5月5日 南伊豆 入間 君掛裏

2017.05.13(Sat)

先日の神津島・平段では、潮を被ってずぶ濡れになってしまった。

パンツまで濡れたのは、レインスーツの防水能力が落ちてしまったせいだろう。

春・秋用に使っているのは、ダイワのレインマックスという素材の上下だ。

表面の撥水能力は、アイロンをかける事で復活すると聞いたことがある。




20170505001.jpg

念入りにアイロンをかけたから、これで大丈夫だろう。





20170505002.jpg

晴れではあるが、少しうねりがある入間にやって来た。

以前から乗ってみたかった、君掛の裏である。

なかなかいいサラシが出ておるわ。






20170505003.jpg

入れる足場はいくつかあるが、岸壁寄りの足場を選択。

ここから出るサラシが、岸壁に沿って君掛の方へ流れを作っている。

君掛からはこちらへ斜めにサラシが出ているので、合流点や壁キワを狙ってみるか。





20170505004.jpg

ええ雰囲気じゃのう~

壁ギワに沿って仕掛けを流す。

サラシの合流点を攻める。

滞留している場所に入れてみる。



ん~・・・なかなか来んのう~





20170505005.jpg

どっしゃ~~ん! おわあっ!


たまに、デカいしぶきが上がる。

ふふ、だがアイロンで撥水力が復活したレインジャケットには効かんわ!


ん?・・・少し冷たいような・・・

浸水してきたか?・・・いや、そんなはずはない。


どっしゃ~~ん!


間違いない・・・下に着ているズボンが濡れておるではないか!

このレインスーツ、もうダメなんかい!


何発もしぶきを受けて、すでにパンツから下はびしょびしょだ。

もちろんスパイクシューズの中も水浸しで、歩くと「くっちゃくっちゃ」と音がする。


うぬう~・・・もうええ・・・ここまで濡れたのだ。


好きなだけかかって来いやあ!





20170505006.jpg

ひいいいい~~!


ごめんなさ~い!


持って行かれる波ではないものの、とにかく潮を被りすぎる。

バッカンの中も海水がたまっておる。

上の海水だけ捨てるか・・・







20170505007.jpg

どちゃっ!


うおおおおおおおお~!


コマセが半分!


半分も落ちてしもうた!


コマセの煙幕で、海の中は一面、真っ白である。

もったいないので、すぐに仕掛けを入れる。

ここで今日初めてのアタリが来た!

お・・・なかなか引くやないか!

おおもんか!

コマセ半分落としたカイがあったわい!






20170505008.jpg

ぬか喜びかあ!



むう~、まだまだコマセが効いとるはずじゃ。

今度こそ!







20170505009.jpg

あいかわらず、ええサイズしやがって~

お前とは違うんじゃ!

と言いながら、活かしバッカンに放り込む。



おおっ!

やっとメジナが来た!






20170505010.jpg


こんなサイズが・・・


ちくしょ~!

コマセを半分も消費したんじゃ!

もったいなくて場所を変われんではないか!






20170505011.jpg


30分後、しぶきの来ない沖側の先端で、ファルシオンがきれいに曲がる。

こ、これは・・・ぐふふふ・・・なかなかええ型が来たんではないかい?


すかっ!


またバレたあ~!


おのれ~、見とれよ~






20170505012.jpg

くっ!・・・こんなんがあ~・・・


その後も、ウキがピュンピュン入る。






20170505013.jpg

どんどんサイズダウンするではないかあ!


はっ!

だんだんうねりが強くなってきた。

ここも被りそうじゃの・・・チャカ場の方へ退避するか。





20170505014.jpg

退避してすぐに、さっきまでの足場が被る。

危なかったのう~。

まあ、こんだけ濡れておるから、どっちでもええがのう。



よし、チャカ場でやってみるか!







20170505015.jpg

・・・・・・・・・。

このままではイカン。

君掛からのサラシが大きくなって、こちらまで流れを作っている。

ここの1点に残り少ないコマセを打ちまくって、お魚ちゃんのオビを作ってみるか。






20170505016.jpg

うりゃああ~!

付けエサも同じように流してみんかい!






20170505017.jpg

しかし・・・かなり流れるのう。

右前方の住吉島の手前まで流れて行くではないか。






20170505018.jpg

ほどなく、仕掛けをバチバチッと持って行った。





20170505019.jpg

コイツじゃ。

まあ、コッパよりはオモロイからええか。

神津島のとは違って、塩焼きにちょうどええサイズだ。

数釣りしてやるかのう~






20170505020.jpg

これで家族分の塩焼きが出来たわい。

ん? 日吉丸がこっちへ来る・・・


「楽竿さ~ん、うねりが強くなったから、上がろうか~!」


うぬう・・・イサキが釣れ出したところなのに・・・

ここは湾側だから大したうねりではないが、外洋に向かった磯はダメなのだろう。

急いで撤収して、泣く泣く釣り座を後にした。





20170505021.jpg

入間の港には、ファミリーがいっぱい。

さすがゴールデンウイーク。

この堤防にこんなに人がいるのを、初めて見たわ。






20170505022.jpg

ウロコを打って、内臓を出す。

塩焼きと煮付けにするかのう。

イマイチなゴールデンウイークであった。

・・・このレインスーツ、どうにか工夫せんとイカンのう・・・




応援して頂くと、書く励みになります。
下のバナーをクリックして下さると、大変うれしいです。

にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村


にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村


楽竿のホームページへジャンプ
スポンサーサイト

5月20日 南伊豆 入間 ユリ根

2017.05.26(Fri)

2週間・・・これだけ釣りに行かないと体が腐る。

ほら、体がにおうだろう?



ただの加齢臭である。





20170520001.jpg

今日の入間は、ナギだ。

他の渡船客を下ろした後、ユリ根に下りた。






20170520002.jpg

初めて乗る場所だ。

低くてうねりに弱いので、ナギ限定の場所である。

他の釣り人からは遠く離れ、いい気分・・・と思いきや、中木の上物師が見える。

ここは入間と中木の境界でもある。



ま、様子もわからんし、とりあえず沖向きでやってみるか。






20170520003.jpg

第一投目に喰い付いてきた。

お~、あさイチとはエンギがええのう~






20170520004.jpg

イカン、まだタモを近くに置いてなかったわ!





20170520005.jpg

む。 計ると42センチ。

最初からコレなら、今日はウハウハじゃのう!


次のサイズはどうじゃ!





20170520006.jpg

サイズ以前の問題かっ!





20170520007.jpg

30センチ前後の口太が、ぽつぽつと釣れて来る。

むう・・・ここの特徴がまだわからん・・・ねらい目はどこじゃ?





20170520008.jpg

潮のたるんだとこに入れると、コイツがおるのう。



さっきからスマホがビコンビコンうるさい。

ラインのメッセージが、どんどん入って来る。

偽チヌ師さんとMr.Iは、今日三宅島なのだ。

三本嶽の青根に乗ったらしい。

東京磯釣クラブの競釣会なのだが、私は今日しか空いてないので、参加しなかった。

三宅島で日帰りすると、釣る時間は実質3時間強しかないからのう。

泊まりで行くと、まるまる1日半釣りができるので楽しいのだが・・・


メッセージを見ると・・・なにい!

シマアジが釣れておるですとお!

ええのう~

ワシも釣りたいのう~

流れに乗せてると、あっちゃの方でアタリが!





20170520009.jpg

おお!

腰だめするええ引きが!

こっちもええもんが釣れたでえ!





20170520010.jpg

こんなんがあ!

くっ! シマアジとは比べモンにならんではないか!

冬に川吾で釣ったヤツはウマかったが・・・コイツも食ってやるか。

季節ごとに味、もとい香りを比べてやらんとイカン。

という事で、処理して持ち帰る。

これは別記事にしてアップしよう。

「新緑の季節 ~薫風の風味・サンノジ~」

という題目にでもするかのう。



実は、今回これでアノ臭いの元が判明するのである。



その後、潮がぱったりと止まってしまった。

アタリもなくなってしまった。

時々、スーッと動くのだが、5分くらいでまた止まってしまう。





20170520011.jpg

たまにイサキが来るくらいで、付けエサも取られない。

今日は腹の調子もよく、ババも出ない。

つまらんのう~

何か変化が欲しいのう~



と、いきなりウキが沈んだ。

こういう時にいきなり来るのは、ええもんかあ!


・・・ん?

こ、この竿先をたたく下品な引きは・・・





20170520012.jpg

水面に上がって来る姿を、おそるおそるのぞき込む。





20170520013.jpg

やっぱりコイツか・・・

処理して食おうかと思ったが、今日は「サンノジ de 新緑の季節」がある。

ディープインパクトは、1回で十分だ。

ショックが大きすぎるかもしれんからのう。





20170520014.jpg

ユリ根と住吉島との間もやりたかったのだが、足場がうねりで被っている。

こっちはもっとナギの日に試してみよう。



その後、新たなドラマもなく、磯上がり。





20170520015.jpg

むう・・・メジナをもっとキープしておけばよかった。

まあでも久々の釣りで楽しめたからええか。



・・・2週間釣りをしないと、「久々」と感じるようになったのか。

マズイな。

廃人に近づいとる。


え? サンノジがないって?

厳重にビニール袋2枚重ねで別保管してあるのだ。




応援して頂くと、書く励みになります。
下のバナーをクリックして下さると、大変うれしいです。

にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村


にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村


楽竿のホームページへジャンプ

5月28日 南伊豆 入間 赤島

2017.06.04(Sun)

2日間の連釣だ。

例のごとく、偽チヌ師さんとの釣行である。

夕方、車で迎えに行き、コンビニでコーヒーを買って高速道路に乗る。

しょっちゅう一緒に釣りに行くので、パターンが決まっている。

コーヒーを買う所、止まるP.A.など、いつものペースで走る。

真鶴のあおき釣具店で、コマセを混ぜる。

冬はいいのだが、この季節は汗をかく。

若いころとは違って、腰に来るのだ。




20170528001.jpg

向こうでも偽チヌ師さんが、運動不足の体でガンバっておる。

ハアハア言いながら。




道中は、車の中がうるさい。

「明日は何を狙いますかな?」

「マダイですな。」

「では、メジナはポイですな?」

「まあ、40超えたら、キープしてやりますかな。」

めったに釣れんだろうが。

「マダイはあまり大きいと困りますな。」

「味が落ちますな。」

「40くらいまでがいいですな。」

まずは、釣る事が大事である。

「とりあえずは、明日のオカズを釣らねばなりませんな。」

「二人分でいいですからな。それ以外はポイですな。」

「明後日がありますからな。」

「全部入れてたらクーラーが足りませんな。」

「いや、まったく」

「ワハハハハハ!」


少しはだまって運転できないものか。

とりあえず明日がダメでも、明後日があるので、今が一番気楽なのである。


別荘(私のではない)に到着し、酒を飲んでから仮眠をとる。


車のシートを倒して寝るよりも、やはりベッドで寝る方が熟睡できる。

で、起きるのがつらくなるのだ。


午前4時15分、目覚ましのアラームで、中年のおっさん二人が、のそのそと芋虫のようにうごめく。

むう~ん・・・んが・・・ん~む・・・

釣りに行く朝だから、すぐに起きるが、仕事なら2度寝してしまうだろう。




午前5時に入間に到着する。

いつものごとく客は少ない。

ちょうど去年の今頃は、トリが大発生して、フカセは釣りにならなかった。

船長に聞くと、今年はトリがまだいないと言うので、一安心だ。

特に乗る磯に希望もなく、船長任せで、赤島に乗った。

他の客がイヤがったので、我々が乗る事になったのだ。





20170528002.jpg

テラスの廊下の先端に釣り座を構える。

海面まで3mほどの高さがある。

ここは体の左側がガケになっているので、左手で竿を持つ人は、操作しにくいらしく、偽チヌ師さんが敬遠したのだ。





20170528003.jpg

で、彼は後ろに座って竿を出している。

今は満潮なので、そのうち潮が引いたら、下のテラスに下りるつもりらしい。





20170528004.jpg

足場が狭いので、こんな感じで釣りをする。

晴れたり曇ったりだが、すぐに気温が上昇する。

やはりこの季節、キャップよりも笠の方が涼しい。





20170528005.jpg

朝の一発目。

・・・ま、まあこんなもんじゃろうの。

しかし、ここはコマセを撒くと、海中の魚が良く見えるのだが・・・今日は・・・





20170528006.jpg

こいつしか見えんではないか!

いつもこれからの時期は、デカいメジナがよく見え隠れするのだが、今日は全く見えない。

吹いていたそよ風もなくなり、無風状態になると、暑くてたまらなくなる。





20170528007.jpg

たまらず、赤ジャケットを脱いで身軽に!

二人分の荷物を上げているから、狭い廊下では壁をつたってよちよち歩きだ。


メジナは見えないが、テラス下段を波が抜けて来るため、キワに仕掛けを入れる事ができない。

しばらく流してみるか。





20170528008.jpg

お、イサキが来ましたな。

二人分でいいですからな。

あと1匹キープしたら、終わりじゃ。


が、なかなか続かない。





20170528009.jpg

う~ん、汗で首がかゆい・・・

ダレきっとるのう~



おお! ウキが入った!





20170528010.jpg

お前もおったんかい!

いかん、いつものエサ取りが、メジナ釣りのジャマをする。

よし、ではなんとかかわして釣ってやろうではないか!





20170528011.jpg

かなり流して、アタリが来た!

これはええもんかあ!





20170528012.jpg

またイサキか!


2匹だから、二人分、これで打ち止めじゃ。


お、潮が引いて、偽チヌ師さんが下の段に移りましたな。

ルアーロッド持って、私も下に下りますかな。





20170528013.jpg

下から釣り座を見ると、こんな感じである。

私はこの釣り座が、けっこう好きだ。

暑い時期でも、昼頃から日陰になるし。

と言いながら、実はええもんを釣った事がない。





20170528014.jpg

さて、ジグヘッドにゲソを付けて、底を引いてくるかのう~

おいしい根魚ちゃんが喰い付いて来んかのう~


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

来んのう~

アピール度が足らんのか?

ならばこれでどうじゃ!





20170528015.jpg

イカのエンペラを付け、マントのようにひるがえす!

ゲソ足を2本、フラフラとたなびかせ、股間のまっすぐ上を向いた針に、貫かれるのじゃ!


名付けて、「イカ男」!



素っ裸に、マントを羽織り、いきなり 「 んばあ~ 」っとモノを出す変態をモチーフにしておる。

ほうれ! 行って来い!

ふふふ・・・イカ男を見たら、喰い付かずにはおれんじゃろう・・・ふふふ・・・






「ああっ! ひっかかったあ!」



くっ! 根がかりか!

竿をびょんこびょんこするも、ビクともしない。

おのれ~、若い針か!

真上を向いておるからのう。

中年針なら、すぐに曲がるんじゃがのう・・・

仕方がない・・・引っ張って切るか・・・



かくして、プロジェクト「イカ男」は挫折した・・・10分で。



マジメにフカセをやるか・・・

それ以降も、メジナは来ず、たまにイサキが喰うだけ。





20170528016.jpg

もうイランわ! ポイ!

最近、ぜいたくになったなと思う。

以前はイサキが釣れたら、大喜びしていたのに。

神津島へ行くようになってからだな、こんなになったのは。

あそこでは、イサキがどうしようもないエサ取りになるからのう。


マダイも釣れんし。

これでもくらえ!





20170528017.jpg

ジョボジョボ・・・・

今日はババが出ないので、これでガマンせい。

海にバスクリンを入れるがごとく、オジサマの小水を注ぎ込む。

これでオーガニックな魚が育つじゃろう。




ここから最後まで、何も釣れなかった。

やはりババコマセが必要なのか。



別荘に戻り、キープした魚を調理する。





20170528018.jpg

アイゴ(バリ)のサシミ ~ゴマ油と塩~

偽チヌ師さん、料理上手ですな~

臭みもなく、おいしいサシミですわ。





20170528019.jpg

イサキの酒蒸し焼き

これは私の担当。

ま、イサキがマズいはずがない。

安心しておいしく食べられた。

あ、偽チヌ師さんが、スズメダイを1匹キープしてたので、ついでに(^^;

食べるとこは少ないけど、スズメダイはおいしい魚なのである。


こいつらを肴に、酒を飲む。



「今日は不調でしたな。」

「ま、明日が本番ですからな。」

「神津島は、恩馳ですな?」

「あそこで外す事は、まずないでしょうな。」

「あ、氷もクーラーに入れないといけませんな。」

「たくさん釣ると、氷のスペースがなくなりますからな。」

「魚を、ぎゅうぎゅうに詰め込むんですな?」

「そんなに食いきれませんわ~」

「いや、まったく。」

「ワハハハハハ!」


暗い未来は、決して考えない中年たちであった。



応援して頂くと、書く励みになります。
下のバナーをクリックして下さると、大変うれしいです。

にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村


にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村


楽竿のホームページへジャンプ

プロフィール

楽竿作者

Author:楽竿作者
釣り歴36年だけど、磯は初心者!
房総、伊豆半島、三宅島、八丈島に出かけています。

アクセス

カテゴリ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

にほんブログ村ランキング

↑