8月24日 伊豆半島 下田 赤崎

2013.07.21(Sun)

前日の夜、下田の道の駅で車中泊、明け方に起きて、すき家で牛丼の朝食。

そのまま爪木崎の方角へ車を走らせ、パーフェクト地磯ガイドに載っている駐車スペースを探します。 わかりにくかったけど、なんとか探し当て、道具を持って小道を下ります。

石鯛竿を入れた竿ケース、道具を入れたリュック、サザエとヤドカリを入れたバッカンを持って、やや急な道を下って行きます。

海岸に出ると、歩きにくいごろた石の浜を右に進みます。 でかい岩のすきまを登ったり下りたりして汗だくになり、赤崎の根元まで進むと、波打ち際を伝って赤崎に到達。

広い! 多少の凸凹はあるけれど、平らな大場所です。 先端部に行くには、溝を2か所渡りますが、潮が抜けているところもあるので、狭い場所を選びます。

先端右の方に、小学生くらいの男の子を連れた男性が釣りをしています。

気になったのは、二人とも半そで短パン、ライフジャケットなし。

というのも、今日は波は低いけど、うねりが結構あります。 私は先端中央部にピトンを打ったのですが、打ち付ける波が大きく、足元まで波が上がってくるのです。
20120824001.jpg

疲れる道程を軽装で来るのだから、地元の人なんでしょうけど、子供を連れてのその服装はないでしょう。

後ろは広いので、波でさらわれることはまずなさそうですが、落ちたら、たぶん助かりません。 私が到着して、すぐ帰ったのですが、その男性に怒りを覚えつつセッティング。

サザエをつけて仕掛けを投げ込み、底を探りますが、結構起伏があります。 全く抵抗なく、ゴリゴリ引いてこられる平らな面や、大きく落ち込んで根がかりする場所が混在しているようです。

ポイントを絞れず、打ち込んではエサ取り。 で、やはりヤツが来ました。
20120824002.jpg

その後も小さなエサ取りのアタリばかり。
こんなのも釣れました。
20120824003.jpg

カワハギの口って小さくて、石鯛針をくわえることができないのに、アワセた時にたまたま口にかかったんでしょうね。
運の悪いやつ。 
そりゃあ、こんなのがいたら、エサなんかすぐ取られますわな。
ヤドカリなんか1分と持たないし。

持ち帰っておいしくいただきました。

サザエ2キロ、ヤドカリ15匹なんかあっという間になくなって、昼前に片づけました。

帰りは潮が満ちてきて、スパイクブーツで助かりました。 シューズなら、ずぶずぶに濡れていたでしょう。
ウェーダーにする必要は全くありませんが、濡れたくないなら、長靴タイプがいいですね。

帰りの上り坂がきつい! きれいな道ですが、休み休み上り、やっとの事で車までたどり着きました。

クーラー全開で、汗でびしょ濡れの服を着替え、少し休んでから帰路につきました。



にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

楽竿作者

Author:楽竿作者
釣り歴36年だけど、磯は初心者!
房総、伊豆半島、三宅島、八丈島に出かけています。

アクセス

カテゴリ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

にほんブログ村ランキング

↑