10月23日 能登半島 狼煙漁港

2013.07.22(Mon)

能登半島にやってきました。

七尾市に用事があり、東京から車で行ったんですが、いっちょ、石鯛でも釣りに行くか!と、出発前に調査をしたところ・・・ダメっぽい。

地元の釣具店に電話して聞いたんですが、

・以前は石物師がいたが、今は高齢化してほとんどいない。
・エサは自分で調達しなければならない。

ということでした。 輪島とか日本海に面した磯か、フェリーで沖の島(名前は忘れました)で狙うらしいのですが、今は狙っている人をほとんど見ないし、エサのサザエは、漁協か魚屋で買うしかないとの事でした。

石鯛は断念し、エギの道具を持って能登半島にやってきました。

七尾市の上州屋を覗くと、品揃えが関東とは少し違います。 店員に、カゴ用の仕掛けやウキがないか聞いたところ、こちらではカゴ釣りはほとんどやらないとの事。 ん~、地域で釣り方が違うんですね~

夜7時ごろ、珠洲市の日本海側に出ると、ものすごい風で、海も荒れ狂っています。 こりゃ釣りにならんわ~

海岸沿いを走り、半島の先っちょの狼煙(のろし)という所で漁港を見つけ、ここに入りました。

漁港と言っても、かなり大きくりっぱな港です。 港内は波もなく、静かです。

街灯のあるところに車を停めると、おお、地面にスミの跡が!

20121023003.jpg

外に出ると、やはりここもまだ風が強く、竿を出すかどうか迷いましたが、まあちょっとだけ・・・

風が背中から吹く位置なので、エギは楽に飛びます。 風で飛びすぎるくらい。

3投目で、釣れました。 堤防から2mほどの、すぐ足元でした。

20121023001.jpg

今まで、イカは釣ったらそのまま持って帰ってましたが、最近のネットを見ると、〆るのが流行っているみたいなので、私もやってみました。

目と目の間にナイフを入れると、ありゃ、体の半分しか色が変わらない。 もう一度ぐりぐり刺すと、やっと全体に色が消えました。

20121023002.jpg

再開すると、またすぐに釣れます。 アオリイカの魚影が濃いですね~

こいつも〆て、そろそろ帰ることにします。 ものすごい風がさらに強まり、体を斜めにして立っているような状況です。 しかも、街灯があるものの、だ~れもいない・・・何やら不気味です。

エギを回収して水面から上げたとたん、「ぶちゅちゅ~!」

足元まで追って来てたようです。 まだまだ釣れそうですが、さっさと撤収しました。

車の外に出ていた時間は30分ほど。 非常に効率のいい釣りでした。

一泊して次の日東京に帰り、甘辛液でさっと煮つけて食べました。 こりこりして大変おいしゅうございました。



にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

楽竿作者

Author:楽竿作者
釣り歴36年だけど、磯は初心者!
房総、伊豆半島、三宅島、八丈島に出かけています。

アクセス

カテゴリ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

にほんブログ村ランキング

↑