フィッシングショー大阪2014の準備

2014.02.02(Sun)

やべえ




あと3日後には、東京を出なければならないのに、まだ準備が終わってない。


学生の頃、テスト日の朝、友人どうしで

「お前、勉強した~?」
「やばいわ、全然やってないんや~」
「俺もや~、どうしょうか~」

その実、徹夜で頑張ってたりする。


が、今回は間違いなくやってない。

にもかかわらず、釣りの計画を立てて、この土日に三宅島へ行こうと画策してた自分を、アホだと思う。
すんでのところで思いとどまったが、この発想自体が腹立たしい。

なぜいつも直前になって慌てふためくのか。

昔からそうだった。
テスト直前になると、部屋の掃除を始めたりする。
用もないのに買い物に出かけたりする。

いわゆる現実逃避である。
この土日、三宅島へ逃避していたら、間違いなく後悔するが、もし行ったら爆釣だったかも。 じゃあ、そちらの後悔も同じではないか?
などと考える自分が腹立たしい。


横浜でやった国際フィッシングショーに出展した際、朝から夕方まで、ブースで竿の上げ下ろしをやってたら、テニス肘になった。
会場を見て回りたいのに、一人だからブースをなかなか離れられない。

で、モニターで映像を流すことにした。

後ろに42インチのテレビでメインを流し、展示台の上に小さいモニターを置き、サブを流す。

これなら私がブースにいなくても大丈夫だろう。

実際は大丈夫なわけないのであるが、他のブースを遊び歩きたいがために、無理矢理そう思い込もうとしている。

その映像も、夜に映画を見ながら編集するもんだから、ほとんど進まない。

やっとできたのが、これだ。


メイン映像





サブ映像





これで一安心。

ではなく、まだ照明やら機材を整理して、車に積み込む体制が必要だ。
パネルも作らないといけない。
パンフレットなど、知り合いのプロにレイアウトを頼む予定が、時間がないので自分でワードで作り、プリントパックから昨日届いたばかりである。

「9日の夕方終わったら・・・なんだ、釣り道具全部あるやん。 どこかで釣りして帰ろ~。どこへ寄るかな~」

準備も終わってないうちから、帰り道にどこかで釣りして帰るつもりなのが怖い。

あ、今思いついた。
1日早く出れば、行きも釣りできるやんか。



にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

フィッシングショー大阪2014 準備日

2014.02.06(Thu)

夕べ東京を出て、今朝4時過ぎに大阪に入りました。
少し粉雪が舞う吹田SAで仮眠し、お昼前にインテックスに到着。
搬入口からブースまで、台車で荷物を運びこみました。




show201401001.jpg

1小間なんで、荷物も少ないから、すぐに搬入終わり。

show201401002.jpg

私の小間の目の前はサンライン、斜め向うにシマノ。
なかなかええ場所ですやん。

インテックス6号館は、A、Bの二つのゾーンに分かれてます。

show201401003.jpg

Aゾーンの入り口からのショットです。
奥にダイワが見えます。

show201401004.jpg

Bゾーンの入り口から。
中央のシマノが目に入ります。 一番奥はがまかつです。

どこも手の込んだ飾りつけしてますね~
私んとこと大違いだ(^^;
知り合いのブースと話したり、ぶらぶらと遊び歩き回ってました。

自分のブース?
荷物が少ないので、すぐ終わっちゃいました。

show201401005.jpg

飾りつけは、ほかのブースがさんざんやってくれてるので、OKでしょう(笑)
右は柱があるので、なんもない張りぼて囲い。
左は、ユニチカさんです。

夕方4時にはホテルに入り、まだ近くの居酒屋とかも開いてないので、スーパーでビール、ホットモットでかつ丼買って、食べながらブログ書いてます。
さ、風呂入って寝よ。



にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

フィッシングショー大阪2014 業者・プレス日

2014.02.07(Fri)

今日は一般公開前の、業者・プレス日です。




20140207001.jpg

開場前、大きいブースでは、朝礼をやってます。
体操してるとこもありました。
しかし、さすが大メーカーは違いますな~
シマノは6~70人くらいで朝礼やってました。 すげ~

20140207002.jpg

9時半から開会式ですが、私は外でタバコすってました(笑)

10時開場ですが、やはり大メーカーに群がってます。
パンフ入れる専用カートを引いて、ブースを総なめしてる人が歩き回ってます。
なんか「大阪やな~」って感じです(笑)

「これ、卸でなんぼになるん?」
と散々聞かれましたが、スンマセン、私、卸やってないんですわ。

それと、外国の方が多い。
特に中国、韓国の方々。
お~い、まともな通訳くらい連れて来て~
英語も通じんからわからん(^^;

それと、このブログを見てる業者さんがいたら、すんませんが、
サンプルはありません。
I have no sample よ。

20140207003.jpg

一般客がいないので、全体的に人が少ないです。
私、業者日はあまり関係ないので、タバコ吸いに行ったり、うろうろしてましたが、会場隅っこのあたりは、ほとんど人通りがなくて気の毒でした。

私のブース付近は、シマノ、サンラインさんのおかげで、結構人通りがありました。
昼飯は、机の陰に隠れてアンパンかじってました(笑)

え?外で食えって?
今日、めちゃめちゃ寒いんですよ~

「今夜から大阪、市内でも積もるらしい」とか言いながら歩いている人が多かったので、帰りの雪のことを心配したんでしょう、午後3時を過ぎると、ほとんど人がいなくなりました。
みんなブースで、内輪談義してます(笑)

うちにも知り合いの業者さんやらが来てくれましたが、こんな方も来てくれました。

20140207004.jpg

平和卓也さんです~

前回の国際フィッシングショーで、楽竿ライトに興味を持って下さり、使ってもらってたんですが、とてもいいとの評価を頂きました。

番組でメインには使えないけど(そりゃそうだ(^^;)、釣りビジョンと今度出すDVD、画面の端々に、映しといたよ、との事。
ありがたや~!
スポンサーでもないのに、ありがとうございます。

はっ! 釣りビジョン、スカパー契約しないと・・・

でも、さすがプロ。 私手製のクーラーアタッチメント試作品の簡易溶接が外れて、その現物を持って来てくれました。
使い方が私ら素人とは違うんでしょうね。
本溶接の新品を、お渡ししておきました。

午後5時に終了し、25分には、施錠するとのアナウンス。
そそくさと会場を出て、ホテルに帰ってきました。

明日から本番だ~!



にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

フィッシングショー大阪2014 一般公開初日

2014.02.08(Sat)

朝9時に開場なので、8時過ぎに到着すればいいだろうと、ゆっくり出発したら・・・

インテックス付近の道路が、激混み。
関係者に加え、来場者の車でいっぱいです。

会場に入ったのは9時15分前。
入り口には、来場者が列を作って並んでます。

寒い中、お客様を待たせるのは・・・というわけで、開場を10分早めるとアナウンスが。

まて~! まだ準備がぁ!

開場と同時に、来場者が走り込んできます。
たぶんここも、いろんなブースで、先着何名様に何かプレゼント企画があったんでしょう。

しばらくしたら、会場は人でいっぱいになりました。




20140208001.jpg

メイン通路は、シマノのモニターと、サンラインのイベントに挟まれ、通るのに一苦労。

朝一は、私のブースなんか見向きもせずに人が走り回ってます。
そんな中、来て下さった斑猫さん、ありがとうございます。
あまりお話できませんでしたね。すいません。

そのうちぽつぽつと、「なんじゃ、これは?」と、人が見に来てくれるようになりました。
実際に動かしてみると、何やらびっくりしています。
そんな中、熱心にいじって動かしている人が・・・
ちぬちゃりこさんでした(笑)

服装からして、若いあんちゃんかと思いましたよ(爆)
ご来場、ありがとうございます。

だんだんと人が寄って来るようになり、しゃべりっぱなしでノドが苦しい~
お昼すぎ、酸欠状態でブース放棄(-"-)

また会場徘徊するつもりが、どこもいっぱいでろくに見ることもできません。

ブースに帰って、5分くらい解説して、また放棄を繰り返してたのでした。

「フィッシングショー記念で、安うなるんやろ?」

さすが大阪。 もう買うつもりで、こじつけ値引き交渉をしようとします(笑)
ここでは販売できないことを説明し、丁重にお断りしました。

「どこの釣具屋で売っとるの?」

問屋、釣具屋にマージン取られるから、できるだけ安くするために、直販してることを説明したら、
「ほんなら、今日電話するから、明日送ってぇな」
いや・・・本人、大阪におるから、電話出られませんがな。

「月曜にFAX送っとくで~!」
横浜と違い、大阪人はたくましいですな。
まだ帰っとらんちゅうに。

でも、ありがたいです。
たくさんの方々にびっくりされ、興味を持っていただきました。

うれしかったのは、
「今回来た中で、最大の発見や。」
「こんなん、欲しいと思うとったんや。」
「ありそうで、なかったからな~」
「○○さんと○○さんに、このチラシ渡すから4枚もらうわ。」
などと、連れの方々とチラシを分け合う姿でした。

自分の創ったものを、人が喜ぶ姿、一番うれしいです。
自分たちのグループ分のチラシを持ってってくれた来場者の方もいました。

磯上物、底物、紀州釣りの方々が多かったですが、ヤエンの方も多かったです。

上物のご夫婦では、やはり奥様が欲しそうでした。
磯で竿を持ちっぱなしなのは、疲れてイヤだというのと、タモ上げの際、脚に竿を挟んで上げるのは怖いという理由で、まったく私と同じでした。

流してる映像を見て、こんな釣り方見たことない、と何人にも言われたので、新鮮だったんでしょう、きっと。

まあ、ほんとに使ってくれるかどうかわかりませんが、楽しい一日でした。

明日の最終日、また楽しめるといいなと思いつつ、雪で帰りの釣りができるかどうかの方が心配だったりします。



にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

02月10日 南伊豆 入間 君掛

2014.02.12(Wed)

9日はフィッシングショー大阪の最終日、会場は8日よりもたくさんの人々であふれました。

てるさん、差し入れありがとうございました。ほとんどブースを離れられなかったので、机の陰に隠れては、つまみ食いしてました(笑)




ショーも無事に終わり、てるさんに教えてもらった近くのTポートというエサ屋に行きます。

付けエサが安!

マルキューのV9、スーパーハードなんかが1パック360円!
関東では、450円前後なのに、なんでこんな値段?

配合エサも、まあまあ安いな・・・ん?表示価格からさらに20%オフ?
まとめ買いしましたがな(笑)

夜7時すぎに大阪を出発。高速道路をひた走り、沼津で降り、伊豆半島を南下します。
途中から雪が積もった道をゆっくりと走り、天城峠を抜けて入間に着いたのは午前3時過ぎ。

8時間かかりました。
車の中で2時間半眠り、起きたら小雨。
駐車場には、他に車がありません。 今日はお客なし?

日吉丸の船長が出てきて、「今日は入間、貸し切りだよ~、どこに乗る?」

6時半に出船、船長が潮を見ながら、いくつか候補を回ります。
で、乗ったことない君掛にしました。
今日の潮なら、加賀根で型物が出そうだと船長が言ってましたが、まあ、初めての場所もいいだろうという事で。

少しうねりがあるけど、風も弱くて釣りやすそうです。
足場がよくなかなか広いけど、沖向きには2人、陸向きは横にサラシが思いっきり流れてるので、1人しかできません。
もっと乗れる場所だけど、今日の状況だと、快適なのは3人まででしょう。

だ~れもいない入間の磯に1人です。気持ちいい~!

まず沖向きのチャカ場横に釣り座を構えます。

20140210001.jpg

目の前、竿1本ほどの距離で、すぐにアタリがあります。
軽いので小型だな~と寄せると、足元でもがきます。頑張るじゃないか。
抜き上げると、ん?

足裏サイズの尾長ですが、尾付近の両側が傷ついてます。

20140210002.jpg

おわ! 歯形だ!
何かでかい魚が喰いついた跡です。 血が出てるし。
一瞬喰われたから、足元で頑張ったように感じたのか。
岩に当ててもないし、根に潜ったのでもないから、間違いなく魚の歯の跡です。
今付いたばかりの傷跡。

何の魚だろう・・・モロコってこんな歯あったっけ? サメか?このあたりじゃ聞かないけど。

左の切れ込みや、足元からサラシが沖に出てるので、その回りを探ると、吸い込み口がたくさんあります。
どこに入れるか迷います。
だって、どこでも釣れるから(笑)
ただ型がどれも小さい。 全部尾長です。

あと、これが湧いてきました。

20140210003.jpg

オセンや~

船長が陸向きもいいよと言ってたので、ちょっとやってみます。

20140210004.jpg

左からど~ん!と、でかいサラシが右に流れるので、仕掛けがあっと言う間に右に~

ウキがあてにならないので、竿先でアタリを取るしかないですな。

楽竿ライトに竿をかけたまま手を置いて、ラインを張りながら流してると、すぐにダイレクトなアタリが手に来ます。
アワセると、小型の尾長。
連続して同サイズの口太。

20140210005.jpg

フィッシングショー大阪で来場者と話してると、楽竿を使った釣りは、どうもウキを見て釣る方法しかできないと思っているみたい。

そうじゃなく、もちろんウキに頼った釣り方は楽でいいけど、ライン張って竿先でアタリ取ることもできるんだよ~、って事を証明するために、一応動画を貼っておきます。
ラインを張って中指で出しながら、手に来るアタリを取ってアワセてます。



面白いけど、サラシとともに波しぶきが上がって、全身にかぶります。
靴がぐちゅぐちゅになったので、この場所はヤメです。

20140210006.jpg

再び沖向きに戻りました。

そこかしこで釣れるんですが、どれも尾長。
ガン玉打って、仕掛けを立てると、それ以降釣れるのが、口太ばかりになりました。

わかりやすっ!

20140210007.jpg

でもほとんどこのサイズ。
あっちゃこっちゃふらふらと仕掛け入れるから、でかいの釣れんのかな。

人が見えない場所で一人海に向かうのは、何とも言えない良い気分。
ピーヒョロ~ってトンビが鳴いてます。

雨もやんで日が差し、昨日までの環境とは全く違い、とってものどか。


ピーヒョロ~ピーヒョロ~ヒョロヒョロ~


なんかたくさんいるようだな・・・ハッ!

ダッシュで後ろのくぼみに行くと、ない!俺の口太ちゃんがぁ!

30センチ超えたのを5枚、浅~い水たまりに横にしてたのが、トンビに全部さらわれました(´゚д゚`)

持って帰るなということか。

それ以降、全部リリースしました。
40が釣れたら持って帰ろうと思いましたが、30前後のばかりしか来なかったので、お土産なしです。

午後2時に上がりました。

船長とダベって入間を出発。
さすがに眠くて、途中、車の中で爆睡。
東京に帰ったのは夜中でした。

久々の釣りは楽しかった~!



にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

雪の東京

2014.02.15(Sat)

今朝外に出てみると、おお~、すごい積雪。




2014021501.jpg

強い雨に変わってますが、ほどなくしてやみ、10時すぎに家を出ます。
普通の靴じゃ、びちゃびちゃになるので、長靴です(笑)

今日は世界らん展の初日。
東京ドームに向かいます。

2014021502.jpg

お昼過ぎの講演をやりました。
フィッシングショーで言えば、オフィシャルのトークみたいな感じでしょうか。

しかし、今日は来場者が少ない!
こんなに人が少ないのは、らん展始まって以来じゃないでしょうか。

まあ、この雪じゃ、出て来られないでしょうね。
高速道路も全部通行止めだし。

2014021503.jpg

井上 侑ちゃんのCDをアリーナ内で販売してたので、サインしてもらいました~

2014021504.jpg

ツーショット~!(笑)

夕方、講演料を握りしめ、渋谷のサンスイへゴ~!

サンスイの店員さん、こないだ八丈島でご一緒したので、しばし歓談。

その後、同じく渋谷の上州屋へハシゴし、小物を買ってきました。

2014021505.jpg

私は、シマノのコア・ゼロ・ピットを使用してるので、各号を補充です。
近所ではあんまり売ってないので、渋谷は時々お参りしています。

ゲイルバードとグラウンドブレーカー、欲し~な~
アテンダー2とどっちがいいかな。
悩んでる時が一番楽しい(^O^)/



にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

ひしゃくのカップ交換

2014.02.17(Mon)

現在、ひしゃくを3本持っています。




20140217001.jpg

上からダイワ62センチ、キザクラ68センチ、がまかつ80センチです。
どれも特売で、がまかつが3,100円で一番高かったような気がします(笑)

長尺=遠投

という事を聞きますが、私にとっては違います。

長尺=楽

というものです。

20140217000.jpg

手のすぐ横にグリップが来るので、かがまなくてもいいという、理由です。
ウキやラインから目を離したくない場合も、手を横にすればすぐにグリップが触って、見なくてもコマセを撒けます。
遠いとこをウキが流れてる場合も、ちょっと目を離すと、ウキを見失うので重宝してます。

本来の用途とは違いますが、快適性を追求する私にとっては、これでいいのです。
竿を振るより、ひしゃくを振る回数の方が圧倒的に多いので、いちいちかがむのはイヤなのです。
疲れるし(^^;

まあそんな事は人それぞれ、一昨日上州屋でベルモントのチタンカップを買いました。
別に今のままでもいいんですが、きれいなカップを見て、交換したくなっただけです。
Sサイズの12.5 ml、レインボーカラー。

がまかつの、まっきーなに取り付ける事にします。

20140217002.jpg

ゴールドもありましたが、高いのと、こちらの方が色がいやらしいので、こっちにしました。

20140217003.jpg

径が合わなかったらまずいので、一応測ります。 ん、OK。

ほんとは違う交換方法なんでしょうが、私は知らないので、我流でやります。

20140217004.jpg

付いてる樹脂カップを、普通のハンダゴテよりも熱容量の大きいやつで融かし取ります。

20140217005.jpg

あ~あ、もう後戻りできないよ。

20140217006.jpg

柄についた樹脂も、こそげ取ります。

20140217007.jpg

やすりできれいに削り取ります。

20140217008.jpg

チタンカップの方が、差込口が短いですね~

20140217009.jpg

その分を切断。 金属と違ってカーボンだから瞬切です。

20140217010.jpg

ちょっとゆるいので、巻き替えで捨てるPEラインを、巻き巻きします。

20140217011.jpg

ゼリー瞬間接着剤とどっちにするか迷いましたが、こちらのG17ボンドにします。

20140217012.jpg

おお、いやらしい色の、がまかつヒシャクになりました(^O^)/

20140217013.jpg

2センチほど短くなりましたが、長尺のがまかつスペシャルだ~
何がスペシャルかは問わない事。

マッキーナが3,100円、カップが2,400円、しめて5,500円なり。

早く振りたいけど、この雪じゃ、当分無理ですな。



にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

防水竿袋の製作

2014.02.20(Thu)

バイクで釣りに行く時、普通の竿ケースでは大きくて積むのが困難。

これまでは、白いシーツで作ったお手製の竿袋を使っていました。
余分な空間ができないので、スリムでバイクに積みやすい。
が、欠点が一つ。

磯でしぶきや雨に濡れた場合、竿の出し入れがしにくい!

で、防水竿袋を作ることにしました。

材料は、もう古くて使わなくなったテントの、グランドシート部分。
床ですな。
ゴム引きの丈夫な素材で、完全防水です。
これを竿より少し長く、長方形に切り取ります。
捨てるテントなんで、全然もったいなくありません。




20140219001.jpg

巻き替えで捨てる糸を使って、縫う事にします。

20140219002.jpg

今日はナイロンよりもPEの気分。 これを使います。
・・・端がわからん・・・適当に切り取って使いましょう。
これも捨てるやつなんで、もったいなくありません(笑)

20140219003.jpg

長辺の端から縫って行きます。

20140219004.jpg

長い~・・・途中で切れてもいいように、時々結んで節を作って行きます。

日が落ちてからやってるんで、作業部屋が寒い・・・が、裁縫に集中してるので、手先はぽかぽか。

そういえば、自分の部屋も、作業部屋も、この冬一度も暖房入れてないな~
寒くても着込めば暖かいし。
雨風をしのげれば、暖房なんか要らんだろう。
床暖の居間に下りていくと、暑くて汗が出てくるから、俺は耐寒ボデーか?
などとくだらん事を考えながら縫って行きます。

底部分はちょっと念入りに縫います。 針を入れる間隔を短く。

20140219005.jpg

縫い終わり~!

20140219006.jpg

裏表をひっくり返して、縫い目を見えなくします。

ハトメを入れていきます。
なんでこんなの持ってたんだろう。 使ったことないよなぁ。

20140219007.jpg

適当に入れたけど、なかなか真っ直ぐに見えますな。

20140219008.jpg

靴ひもを通して出来上がり!

20140219009.jpg

竿2本、タモの柄、ちゃらんぼ2本を入れます。

20140219010.jpg

ええやん・・・防水竿袋の完成じゃ!

20140219011.jpg

これにヒシャク2本を竿バンドで止めて、準備完了!

さて、明日伊豆に向かって走ろうかな~



にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

2月21日 南伊豆 入間 赤島ハナレ

2014.02.22(Sat)

20日の午後3時半ごろ、家をバイクで出発。
首都高、東名高速を走る。




20140221001.jpg

海老名S.A.
おい・・・バイク置場は雪捨て場じゃないぞ・・・

伊豆半島に入り、しばらくするともう真っ暗。
暗くなると、途端に温度が下がってきた。気温5度。
まだ路肩には雪が残ってる場所もある。 そりゃ寒いわな。

20140221002.jpg

コンビニで今夜のつまみと明日の朝食を買い、コーヒーとピザまんを食べて、午後8時半ごろ、入間荘に到着。
テントにするか素泊まりにするか迷ったが、まだ路面に雪が残ってるか、路肩の雪が昼間融けて路面が濡れ、明け方凍結したら恐いので入間荘で泊まることにした。
入間の駐車場にテント張ろうかと一瞬思ったが、ちょっと恥ずかしいのでヤメた(^^;

20140221003.jpg

1階の日吉丸待合所に、バイクから降ろした荷物を広げる。
明日の準備、荷物の整理をして、部屋に上がった。

20140221004.jpg

ビールとつまみでくつろぎ、さっさと就寝。

翌朝5時頃起き、カップヌードルの朝飯。
6時半出船だ。

日吉丸の渡船客は、私を含め3人。
少ないですな。

20140221005.jpg

赤島のハナレに乗せてもらった。
船の水温計で14度。 低いな~

とりあえず目の前を左に流れる潮に乗せて、左の沈み根に流すと、すぐに来た。

20140221006.jpg

30センチ強の、口太。
こりゃ幸先がいいな。

が、すぐに腹が痛くなってきた・・・
だが、すぐ後ろの赤島に、他の渡船客がいる。

およそハナレという場所ほど、見通しのいい場所はない。
もともと小さく、中心となる磯からちょこっと離れているから、ハナレなのである。

隠れる所がねえ!

こちらが潮上だから、ハナレの横から垂れ流すと、彼の目の前に漂う事になるだろう。
ならば、逆に流れているハナレ沖向きに流すしかない。
が、彼に顔を向けてしゃがみ、じっとしているのは、彼にしてみれば、ババしながら睨み付けられている格好になる。
それ以前に丸見えではないか。
バッカンと磯バックを積んで体をかくし、その上から顔だけ出してみるか?
いや、それは見る方からすると、ただの変態ではないか。
などと、押し寄せては引いてゆく、その波状攻撃に、脚を交差させながら、ただひたすら耐えるのみである。

と、そこへ彼の渡船がやってきた。
なんと、早々に磯替えだ。 後ろを向いて釣ってたのでわからなかったが、どうもあまりよくないらしい。
彼を乗せ、もと来た方角に去って行った。

今だっ!
波が上がって来ないのを確認し、一気に爆発させる。

思わず声が出るほどの天国だった。

バケツで海水を流すと、きれいに流れ落ちてゆく。

服装を元に戻し、幸せ気分で釣りを再開して、はっと気が付いた。

沈み根の方に、コマセと一緒に流れているではないか!

しばらく右の方のサラシに乗せて流すことにする。

ウキは沈むが、全く針がかりしない。
足元に入れても波が返すために、10秒に竿1本ほどのペースで沖へ離れてしまう。
ガン玉を打ってみるが、2Bごときでは歯が立たない。

あきらめて左の沈み根に向けて流すことにした。
もう大丈夫だろう。

20140221007.jpg

こんなのが来るし。

その後、ほとんどウキが動かず、エサも取られない。
やはりババがいけなかったか。

ゆら~っとウキが沈むので、竿を上げたら、重いではないか。
ブダイだった。
しかしタモが重い。 40センチほどあるようだ。

これはいいお土産ができたなと喜んでたら、落として逃げられてしまった。

20140221008.jpg

ビデオ回してたので、その切り取り画像だ。
落とした瞬間である。

え?服装?
今日は珍しく赤の気分だ。

その後、タナを浅くしても深くしても、仕掛けを軽くしても重くしても、な~んにも来ない。
木端尾長が1枚釣れただけで、終了間際に、サラシの合間をくぐって、足元に入れたら、朝一と同サイズの口太が釣れたのみであった。

20140221009.jpg

午後2時、赤島を後にする。

今日は入間に来て、一番釣れなかった日かもしれない。
でも、釣りに来るだけでも楽しい。
これだけ釣れなかったんだから、次はもっと楽しめるだろう!

で、帰りである。
午後3時、上下をダウンに包み、ライダージャケット・パンツをはいて、寒くならないうちに出発した。

午後7時ごろ、高速道路に乗った時には、気温5度。
時速100キロで、この寒い風を受けて走ると、バイク用ウェアーのありがたさがよくわかる。
風を全く通さず、分厚いプロテクター部分の内側は寒さを感じない。
しかし30分も走ると、いかに専用ウエァーと言えども、手足が冷えてくる。

帰りも海老名S.A.で休憩。

20140221010.jpg

しばらく雪は消えそうにありませんな。

首都高に入り、大橋ジャンクションから地下トンネルに入る。
外気温計が、なんと21度を示す。
あったけ~!
外との気温差16度!

途中、事故渋滞していたが、バイクはこんな時便利である。

西池袋で出ると、途端に寒さが。
ずっと寒いままの方がいいかもしれない・・・

今回の走行距離:437.7キロメートル
ガソリン:10.05リットル、1,543円
燃費:43.6Km/l

素泊まりしても、車で行くよりずっと安かった。



にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

あきば

2014.02.24(Mon)

23日(日)のお昼頃、東京ドームをちょっと抜け出して、ビデオカメラを買いに秋葉原にやってきました。

昔はよく来てたんですが、最近はあまり寄ってなかったんで、街の風景が変わってしまってビックリです。

表通りもだいぶ様変わりしています。
昔はパソコンや家電の宣伝ばかりだったのが、美少女系のアニメっぽいキャラであふれてます。




20140223001.jpg

AKB48劇場って、ここにあったのか。

裏路地に入ると、また雰囲気はピンク。

20140223002.jpg

閉まったシャッターにもキャラクター。

20140223003.jpg

このビルは全部こんな感じ・・・

20140223004.jpg

なにやら怪しい感じの店・・・(-_-;)

20140223005.jpg

お腹もすいたし、看板が面白いので、ここで昼飯を食べる事にしました。

20140223006.jpg

普通のナポリタンですが、300gもあります。 大盛りも同じ値段(650円)だけど、絶対残すと思ったんで、一番小さいやつです。
それにしても、ナポリタンに味噌汁・・・感覚がずれてないか?
これが今のアキバ感覚なのか?

回りの客を見ると、メガネにリュックという、オタク系が多い・・・
男なら荒磯に立たんかっ!

20140223007.jpg

通りにはメイドか、アニメキャラクターのカッコをした女の子たちが、ちらしを配ってます。

普通に電気関係のお店もあるので、メモリーカードを買ってたら、上から声が。

20140223008.jpg

2階からメイドが呼んでまっせ~(笑)

20140223009.jpg

私は昔からのこういう風景がええですわ。
狭い路地に、小さなお店が、抵抗やコンデンサー、コイルを売ってた時代が懐かしい。

今回は全部スマホで写真を撮ったけど、カメラで「アキバ」を取りまくるのも面白そうですな。

ハッ! それをすれば私もオタク仲間に・・・



にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

生まれ変わった背負子3号

2014.02.27(Thu)

前回、Oっchanさん、おいしーさんと東伊豆の地磯へ釣行した際、背負子3号のベルトが破損してしまった。




20140227001.jpg

その時は、このように結んで急場をしのいだが、このままではいけない。
ネット通販で3,000円ほどの安物であるから、仕方がないとも言えるが、修理しなければならない。
が、付属のベルトはなんだか頼りない。
安物であるから、幅も狭いし、縫い目もお粗末だ。

地磯へ行く時、行きはコマセだけで10kgを超える。
少しの距離であればいいが、長時間歩く所もある。

肩は痛くなるし、釣りをする前に疲れてしまう。
これではイカん。

快適さを追求する私にとって、見過ごせない問題である。

そこで気が付いたのが、山用ザック。

1999年に購入した、古いミレーのザックがある。 これは私の体に合っているし、ウエストベルトもしっかりしている。
腰に重さをかけられるので、肩も痛くなりにくい。
ベルトの調整も細かに効く。

20140227002.jpg

これをフレームに合わせると、なんとか行けそうだ。

20140227003.jpg

ちょうどいい具合に組み合わせることができそうだ。

20140227004.jpg

かなりの重量がかかるため、もう20年ほど前の、使っていない極太PEラインを使用する。
以前、堤防でマダコを釣り上げていた時に、使用していたものである。

20140227005.jpg

ザックの表を切り取る。
長年使用してきた物なので、ちょっと寂しい気もしたが、新しく生まれ変わるのだ!

20140227006.jpg

位置調整をしながら、縫って行く。
ラインだけではなく、ベルトも使用して、強度を上げていく。

しわにならないよう、テンションをかけながら縫い合わせていくのが、コツだ。

20140227007.jpg

縫い終わったら、余分な布地を切り取る。

20140227008.jpg

竿受け袋を、両側下に縫い付ける。

20140227009.jpg

背負子に付属していたプラバックルは、強度が弱くて、釣行時に一つ折れてしまった。
頼りないので、これもミレーから切り取り、使用する。

20140227010.jpg

荷物を固定するベルトの製作だ。
縫うべし!

20140227011.jpg

縫うべし!

20140227012.jpg

縫いまくるべし!

20140227013.jpg

でけた~っ!

20140227014.jpg

世界に一つ、ミレーの背負子だっ!

20140227015.jpg

実際に荷造りすると、こんな感じである。

重しを入れて背負い、庭でスキップしてみたが、快適である。

もちろん、通りに人がいない時である。
駐車場で変なものを背負ったおっさんがスキップしている光景など、絶対に見られてはならない。

これで次回の地磯釣行は快適なものになるだろう。



にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

プロフィール

楽竿作者

Author:楽竿作者
釣り歴36年だけど、磯は初心者!
房総、伊豆半島、三宅島、八丈島に出かけています。

アクセス

カテゴリ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

にほんブログ村ランキング

↑