5月24日 山形県 飛島へ

2014.05.27(Tue)

たまには真面目に書かねばならぬ。
今回、お笑いは「ナシ」だ。

23日の夕方、羽田より庄内空港に飛んだ。
全磯連(全日本磯釣連盟)の第48回全国支部連合研修会があるのだ。

東京磯釣倶楽部からは、3名参加予定だが、予定してた浜田氏が体調不良のため、私が代わりに行く事になったのだ。

飛島では、オキアミ等のエサを買えないとの事だったので、夕方に酒田市内の釣具屋で買い足す。
港近くの根上(ねあがりと読むらしい)釣具で、話を聞いた。
磯からマダイが釣れるとの事で、タナとか仕掛けの情報を教えてもらい、コマセを明朝取りに来る事にした。

酒田駅前の居酒屋で酔ってから熟睡、翌朝コマセをピックアップして、8時に飛島行きの客船乗り場に着いた。




20140524001.jpg

全磯連の受付を済ませ、IDとチケット、頼んでおいたエサ類を受け取る。

20140524002.jpg

準備が終わったら、団体の荷物はパレットに積まれて、船の甲板へ。

20140524003.jpg

飛島へ行く客船だ。
船員に話を聞くと、冬は荒れた日が多くて、欠航が多いと言う。
一週間、孤立状態になる場合もあり、その時は海上保安庁の巡視船が物資を運ぶそうだ。

午前9時、酒田港を出た。

20140524004.jpg

沖にある?堤防には、すでにたくさんの釣り人が乗っている。
何を狙っているかわからないが、これだけ乗っているのだから、釣れているのだろう。

20140524005.jpg

ほとんど揺れる事もなく、約1時間15分で、飛島に着いた。

どこの島も、船の発着には、お巡りさんがいるのね。

20140524006.jpg

無料の観光用自転車が置いてある。
シャビシャビのが多いが・・・これはありがたいですな。

歩いて今夜の宿、沢口旅館に行く。
荷物は旅館の軽四で運んでくれた。

20140524007.jpg

旅館の前が港で、そこの屋根下に釣具を置き、高野、竹田氏は沖提に渡してもらうとの事。
さっそく釣りですか~

私は島内を見て回りたいので、無料の自転車にルアー竿を持って観光に出かけた。

20140524008.jpg

ここは島内で水道を作っているようで、電気も火力発電だ。
周囲約10キロ、人口は二百数十人の小さな島。

20140524009.jpg

発着所のすぐ近くに、海釣り公園があった。
これは細長い桟橋のようなもので、両側から釣りができる。

20140524010.jpg

その先、先端には浮いた円形の釣り場がある。

20140524011.jpg

中央の螺旋階段を下りると、海中展望ができる。

釣りの足場が窓のすぐ上にある格好だが、これに貝や海藻がくっついている。
目に入ったのは、中型のイシダイ。
3尾いたが、これがこの天井をつついている。

20140524012.jpg

写真が逆さまなのではなく、イシダイがひっくり返っているのだ。
この格好で、天井をつついていた。

ん~、釣ってやりたい(笑)

海釣り公園のすぐ上に、見晴らしのいい丘があったので、登ってみた。

20140524013.jpg

島の中心部だ。
右の沖提に釣り人が数人、渡っているようだ。

島の中央を道路が走っているので、登りだが通ってみる。
立ち上がってこぐのを、ダンシングと言うらしいが、もう何年もやってないような気がする。
おっさんが踊っている姿を想像しないように。

20140524014.jpg

のどかな道である。
こんな装備で走ると、中学、高校生の頃を思い出す。

20140524015.jpg

こういう標識がいたる所にある。
バードウオッチングの人だろうか、双眼鏡やカメラを持って歩いている。

20140524016.jpg

法木という港に来た。
・・・人がまったくいない・・・

20140524017.jpg

一つだけルアーを持って来た。
スナップを忘れたので、直結び(-_-;)

2~3回投げると、何かが追って来た。
小さい青物だろうか、ルアーの回りを3尾がまとわりつく。
リーダーラインにバシバシ当たるが、じゃれているのか、喰いつく様子はない。
お前ら~・・・

20140524018.jpg

少しだけ投げて遊んだあと、また自転車で走ってると・・・
「お花畑と自転車と釣竿」

枝道から徒歩で展望台や磯に出られるようだが、無視する。
700mとか1.7キロとか書いてあったら、行く気がなくなる。
しかもアップダウンがあるようだし。

20140524019.jpg

少しすると、ゴミ処理施設とある。
たしか地図では、火葬場だったような気が・・・
まさかな~(^^;
などと変な事を考えてたら、旅館近くの海岸まで戻って来た。

20140524020.jpg

浅場は海草でいっぱい。
こりゃ釣りにはならんな。

20140524021.jpg

今夜の研修会会場のドアガラスに映る自分の写真。
こんややつ、だれもおらんかったぞ、島内には。

20140524022.jpg

宿に戻る少し前の道沿いに、テキ穴という所があった。

解説板によると、昭和39年に中から平安時代の人骨が22体発見されたそうな。
こんな集落のそばで?
それまで見つからなかった?

20140524023.jpg

何やら恐い想像をしながら中に入ると、電気があるのでうっすらと見える。
入り口から少し入った所で、後ろから「おおんっ」と音がしたので、飛び上がった。

今日は風が強かったので、それが穴の入り口で音をたてたのだろうが、びっくりしたぜ!

今日は、中に入るの、やめといてやるわ!(爆)


宿の前まで戻り、明日の釣り支度をしていると、渡船で高野、竹田氏が帰って来た。

20140524024.jpg

フグばかりだったそうだが、高野氏2本、竹田氏1本のワカシとイナダを釣って来た。
そのままクーラーに入れようとしたので、内臓とエラを取ってあげた。

20140524025.jpg

宿の窓からの光景。
向うに鳥海山が見える。

宿の主、荒磯丸の船長から、飛島から見る鳥海山を、鳥海富士という、と聞いた。
なるほど、すそ野が広く、わかる気がする。

20140524026.jpg

研修会という名の懇親会である。

鵜沢氏が来て講演する予定だったらしいが、ダイワのなんちゃらがあるので、欠席したそうだ。

会長やお偉いさんの挨拶、乾杯、飛島の釣り場ガイド、地元アトラクション、抽選会などが行われた。
食べきれないほどのご馳走とお酒で、楽しく過ごさせていただいた。

東北支部のみなさん、ご苦労様でした。
楽しい時間を、ありがとうございました。
あとは明日の釣り大会ですな。

宿に帰って、関東支部に割り振られた磯を、みんなで磯割りする。
悪天候で乗れない場合も考慮に入れ、手際よくベテランがさばいていく。

私は見てるだけ。
みんな初めての場所なので、どうせどこへ乗ってもわからん(笑)

明日は一便が3時半。
みんな早々に寝たのであった。



にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

COMMENT

カナリアブルー #-

真面目な記事ありがとうございます。
明日は、関東人の底力で大物を期待してます。
頑張って下さい。
結果楽しみにしています。

2014.05.27(Tue) 20:30 | URL | EDIT

斑猫 #iarYaaiU

つい数日前、私に磯釣りを教えてくれた名人の一行が
飛島へ向かったそうですが、船が出ず・・・。
そのまま飛行機で大阪まで帰って来たそうです。
出船で来てよかったですね~~。

2014.05.27(Tue) 22:50 | URL | EDIT

楽竿作者 #5lgk84Pk

カナリアブルーさん

こんばんは。
次の日の記事も書こうと思ってるんですが、時々記憶が飛びます。
疲れが残ってて、PCに向かうと10分で気絶します。
今日はもう寝て、明日書きます~
結果は・・・明日か明後日(笑)

2014.05.27(Tue) 23:25 | URL | EDIT

楽竿作者 #5lgk84Pk

斑猫さん

こんばんは。
それはそれはご愁傷さまです。
マダイ狙いでしょうかね~
今回ホスト役の東北支部の方たちも、天候が気になって胃が痛くなったという話を聞きました。
なかなか渡れない場所だそうですね。
私たちはラッキーでした(^O^)/
数日前と言えば、平和卓也氏が釣りビジョンの撮影で渡り、五十数センチのマダイを釣り上げたと船長が言ってました。
6月放映だそうです。

2014.05.27(Tue) 23:35 | URL | EDIT

すぎ #O5sb3PEA

のどかな風景ですね~

由緒正しい日本の風景って感じです。
たまには岡の景色に癒やされるのもいいですね。
下田抜けて下賀茂に向かう道からマーガレットラインにかけての風景が好きです。山里から海に抜ける感じが最高!
来週、船釣りですが子浦に行くので景色見たさに前日前乗りしようかな。

マダイ記事、待ってますよ~( ̄∇ ̄)

2014.05.28(Wed) 00:19 | URL | EDIT

楽竿作者 #5lgk84Pk

すぎさん

こんにちは。
下田からマーガレット、まさに私がいつも通ってる道だ~。
帰りに夕陽を見ながら走ると最高ですね。
子浦って、妻良ですか?
私、船釣りは酔うので苦手です・・・
マダイ・・・またハードルを上げないでくださいな(^^;

2014.05.28(Wed) 10:31 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

楽竿作者

Author:楽竿作者
釣り歴36年だけど、磯は初心者!
房総、伊豆半島、三宅島、八丈島に出かけています。

アクセス

カテゴリ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

にほんブログ村ランキング

↑