付いただろう。

よしよし、ほれ、もっと来いよ~

・・・ん?

サラシの白い部分に、小魚の影が!

た、タカベが沸いた~!

小さい群れならなんとかかわせるのだが、もうどこに仕掛けを入れても、エサを取られまくる。

目の前のワンド一帯は、タカベに蹂躙されてしまった。

おまけに風が強くなって、道糸が上に吹き上がる。

ここも足場が高く、それが左右にブンブン振られ、右の磯際に引っかかりそうになる。

なんとか続けようとガンバルのだが、どうしようもない。


この状況を打開する腕がない



仕掛けを振り込んでは回収という、無駄な努力を続けながら、賀寿丸が見回りに来るのを、ただひたすら待ち望む。




20160331007.jpg

磯釣りにおいて、初めての磯替えを決断した。

他にも、数人が替わるようだ。

どうやら、どこも釣果が上がらないとの事。

船長に、タカベのいないとこ! と頼む。

尾長は厳しいかもしれないけど・・・と、六造(ロクゾウ)という場所に下してもらった。




20160331008.jpg

おお、雰囲気のいい場所ではないか。

お魚がたくさん釣れるに越したことはないが、景色のいい所で釣るのも、楽しみの一つなので、満足である。

これで釣れなかったら、自分の腕のせいだと、あきらめるしかなかろう。




20160331009.jpg

朝イチで口太を釣った、この針を使おう。

サラシで真っ白な中に仕掛けを放り込むと、すぐに付けエサが取られる。

エサ取りがいるようだの。

姿が見えんので、まずは正体を突き止めねば。

針まで仕掛けをピンと張って待ち、そいつを釣り上げる。





20160331010.jpg

お前かい!

左のサラシの中、とても雰囲気がいいのだが、流れはトロい。


沖の二ツ岩のサラシと、岸からのサラシがぶつかり、ゆっくりと目の前まで流れてくる。

この流れの中は、こいつらだろう、すぐに付けエサを取られる。

沈めてもダメなので、沖の二ツ岩回りを探る。

が、あっという間に手前まで仕掛けが流れてくる。

左からと、沖からの流れが、足元にぶつかっているようだ。

足元のサラシは、右に向かい、その中に吸い込み口がある。

そこに仕掛けを入れてやるが、しばらくしたら右の方で浮き上がってくる。

付けエサは取られている。

このトンネルには、ええもんがおらんようだ。




20160331011.jpg

ちなみに右側は、こんな具合で、一見なんの変化もない、普通の小サラシがあるだけだ。

が、右のサラシが出ている所と、トンネルの出口が交差する場所に仕掛けを入れると、ウキをひったくられる。




20160331012.jpg

こんな尾長だがのう!

他の場所もいろいろと探るが、付けエサを取れらない。

エサ取りは、左のサラシ一帯と、足元だけのようだ。

これは右に狙いを絞るしかなかろう。

コッパが釣れたあたりを、念入りに探ると、どデカいアタリが!




20160331013.jpg

おおもんじゃぁ!

オニュ~の竿が、気持ちよく曲がる。




20160331014.jpg

お前かい!

イスズミぐせが竿に付いたらイカン。

が、他ではアタリがないので、このポイントに狙いを絞る。



今度はさっきよりデカいお魚の引きじゃ!

ねばって引き寄せるが、バレてしまった。




20160331015.jpg

針が折れとるがな!

特大のイスズミか?




20160331016.jpg

龍馬は細いからのう、これなら軸も太いし大丈夫だろう。

吸い込みトンネルの出口と、小サラシの合流地点を中心に探ると、足裏サイズの口太が釣れる。

むう・・・ならば、そこにコマセを直撃するのみ。

バラケコマセをバシバシ海面に打つ!

浮いてこい!




20160331017.jpg

ちょっと弱いが、重い引きが来る。




20160331018.jpg

おお~、45くらいの口太。

きれいな色だの~、まさにサラシの住人じゃ。


同じやり方で、同じような型を、2枚追加する。




20160331019.jpg

左が前回、大黒根で曲げたベイシスISO 2号竿、右が今回のおニュ~竿。

あ、キャプションが485-500になっとる。

485-520 の間違い。

ベイシスよりもちょっとだけ先調子かの~

短い状態では、とても取り回しが楽だし、先調子でもイスズミが来たら手元まで曲がる。

ベイシスもええ感じだが、BB-Xの方はもっと余裕がある感じか?

新しい、余計な竿を買ってしまった後悔と、渋谷サンスイのウチダ・フルイチに対する恨みを、和らげるための言い訳のような気もするが。


尾長が欲しいので、このポイントよりも少し先の沖を探るが、こちらでは何も来ない。

探る作業に時間を取られ、もう磯上がりの時間だ。

最後! と、仕掛けを投入し、コマセをバシバシ被せる。




20160331020.jpg

今日イチの引きじゃあ~

足元で突っ込みまくる。

針を折ったのと同じヤツかあ!





20160331021.jpg

やっぱりお前かあ!

50イスズミでシメか・・・

まあ、これで50の尾長にも、この竿は有効だと証明できたからええか・・・




20160331022.jpg

尾長は釣れなかったが、なかなか面白い釣りだった。

探る時間が長くて、実釣が少なかったのは、今後の課題だの~

だけど、この探る時間が楽しかったりする。

他の人の釣果も、あまり良くなかったそうで、尾長は全滅との事。

今日は全体に調子が悪かったようだ。




20160331023.jpg

下田港に着いて、ウロコと内臓を処理する。

42~45の口太たち。



帰り道、偽チヌ師さんと熱川で合流する。

彼はこれから賀寿丸に乗って、銭洲へ行くとの事。

ただ、銭洲は海の状況によって、行けない可能性もあるので、今日の神津島の情報を伝える。

ささやかな贈り物として、きびなごを差し上げた。

今日の私には、使う場面がなかったが、なんぞ面白いもんが釣れるかもしれまへんで~

次の日の偽チヌ師さんの様子は、こちら。

http://blogs.yahoo.co.jp/tinu526/71121693.html

あおき釣り具でコマセの代金を払って、家路を急ぐ。





20160331024.jpg

4尾とも、卵があ!




20160331025.jpg

まさに、「フェロモンがグレの本能を直撃!」したのう。

これの人用をどこかのメーカーで売り出してくれんかのう・・・




釣果はイマイチなので、竿の曲がり具合を見たい方や、買おうと思っている方は、参考にしてして下さい。







にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

プロフィール

楽竿作者

Author:楽竿作者
釣り歴36年だけど、磯は初心者!
房総、伊豆半島、三宅島、八丈島に出かけています。

アクセス

カテゴリ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

にほんブログ村ランキング

↑