03月15日 三宅島 地磯 ウノクソ

2014.03.17(Mon)

14日の夜10時20分に、竹芝桟橋から東海汽船で、三宅島に向かった。
待合室はたくさんの人で賑わっていたのだが、午後10時出航の伊豆大島行きの船が出てしまうと・・・




20140315001.jpg

おい・・・三宅島には、誰も行かんのかい・・・

東京磯釣倶楽部のメンバー、山田、中村、杉浦、私の4人と、他の釣り客が6人ほど。
一般客も少なく、船の中もがらがら。
釣れてないんか?
不安にかられながら、朝5時の到着まで熟睡した。

風が強く、少しうねりもあって、伊ケ谷港に着岸。
あれ?薄木荘のバンが見当たらないな~
・・・他の客のお迎えが次々と走り去って行き、我々4人だけがポツンと港に残される。
山田氏が薄木荘に電話を入れると、迎えに行ってるとの事。
「そば屋の出前じゃないだろうな」
などと不安がっていたら、しばらくしてやっと薄木荘主人がバンでやってきた。
おい・・・

宿に着いたら、すぐに小屋から道具をひっぱり出してきて、準備をすませる。
私は単独、軽四に乗って出発。

他の3人は、三本岳に渡船するという。

20140315002.jpg

場所は、ウハウハポイント(死語?)のウノクソだ。
磯への下り道横に軽四を停め、背負子1号をかつぐ。

20140315003.jpg

下り道には朝日が差し込んでおり、気持ちのいい朝だ。

20140315004.jpg

海に出て、磯を見下ろす。
やっぱりウノクソは遠いな・・・
写真の左をぐるっと回って、歩きにくい岩場を超えて行く。

20140315005.jpg

おや、誰かがハシゴを作ってくれてる。 前はなかったのに。
ありがたや~

20140315006.jpg

少しうねりがあるものの、足場は乾いており、早速セッティング完了。

20140315007.jpg

午前7時15分、釣り開始!

20140315008.jpg

左から強い風がまともに当たる。 風速は10.4m/秒 気温9.9℃

コマセを撒いて、仕掛けを放り込む。
撒く撒く撒く、放り込む。
これを延々と続ける・・・来ん。

少しうねりがあり、足場から10mほど右で波しぶきが上がり、サラシが横から来る。
あっと言う間に仕掛けが左に流されるので、それに乗せてるのだが、サラシがない時は、仕掛けはそのまま沖に出ていく。
ん~、安定せんな~

そのうち、左のワダにカゴ師が入った。
少し沖に投げてるが、時々メジナらしき魚を上げている。

沖か?
足元から沖目まで、いろいろ投入するも、アタリなし。

時々あるのは、こんなのばかり。

20140315009.jpg

コッパから足裏サイズ。

魚が暖かい(-_-;)

回りでは、カラスがやたらと騒いでいる。
ちょっと目を離すと、バッカンまで来て、こぼれたオキアミをさらって行く。
これがうっとうしくてたまらん!

顔を右に向けると、すぐに飛んできて、顔を左に向けると、飛び退く。
ちょっと声で脅すくらいでは、動じない。

ワダのカゴ師は、地元の釣り人だろう。
オキアミがこぼれてないのか、あちらにはカラスが行かず、20~30羽くらいの集団が、私の回りでうろついている(-"-)

底物仕掛けに、イカを付けて放り込むつもりなので、集魚剤の袋の下に隠していた。
が、それをひっぱり出して持って行こうとしてるではないか!

こらぁっ!

急いで後ろに走り、追い払うと、今度はバッカンに5羽くらいが群がる。
頭に来て、竿をブンブン振り回すが、ちょっと離れた岩にタムロして、またこちらを狙っている。

完全にカラスに翻弄されている。
今度来るときは、エアガンで、BB弾撃ちまくっちゃる!
もちろん、土に還る、ナチュラルBB弾だ。
威力はないが、驚いて近寄って来んだろう。

そんな事してると、いきなりでかいうねりが来て、右から特大波しぶきに襲われた。
どど~ん!
と来て、バッカンが流された~!
1回目のコマセが、ほとんど切れてたので、軽かったのだろう。
やっべ~!

下を見ると、海面すぐ上の岩に引っかかっている。
急いでタモですくう(´゚д゚`)

ヒシャクをコードでつないでてよかった・・・
ヒシャクホルダーも、なんとか回収できた。

竿は楽竿ライトから外れなかったが、使用している方、お気を付けを!
横からの波しぶきだったので大丈夫だったけど、下からなら、竿が外れるに違いない。
ま、それは普通の竿掛けも同じだ。

これも含めて、今回のダイジェスト(笑)を動画にしてるので、記事最後のYou tubeをご覧ください。

さて、危険なので場所をウノクソの右側、ワンド向かいに移します。

20140315010.jpg

ここは風も遮られ、背中から少し吹く程度。
波も来ないので、安心。

ついでにV字谷の底なので、カラスも襲撃しにくい場所だ。

ここで心機一転!

20140315011.jpg

・・・おんなじや・・・

気分を変えて、底物仕掛けにイカを付けて放り込む。

20140315012.jpg

楽竿ライトに、石鯛竿かけてるけど、持ってる方、マネしないで下さいよ~。
想定外の使用法だよ~。

小物がつついてるだけで、針がかりしない・・・

すこしやってあきらめ、またフカセに戻る。

今日はどうも渋い。
30センチ前後のしか、喰ってこないし、喰いが浅いので、口の皮1枚に針がかかって上がってくるのが多い。
何度もバレるし。

もがいてると、やっとまともな引きが来た。
思い切って抜き上げると、40センチ位だった。

やっと来た~・・・

が、続かない・・・

カラスがいなくなったと油断してると、何やらゴソゴソ音がする。
荷物の方に振り向くと、ヤツが、ティッシュをボックスからバシュバシュ引き出しているではないか!

振り向いた途端に逃げ出したが、余計なことを~!!

コマセが切れるまでやろうと決め、夕マズメに突入。
電気ウキにして、ヘッドランプを着ける。

コマセもこれが最後!
バッカンが空になり、最後の一投を足元に入れ、ワンド中央まで流すと・・・竿先を持って行かれた!

絶対バラすもんかと大事に寄せ、ゆっくりとタモですくうと、先ほどと同サイズの尾長だった。

これにて終了。

月明かりで割りと明るかったが、ヘッドランプを2個、頭に着けて磯を上がった。

20140315013.jpg

幻想的な風景だ。
が、本人は汗だくでゼイゼイ言ってるのであった。

20140315014.jpg

薄木荘に帰って測ると、2尾とも40センチあった。

他のメンバー3人は、潮の鼻に入ったそうだ。
三本岳の渡船は、出なかったとの事。

石物は出ず、カゴでメジナが数尾出ただけだと言う。
サイズもイマイチらしい。
地回りは、調子悪そうなので、明日は三本岳に渡ろう。

今日の動画。
バッカンとヒシャク、回収できてよかった~。



何だかんだと言っても、実はかなり楽しんだ1日だった。
サイズは・・・また今度のお楽しみですな。



にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

COMMENT

斑猫 #iarYaaiU

ナイス尾長!
三宅島の標準サイズはわかりませんが、食べておいしいサイズですね。
それはそうと、楽竿ライトは底物竿もかけられるのですか!素晴らしいです!!

2014.03.18(Tue) 01:08 | URL | EDIT

楽竿作者 #5lgk84Pk

斑猫さん

こんにちは。
標準サイズというか、このくらいのが多いでしょうか。
地磯と三本岳では、一回り大きさが違うようですよ。
数は釣れなくてもいいけど、せっかくの離島ですから、サイズアップしたい~。
楽竿ライトに石鯛竿は、おやめください(笑)
作者なら壊れてもいいですが、一般の人がやって壊れたら、クレームが来ます(爆)
あの舞い込みには、部材が持ちませんよ~

2014.03.18(Tue) 18:55 | URL | EDIT

すぎ #O5sb3PEA

初コメです

はじめまして。
三宅に八丈、楽しそうですね~。
行きたくなっちゃいますよ。
釣りに行けない事情があり、その分他の方の釣りブログ拝見して興奮してまして…今後も期待してます。

2014.03.19(Wed) 10:04 | URL | EDIT

楽竿作者 #5lgk84Pk

すぎさん

こんにちは。
ご訪問ありがとうございます。
楽しいですよ~、釣果が伴えばもっといいんですが(-_-;)
こんなブログですが、楽しんでいただければ、うれしいです。
テクニックや、いかに魚を釣るか、という内容は、一切出てきません。
持ってない男なんで(笑)

2014.03.19(Wed) 16:46 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

楽竿作者

Author:楽竿作者
釣り歴36年だけど、磯は初心者!
房総、伊豆半島、三宅島、八丈島に出かけています。

アクセス

カテゴリ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

にほんブログ村ランキング

↑