11月01日 三宅島 地磯 ウノクソ

2013.11.03(Sun)

東京磯釣倶楽部の先輩、高野氏と一緒に、三宅島にやって来ました。

木曜の午後10時20分に東京の竹芝桟橋から東海汽船に乗り、翌午前5時に三宅島に到着。
迎えに来ていた民宿の車で、薄木荘に入りました。

高野氏は底物狙いで、三本岳に渡ります。

一昨日に三本岳のエビネに渡った、同クラブの山田氏が電話で、「ササヨがすごいぞ~」と言ってたので、私は渡船は使わずに、地磯への釣行に決めました。

以前、車であちこち回った時、途中まで行って、「今度ここでやろう」と思っていた、ツルネ付近を第一候補にします。

一人、軽四に道具を積み込み、車で8分ほど走ると、磯への入り口に到着。




20131101001.jpg

ここには、磯の絵が描かれた看板が立っています。

細くて荒れた道を車で下り、突き当りまで行って、荷物を背負ってヤナガネを目指します。
途中まで降りると・・・あれ? 以前あったアルミのハシゴが無くなってる!
この間の台風で流されたか?

仕方なく重い荷物を持って車まで引き返します。

車を少し戻し、道端のスペースに止めます。
さて、ツルネ方面には、急斜面を降りなければなりません。
が、これは短い距離なので大丈夫。 問題はその後です。

歩きにくい溶岩帯、ドデカ岩を、登ったり下りたりして進まなければなりません。
背負子2号に磯バッグ、バッカンを乗せ、竿ケースを持って下り始めます。

急斜面を下ると、海岸が見えます。

20131101002.jpg

このワンドを右に進むと、ツルネ。
しかし、波が写真奥から来ており、ツルネは波を被っています。

仕方ないので、このワンドを左から回って、ウノクソを目指します。
写真の突き出た所です。

距離的には、そう大したことありませんが、とにかく歩きづらい!
とちゅうまで行って、荷物を減らし、先に道を調べてから、重い荷物を取りに帰る。

これの繰り返しです。

全身汗だく。

やっとウノクソに到着しましたが、波でしぶきが大きく上がっているので、やや左に釣り座を構えました。

20131101003.jpg

波の高さはそれほどでもなく、適度にサラシも出て釣りやすそうです。
ただ、6mのタモを伸ばしてみると、ぎりぎり届きません。
2号の竿はやめ、3号にし、道糸は5号、ハリスは6号にして、釣れたらゴボウ抜きにする事に。

20131101004.jpg

風は左前方からやや強く、風速計では8.8m/s を記録。

ちゃらんぼに楽竿ライトを取り付け、竿を置いて手を添え、アタリを待ちます。
8時10分スタート!

コマセは生オキアミ3kgを3枚。 配合粉を1袋混ぜて足元に撒くと、サラシに乗って、左沖に流れて行きます。

20分ほどアタリもなく繰り返していると、カラスが集団でやって来て、後ろの荷物に群がってきたので、追い払いに行きました。

ふと竿を見ると、竿先が引っ張られ、リールがちょっと逆転して糸が・・・

あわてて駆け寄り、竿を上げると、おお、いい引きだ(笑)

抜きあげると、40cm強のきれいな色をした尾長メジナでした。

20131101005.jpg

初っ端からこいつが来るとは、ツイてます!

真下、足元に入れると、サラシにもみくちゃにされてウキが全く見えないので、サラシの中ほどに入れると、切れ目までの間に、ウキが面白いようにドキュンドキュン沈みます。
抜きあげると、ほとんどが40cmオーバー。

面白いではないか!  さすが離島(笑)

一番大きいのが45cm。 まあ、でも自己記録が43cmなので、記録更新となりました。

20131101006.jpg


抜きあげるの、このくらいまでですね~
これも大丈夫かな~と思いながら上げたので。

1時間ほど、これが続いて、40オーバーが8枚上がりました。
時々同サイズのイスズミも来ました。

20131101007.jpg

潮だまりに放り込んでいたんですが・・・
あんなにきれいなブルーだった魚体が、こんな色に。

20131101008.jpg

今までなんであんなに個体によって色が違うのかなと思ってたんですが、回りに合わせてる保護色だったんだなと気づきました。
サラシにいる時、きれいなブルーなんですね。

20131101009.jpg

型が35cm前後と落ちてきて、イスズミも混じりだしました。

時々、正体不明の鬼引きで、6号ハリスが切られます。
あれよあれよと言う間に沖に走られ、なすすべもなく切られてしまいます。

ふと足元を見ると、どでかいサメが!

こいつかぁ! 俺の魚を横取りしてるのは!

型は落ちたものの、入れ食い状態はずっと持続してるので、疲れてきました(笑)

十分釣ったので、ここらで場所を変えます。
ウノクソのワンド側に切れ込みがあり、そこに入りました。

20131101010.jpg

写真奥の対岸先端が、ツルネです。

コマセを撒きだして10分も経つと、やっぱり小型の尾長、イスズミが上がってきます。
で、ここでもサメが俺の獲物を狙う!

しばらく遊んだあと、納竿しました。

さて、帰りを考えると、なるべく軽い方がいい。
このメジナ全部持って帰っても、食べきれないし・・・

半分の4枚を逃がしてやりました。

さて、お持ち帰りは、神経抜きをやります。

20131101011.jpg

脳を破壊するとき、目がぐるりんと回ります。

20131101012.jpg

帰りも汗だくになりながら、休み休み歩き、最後の急斜面を登り切りました。
40分もかかりました・・・運動不足じゃ!

宿に帰って、並べてみました。

20131101013.jpg

おお、磯初心者にしては上出来ではないですか!

一番でかいのが、45cm。 真ん中の38cmは、抜きあげた時、打ち所が悪かったらしく、けいれんしてた(^_^;)ので、放しても死ぬなと思い、持ち帰って食べる事にしたやつです。

高野氏は、マカドに渡り、こんなの上げて帰ってました。

20131101014.jpg

56cmの石垣鯛でした。

朝は二人で「夜釣り行こう!」なんて言ってたんですが、めちゃくちゃ疲れたので、やめて晩飯、酒飲んでさっさと寝てしまいました。

明日もあるし!





にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

COMMENT

ジョビおじさん #-

こんにちは^^

アイゴの動画?は、すごく面白かったですョ^^
すんません。本来、見るところ違いましたね。

いやー、でも、こうやって拝見させていただくと磯って、とても面白そうに感じてしまいます。
あらたに欲張りな野望が・・・・でてきてしまいそうです・・・・
ええのう~です。

ところで、楽竿さんは、結構、ヘビースモーカーだったんですね。


2013.11.04(Mon) 12:59 | URL | EDIT

楽竿作者 #5lgk84Pk

ジョビおじさん

どうもどうも。

アイゴの動画は、自虐ビデオです(笑)
うちはアイゴ食うんですが、周りのみんなが持って帰らないので、いつしか同じようになってしまいました。

磯、面白いでしょ~
私は去年始めたんですが、すっかりハマってます。

考えると、日本の海岸の大部分は磯なので、知らない世界にするには、惜しい!
・・・と、言い訳してます。
船は、酔っちゃうんですよね~、免許持ってるのに(笑)

タバコ、好きなんですよ~
釣り場では、ちゃらんぼに灰皿取り付けてます。
釣れないときは、2箱くらい吸っちゃいます。
健康のためにも、釣れてくれ~!

2013.11.04(Mon) 18:55 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

楽竿作者

Author:楽竿作者
釣り歴36年だけど、磯は初心者!
房総、伊豆半島、三宅島、八丈島に出かけています。

アクセス

カテゴリ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

にほんブログ村ランキング

↑