磯釣りに行く費用

2013.11.19(Tue)

現在私が釣りに行く磯は、ここが多いです。

1.伊豆半島
2.房総半島
3.三宅島
4.八丈島

2日間、磯の上物釣りをするとして、費用を計算してみました。

なぜ2日間かと言うと、伊豆半島に行った場合、高速道とガソリン代だけで13,000円かかり、それは1日行っても2日やってもあまり変わらんから、どうせなら2日間やった方がマシだと考えるからです。

三宅島に行った場合、日帰りだと、船に乗っている時間が往復で13時間20分に対し、釣りができる時間は、たったの6時間ほどです。

もったいないので、2日間以上は行くようにしています。
出発地は、東京都練馬区。

cost01001.jpg






1.伊豆半島

cost01002.jpg

車で下田付近に行くとして計算すると(片道190km)
有料道路 往復 5,000円
ガソリン代 約8,000円
(オキアミ3kg×6+配合粉2+付けエサ)2日分 8,000円
1日だけ渡船を利用すると、5,000円
食費を3,000円とする。
車中泊。

以上、29,000円



2.房総半島

cost01003.jpg

車で白浜付近に行くとして計算すると(片道125km)
有料道路 往復 5,300円
ガソリン代 約6,000円
(オキアミ3kg×6+配合粉2+付けエサ)2日分 8,000円
1日だけ渡船を利用すると、4,000円
食費を3,000円とする。
車中泊。

以上、26,300円



3.三宅島

cost01004.jpg

自宅から地下鉄で竹芝桟橋、東海汽船で三宅島へ
地下鉄往復 620円
往復船賃 9,200円(株主優待券利用で、35%引き)
桟橋送迎、車使用代 6,000円
宿泊代 7,000円
食費を2,000円とする。(朝1、夜1食は宿泊費に含まれる)
(オキアミ3kg×5+配合粉2+付けエサ)1日半分 8,000円

以上、32,820円



4.八丈島

cost01005.jpg

自宅から地下鉄・モノレールで羽田空港へ。
地下鉄往復 620円
モノレール往復 1,000円
往復航空券(ビジネス切符) 26,140円
車使用代 6,000円
宿泊代(素泊まり) 5,000円
ガソリン代 約700円
食費を3,000円とする。
(オキアミ3kg×5+配合粉2+付けエサ)1日半分 7,000円

以上、42,460円


三宅島では、薄木荘という所に泊まっています。
民宿ですが、安い方かと。ただし高級旅館ではないので、食事、部屋に多くを求めてはいけません(笑) 和室です。
この島はお店が極端に少ない。 外食は考えない方がいいです。
私の所属する「東京磯釣倶楽部」の定宿で、かさばる道具類は、小屋に置いてます。


八丈島では、ペンション ビーチタイムに泊まっています。
ペンションなので、部屋は割ときれいです。 和室、洋室があります。
食事は外食、スーパーでカップめんや弁当を買い、朝昼はそれですませます。 
もちろん、言えば作ってもらえますが、こちらの方が気楽ですし、八丈島は外食するお店もありますので、島ならではの料理を食べに行くのもいいかなと。 
普通に焼肉、焼き鳥、お好み焼き、居酒屋なんかもあります。
ここも常連釣り客は、小屋に荷物を置いてます。


以上、使う宿やエサは、大体こんなもんです。

1.伊豆半島 29,000円
2.房総半島 26,300円
3.三宅島  32,820円
4.八丈島  42,469円

渡船を利用するなら、三宅島は6,500円(三本岳など)、八丈島は8,000円(八丈小島、沖磯など)です。 ただし乗る人数が2人とかの少人数の場合は、高くなる事もあるので、宿で聞いてからにした方がいいです。
ただ、離島は地磯でも、本州とは違って人も少ないし、魚影も濃いです。
酒代は入れてません。(笑)


八丈島は飛行機を利用すると少し上がってしまいますが、船でも行けます。 数千円安くなります。
ただ時間がかかり、到着時間が午前9時半頃、出船時間が午前10時頃と、釣りには合わず、2日間ではきびしいです。 3日間は行きたいところです。

どうでしょう。
東京からだと、意外に伊豆半島と三宅島の差が少ないのに気づきます。

というか、東京から磯を目がけて行くには、結構な費用がかかるという事です。

金が続かんっ!

もちろん、三浦半島だと、もっとお安く行けますが、行った事ないんですよね・・・

伊豆や房総の地元の人がうらやましい~!
もっと言えば、地方の人がうらやましい~!

東京磯釣倶楽部は、創立60周年を過ぎた老舗クラブです。 どちらかと言うと、底物狙いのメンバーが多いですが、三宅に行ってみた~いという人は、ご連絡くださいな。
上下関係をほとんど感じない、やさしいクラブです。(私がずーずーしいだけか?)

一緒に行きましょう、夢の離島へ(笑)




にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

COMMENT

おいしー #-

ナイスタイミングな記事ありがとうございます!
私はここ最近釣りを復活させたのですが、「釣りは金がかかる」。まったく同意いたします。
その他道具代としまして、(一回分として)
針¥500.-(250.- x 2) ハリス¥1,000.- x 1、道糸¥500.-(150mを3回で償却) の計2千円くらいはかかりますね。


釣りはできるかぎり(毎週でも)行きたいのですが、ここらへん やはり工夫して続けていきたいと思っています。 当分月一プラスαくらいの釣り師でしょうか。v-83

2013.11.19(Tue) 17:06 | URL | EDIT

ずえ #-

初めまして。ずえと申します。私は島根県、いわゆる地方在住です。
今回のブログ、非常に興味深く読ませていただきました。

私の場合、新しく買い足す物がなければ、生2枚、集魚材2袋、付け餌で3,000円ちょっと、渡船代3,000円の6,000円程度でしょうか。

こうやって見ると、環境的に恵まれていますね。改めてそれを感じました。


ちょくちょくブログを見させていただいています。更新、楽しみにしています。

2013.11.20(Wed) 01:18 | URL | EDIT

楽竿作者 #5lgk84Pk

おいしーさん

おはようございます。
そうなんですよ~、だから切り詰めなければなりません、消耗品。

この後、涙ぐましい努力を書いてたら、めちゃ長くなっちゃいました。(笑)
どうせなんで、記事でアップします。
お互い長く釣りを楽しみたいものですね。

2013.11.20(Wed) 10:19 | URL | EDIT

楽竿作者 #5lgk84Pk

ずえさん

はじめまして、コメントありがとうございます。

東京は生活面では便利ですが、自然に会いたくなると、交通費がかなりかかってしまうのです。
伊豆七島も東京都ですが、ここは地方よりも地方なのでちょっと別です(^_^;)
地方はいいですよね~。
私も実家が瀬戸内なので、身に染みてわかります。
圧倒的に交通費が違います。
時間的にも、すぐ行けるというのがいいです。
私がバスをやってた時、年間200日くらい行ってたのは、仕事が終わってからすぐに釣り場に行けたというのが大きいです。

アテンダーII買われたそうで、いいですね~
高いですが、私が釣りを3回我慢すれば買えてしまう・・・
そう考えれば、いかに釣行費が高いか((+_+))
6000円ならば、私が1回行く費用で、4回は行けるではないですか!
いい環境でうらやまPです~

2013.11.20(Wed) 10:56 | URL | EDIT

イッサ #-

釣りは本当にお金が掛かりますよね。
エサ代は基より都内にお住まいですと、高速代にガソリン代がプラスされますから、お気持ち察します。
海の近くに住んでいる自分は幸せ者と実感いたしました。

2013.11.20(Wed) 20:45 | URL | EDIT

ずえ #-

確かに自然は近いですね。お気に入りの地磯までは車で30分ですからね。

ただ、なまじ自然が近くて釣りになるところが身近にあると、お金がない自分としては、意外に3,000円払って渡船を使う気になかなかならないんですよ(汗)

贅沢な悩みなんでしょうけど、磯釣りと言えば渡船利用が当たり前、という「感覚」は少し羨ましいです
(^_^;)

2013.11.20(Wed) 20:52 | URL | EDIT

楽竿作者 #5lgk84Pk

イッサさん

こんばんは!
そうなんですよね~、かかるんです、お金・・・
いっそお台場あたりに行こうかと何度も考えたことがあるんですが、東京の港で釣りができる所って、ほとんど鉄柵があるんですよ。
これではダンゴをアンダースローできんではないかっ!(笑)
柄杓で投げればいいんですが、車も横付けできず、やっぱり有料駐車場・・・
砂を取る場所もないので、東京を離れた時に、海岸でビニール袋に詰めてます(^_^;)
ああ~、磯にも行きたいし、静かな堤防でもポイポイしたい(;_:)

2013.11.20(Wed) 23:00 | URL | EDIT

楽竿作者 #5lgk84Pk

ずえさん

これだけお金かけて行って、ボウズときた日にゃ、情けないやら悔しいやら・・・
で、確率の高い渡船を利用する、で、さらに金がかかるというわけですわ(笑)
だから釣りに行ってる時間というのは、私にとって非常に貴重なのです。
昨年末からビデオカメラ持って行って、撮影してるんですが、自分の部屋で見ながら、「ああ、そうだった・・・惜しかったんだよな~」とか回想にふけるのです。
行けない時は、次はどこに行って、どんな釣りをするか・・・わくわくしながら道具を準備し、あーでもない、こーでもないと、竿を入れ替えたり、自分で作った道具を工夫したり・・・
他人が見たら変態かと思うようなニタリ顔でごそごそしているのです(笑)
ずえさんも、こんな都会の真ん中に放り込まれたら、必ず禁断症状が出ますよ(爆)

2013.11.20(Wed) 23:15 | URL | EDIT

POST COMMENT


TRACKBACK

ケノーベルからリンクのご案内(2013/11/20 08:58)

練馬区エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

2013.11.20(Wed) 08:58 | ケノーベル エージェント

プロフィール

楽竿作者

Author:楽竿作者
釣り歴36年だけど、磯は初心者!
房総、伊豆半島、三宅島、八丈島に出かけています。

アクセス

カテゴリ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

にほんブログ村ランキング

↑