8月4日 新潟県 どこかの港

2016.08.07(Sun)

新潟へ行く用事があったので、ついでに釣りをしようとたくらんでいた。

が、用事が終わったのは午後5時。

もう釣りをする時間があまりないが、せっかく道具を持って来たので、少しだけ竿を出すことにした。

電気ウキも持って来たしの~

港まで行き、釣具屋のおやじに様子を聞いてみる。




「小アジが釣れてますよ。」

「他は何が釣れますか?」

「小アジかなぁ~」

小アジしか釣れんのかい!

「チヌは釣れませんか?」

「クロダイぃ? 寄せるまでに時間がかかるよ? ん~、ヘッドランプとスパイク持ってるなら、テトラへ行ってみて。」

期待せずに、オキアミの3キロブロック1枚と付けエサのオキアミを買って、堤防へ歩く。

もう午後6時だというのに、西日が暑くて、汗が止まらない。

テトラまでやって来たが、どうにもそこでやる気にならない。

実は、私はテトラが恐いので、ほとんど乗らないのであった。

で、そこではやらず、少し横の堤防に釣り座を取った。




20160804001.jpg

オキアミブロックを海水で解凍するが、結構時間がかかる。

のんびりと準備をしていたら、どんどん日が傾いて、釣りを始めたのは、すでに日暮れであった。




20160804002.jpg

もう最初から電気ウキである。





20160804003.jpg

小フグばかりだが、それはそれで仕方がない。

今日は特に釣果に期待していない。

知らない場所で、一人静かに竿を出せたので満足なのである。

ルアー竿持った人が来て、「クロダイですか」と声をかけられる。

群馬から来たそうで、いつもは紀州釣りをしていると言う。

お、ご同類ですな。

新潟でも、ダンゴやる人がおるんですな。

暗くてお互いの顔は見えないけど、しばしダンゴの話に花が咲く。

お互い、楽しみましょうと別れ、また一人になる。



真っ暗な中、電気ウキがゆら~っと沈むのが楽しい。

すべて小フグだが、釣れる魚がいるというのが嬉しい。

正面からそよ風が来て、涼しい。

さっきまでの暑さがウソのようだ。

波もなく、水面は鏡のようである。

時々どこかで、ぱちゃりと音がする。

ここ数年、どど~んという波やサラシの世界にハマっていたため、昔懐かしい気分だ。



そういえば、若いころ瀬戸内で、高校の同級生とゴムボートに荷物を積んで、沖堤防へ渡った事があった。

テント張って、ランタン点けて夜釣りをしたな。

何を釣ったかは覚えていないが、そういう釣りをしたという事だけは覚えている。


また、同じ友人と、これまたゴムボートで、歩いて行けない釣り場に上陸した事もあった。

テントを張って寝ていると、満潮で潮が上がってきて、テントに海水が入って来たな。

「い、移動じゃ~! 急げ~!」

と、あわててテントを持ったはいいが、もう乾いた場所がないため、仕方なく真っ暗な中、撤収したな。

ゴムボートのオールを動かすたびに夜光虫が光って、幻想的な光景に悲惨な状況を忘れたものだった。




20160804004.jpg

そんな事を思い出し、時々笑いながらタバコをふかす。

付けエサとコマセが、いいタイミングで同時に尽きた。

フグしか釣れなかったが、すごく贅沢な時間を過ごした気分で、撤収する。

さて、高速に乗って、東京まで帰るか。

3時間かかるが・・・南伊豆より近いではないか!


にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

プロフィール

楽竿作者

Author:楽竿作者
釣り歴36年だけど、磯は初心者!
房総、伊豆半島、三宅島、八丈島に出かけています。

アクセス

カテゴリ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

にほんブログ村ランキング

↑