2015年 元旦 こんぴらさん

2015.01.03(Sat)

一年の計は元旦にあり。
今日は真面目に書かねばならぬ。
いや、いつも真面目に書いているつもりなのだが、「楽しく生きないと損だ!」と思っているので、ついつい表現が変な方向に向かいがちだ。

ブログとは、日記のようなもの。
毎日書くのはしんどいが、時々印象に残った事を書き綴っているつもりである。

さて、年末から帰省している。
昨年、祖母が亡くなったため、年賀の挨拶はできないし、初詣もしない。
が、それでは正月にどこへも行けずヒマなので、「観光」と称して金刀比羅宮に出かけた。
こんぴらさんである。




20150101001.jpg

地元なので昔から何度も行っているが、実家から琴平電鉄に乗って、終点の琴平で降りた。
田舎は自動車が生活の足であり、電車は空いている。

20150101002.jpg

駅を出ると鳥居がある。
ここから参道まで歩いていると、そこらじゅうに変なポスターが貼ってある。

20150101003.jpg

なんだ、このイラストは。
子供のいたずら書きか?

「笑顔元気くん」
というらしい。
絵のうまい人であろうが、有名な人であろうが、私にはただのいたずら書きにしか見えない。
後で調べたら、宮司が書いたそうな。
ゆるキャラのつもりか?

20150101004.jpg

ここの階段は、その段数の多さで有名だ。
何段かは忘れたが、登り切った頃には汗が流れる。
が、今年は暖かくなった程度だった。

磯歩きで鍛えられたか?
と思ったが、粉雪が舞う事もあるほど寒かったのでそのせいか。

こんぴらさんは、子供の頃から何度も訪れたが、細かい所は今まであまりよく見てなかった。

20150101005.jpg

絵馬を奉納する場所に、船の写真がたくさん飾ってある。

海上交通の守り神として有名なこんぴらさんならではであろう。

商船や漁船の写真の中に、こんなのもあった。

20150101006.jpg

海上自衛隊も、ここにお参りしてるのね。

20150101007.jpg

勇ましいやんか。

20150101008.jpg

潜水艦もあるでよ(笑)

他に護衛艦なんかの写真も奉納されていたが、三菱が船舶用エンジンの写真を奉納していたな・・・あれは宣伝のような気もするが・・・



私がお願いしたのは、もちろん「家内安全」と「今年は爆釣しますように!」

ふふ。

あっ! これを書きながら大変なことに気付いてしまった!


「魚種を指定していない。」


ぬかったわ。
これではゴンズイを爆釣するかもしれんではないか・・・昨年のように・・・


20150101009.jpg

帰りは参道入り口付近のうどん屋に寄った。


20150101010.jpg

子供の頃は、街中のうどん屋でもこんな光景がよく見られたものだ。
最近では、少数になってしまったな・・・

20150101011.jpg

正月は紅白のうどんになっていた。

食べなれた味ではないが、まあまあうまかった。

ここのところ、天候がだいぶ荒れている。
東京に帰った頃に、穏やかになるかな。

5~7日が空いている。
今年の初釣りは、どこにするかな~




にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

01月06日 初釣り未遂

2015.01.09(Fri)

天気が良くないようだ。

予報では、明日の6日、南西の強風20m。
午後は雨も降るらしい。
だがなんとか午前中なら竿を出せるだろう。

伊豆七島は、船が着岸しないかもしれないので、近場の房総半島へ行く事にした。

わざわざこんな天気の日に行かなくても、という気もするが、明日明後日しか連日で空いている日がない。
何より、釣りに行きたくて仕方がないのだ。

というわけで、5日の午後11時頃に家を出発した。

今回は車で行く。
暴風と雨がわかっており、2泊するのでバイクとテントはキツイ。

途中でオキアミを買い、大房岬の駐車場に入ったのは午前2時。
ここから釣り場までは徒歩だ。

ふふ、今から入ってもいいが、ちょっと寝ておくか。
ビールを飲んでくつろぎ、スマホの目覚ましを6時にセットする。

風がだんだん強くなる予報だから、午前中が勝負だ。

後部の寝袋に潜り込んで仮眠をとった。










目が覚めたら、10時半であった。




20150106001.jpg

7時間半も寝てしまったではないか!
午前中が勝負だと言ったのは誰だ!

外は強風がごうごうと音を立てて、木々を揺らしている。
あかん・・・もう無理や・・・

せめて釣り場を見に行くか。

気温は高めだが風で冷えるため、ダウンジャケットを羽織り、歩き出す。

高い場所なので、木々の間から時々海を見下ろせる。

20150106002.jpg

北ケイセン(富浦新港)だ。
昨年、ここで「気さくなダンゴ師さん」と出会ったのだったな・・・
この大房岬の風裏に位置し、まともには当たらないが、巻いているようだ。
2~3人の釣り人が見える。

20150106003.jpg

ほどなく、明神崎の入り口に来た。
ここから下って行くと、今日やるはずだった釣り場に着く。

20150106004.jpg

左から風が吹いており、この陰から竿を出すつもりだった。
案の定、岩壁で風が遮られ、快適な空間ができている。

しかしものすごい風だ。
岩壁から少しでも出ると、真っ直ぐに立っていられない。

20150106005.jpg

ここからサメ島が見えるが、波は高くないものの、しぶきで覆われている。

20150106006.jpg

目の前沖に、こじんまりと漂っているのは、富浦のイカダだろうか。
今年はぜひ、ここにチャレンジしてみたい。


まだこれから風が強くなり、さらに雨まで加わる予報なので、今日は釣りをあきらめた。

駐車場への帰り、ちょっと道を外すと、こんなのがある。

20150106007.jpg

防空壕か弾薬庫跡かな。
以前、見学できるとこを見回った事があるが、ここは解放されていないようだ。

20150106008.jpg

とても夜には近づきたくないとこである。
昼でも、中を覗く勇気がない。


車まで戻り、さて、今日はどうするか・・・
明日は天候も回復に向かうようなので、下見しとくか。


20150106009.jpg

南房総に来ると、風で海が荒れている。
雨も降りだした。

20150106010.jpg

白浜の宝莱島だ。
一番高いとこまで波が来ている。

うろうろと何か所か見て歩いたが、どこも釣りができるような状況ではなく、誰も竿を出していなかった。
まあ当然か・・・
磯に立ったら、瞬殺だわ。


予報では明日の風向きは今日と真逆。
波も収まるのではないか。

では南房総で竿を出すか。

館山に戻り、スーパーで買い物をしてから、道の駅で車中泊をする。


20150106011.jpg

雨も止んだし、明日はがんばろう!


20150106012.jpg

すでにオキアミブロックは完全解凍されているので、ここで配合粉とマゼマゼしておく。
明日着る服も広げ、すぐに釣りに出られるよう準備をする。


20150106013.jpg

DVDを観ながら、晩酌である。
アオリイカの刺身と、握りずしだ。

これをビールとワンカップで楽しむ。
一人宴会だ。
そう、明日に延期となった初釣りの前祝いである。

だいたい、こんなことをするとロクなことはないのだが、すでに今日は釣り場まで来て寝過すという愚かなことをしてしまった。
年末の納竿日も、寝過した。

だが酒を飲んで、午後8時に寝れば、どんなにお寝坊さんでも起きられるだろう。


20150106014.jpg

後部シートの片側をフラットにして、フトンを下に敷き、ダウン寝袋で寝る。
快適すぎて熟睡するのがマズイのか?

まあいい。
どうせこの歳になれば、8時間は寝られん。
目覚ましは午前5時にセットしておこう。

明日の爆釣を夢見るとするか。
おやすみなさい。




にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

01月07日 房総半島 初釣り

2015.01.13(Tue)

朝5時に起きた。

エンジンを切った車の中は寒いが、よく寝た今日の体は絶好調だ。
顔を洗い、さっそく今日の釣り場へ向かう。

まだ暗いが風もほとんどない。
波音だけが聞こえる。

どど~ん・・・音がデカくないかい?

夜が明けて海が見えるようになって愕然とした。




20150107001.jpg

入ったら死ぬ・・・

まだうねりが残っているのか。
仕方なく、別の場所を探す。

20150107002.jpg

だが、付近は全滅。

どうするか迷っている間も、どんどん時間が過ぎてゆく。

いかん。
初釣りのゴールデンタイムがなくなる。

とにかく波が来ないとこを探す。

20150107003.jpg

めちゃ遠浅の、トチの入江という場所に来た。

車からすぐの場所で、初めて入るが、沖からの岩礁帯のおかげで、ここまでは波が来ない。
沖から続いている溝を狙うと、地磯ガイドに書いてあった。

20150107004.jpg

水温12.4度・・・冷たい。
低すぎて魚が喰わん予感が・・・

20150107005.jpg

ほら~、もう9時半になるではないか~

20150107006.jpg

とりあえず、今年初の竿出しである。

・・・・・・・・・

辺りにはだれもいない。
水深も浅い。
アタリも来ない。
魚もいない。

ないないづくしではないか!
しばらく我慢をしてコマセを撒き続けていると、やっとウキが沈んだ。



20150107007.jpg

これが俺の初ウオかいっ!

目の前が真っ暗になりながらも、続ける事2時間。
付けエサがそのまま帰って来るむなしさに負けた。

もうやめよう・・・

今年の初釣りは、昨日から失敗続き。
さんざんな釣行に、気分も沈む。

重い足を引きずりながら竿と磯バッグ、4分の3が残ったコマセバッカンを、汗だくになって車まで持ち帰る。

荷物を車に積み込んでると、「ぶにゃっ」と、何かを踏んだ。



20150107008.jpg



イヌのフンではないか!

うおおお~ん!

もうお家に帰る~!


スパイクブーツを潮溜まりでバチャバチャ洗っていると、正午の町内放送だろうか、エーデルワイスが流れてきた。

とどめを刺された気分である。



運転しながら、考える。


フグ1匹。
今年の初釣りを、これで終わらせていいのか?
南向きがダメなら、北向きはどうだ。
でも今からじゃなぁ・・・
いや、このまま帰ったら、後悔するだろう。
お先真っ暗ではないか。

と、傷口を広げるかもしれない事など考えずに、別の場所で竿を出すことにした。
もう、失うものなど何もない!


20150107009.jpg

洲崎に来た。
弥平駐車場に車を停め、背負子を担いで磯に下りる。


20150107010.jpg

少しうねりが残っているが、波が上がって来ない場所から竿を出した。


20150107011.jpg

午後1時40分、釣りを再開。

目の前を潮が払い出し、沖に流れる道が出来ている。

おお、これに仕掛けを流せば、お魚ちゃんに届くに違いない。


・・・流す・・・流す・・・

・・・エサ残る・・・エサ残る・・・


やはりダメか。
ハリスを細くしたり、針を変えたり、ガン玉付けたり、水中ウキ付けたり・・・もがきまくるも、何も来ない。


あきらめかけたその時!
喰った~!


20150107012.jpg

今年初めてのタモ入れである。



20150107013.jpg

おボラ様であった・・・

今年もこれに悩まされるのか・・・

フグとボラ・・・マンガのような最悪の初釣りだ。
セットにして、誰かにプレゼントしたい・・・


帰ろうかと思ったが、まだ3時だ。
あきらめるのは早い。


20150107014.jpg

潮も上がって来たので、右に移動して釣りを続ける。

手前の横に走る溝を狙うと、海草にひっかかり、こんなのも来る。


20150107015.jpg

もっと大きくなってから来んか!

その向うの横溝を流してると、やっと竿先を持って行かれた。


20150107016.jpg

うおお~!
やっと釣れた!
久々の引きだった・・・涙が出そうになる。


20150107017.jpg

39センチ。
40には届かなかったが、今日の地磯では十分であろう。


20150107018.jpg

その後しばらくして、ここも潮が上がって来たので納竿とする。


20150107019.jpg

30センチを1枚追加して、今日のお持ち帰りは、この2枚。

昼であきらめなくてよかった・・・
たった2枚ではあるが、執念の2枚となった。

景色を楽しみながらゆっくりと片付けをしていたら、暗くなってしまった。


20150107020.jpg

余ったコマセは持ち帰って冷凍するため、帰りの荷物はあまり軽くならなかった。

車に戻り、運転しながら、何度も大きくため息をついた。


今年は、粘りの釣りをせよ。
そういう事かと思いながら、帰路に着いたのである。



にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

01月11日 南房総 白浜沖磯 江ノ島ハナレ

2015.01.19(Mon)

白浜は何度も行ったが沖磯は、勝丸で長島に乗った事しかない。

白浜渡船に乗る機会はなかったのだが、近所のT君に釣れてってもらう事になった。

午前0時半、私の車で迎えに行き、二人で房総に向かう。

富浦で高速を降り、マリンスポット釣吉でT君が予約してくれていたコマセを受け取る。
ここで配合粉とマゼマゼして、バッカンに入れて準備オーケー。

さらに南へ走り、白浜渡船の駐車場でダベりながら受付を待つ。
4時過ぎに受付をして、小戸港で身支度。




20150111001.jpg

午前6時半頃に出船、沖磯へ向かう。
我々二人は、江ノ島ハナレに乗った。

私は初めてなので、足繁く通っているT君に全てお任せである。

今日は午後から、西よりの強風が予報されているため、早上がりになるかもしれないと言う。

20150111002.jpg

水温は14.8度。
低いけど、適度にうねりもあって、回りはサラシだらけである。

20150111003.jpg

とてもいい景色と雰囲気の中、準備を進めた。


20150111004.jpg

私がもたもたしているうちに、T君はどんどん釣り上げる。
小物の動きが活発らしい・・・


コマセを撒くと、白いサラシの中を、黒い魚体が走りまくる。


20150111005.jpg

こんなやつらが(-_-;)

T君が底の様子やポイントを細かく教えてくれる。
そこかしこにサラシが発生してるので、ねらい目だらけである。

ぽつぽつと小型が釣れ続けるが、ガマンして続けていると、少しづつサイズアップしてきた。

二人で、「そろそろええ型が出そうですな~」とワクワクしてると・・・

10時過ぎに船長が渡船でやって来て、撤収との事。

これからがええ時間やのに~!

どうやら強風が迫って来ているらしい。
サメ島の渡船客を迎えに寄ると、根の向うから波が乗り越えて、船にまで入ってきた。

潮溜まり状態の船で港まで帰る。
靴の中がびしょ濡れになってしまったが、車なので替えの靴下やブーツもある。

二人とも不完全燃焼なので、どこか入れる地磯を探す事にした。
まだ午前11時なのだ。


西からの風なので、鴨川に向けて走った方がいいだろうとT君が言うので、北東に向けて海岸線を走る。

私はこの辺をよく知らないので、お任せである。

で、あまり走り回っても時間が無くなるので、サイノカワラ下という場所に来た。

20150111006.jpg

遠浅の砂地にある、磯場だ。

T君に概略を説明してもらい、私は低い場所に釣り座を取る。

20150111007.jpg

よく晴れて風も弱く、ぽかぽかと暖かい。

仕掛けを放り込むと、あれ?
針がない。

結び直して放り込むと、また針がない。

これは・・・糸を張ってコツンと来るのをアワセると、上がって来たのは、やはりフグだった・・・

「急に気圧が下がりました! ヤバイかもです!」
プロトレックの腕時計をしているT君が警告。

少しすると、だんだんとうねりが出て来て、風も強くなってきた。

竿を出したばかりだったが、安全なうちに撤収する事に。


二人で残念がったが、こればかりは仕方がない。

今日はこれで納竿とした。



帰りにコンビニに寄り、T君が運転する私に買ってくれた。

20150111008.jpg

眠くならないようにとの配慮である。

初めて飲むメガシャキだ。

「活性持続」

こ、これは!


20150111009.jpg

「活性を高める!」

グレにこれだ!

同じではないか!

そうか、眠くてボケているグレを叩き起こし、元気にするというものだったのか!

今度、喰いが悪いときに使ってみるか。



というわけで、活性剤で休みなく走った我々は、明るいうちに帰宅したのであった。

初めての白浜渡船だったが、ええ沖磯ですな~



にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

新年会

2015.01.25(Sun)

夕べは、東京磯釣倶楽部、略して「東磯」の新年会だった。




20150124001.jpg

1年に一度の総会も兼ねている。

うちは創立六十数年の老舗で、全磯連創立時のクラブでもある。

メンバーは、底物師と上物師が半々といったところ。
でも底物師も、時々上物をやるし、上物師も底物を狙う時がある。

要するに、磯釣りなら何でも楽しむメンバーが多い。
年齢もバラバラだが、体育会系の上下関係が全くない。

また、メンバー間の対抗意識が全くないので、非常に穏やかである。

他のクラブを知らないので何とも言えないが、居心地がいいので、そのまま居座っている。

全磯連に入れるが、これは個人の自由である。
実際、私は来年度は全磯連を抜ける。

別に嫌味を言われるわけでもなく、「ああ、そう。」で終わりである。
入りたくなったら、またその時に入ればよい。

20150124002.jpg

新年会の場所が毎年決まっているわけではなく、今年はネコ居酒屋であった。
店内をネコがうろうろしている。

クラブの会費は1月1000円。
年間12,000円である。

毎月競釣会があるが、三宅島、神津島、八丈島、房総半島、伊豆半島などで行われる。

年間のポイントで、総会時に表彰される。
会費は、その商品などに使われる割合が多いかな。

20150124003.jpg

これはメンバーの原氏。
11月に三宅島で上げたハマフエフキが、全磯連の大会で、その他の魚部門で優勝した。

穏やかなクラブではあるが、伊豆七島、小笠原、銭洲、イナンバ、沖縄に釣行した先輩が多い。
安全性にも気を遣うクラブなので、色々な事を教わっている。


3年前、ここに入るまでは、磯釣りがまったくわからず、離島釣行など考えた事もなかった。
三宅島や八丈島に行って、そこで釣りをするなど、夢にも思っていなかった。

高いハードルを、先輩に付いていくだけで軽々と超えてしまった・・・
今の充実した釣りライフは、このクラブに出会えたおかげであろうと、感謝している。

強制がないとこなので、自由に楽しませてもらっているが、これからもこの状態が続くだろう。

みなさん、ありがとう。



にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

付けエサの漬け込み

2015.01.27(Tue)

釣りに行けない時は、いらん事を考えるもんである。


今まで、上物の付けエサは、パックものがほとんどで、それをそのまま使っていた。
いろんなブログを拝見していると、みなさん色々と工夫しているみたいだ。
そこで、私もやってみる事にした。




20150125001.jpg

最近発売された、マルキューの「グレ丸」である。
離島用には小さいが、房総、伊豆方面にはちょうどいい粒の大きさに見える。

このままでも十分なのだと思うが、さらに「グレにこれだ!」で漬け込んでみた。

20150125002.jpg

いやな臭いではないが、濃いトマトジュースのような感じだ。

これで何も処理してないものと、漬け込んだもので釣果の比較ができるだろう。



・・・ヒマだと、ほんっっっとにいらん事を考える。


人間の活性ドリンクに浸けたら、どうなるのか?


20150125003.jpg

という事で、近所で何点か買ってきた。

ふと、グレにこれだ!の成分を見ると・・・

20150125004.jpg

アミノ酸が主体であるような記述。

リポビタンも、「タウリン1000mg!」とかが、うたい文句だったな。
では、同じ効果だから、あまり比較にならないな。


ならば、これでどうだ!


20150125005.jpg



「絶倫ゴールド」


20150125006.jpg

パッケージからも高級感があふれ、いかにも効きそうである。

20150125007.jpg

オットセイ、マムシ、スッポン、マカなど、おどろおどろしい成分が並んでいる。


これは効きそうじゃ!



20150125008.jpg

どぼどぼどぼ~

・・・ふふふ


20150125009.jpg

これで、

何も処理しないグレ丸
「グレにこれだ!」に漬け込んだグレ丸
「絶倫ゴールド」に漬け込んだグレ丸

を比較できる。


20150125010.jpg

冷凍庫でしばらく漬け込んでおこう。

ふふふ、次の釣行が楽しみじゃ。

我ながらアホな事をしてると思うが、楽しいからOKなのである。


絶倫魚はどいつだ!



にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

01月28日 房総半島 布良 地磯 平床

2015.01.31(Sat)

最近、ゆっくりと釣りに行く時間がない。
が、そんな時ほど行きたくてたまらなくなるのである。

丸1日じゃなくてもいい。
夕方だけでも、ちょこっとやるか。

この日は所要があり、出発したのは午前11時過ぎ。
時間的に伊豆方面は無理なので、房総半島へ行く事にした。

予報には、夕方から15mの強風とあるので、車を使用する。
強風のアクアラインは、バイクには危険だ。

南房総に着いたのが午後2時。

何か所か見て回るが、今まで入った事のない場所に決めた。

布良は望楼下の横、平床である。
満潮時は足場が水面下になるので、条件が良くなければ入れない地磯だ。

午後6時の干潮に向かって潮が引いて行くので、ちょうどいい。
なかなか釣るチャンスがない場所だ。




20150128001.jpg

車を停めて、ここから海岸へ降りて行く。

コマセは、先日の白浜沖磯で余ったものを冷凍していたので、これを使う。
普段はV9が多いが、前回はオキアミに、この配合粉を使用してみた。

20150128002.jpg

イワシのパワーだそうだが、マリンスポット釣吉で混ぜている時、ネコが寄って来た。
十分効き目がありそうである。

20150128003.jpg

砂浜をえっちらおっちら歩き、磯にたどり着くと、先客が一人いた。

挨拶をして様子を聞くと、来たばかりで、まだ10投くらいだと言う。
コッパが釣れて、他のエサ取りはいないとの事。

すぐ横にも足場があるので、そこでやったら、と親切に教えてくれた。
だが、まだ完全に潮が引いてないし、時々波が上がって来る。

その方も流されないよう、チャランボにバッカンとタモを掛けている。

私は荷物をかなり後方に置いて、しばらく辺りを見回った。

30分以上、波を見て、サラシだらけのワンドに決めた。

20150128004.jpg

あまり波が上がって来ない所に釣り座を取る。

が、それでも時々洗われるので、チャランボ2本体制だ。
最初から覚悟してたので、シューズではなく、スパイクブーツである。


さて、コマセを撒いて始めるか!
すでに午後3時を回っている。

しばらく何も反応がないが、針だけが取られた。
むう・・・フグがおるな。


20150128005.jpg

やはり・・・


20150128006.jpg

ベラもか・・・

そのうち、コッパが釣れ出した。


20150128007.jpg

ちょっとサイズアップ。


20150128008.jpg

お、よく引きましたな~


20150128009.jpg

30cmくらいか。

20150128010.jpg

ポイじゃ。


だんだんコマセが効いてきたみたいだが、ここらで「カツ」を入れんとイカン。
今日は釣り時間が短いのだ。

例のブツを取り出そうと、後方でゴソゴソやってると、ありゃ、カラスが・・・


20150128011.jpg

何をくわえているかと言うと、最初に釣ったフグである。
後ろの水たまりに放り込んでいたのを、さらって行った。

私はこれまで「自然界の生き物、特に鳥は、フグを持って行かない。」という認識でいた。
が、これはどうだ。
カラスはフグを喰うのか?

私が釣り始めてから、2羽のカラスがウロウロしていた。
これの1羽が持って行ったのだが・・・

それ以降、1羽しか来なくなった。
当たったに違いない(^^;


で、何をゴソゴソやっていたのかと言うと・・・

20150128012.jpg

これを取り出したのだ!

先日、絶倫ゴールドに漬け込んだオキアミ、絶アミゴールドだ。

色も黄色く、ゴールドと呼ばれるにふさわしい。


ふふふ、これで海中のメジナを狂わせるのだ!


で、針に付けようとつまんだら・・・柔らかい!



絶倫なのにフニャフニャか!


役に立たんではないか!



冷凍庫に入れたら、凍ったので、来る時に車の助手席足元で急速暖房解凍したのがいけなかったのか?

とりあえず針につけてみると、おや?
意外にしっかりしている。
柔らかいのは、表面だけか?

うむ、これなら使えそうだ。



「これでも喰らえ! 絶倫ゴ~~ルドっ!」


と、叫びながら仕掛けを放り込む。

誰にも聞こえないので、ホントに叫んだ。
そう、釣りは楽しむのが一番である。


20150128013.jpg

おいおい、いきなりええサイズが来たやないか!

35はないが、太ってますがな~


それからは2投に1投はメジナがかかる。

30cmくらいのが多いが、竿が曲がって楽しい!


20150128014.jpg


「すごいぞ、絶倫!」


では、最初に使っていたパックもんのオキアミより良いのかと言うと、断言はできない。
ちょうどコマセが効き始めた頃であり、時合と重なっただけかもしれない。

が、絶アミゴールドで爆釣したのは間違いないのである。


20150128015.jpg

午後5時を過ぎると、辺りはもう薄暗い。

ありゃ、先客だった釣人が、いつの間にかいなくなっている。

そろそろ終わりだな。


20150128016.jpg

ポイサイズでシメとした。


型物は出なかったが、大変楽しい釣りだった。

20150128017.jpg

ん~、34センチか~
食うのに美味しいサイズやの~


20150128018.jpg

家族の人数分、4尾のみキープした。

どれもほとんど同じサイズだが、太っててプリップリである。

さすが絶倫魚!

引きも強くて楽しかったわい。
実質2時間ほどの釣りだったが、景色もよく、気持ちのいい時間を過ごせた。

磯で道具洗ったり、ウロコを取ったりしていると、どっぷりと闇に包まれる。

20150128019.jpg

こっから車まで遠いんだよな~

汗だくになって、ぜいぜい言いながら車にたどり着いた。

外気温計を見ると、4度。
どうりで息が白いと思った。

・・・車でよかった・・・



にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

プロフィール

楽竿作者

Author:楽竿作者
釣り歴36年だけど、磯は初心者!
房総、伊豆半島、三宅島、八丈島に出かけています。

アクセス

カテゴリ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

にほんブログ村ランキング

↑