磯での用足し

2013.11.27(Wed)

私は時々、磯でババをする。

したくてするのではない。
我慢できなくてするのである。

こればかりは生理現象なので、どうしようもない。
本人の意思に関係なく、腹が痛くなる。

大海原を眺めながら、ゆったりと用を足す快感は、もどかしくズボンを下ろす苦労を、忘れさせてくれる。




baba01001.jpg

夏などは軽装であるからいいものの、冬は厚着である。

サスペンダー付きのズボンを下ろすには、まずライフジャケットを脱がなければならない。
それからジャケットを脱ぎ、サスペンダーを外す・・・さらにヒップガードを外し、やっとズボンを下ろすことができる。

緊急を要する事が多いため、この手間がまったくもってもどかしい。

しかし最も重要なことは、「場所の選定」である。

地磯ならば、人のいない場所を求めて歩き、岩陰に入る事も可能だが、沖磯ではそうもいかない。

大きい磯であれば、岩山の上部に登ったり、人の入っていないポイントに向かう事もできるが、数人しか乗れないような、いわゆる「瀬」では、どうやっても隠れる事はできない。

baba01002.jpg

↑どこに隠れよと言うのかっ!

幸い、そのような窮地に立たされた事はないが、考えるとゾッとする。

昔、友人とよく瀬戸内海でボート釣りをした。
私は瀬戸内で生まれ育った。
近くの漁港からゴムボートにエンジンを付け、二人で沖に繰り出したものである。
バスボートに付けていた、ハミングバードの3次元魚探を取り付けて、釣りに行った。

海の上でも、腹が痛くなる時はある。

沖の岩礁帯の適当な磯に上陸し、岩にしがみつきながらババをしたのは、懐かしい思い出である。

baba01003.jpg

(瀬戸内海は、ほとんど波がないので、ゴムボートで磯に近づいても、比較的安全である。ここは私の出身地の海。)



先日、新たな発見をした。
三宅島の地磯へ行った際、岩陰でババをしたのだが、帰りにそこを通ると、ババがない!
たくさんいたカラスが喰ったに違いない。
あいつらはババも喰うのである。

次の日も同じ場所へ釣りに行き、腹が痛くなった。
昨日は、普通のババであったから、食べられたのだろう。
しかしその日のババは、液状である。

「喰えるもんなら、喰ってみろ!」

帰りに見ると、そのままであった。
さすがに固形物でないものは、喰えないようだ。

本来ばばは、出発前に済ませておくのが基本。
で、その環境だが、渡船場所ではトイレがない事もあるし、あっても小さくて汚い。
しかも出船前はみんなが殺到し、なかなか順番が回って来ず、外で待たれているとプレッシャーでなかなか出ずに、さらに焦ってしまう。

ここは道の駅などで、早めにゆっくりと済ませるのが理想だ。
私はこれを車に常備している。

baba01004.jpg

そう、携帯ウォシュレットである。
TOTOなどからも出ているが、これはパナソニック製だ。

baba01005.jpg

ボタンを押す加減で、水の強弱を変えられる。
公衆の古いトイレなどは、未だに和式であり、洋式便座でも、かなり汚い。
夏などは、目の前の壁にでかい「ガ」や「クモ」がへばりついている事も多い。
せめて肛門くらいはきれいにしたいものである。

ローカルな話ではあるが、南伊豆方面に行った時、私は「道の駅 下賀茂」を多用する。

ここは新しいトイレなので、全体的に清潔であり、個室が3つ、なんと全て温水ウォシュレット付である。便座も暖かいので、特に冬はありがたい。

ただ、照明が人感センサーなので、しばらくすると明かりが消えて真っ暗になってしまう。 しょっちゅう上半身を大きく動かしたり、手を上にあげて振らなければならない。
座ったまま阿波踊りのように手を上にあげて振っているさまは、我ながら変態のようである。
一度ビデオに撮ってやろうかと思ったが、誰も見たくないであろう動画なので、まだ実現していない。

道の駅のトイレと言えば、こんな思い出がある。
日本海側の、確かノウとかいう所だったか。 
トイレはウォシュレット付きで、座って用を足した。
さて、おしりボタンを押すと、お湯が出る。
が、その勢いがすごい。お湯が肛門に当たってビチビチ回りにはね飛ぶ。思わず声が出てしまった。

操作パネルを見ると、一番強く設定されていた。

バカモノ! お湯が腸にまで入ってしまったではないか!

外に出て車まで歩いている途中、「ビュルッ」

ああっ、お湯が出てきた・・・

ネタではなく、実話である。
公衆のトイレで、ウォシュレットを、最強にしないように!

話がそれてしまったが、これからも釣りに出かける以上、緊急事態を避ける事はできない。
竿ケースにティッシュボックスを忍ばせておく事はもちろん、下半身をすぐに露出できるよう、準備を整えておく事が肝要であろう。

baba01006.jpg

磯釣り師の必携品




にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

COMMENT

おいしー #-

もちろん、経験はございます、ですのでポケットティッシュはかかせませんv-221 
ウェーダー使用の釣りは控えておりますv-40

2013.11.27(Wed) 16:44 | URL | EDIT

Oっchan #-

もうだめ!オナカ痛すぎです^o^
途中までこらえてましたが「ビュルッ」で大爆!
おかげでオナカが筋肉痛でございます。
スマホとパソコンで2拍手(笑)

2013.11.27(Wed) 18:57 | URL | EDIT

楽竿作者 #5lgk84Pk

おいしーさん

こんにちは。
そうですよね、みなさんご経験があるはず!
私はウェーダーを時々使いますが、体調のいい時だけにしています(^_^;)
ポケットティッシュは、私には少なすぎるため(爆)ボックスか、1巻き持って行きます。
ところでこないだの土曜日どうでした?
ちょっと気になってるのでした。

2013.11.28(Thu) 12:15 | URL | EDIT

楽竿作者 #5lgk84Pk

Oつchanさん

こんにちは~
喜んで頂けたようで(笑)
釣りの記事で喜んで頂けるように頑張ります(^_^;)

お湯が出たあと、何気ない振りをして車まで戻り、運転席シートにバスタオルを敷いて、ケツを下につけない様に足と背中でツッパリながらズボンとパンツを脱ぎました。
新しいのに替えてから、そ~っとトイレに戻り、お湯を出し切ってから事なきを得ました。
恐いですね~

2013.11.28(Thu) 12:30 | URL | EDIT

イッサ #-

携帯ウォシュレットとは、これは便利ですね。
自分はカセにも乗りますので、最悪は親船に迎えにきてもらうしかないかな~と考えることがあります。

2013.11.28(Thu) 20:12 | URL | EDIT

鵬丸Ⅲ世 #-

知らなかった

すっげ~!!
携帯ウォシュレットv-405

知らなかったe-263
こんな便利な物があるとは・・・

大自然の中でも快適なう○こが可能ですねe-440

備えあれば憂いなし
勉強させて頂きましたe-466

2013.11.29(Fri) 01:19 | URL | EDIT

楽竿作者 #5lgk84Pk

イッサさん

こんばんは!
筏にはトイレ(と言っても、囲ってあるだけ)がありますが、カセってただのボートですよね?
船尾からケツだけ外に出してやるしかないんですかね~(笑)
私にはとっても恐い釣り場だ(^_^;)

2013.11.29(Fri) 02:00 | URL | EDIT

楽竿作者 #5lgk84Pk

鵬丸Ⅲ世さん

こんばんは、コメントありがとうございます。

すごいでしょ~(笑)
ぜひお試しください。
柔らかいのが出た時は、特にありがたいです。
紙だと、何度も拭いて、痛くなるようなときも、これならきれいになりますよ~

ただ、冬に冷たい水を使うと、肛門が痛くなります。

2013.11.29(Fri) 02:12 | URL | EDIT

#

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013.11.29(Fri) 18:40 | | EDIT

ジョビおじさん #-

おはよーございます^^

いやいやいや・・・カラスが食べるって・・・・^o^;
よほど、光輝くような立派なもの?なんでしょうかね。
近所の生態系がどうなっているのか気になってしまいます。

確かに瀬で数人は、それはそれはおぞましい光景が目のあたりに浮かびます。
携帯ウォシュレットはオイラもはじめて知りました。
これって、周りをしゅーってやるものなんですか。
なんだか、とんがり型が自分に向けると危なそうで。

この時期、お尻丸出しはかなり寒いですが、なんとなく温泉みたいな温かみと蒸気が真下から立ち上るのは、また、なんとも言えませんね。

2013.11.30(Sat) 05:30 | URL | EDIT

楽竿作者 #5lgk84Pk

ジョビおじさん

こんばんは、先ほど三宅島から帰ってまいりました。

今回は磯ババなしでした(笑)
でも相変わらずカラスは多かったですね~
携帯ウォシュレットは、恐いものではありません(^_^;)
とんがりを突き刺すのではなく、家庭用と同じように、尻の下方に差し込み、棒の先端付近から、垂直に水を噴射します。
これで肛門周りのババカスを、洗い流すのです。

真冬の野ババは、湯気が立ちますよ(爆)

2013.12.01(Sun) 23:26 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

楽竿作者

Author:楽竿作者
釣り歴36年だけど、磯は初心者!
房総、伊豆半島、三宅島、八丈島に出かけています。

アクセス

カテゴリ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

にほんブログ村ランキング

↑