ちゃらんぼアタッチメント 「試作 1」

2013.10.24(Thu)

「楽竿ライト」を、磯用にしてほしい。
ちゃらんぼに取り付けられるようにしてほしい。

という要望が、国際フィッシングショー2012で大変多かったため、対応することにしました。

実は、これが私が磯に入ったきっかけです。

最初は、「磯ぉ~? 危ないからヤだなぁ~」
と思ってたんですが、今では波しぶきを被ると快感を覚える中毒患者です(笑)

さて、楽竿ライトは、ちゃらんぼに直接取り付ける事はできません。
もともとカメラ用三脚に取り付けるようにしていたからです。

そこでアタッチメントを間に入れる必要があります。

一般の竿掛け、石鯛用のは、こんな感じですね。




ata10001.jpg

パイプにピトンを差し込み、固定ネジできつく締め付ける。
竿受けの角度は、前方のネジを回して調整する。
もちろん、他の方法もありますが、この方式をよく見ます。

ata10008.jpg

これは理にかなっています。
石鯛のアタリはすごく、あのぶっとい竿を、根元付近まで曲げる事もあるようです。

ata10002.jpg

竿受け、ピトンには、ものすごい力がかかります。
ピトンが抜けてしまったというのも、よく聞く話です。
実際に釣るまでは、「え~?こんな太い竿がそんなに曲がるなんてウソだろ~。」って思ってました。

自分の竿がそうなるのを目の当たりにし、石鯛竿が竿掛けからはずれないほどの引き込みを体験してからは、磯の王者と呼ばれるのが誇張ではないと知ったのです。

これに耐えるよう、ピトンを固定する機能と、竿角度調整機能を、分けているのです。
(と、私は理解しました。)

しかし、上物でそんなの必要?

よく見るのが、これをただ小型化している上物用竿かけ。

上物竿は石鯛用よりもはるかに軽く、やわらかい。
かかる負荷は、底物とは比べ物にならないくらい軽いはず。

ならば、チャランボに固定する機能と、竿角度調整機能を一緒にしてやればいい。

ata10003.jpg

角度調整のネジ部分は不要です。

ata10004.jpg

パイプからちゃらんぼの頭を出して、その量で角度調整してやればOKです。
これで構造部が少し簡略化され、部品も減らすことができます。

ata10005.jpg

簡単なものを作ってみました。
楽竿ライトに取り付けるとこんな感じです。

ata10006.jpg

簡単すぎてちょっと不安。
実際に磯に持ち込んでみました。

ata10007.jpg

楽竿ライト量産型の開発と同時進行でやっていました。

実際にこれで何度か釣りをしましたが、特に不満はありません。

強いて言えば、ちょっと頼りない感じがすること。
けっこう、こういうのって当たるので、ちゃんと設計する事にしました。

「試作 2」につづく



にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

楽竿作者

Author:楽竿作者
釣り歴36年だけど、磯は初心者!
房総、伊豆半島、三宅島、八丈島に出かけています。

アクセス

カテゴリ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

にほんブログ村ランキング

↑