釣りキャンプの準備 2

2014.03.04(Tue)

キャンプ釣行の準備ができたが、水曜が雨の予報なので、まだ行けない。
つまらないので、一度荷物をバイクに積んでみた。




20140303001.jpg

濡れてはいけないもの、途中で必要ないものは、シート下に入れる。

250ccのスクーターだと結構な量が入るものが多いが、150のシート下スペースはそんなに広くない。

それでも、スパイクシューズ、レインウェア、ヒップガード、キャップ、寝袋、エアーマットと、結構入った。

残りの磯バッグ、バッカン、テント、調理道具など入れたリュック、竿袋を、とりあえず積んでみる。

20140303002.jpg

積める事は積めるのだが・・・荷台が心配だ。

20140303003.jpg

バイク便用の広い荷台だが、車体とは、たった4か所のボルトで留めてあるだけだ。
その範囲も狭いので、ボルトの真上なら重い荷物でも大丈夫そうだが、端の方に載せると、そのうち金属疲労でボルトが折れるかもしれない。

磯バッグとバッカンは結構な重量だし、さらにテントや、YOU-SHIの重いちゃらんぼもある。

そこで、積載方法を変えてみた。

20140303004.jpg

新生背負子3号に、磯バッグ、バッカンを取り付け、そのまま後部シートに載せる。

60kgの人間が乗るよう設計されているはずなので、これなら安心だ。
あとの荷物は、荷台に載せた。
このくらいの重量なら全く問題ない。

20140303005.jpg

しかも背もたれになるので、こりゃ快適だ。
後ろに倒れないよう、シート前縁からベルトでしっかりと支えているので、シートに座ってぎゅうぎゅう後ろに倒そうとしても、びくともしない。

「高いと、倒れそう」というご意見を頂くかもしれないが、実はバイクはあまり横方向の力を気にする必要はない。

4輪は、カーブなどで遠心力が働き、荷物が横にずれたり倒れたりするが、2輪は傾くことでバランスを取っているため、感覚的にシートに押し付けられるような力しか感じない。

極端に言えば、水を入れたコップから水がこぼれない。

もっとも、路面のギャップや風などがあるので、ベルトやゴムひもでしっかりと固定するのは忘れない。

か・ん・ぺ・き!(笑)

あとは出発するだけだ!
雨よ、いね~っ!

まだ載せられるなぁ・・・配合粉4袋にして、クーラーも持って行こう・・・

・・・竿が邪魔だな。

ロッドホルダー作ろ。

つづく



にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

楽竿作者

Author:楽竿作者
釣り歴36年だけど、磯は初心者!
房総、伊豆半島、三宅島、八丈島に出かけています。

アクセス

カテゴリ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

にほんブログ村ランキング

↑