6月08日 三宅島 三本岳 マカド

2014.06.14(Sat)

朝3時に目が覚めた。
昨夜は8時には寝たので、7時間は睡眠をとった事になる。

濡れて動かなくなったカメラを試すと、おお、写るではないか。




20140608001.jpg

みんな昨日の雨で濡れた服を、吊るして乾かしていた。
おっさんばかりなので、部屋に加齢臭が充満しているはずだが、全員自分が発生源なので、だれも気が付かない。

あ、あれ?
カメラの動作がまだおかしい・・・あかん。
再度バッテリーをはずして、乾燥させる事にした。

で、今日はカメラなし。
そのかわり、ソニーのアクションカムを頭に着け、映像を撮る事にした。

朝4時半に朝食を食べ、準備万端。
5時過ぎにみんなで車に乗り、港へ向かう。

20140608002.jpg

昨日とは打って変わり、晴れて青空が出ている。
まだうねりが残っているみたいだが、船は出るようだ。

私も今日は三本岳に乗る事にした。
波の影響で、今日はマカド限定らしい。
6時に出船だ。

20140608003.jpg

三宅の渡船は、チャカ付けせず、飛び降り、飛び乗りだ。
何人かが先に降り、船から荷物を放り投げる。

テラスには竜宮会、本場には正鱗倶楽部の人たちが入る。

私と山田氏は、ここでいいや~、と、チャカ場の裏本場に陣取った。
横着者コンビである。

潮が右から沖に流れ、正面はクルクルと回って淀んでいる・・・ダメやん、ここ(^^;
山田氏は、カゴを流れまで飛ばす。
私のフカセ仕掛けでは遠投できないので、手前を釣るが・・・

コマセを撒くと、水面まで魚の大群が出てくる。
もちろん、イスズミだ・・・どっか行けや~!

すぐに喰いついて、竿を絞るが、疲れるだけやんか!

20140608004.jpg

山田氏のカゴには、アタリが出るが、すぐにバレてしまう。
ようよう上がって来たのは、小型だがシマアジだった。
バレてたのは、口切れだったようだ。

そのうち不気味なデカい魚体が見えるようになった。
おい~、サメやんか~

山田氏のシマアジ、最初の2尾が上がっただけで、あとはサメにやられて取り込めない。
昨年もそうだったが、これが居ついてから、あまり三本に渡る気がしなくなったんだわ・・・なんとかしてくれ~、漁協さん。
私も含めて、三宅に来る釣り人、ますます減るよ?

表層はイスズミが右へ左へ、足元から沖手前まで、縦横無尽に走り回り、その下にはサメがウロウロしている。
すっかりやる気が萎えた私は、あきらめてブラブラと見て回る事にする。

本場、テラスと、石物師が多数竿を出しているにも関わらず、釣果が悪いようだ。

20140608005.jpg

おりょ?
チョンボリにだれもいない。

朝のうねりもなく、乾いてるじゃないか。
もう時間は8時半過ぎだから、磯上がりまで1時間半しかないが、ここでやってみるか。

20140608006.jpg

がぜんやる気になって、荷物をチャカ場に残し、最小限のものだけ持って釣り座を作る。

左からの潮が速く、仕掛けを入れると、あっという間にチョンボリ先端を右に回り込んで、はるか向こうに・・・(^^;

コマセを足元左のサラシに撒くと・・・
わらわらわら~っと、イスズミの大群が・・・(-"-)

20140608007.jpg

すぐ喰いついてくるし(-_-;)

たまらず、流れの外側に仕掛けを入れて、コマセ筋の向うを流す。
当然、何も来ませんわ。

手前筋にコマセをドカ撒きし、少しだけ向うにこそっと打ち込む。
イスズミに見つからないように・・・こそこそ。

20140608008.jpg

小型だけど、だいぶ流したとこで、やっとシマアジが釣れた~

同じように流してると、はるか向こうでウキが沈んだ。
竿を上げると、おお、重い!
でも釣り人なら誰でもわかる確信が・・・
「これ、無理やわ~」

案の定、チョンボリ先端の根でハリス切れ。
全然浮いてこんかった~

悔しくて同じ筋を流すと、またはるか向こうでウキが沈んだ。

よっしゃ~! 今度こそは!


・・・魚がくるくる回りながら飛んでくる。
飛ぶなぁ! 

20140608009.jpg

お前か・・・

タカベが来た時点で時間切れ。
もっと早くチョンボリに入っとけばよかった~!
10時半に迎えの渡船が来て、港に帰った。

共栄荘が検量所なので、釣った魚はここへ持ち込む。
みんな釣れてないみたい。
小さめのワサしか見かけない。

みんなの目が他に移った時を見計らって、こそっとシマアジを測ってもらった。

38センチ 650g (T_T)

まあ、食べる分には、ええやろ・・・
昨日の地磯の方が、釣果がいいなんて(;_;)
サメがいなくなるまで、もう三本岳には渡らん!

薄木荘に帰って、帰り支度をし、シャワーを浴びる。

12時に3会が薄木荘に集い、バーベキューだ。

20140608010.jpg

各会の代表があいさつをし、乾杯!

20140608011.jpg

3会の代表と受賞者

今日の成績
1.イシガキダイ 2.03キロ 正鱗倶楽部 河田氏
2.イシガキダイ 1.26キロ 竜宮会 木村氏
3.イシガキダイ 1.07キロ 竜宮会 菊池氏
4.イシガキダイ 1.02キロ 竜宮会 山川氏
5.イシガキダイ 0.83キロ 正鱗倶楽部 中川氏


ん~、めっちゃくちゃ厳しかったみたいだ。
31人もいて、三宅島でイシダイが1枚も上がらんなんて、珍しい。
ワサも、このサイズだし・・・

「三本岳に乗って、こんなの初めてじゃ。」
※昭和34年から三宅島に来ている、竜宮会の小川氏談

たらふく食べて、14時20分発の東海汽船で東京に帰ったのだった。
しばらく三宅島はお休みにするかな・・・暑いし。



にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

COMMENT

すぎ #O5sb3PEA

お疲れさめでした

シマアジを奪い取るなんてなんて悪党なんでしょう!
サメのやつ、美味い魚、型の良い魚を奪っていきますよね(-_-#)
そろそろ夏の海が近づいてきたのかなぁ。

2014.06.14(Sat) 13:09 | URL | EDIT

楽竿作者 #5lgk84Pk

すぎさん

こんにちは。
山田氏が言ってました。
「サメの野郎、イスズミをかけたときは、途中でUターンして喰いやがらねえ。 シマアジだけ、かっさらって行くから腹立つ!」
あの場を離れてよかった(爆)
しばらく三宅はお休みします(-_-;)

2014.06.14(Sat) 17:35 | URL | EDIT

斑猫 #iarYaaiU

サメはほんまに面倒なんですね。
八丈島の船で60キロのサメを釣ったときの悪夢が
蘇ってきました^^;

2014.06.15(Sun) 22:31 | URL | EDIT

楽竿作者 #5lgk84Pk

斑猫さん

こんばんは。
あんなもん、釣ったんですか(^^;
お願いですから、もっと釣って下さい(爆)

2014.06.18(Wed) 00:03 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

楽竿作者

Author:楽竿作者
釣り歴36年だけど、磯は初心者!
房総、伊豆半島、三宅島、八丈島に出かけています。

アクセス

カテゴリ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

にほんブログ村ランキング

↑