7月5日 大阪湾へ

2016.07.08(Fri)

イカン、出発が遅れた。

自宅を朝9時に出発するはずが、午後3時になってしまった。

東名、名神高速道路をひた走る。




20160705001.jpg

午後9時半、大阪に入り、まずは南港のTポートへ。

明日のエサを買うとかんと。

以前、てるさんが教えてくれたエサ屋である。





20160705002.jpg

む。

ユムシを買って行くか。

すんません、ユムシ3匹ちょうだい。 そう、大きいん頼むで~

店員が、奥のエサ部屋でみつくろい、「大きいの、おりましたわ~」と、パックに入れてくれた。

ふふ、これでええじゃろう。




20160705003.jpg

午後10時過ぎ、堺のビジネスホテルにチェックインした。

むう・・・駐車場が狭い・・・




20160705004.jpg

着替えだけ持って部屋に入る。

ゆっくり走って、夕方早くにチェックインして、おいしいもんでお酒を飲もうと思っていたのに・・・

これから外食すると、睡眠時間がなくなってしまうの~





20160705005.jpg

せっかく大阪へ来たのに、これかい!

近くのコンビニで、350mlの発泡酒と、お好み焼きを買ってきた。



目覚ましを3時にセットする。

急いで食べて、深夜0時過ぎにベッドに入った。







たぶん、うとうとした程度だったろう。

午前3時半にチェックアウトし、車でコンビニに立ち寄って、飲み物とパン類を買い込む。

ホテル泊まらんと、車の中で寝たらよかった・・・


午前4時前、待ち合わせである、渡船屋の駐車場に入る。


ほどなく、待望の方が車で現れた。

「おはようございます!」

午前4時半、渡船「夢フィッシング」で、沖堤防へ向かったのだった。

他に釣り客はおらず、我々二人だけである。





20160705006.jpg


つづく


にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

7月7日 南伊豆 入間 加賀根

2016.07.20(Wed)

6日の午後、大阪のTポートでコマセと付けエサを買い込み、南伊豆へと走った。

平和プロのフカセ釣りを見て、磯へ行きたくてたまらなくなったのだ。

大阪にもう一泊して、うまいもん食って酒を飲みたかったのう・・・


深夜、入間に到着し、駐車場でそのまま寝てしまった。




朝、5時過ぎ、窓をたたく船長に起こされた。

もうちょっと寝かせてくれ~!



20160707001.jpg

客はワシだけかい!

もうトリはいないが、半分夏磯になっとるからの~

ちょっとうねりはあるが、適当に風も吹いてて、気持ちがいい。

他の船はまったく客がおらず、この広い入間は、オレ一人のもんじゃあ~!


船を走らせながら、船長と潮を見て、どこにするか相談する。

遠いけど、台風からのうねりなので、一発が恐いと言う。

タバコをぷかぷかさせながら、あそこでもない、ここでもない・・・一人だと、時間が自由に使えるからの。

結局、上がってから自由に動き回れる、加賀根に決めた。

波裏の水道寄りなら、うねりの直撃も受けないし、船長も安心だろう。

この潮だと、マダイも狙えると船長が言うので、期待に胸を膨らませて磯に降り立った。

水道を、中木の方に向けて潮が流れ抜けている。

激流ではないが、結構な流れだ。

船の水温計では、湾内は20度あったのが、チャカ付けする時には、19度であった。

この流れは、少し温度が低いので、この中を釣る事にした。



実は昨日買ったブロックは、半分黒くなった「訳ありオキアミ」(笑)と「ボイルオキアミ」の2枚である。




20160707002.jpg

ボイルはまとまりにくいと思ったが、この配合粉ならば、練り込んでやれば何とかなるだろう。

ブロック2枚では、1日釣るには少ないが、そこは何とかごまかすのだ!

ふふ、ごまかすのは得意じゃからのう~




20160707003.jpg

初っ端は、ケンシンの7号を使うか。

竿は、5mのプロテック1.2号だ。

昨日の平和プロの竿さばきが、目に焼き付いている。

ず~っと見てたから、自分が釣っているような錯覚にとらわれていた。

ふふ・・・今日のワシは、平和だ・・・平和卓也だ!

おはようございまーす! 今日もよろしくお願いします!

さ、第1投です!

何が釣れるんでしょうね~

おっ、もう来たぁ~!

一発目から、いったい、ダレでしょうかね~ はっはっはっ






20160707004.jpg

お前かい!


・・・やはり、最初からワシはワシであった。

苗字が、同じ「ヒ」で始まる事しか、共通点がないだろうが!

あ、次の字も同じか(笑)



さて、ガン玉で傾きと深さ調整して流すが、何も喰って来ない。




20160707005.jpg

竿1本でイサキが来たが、単発だ。

もう少し深めにしてやると、イサキは釣れるだろうが、今日はもっとええもんを狙いたいしの~

今年は、これでもか!というくらい、イサキを持って帰ったから、あれだけイサキが好きだった家内が、まったく興味を示さんようになったし・・・


ここでちょっと釣り方を変えるか。

いつもの離島で流す釣りじゃ。

0号ウキに、ハリスと針だけのシンプル仕掛けで、流れに乗せる。

馴染ませたら、少し張り気味にして、どんどんラインを出していく。

コマセは、塊ではなく、バラけさせて流れに打ち込む。


バチバチバチッ




20160707006.jpg

イカン。

すぐに、この大きさの尾長が集まってきた。

ちょっと流したとこで、入れ喰いになってしまった。

これはこれで面白いのだが、もうちょっとデカいのが欲しい。




20160707007.jpg

針もこれに変えてみるか。

コマセは同じ場所から流し、仕掛けの投入点だけを、ちょっと遠くにしてみる。

・・・・・・・・・・・・・

来んの~・・・

もう付けエサが、ふやけとるんちゃうか?

道糸が半分くらい出たとこで、ラインがゆるむ。

お、別の潮とぶち当たったか?


バチバチバチバチッ


竿を立てると、重い!

こ、このアタリと引きの重さは、尾長のええ型じゃろう!


よしよし、40はあるかのぶちっ



うおおお、き、切られた~!

案の定、針の上で切れていた。

むう・・・2.5号では飲まれたら一発じゃの・・・


だが、今回は大阪のチヌしか考えていなかったため、ハリスは2.5号までしか持って来ておらん。

同じ仕掛けで、同じように流す。

すると、また遠くの流れがゆるんだところで、アタる。


バチバチバチバチッ

ブチッ  ぐあっ

バチバチバチバチッ

ブチッ  ぐおっ

バチバチバチバチッ

ブチッ  ぐえっ

バチバチバチバチッ

ブチッ  ぐわっ

バチバチバチバチッ

ブチッ  ぐもっ



立て続けに6発、切られてしまった・・・

・・・アホじゃの・・・

せめて4号のハリス持って来るんだった。


短い時合いが終わり、アタリがなくなった。

どこ行ったんや~、お前ら。

どうせかけても上げられんのに、残念がるヘタクソであった。



ちょっと下に、移動したんか?

あんな遠くまで、ガン玉打った仕掛けをコマセと同じように流せる自信がないので、水中ウキに頼る事にした。

2Bのウキに、2Bの水中ウキで流す。



・・・来んの~

ウキ止めを深くしながら、何度目かに尾長ポイントのだいぶ手前で、ウキを見失う。

あれ? 入ったんかな?

竿を上げると、重い。

モン、モンモン

お、引いとる。

さっきまでとは違い、引きにシャープさがない。

なんじゃろう?

なかなか寄って来ない。

手前まで来ると、水中が光り、褐色な魚体が見える。

なんじゃぁ・・・バリか・・・

上げるのめんどくさいの~

なんであんな流れの中におるんじゃ~

外れてくれんかの~


さらに浮いてきた。

ん?

・・・ま、マダイじゃぁ!

外れたらイカンで!

ほんとに自分勝手である。




20160707008.jpg

タモに入れて、ほっと一息。

タバコに火をつける。




20160707009.jpg

45センチのタモ枠いっぱいのマダイであった。

ええお土産ができたの~

食べごろのええサイズやの~

今日はもうええわ~

針を外すと、おおっ




20160707010.jpg

ぽろっと折れてしまった!

危ないの~!

こ、この針は封印じゃ!


魚を潮だまりに入れて釣りを再開してたら、鳴き声が聞こえた。


カア


うお!

急いで駆け寄り、追っ払う。




20160707011.jpg

おのれ~、ワシのゴチソウに穴を開けやがって。

すぐシメて、クーラーに放り込んだ。




20160707012.jpg

上流の水道で、竿を出してみるか。

コマセを入れると、深いところで、デカいのがうごめいている。

・・・イスズミ様じゃの・・・

見なかった事にして、右のサラシ銀座に、釣り座を移動する。




20160707013.jpg

潮が満ちている時は、入れない所だ。

足元にコマセを撒き、サラシの切れ目あたりを狙う。




20160707014.jpg

ほとんど入れ喰い状態ではないか!





20160707015.jpg

こんなんが。

お持ち帰りサイズも出るが、今日はマダイがあるので、全部ポイじゃ。

が、1.2号の竿が曲がりっぱなしで楽しい!


サラシの中に入れると、付けエサを取られる。




20160707016.jpg

フグとコイツじゃ。

仕方ないの~ と言いながら、クーラーに入れる。


日差しは強いが、風が結構あるので、助かったわい。

14時に迎えに来てもらい、磯を上がった。





今日は楽しく釣れて、満足感いっぱいだ。

前半の切られた6発だけが、心残りではあるが・・・

今日のメジナはすべて尾長で、口太は1尾も混じらなかった。

いい潮が入ると、夏の入間もええですな。




20160707018.jpg

帰ったらすぐにさばいておいた。




20160707019.jpg

アラ煮と・・・




20160707020.jpg

刺身にした。

ちょっとだけ、マツカサ造り用に皮を残す。


大変おいしゅうございました。

やはりマダイはウマいですな。

家族であっという間に食べてしまった。


さて、次はどこで何を狙うかの~



にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村

7月27日 南伊豆 入間 川吾

2016.08.02(Tue)

そろそろダンゴを握りに行きたいのだが、天気がぐずつく。

雨が入ると、ダンゴの調節が面倒だし、また磯に行くか。




20160727001.jpg

お盆くらいまでは、入間の駐車場代が1,000円かかるのだ。

この地区の取り決めなので、仕方がない。




20160727002.jpg

今日は福寿丸に数人、日吉丸は、私一人だ。

夏はやはり渡船客が少ない。

・・・雨の予報だからか?

まあ、降っても大したことないだろう。

暑いし、少しくらい濡れた方が気持ちいいかもしれんの。

カッパ持ってくのや~めた。


・・・またもやここで判断を誤るのであった。




20160727003.jpg

だ~れもおらんから、川吾に乗った。

向こうの牛根に乗ったのは石物師かな?


少し風はあるが、日差しもないし、快適である。




20160727004.jpg

竿もよく曲がるのう。




20160727005.jpg

ちょうどいいサイズのイサキが、2ヒロで絶え間なく喰ってくる。

ん? 小雨が降って来たな・・・



20160727006.jpg

口太と、




20160727007.jpg

尾長も混じる。

型は小さいが、なかなかよく釣れて楽しい。

こういう所に、磯の初心者を連れて来ると、ハマるだろうの~

「こんないっぱい釣れるとこ連れて来てくれて、感謝します!」

などと感激するかのう。

ふふ、実は「磯ラーまっしぐら・廃人コース」なのだという事を知らんからのう。

もうそうなったら、後悔しても遅いからのう。

感謝どころか、呪われそうだがのう。

そういえば今年、神津島へ連れて行った人が、廃人になりかけとるのう。





20160727008.jpg

こんなんもおるが・・・


楽しく遊んでいると、雨が強くなってきた。




20160727009.jpg

笠は多少の雨なら頭が濡れないので重宝するのだが・・・他の部分がヤバい。

大粒の雨がバラバラと落ちてくる。

やんだかと思ったら、霧雨のような細かい雨が、風と共に流れてくる。


さ、寒い!


上も下も、びしょびしょに濡れてしまった。

風が吹き付け、さらに寒くなる。

急速に体温が奪われ、体がガタガタ震え出した。

とても釣りどころではなくなってしまった。

やっぱりカッパ持って上がったらよかった・・・



立っているとまともに風を受けるので、しゃがんで膝を抱えて丸まる(^^;

イカン!

体を動かして暖めるのじゃ!

その場でモモ上げをしたり、上半身をぐるぐる回す。


「あいつ、川吾で何を踊っとるんじゃ」と、牛根の釣り人から思われたかもしれんな。


そうだ! バッコンバッコン釣り上げると、温かくなるに違いない!

釣って釣って釣りまくるのじゃ!




20160727010.jpg

このサイズではちっとも暖まらんではないか!




20160727011.jpg

後で見たら、ビデオカメラのレンズが雨の滴でこんなんなっとった。

・・・石化けみたいじゃのう・・・ババもしとらんのに・・・


朝からず~っと見えとる、デカ魚でも釣るか。

ちょっとは暖まるじゃろう。


磯ギワのサラシに、コマセを打ち、仕掛けを横に入れる。





20160727012.jpg

ファイト一発、イスズミンV!


45センチ強ではあるが、1.2号のプロテックだと、なかなか楽しめますな。

汗が出て、ハアハア言いましたわ。



寒さをごまかしながら修行僧のように釣り続け、午後2時に磯を上がった。

「せんちょ~、はよ来てくれ~!」と心の中で叫んでおりましたな。


・・・迎えに来たら、雨がやんだ・・・


なんかの呪いかい!


シャツもパンツもずぶ濡れだったので、車の中で全部着替える。

生き返った気分じゃ。

一応、おかずはじゅうぶん確保したが、雨が止んだのでちょっとやってみるかの。




20160727013.jpg

船長とダベった後、入間の港で竿を出した。

小さいながら河口があるので、チヌがおらんかのう。

底が見えるほど浅いが・・・ん? まだら模様の長い魚が・・・

ま、まあ、見なかった事にして、やってみるか。




20160727014.jpg

くっ・・・フグばかり。

ハリスを切られまくるが、ここはシンボウじゃ。

おっ! ボラが寄ってきた!

これはチヌが近いか!


来たぁ!・・・・・・・・ボラが・・・


手前まで寄ったところで、針が外れた。


くうっ! シンボウじゃ・・・


ウキがスコンと入った。

ビシッ   グググググググ~~~

おお? よ~引くの~ やばいの~ こ、こんな港内でレバーブレーキ使うてしもうた(^^;

ああっ そっちの藻に突っ込むなぁ!

・・・突っ込まれた・・・

ぐいぐいやってると、ガン玉付けたとこから切れた・・・1.75のハリスじゃ、弱かったか?

ん~、何の魚だったか、気になるのう~

今度またやってみるか。

ここでええもんが釣れたら、クセになりそうじゃ。


にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村

プロフィール

楽竿作者

Author:楽竿作者
釣り歴36年だけど、磯は初心者!
房総、伊豆半島、三宅島、八丈島に出かけています。

アクセス

カテゴリ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

にほんブログ村ランキング

↑