8月27日 房総半島 旧富浦港

2015.09.01(Tue)

やっと台風がいなくなった。

が、まだ外洋に面した海は荒れている。

潮も濁っているに違いない。

ふふ、チヌ釣りには最適じゃろう。




20150827001.jpg

で、内房の旧富浦港にやってきた。

今回はダンゴである。



20150827002.jpg

紀州パワー2袋を使う。

関東はダンゴの材料が気軽に手に入らない。

めんどくさいので、売ってるのを使うのだが、メーカーが研究して配合したものであるから、握りやすいのは間違いない。

簡単にダンゴができるので、クセになりそうだ。



20150827003.jpg

これにサナギのミンチを混ぜるのじゃ。

内房とはいえ、台風の後で、もっと荒れていると思ったのだが、予想に反して静かである。

が、濁りはあるので、大丈夫だろう。

午前7時過ぎ、最初のダンゴを放り込む。

・・・あれ?・・・ここ水深何メートル?

そう、初めての釣り座である。

測ったら、3m弱(-_-メ)

浅すぎるのではないかい?!

一瞬、やめようかと思ったのだが、まあ、せっかく来たのだ。

しばらくやってみようではないか。

魚はいるのだろう、確かにダンゴはつつかれる。

ウキを引きこまんが。



20150827004.jpg

すぐ横に、鳴釜渡船があり、船長が作業してたので、話を聞いてみた。

この季節、上物師の客は来ないので、様子はわからんそうだ。

ほとんど石鯛狙いの人ばかりだそうな。

えさのヤドカリを、船のイケスに入れていた。

1匹160円とか言ってたかな・・・最近は釣具屋であまり売っておらず、客用に用意するらしい。

寒くなったら、これで沖磯に出て、メジナを狙うのも悪くないか。



さて、自分の釣りに集中じゃ。

ダンゴを投げると、盛んに何かがつついておる。

自作寝ウキの、ピョコタンが、時々ピョコンと立つ。

が、すぐにペタンと倒れる。

ぴくぴく・・・ピョコン!

おお、立ったぁ!

そこじゃ! そこでズボッと行くんじゃぁ!

・・・ペタン・・・

持続力のないやつめぇ~!

ドリンク飲んで、頑張らんかい!



20150827005.jpg

というわけで、チヌにこれだ!を、ドボドボドボ~

これでピンピンやろぉ~



20150827006.jpg

付けエサのオキアミも、フェロモン入りやで~


が、相変わらず寝ウキがピョコンと立てるも、引き込まれずに、倒れてしまう。



20150827007.jpg

倒れたままでいいのか!

さらなるドリンクの追加を考えてたら、あっ! 入った!

おお~、かかっとるわ~



20150827008.jpg

こんな小さいチヌがぁ!



20150827009.jpg

ポイじゃ!


ウキが引き込まれる前は、どのタイミングでも針がかりしないので、仕掛けをちょっと浮かせてみた。



20150827010.jpg

浮かせたら、お前か~!



群れてるとたまらんので、また底を這わせる。



20150827011.jpg

やっぱりチヌのサイズが小さいの~!


20150827012.jpg

大きになってから、かかってこいやぁ~、ポイッ!


むう~、ここは小さいチヌしか、おらんのかぁ。

場所変えを考えてたら、何やらウキが変な動きをする。

竿を上げると、おお、この重さと、引きは!

海面に、傘が開いたり閉じたりしながら浮かんできた。


20150827013.jpg

急いでタモですくう。



20150827014.jpg

ええ型のマダコじゃ!

大好物なので、チヌより嬉しい。

最近のスーパーで売っているのは、アフリカ産ばかりである。

国産のマダコは高いからの~




そんな事をやってたら、もうお昼になってしまった。

保田港で竿を出してるコマちゃんに電話してみると、チャリコとサンバソウばかりだという。

しかしここで粘っても、デカいのが釣れそうにない。

釣り座を引き払い、追加のダンゴや氷を買って、私も保田港へ向かう。





3時半ごろ、コマちゃんの隣に釣り座を作る。

その最中、コマちゃんにやっと30センチほどのチヌが来た。

おお、ええ時間帯になったようやの~、こっちにも来いよ~



20150827015.jpg

お前は来んでええんじゃ!

大人になってから来い!



アワセてもアワセても、針がかりしない小物がダンゴをつつき、欲求不満が爆発しそうになる。

コマちゃんがまたチヌを上げた。

さっそくカメラを持って、「え~?こんなサイズで?」と嫌がるコマちゃんを撮ってあげた。



20150827016.jpg

顔が暗いので、強制フラッシュを焚いたが、その写真はあまりに人相が悪かったので、割愛する。


よ~し、釣るで~





20150827017.jpg

ま、まあ1匹は仕方がなかろう・・・




20150827018.jpg

に、2匹目も許してやるか・・・





20150827019.jpg

3匹目は、もう許さん!

もう辺りは夕闇が近い。

実は夜釣りもしようと考えていたのだが、これが来るともうダメじゃ・・・

ゴンズイ師の異名をつけられるわけにはイカンのだ。

今日は納竿とした。

オドヤ(地元のスーパー)で弁当とビールを買い、道の駅で車中泊なのである。

明日、またここで釣るかの~




にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

8月28日 房総半島 白間津港

2015.09.04(Fri)

早朝、4時に目が覚めた。




20150828001.jpg

風があり、気温も低く、肌寒い。



20150828002.jpg

昨夜のマクラは、紀州パワーと、湾チヌスペシャルだ。

気温が低いため、快適な車中泊であった。

さて、保田港へ行くか。



で、行ってみると風が強く、昨日の釣り座からは向かい風となっており、大変寒い。

空模様も怪しく、今にも雨が降り出しそうだ。

そういえば、昨年の同時期も、寒かった。

他に、この北風をしのげる場所がないものか。

車に乗って、いろいろと港を見ながら南に進む。

風向きが悪いな・・・人がおるな・・・なんやかやとイチャモンを付け、さびれた地域を目指す。

いっそのこと、南房まで行ってみるか!



20150828003.jpg

というわけで、白間津港で釣る事にした。

外洋はまだ荒れており、磯釣りは無理そうである。

ここでダンゴを投げた事はないが、だれもやっとらんから、それが魅力だ。

すでに午前9時を過ぎてしまった。



20150828004.jpg

漁協の対面の岩場からダンゴを投げる。

あちら側では、3人ほどのルアーマンがうろついておる。

何も釣れておらんようだが。

ふふ、こちらでは、釣れておるぞ。





20150828005.jpg

こんなんがぁ!

コッパばかりではないか!

しかもこいつが集まって、釣れまくりやがる。




20150828006.jpg

バッカンに落としたら、暴れてダンゴまみれになりやがった。

ポイしたら、ダンゴ煙幕をはりながら逃げて行き、その煙幕に小さなベラが突っ込んでいく。

見るもおぞましい景色である。




日差しが強くなってきた。

気温は低いが、キャップではやはり暑い。

で、いつもの笠にした。



20150828007.jpg

笠は、頭を輪っかに入れるため、本体と頭の間に空間ができる。

麦わら帽子も優れた避暑グッズだが、笠にはかなわない。



20150828008.jpg

おかげで、涼しく釣りを続けられる。



20150828009.jpg

コッパグレ対策として、サナギを使ってみる。

が、これだと何も来ない。

チヌが寄るまで粘るべきだろうが、つまらないので、オキアミに戻す。



20150828010.jpg

お昼前になると、釣り船が帰って来た。

ちょうどコッパが釣れたので、すぐに上げず、泳がせて見せつける。

船上の釣り人が、何が釣れたのか興味しんしんで見ておる。

06号のチヌ竿なので大きく曲がっている。

ふふ、どうや、デカいんが釣れとるで~

船が右奥の船溜まりに消えるまで、この状態を維持する。

上げてしまったら、コッパだという事がバレてしまうのだ。

はよ見えんとこまで行ってくれ~!




もうダンゴが残り少なくなった。

ここらで必殺「虫ダンゴ」を使うか。


「虫ダンゴ」とは!

昨夜、車中でビールを飲みながら、寝る前に考えた必殺ダンゴである。

夕方、コマちゃんからもらった青イソメを使用する。

コマちゃんも、他の釣り人が帰るからと、もらったもので、クーラーに保管していた。




20150828011.jpg

釣針に青イソメを一本がけし、ダンゴの外にまで伸ばす。

この外に出た部分を、ピロリンと呼ぶ。



20150828012.jpg

ダンゴが着底すると、このピロリンがピクピク動いて、魚を惑わす。



20150828013.jpg

小さな魚が集まるのを見て、デカい魚が突進してくる。



20150828014.jpg

デカい魚がかかるという具合だ。


ふふ、どうやら最後に、この必殺ダンゴの出番が来たようだ。



20150828015.jpg

もらいもんの、もらいもんである、青イソメである。



20150828016.jpg

元気のいいとこを、1本がけだ。

これでダンゴをにぎにぎする。




20150828017.jpg

これが虫ダンゴだ!

ふふ、このピロリンが、とっても効きそうである。


喰らえぇ~!




20150828018.jpg

ああっ! ピロリンがぁ!

投げた瞬間、ピロリンが切れたぁ!

着底したダンゴが、さかんにつつかれ、すぐに割れる。

ウキが水中に吸い込まれる。

おおもんかぁ!




20150828019.jpg

きさまぁ~!

昨夜からの、大構想が崩れたではないか!



打ちひしがれ、鼻水が垂れそうになりながら、帰る準備をしようかと思った時、思い出した。

東京磯釣倶楽部の御大、山田氏が、

「コッパメジナをアジフライのようにしたら、アジよりウマいぞ。」



20150828020.jpg

もうダンゴ1個くらいの量しか残っていないが、これをコマセにし、コッパを釣る事にした。



20150828021.jpg

ウキを、ピョコタンから、円錐ウキ0号に変える。

左手で、ダンゴ材料を撒き、フカセで釣る。

磯釣りをやりだしてから、こういうのが楽にできるようになった。



20150828022.jpg

すぐに4尾が上がる。

家族の人数分釣れたから、これでやめようかと思ったが、よく考えると、一人2枚は食べるよなぁ。



20150828023.jpg

という訳で、4尾を追加。



20150828024.jpg

ウロコと頭、内臓を取って、これで持ち帰る。

昨日のタコと、このグレフライの材料があれば、まあええじゃろう。

あ~、よく遊んだ~

まだ12時半か・・・のんびり帰ろう。



にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

平和な味

2015.09.13(Sun)

この間釣ったタコ、一応量ってみた。




20150829001.jpg

む。

1.3kgあるな。



20150829002.jpg

結構デカい。

ええお土産になったわ~



20150829003.jpg

内臓を取り、塩でヌメリを取り、ゆでダコの出来上がり。



20150829004.jpg

脚はウマいの~

そのまま食べても、塩味でウマい。

ショウユとワサビでこれまたウマい。

ポン酢で食べれば、さらにウマい。

家内の実家に足をおすそ分けしても、まだ余る。



20150829005.jpg

頭と一緒にトマト煮にして、全部たいらげました。

国産のタコは高級品ですからな。

買って食うのはめったにできませんからな。

また釣れんかのぅ~



20150829006.jpg

コッパは背開きに。



20150829007.jpg

一応、見た目はアジフライのようになった。

このグレフライ、アジよりもずっと上品な味。

外はサクサク、中はフワフワで、とても食感がいい。

アジはうまみが多いが、これほど柔らかくはない。

どちらがいいとかではなく、これはこれで新しい発見。

コッパはコッパで、ええとこありますな。


狙って釣ることはしないと思うけど、ええ経験ができた。

まだ食ったことない人、一度お試しあれ。




にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

国勢調査

2015.09.30(Wed)

ブログが更新できない。

釣りに行っていないのか?  と思われる方も多かろう。

確かに行っていない。

いや、正確にはこの19日に行って来たのだ。

ちゃんとブログに記録しなければならん。

が、それができないのだ。

原因はこれだ!




20150929001.jpg

国勢調査員なのである。

以前からやってはいるのだが、この5年に一度の調査、実に時間を喰うのだ。

やることは単純だし、仕事に比べれば、何の事はない、簡単な作業である。

だが、空いている時間は、ほとんどこれに取られてしまう。


まず、自分の受け持ち区域全世帯にナンバーを振って行く。

下見をするわけだが、アパートやマンションは、各戸に本当に人が住んでいるかどうかを調べなければならない。

これが結構重要なポイントで、後で修正できるものの、この作業の正確性で後の作業効率が変わって来る。

管理人がいるマンションは簡単で、聞けばよい。

が、オートロックのマンションで管理人がいない場合は、ポストを見るしかない。

チラシがたまってはみ出していたり、閉鎖している場合は、住んでいないと判断する。

アパートなどもそうだが、電気のメーターを見るのが手っ取り早い。

住んでいないようでも、冷蔵庫などは常に電力を消費しているため、メーターが動くというわけだ。



・・・などと調査スキルを上げておる場合ではない!

さっさと終わらせて、釣りに行った記録をアップせんかぁ!




インターネットでの回答期間が終了すると、今度は調査用紙を各世帯に配りに伺う。

郵送での回答方式だ。

お宅を訪問すると、こんな事もある。



作者「世帯主のお名前は、表札通りでいいですか?」

品のいい奥様「いえ・・・主人は昨年亡くなりましたので、私の名前にして下さい。」

作者「そうですか、ご愁傷様です。」

品のいい奥様「私ひとりになってしまいました。」

作者「・・・(言うべき言葉が見つからない)」


一応、前回(平成22年)の建物の資料があるのだが、更地になっていたり、新たにマンションになっていたり、5年間で街の姿も変わる。

家族の構成も、時の流れとともに移ろうのは当然ではあるが、楽しくにぎやかな家が、哀しく、寂しい空間に変貌してしまうのも、あらがえない事なのであろう。


そうかと思えば、


おばはん「お隣、ご主人いらっしゃったぁ?」

作者「いえ、わかりませんけど・・・」

おばはん「そう~~、やはり出て行ったのかしら~」



知るかっ!

そんな話、こっちに振ってくるな!



しかし、これが昔からの日本の地域社会なのであろう。

ご近所付き合いは、面倒でもあるが、どこの誰が何をしているという情報のネットワークが、地域の治安を守っていたのだろう。

東京にもこういうのが残っているのを目の当たりにして、少しほっとする。

そして、小さな空間が様々な形で密集した、大都会のこんな狭いエリアでさえ、無数の物語が時とともに流れているのを、感じるのであった。

当然、守秘義務があるので、個人情報は絶対に漏らせない。

話半分として、こんな作業なのだと思って頂きたい。



20150929002.jpg

さ、今日もまた自転車で回って来るか・・・

今日はどんな話が出るのか・・・



そんな事しとるから、時間がかかるんじゃ!


あ、ちなみに国勢調査に回答するのは、日本に住んでいる全ての人の義務である。(日本国民だけではない。)

適用されたのを聞いた事はないが、罰則もあるので、みなさんちゃんと回答しましょう。



にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

プロフィール

楽竿作者

Author:楽竿作者
釣り歴36年だけど、磯は初心者!
房総、伊豆半島、三宅島、八丈島に出かけています。

アクセス

カテゴリ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

にほんブログ村ランキング

↑