12月01日 三宅島 地磯 アノン崎

2013.12.04(Wed)

今朝5時到着の東海汽船で、東京磯釣倶楽部の山田、原の両氏が合流しました。

山田氏は、磯釣り歴50年、クラブの大ベテランです。
今日は予報とは違い、かなり強い西風。
アノン崎に来ました。
私には初めての磯です。

駐車場所から見下ろした風景です。




20131201001.jpg

右は途中で切れており、入れません。

左に入って行くのですが、これがまた厳しいルート。

距離はそんなにないのですが、真っ直ぐには行けません。
つづら折りに2回、狭い所を登ったり下りたりして、ワンドを先端に向かいます。

途中から、斜面が濡れて、表面をうっすらと海苔が覆いだしました。

・・・す、滑る・・・

山田氏はひょいひょい行きますが、私、原氏、下田氏は、付いて行くのがやっと。
この滑る斜面で、原、下田両氏は、断念。
左右の足場のいいところに釣り座を構えました。

20131201002.jpg

私がロープを持ってきていたので、この斜面に張りました。
2重にして途中、結び目を作って、ぬるぬるで手掛かりの少ない斜面をやっとの事で下ります。

そのすぐ先、今度は濡れた岩を横にへずって、波が抜ける場所を、タイミングを見て渡らなければなりません。

20131201003.jpg

ちょっと距離がある上に、滑るので、荷物をばらして一つずつ受け渡し、なんとか平坦な釣り座にたどり着きました。

山田氏がいないと私では無理!

20131201004.jpg

ワンド側に向けて竿を出します。
少しうねりが入ってて、ワンドは真っ白。
コマセを撒くと、入ってくるうねりで、表層はワンド出口に、下層はワンド奥に入る2枚潮になっています。

しばらく何も来なかったので、ワンドと反対側、外に竿を向けてみました。
下に溝状に根が入っているのが見え、サラシにコマセと仕掛けを乗せると、30mほど流したところでウキが沈みました。

木っ端でした。
触ると温かい!
昨日とは違い、ここは水温が高いようです。

山田氏は、ワンド側で粘っていますが、何度かアタリがあるも、バレていました。
何回か目に、やっと上げたのが、シマアジ。
小型ですが、こいつが来てたようです。

バレてたのは、口切れでしょう。
私もシマアジ狙いでワンド側に戻ります。
仕掛けを入れてコマセを撒くと、すぐにウキが沈むので、アワセると途中でバレ。
3回目くらいで、やっと1尾抜き上げました。

20131201005.jpg

口切れ寸前(^_^;

仕掛けを入れると、ウキが毎回沈む、入れ食い状態に入ります。

が、何やらうねりが大きくなってきました。

山田氏が3枚、私が2枚上げたところで、ちょっとでかいのが来ました。
これより大きいのが来たらやばいな、と話してたら、すぐに来ました、特大のが。

釣り座の少し下まで波が上がってきたので、山田氏が「撤収しよう」と判断。

急いで荷物をまとめ、引き返します。
が、これがまたすんなりとは行かない。
滑るので、私はよちよちとしか歩けません(笑)

私が先に行って、波が抜けるところは山田氏が荷物を持って走り渡ります。
うねりは、私が「1発来るからちょっとストップ!」「もう1発来ます!」と見張り。

なんとかロープまでやってくると、原、下田両氏が荷物を受け取ってくれました。
私より二回りも年上なのに、山田氏の体力にびっくりです。

今日、はっきりと実感しました。

昨日のウノクソのようなガレ場はスパイクシューズが有利ですが、今日のような濡れて滑るような、滑らかな岩肌は、磯タビの方が圧倒的に有利です。
場所に合わせて選択する事を、身を持って学びました。

原氏は、先ほどの特大うねりで、バッカンを持って行かれました。
竿持って上に逃げるのが精いっぱいだったそうです。
ワンド奥の高い場所だったけど、ワンドの奥の方が、影響が大きいようですね。

20131201006.jpg

下田氏は、うねりとは無縁の場所にいました(笑)

駐車場まで上がって、しばらく眺めてたら、また大きいうねりが来て、さっきまでの釣り座を洗い流しました。
山田氏の判断に敬服。そして感謝。

結局30分ほどしか釣りができませんでしたが、安全第一です。

その後、時間もあったので車で磯めぐりをしました。

行った事ない磯を山田氏に教えてもらいながら、あーでもない、こーでもないと談笑しながらゆったりした時間を過ごしたのでした。

予報よりも確実に西風が強かったです。
間鼻に行って車から降りたら、体感で風速15m。
帽子を押さえないと飛びそう。 真っ直ぐ立っているのがつらい。

他のメンバーは、全員三池港で竿を出しました。
杉浦氏がチビワサ2枚のみ。

20131201007.jpg

昨日の竹田氏のワサ41㎝・1.4kgがトップ、私のスマ39cm・970gが次席となりました。

今回の釣果です。

20131201008.jpg

小型だけど美味しいシマアジ

20131201009.jpg

脂のりのりのとろけるスマ

20131201010.jpg

やっぱりワサは刺身か?

20131201011.jpg

またムニエルにするか?
38cm・980gのメジナ

大物には恵まれませんでしたが、磯初心者には、文句のつけようのない素晴らしいお土産でした。

今回の動画です。






にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

COMMENT

イッサ #-

地磯は凄いですね。
イシダイにシマアジと。
シマアジは釣った事がないのですが、釣り上げるには口が柔らかく難しそうですね。

2013.12.05(Thu) 20:25 | URL | EDIT

楽竿作者 #5lgk84Pk

イッサさん

離島の地磯は、やはり荒れてないので、まだまだいろんな魚がいるようですよ。
シマアジ、口がアジと同じで弱いくせに、よく引くから口切れしやすいんですわ。
今週末、どっかの堤防でぽいぽいしようかと思って、今日ダンゴ材料をまぜまぜしました。
にたにたしながら(笑)

2013.12.05(Thu) 23:35 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

楽竿作者

Author:楽竿作者
釣り歴36年だけど、磯は初心者!
房総、伊豆半島、三宅島、八丈島に出かけています。

アクセス

カテゴリ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

にほんブログ村ランキング

↑