10月20日 三宅島 新鼻(ニッパナ)

2014.10.26(Sun)

午前4時に起き、おにぎりを持って5時前に出発。




20141020001.jpg

5分ほど走って、ニッパナの駐車場に到着した。

まだ暗いので、途中で海の様子をうかがう。

20141020002.jpg

タバコを吸いながらニッパナとシンズシロを眺めて、どちらに入るか悩んだ。

右上の光は、三宅を出て御蔵島に向かう橘丸だ。
風も波もあまりないので、低い磯だが、ニッパナに入ることにした。

20141020003.jpg

先端手前に荷物を置くが・・・イスズミの死骸が・・・ふ、不吉な!(-_-;)

ここで1時間、先端を観察する。
ニッパナは事故がたくさんあった場所と聞いているからだ。

波が来ない場所を確認し、チャランボを打って釣り座を作る。

20141020004.jpg

6時半、釣り開始!・・・しようとしたら、付けエサ忘れた~!

見渡す限り、人っ子一人おらず、道具をそのままにして、走って車に戻る。
宿まで飛ばして付けエサを取りに帰った。

ゼイゼイ言いながら釣りを開始したのは、午前7時過ぎであった・・・

20141020005.jpg

ニッパナとニッパナハナレの間、激流を期待していたのだが・・・全く潮が動いてない(+o+)

コマセを打って仕掛けを入れると、エサばかり取られる。

20141020006.jpg

ギンユゴイって言うんだっけ、この魚(-_-;)
針はずそうとしたら、トゲがあって痛いではないか!

そのうち、エサをひったくって行く魚が湧いてきた。

20141020007.jpg

引くのは楽しいが・・・

20141020008.jpg

うっりゃ~っ!

抜き上げる!

べちゃっっ! びちびちびちぃ~ ぶちゅちゅちゅ~

20141020009.jpg

派手にババを吹き出すこいつじゃぁ!

入れ喰いやんか(ToT)

小さいシマアジも来たが、時々ハリスがバツンと切られる。

サメがいるのかと不安になったが・・・


日が高くなり、水中が良く見えるようになると・・・

おわっ!
やはりサメがおるではないか!

デカいのと小さいの、2匹が見える。
デカいのは、私よりもはるかに大きく、まるでアントニオ猪木を5人、ヒモでまとめたような感じだ。
デカいからノロいのかと思いきや、水中をビュンビュン走る。
は、速い・・・

コマセを打つと、その下をうろつき、釣針にかかる魚を待っている。

イスズミが釣れて暴れると、猛スピードで追いかけて来るが、寸前でUターン。
シマアジが暴れると、本気でチェイスしてくる。

選ぶな!貴様~っ!



イスズミはきっと、針にかかって暴れてる時、ババを噴出しバリヤーを張ってるに違いない。


子ザメ 「あ、とうちゃん、イスズミが暴れてるよ! 食べていい?」
親ザメ 「あれは、くさいから食べない方がいいんだよ。 それよりほら、あっちの魚にしなさい。シマアジとかメジナとかの。」


おのれ~親ザメ~! 余計なことを教えるでないわ!


などと一人芝居をしながら、水道中央にコマセをバンバン入れ、あっちゃの磯際にこそっと打つ。

それでも見つかって、シマアジを喰われる。
どう抵抗しても、好きなようにラインを出される。
釣竿などで太刀打ちできるわけもなく、なすすべもなく走られてハリスが切られる。

マルキューさん、「ふぐバイバイ」だけじゃなく、「サメバイバイ」を作ってくれや!

いかん・・・釣りにならん・・・

だいたい、おかしいだろ。
普通の魚は、エサに違和感があれば、口から離すぞ。
なぜサメは離さんのだ!


20141020010.jpg

小さいが、シマアジが4尾釣れてちょうど家族分あるので、これで終わりにしよう・・・

え?メジナ?

20141020011.jpg

こんなんしかおりませんわ(ToT)

午前9時に納竿。
実質、1時間半しか釣りをしなかった・・・

相変わらずカラスがうるさいので、帰りにコマセを完璧に洗い流してやった。
バッカンに残ったコマセは、薄木荘の冷凍室に入れとくのだ。


20141020012.jpg

釣り座を空けると、すぐに群がって来たが、何も残ってないので、うなだれておる。
ざま~みさらせ!(笑)


しかし、このサメ、なんとかならんかな~
三宅島は、ダイビングや釣り客での収入がけっこう多いはず。
せっかく来て、サメがいたら、釣りにならず。

デカい魚ほど、暴れてなかなか上がって来ないので、喰われてしまう。
この様子じゃ、もし離島に行ってみたいと新しい人に言われても、三宅島に連れて来るのをためらってしまうな~。
たぶん他の島を選択しますな。
地磯ならまだ移動する事もできるが、三本に渡って、サメがいたらもうお手上げだし。
サメ対策で、磯際ばかり狙うのも、あそこまで行ってやりたくないし~。

サメの駆除を、「本気」で考えてほしい。
コマセに寄って来るようなサメは、明らかに釣針にかかった魚を狙っているのだから。
私が三本にほとんど行かないのは、あそこも同じ状態だからだ。

東京都から漁業被害対策としてサメの駆除費が予算計上されているが、島の大きな柱である観光(釣りはその中でも大きい)対策としても考えてほしいものだ。

写真見たけど、ハンマーヘッドがおるではないか(-_-;)
ダイバー襲われんのかな~?
ニュースになりませんように・・・


渡船の船頭も・・・
三本まで行って、乗れない状況なら、港に引き返して同じ料金取るんじゃなく、地磯回りのどこかに上げるとかしてほしいの~。
サービス業だと自覚してないのだろうか。 してないんだろうな~。
今の伊豆半島の船頭たちとは違い、時代に取り残されたような感じだ。

三本岳という名礁の上にアグラをかいちゃイカンと思うのだが・・・

ただでさえ、チャカ付けせず、飛び乗り、飛び降り、荷物放り受け渡しで敬遠する釣り人が多いのだ・・・
「この潮なら、上物ならここがオススメ、底物ならあそこがオススメだ。」などと釣り人の身になって考える船頭が伊豆にはいるよ?


と、三宅島に対する過激なうっぷんを書いて、ウサを晴らす(^^;
まあ、それで人が少ないから、荒れないのだ!と、いう方針なのかもしれん(笑)


今回、レマーレVを堪能する事ができなかったので、次回までお預けですな。
ただ、細くて大変扱いやすかった。
縮めた状態では、手持ちで楽々取り回しできるし、今までの磯竿のグレードアップというのではなく、全く別の感覚だった。
反発力が大変強く、細身で風の影響も少ない。
大型の尾長をかけてみないとわからんけど、ラインだけは、絶対太いのを使いたいと感じましたな。
また来月や~。


20141020013.jpg

昨日帰った古川会長から、ワサを1枚頂き、けっこうなお土産ができた。

あれ? メジナがおらん。
どこへ行った?

・・・最初からおらんわい・・・(ToT)

10時には薄木荘に帰って来たので、ウロコと内臓を落とし、シャワーを浴びてゆっくりと帰りの準備をした。

20141020014.jpg

杉浦氏は、シオノハナに入ったそうで、4キロくらいのホンイシがかかったそうだ。
あそこを一人で上げる事ができず、竿が折れてしまったとの事・・・お疲れさんです(笑)

20141020015.jpg

以前より帰り時間が早まった橘丸に乗って、8時前には竹芝桟橋に到着。

今日は平日なので、地下鉄が混んでるだろう・・・という事で、杉浦氏の車で保谷の駅まで送ってもらった。

20141020016.jpg

池袋行きは通勤とは反対方向なのでガラガラ。
荷物の上に魚くさいタオル、チャランボの頭が刺さったカートなど、人がいっぱいの電車には乗せられんが・・・
このタオル、洗わずに発酵させて、チカンの顔面に押し付けちゃるか。

20141020017.jpg

腹が減っていたので、帰ってからすぐに、ホシカイワリとツムブリをさっと捌いた。

20141020018.jpg

ツムブリの脂がすごくて、手がベトベトテカテカに・・・

20141020019.jpg

脂の層が白いですわ~

ツムブリ、脂が少なく上品な味・・・とネットには出ている。
どこが脂が少ないんじゃ!
でもハマチの乗りとは違って、上品な味というのは、わかる気がする。

この脂のせいで、ホシカイワリの味がわからんくなった(^^;


20141020020.jpg


お酒と刺身でいい気分になり、アラを澄まし汁にして美味しく頂いた。

魚の脂をたくさん摂ったから、少しは血管年齢が若返ったか?


20141020021.jpg

次の日、ワサは刺身に。

20141020022.jpg

刺身を取ったあとは、アラ煮。

20141020023.jpg

一人1匹のシマアジの塩焼き。

20141020024.jpg

ど~んと、ホシカイワリの塩焼き。
マアジの3倍ウマいですな(まだ言う(笑)


オーソドックスな料理ばかりだが、素材がいいので工夫がいらんかった。

もう一尾のツムブリとホシカイワリは、家内の実家に引き取られて行った。



来月からは、メジナとスマが来るだろう!(願望)




にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

COMMENT

カナリアブルー #-

釣行お疲れ様でした。
本当にメジナ釣りたいですよね
半島周りもまだ早い感じで、シーズンインが待ち遠しいです。
外道でも美味しい魚ばかりですね

2014.10.27(Mon) 17:43 | URL | EDIT

偽チヌ師 #jGOHMugs

美味い魚ばかりですね!

こんばんわ。秋磯開幕ですね。美味しそうな魚ばかりで素晴らしいお土産ですね。
関東来てから磯が遠くなりましたが、休みとって私も挑戦しに行きたいです!

2014.10.27(Mon) 19:50 | URL | EDIT

楽竿作者 #5lgk84Pk

カナリアブルーさん

こんばんは。
伊豆半島もメジナもう一つみたいですね。
もう少し水温が下がった来月あたりでしょうか。
それまでダンゴ握ってますわ(^^;
私はあんまり青物に興味ないんですが、スマだけは欲しい(笑)

2014.10.27(Mon) 21:40 | URL | EDIT

楽竿作者 #5lgk84Pk

偽チヌ師さん

こんばんは。
秋からおいしいお魚が増えるので、これからが楽しみです。
神津島なら、下田から日帰りで行けますよ~
一緒に行きますか~?
泊まりなら、式根島に行きたいと思ってます~
はっ・・・イカダも調べないとイカン(笑)

2014.10.27(Mon) 21:58 | URL | EDIT

yukimaru #HYjkyH3s

涎が・・・

楽竿作者さん こんにちは。
楽しく拝見いたしました・・・。(笑)

カイワリ系・・・以前はこちらでもよく釣れていましたが、永らく釣っていません。
お造りに澄まし汁に焼物・・・とても美味しそうですね。
画像を拝見して、そろそろ始動したくなりました。V(`∇´)V
 

2014.10.29(Wed) 11:01 | URL | EDIT

楽竿作者 #5lgk84Pk

yukimaruさん

こんにちは。
瀬戸内ではカイワリ、釣った事なくて、こちらに来て初めて知った魚です。
美味しくてびっくりしたのを覚えています。
デカいダツ、一度食べてみてもよかったかな~と、リリースしたのを後悔しています。
これからおいしい魚が釣れるし、そろそろアオリ君と縁を切って始動してください(笑)
と言いつつ、今からダンゴ釣りに出かけるのに、エギもバッカンに忍ばせているのでした(爆)

2014.10.29(Wed) 12:50 | URL | EDIT

ぽんた #-

おいしそうですね

こんにちは、ぽんたです。
おいしそうな写真ばかりですね。
ツムブリは脂が少なくおいしくないと聞いていたのですが、ぜんぜん違いますね。
しゃぶしゃぶにしてもおいしそうですね。
来月は三宅島に行きますので、是非とも釣って食したいです!

2014.10.29(Wed) 12:56 | URL | EDIT

楽竿作者 #5lgk84Pk

ぽんたさん

こんにちは。
メジナがおらん代わりに、喰ってやりました(笑)
ツムブリ、今が旬なんですかね~
皮を引く手が滑って滑って(^^;
5切れあれば、刺身定食できるほどウマかったですよ。

でも来月からはスマですね、ス・マ!(爆)
私は15,16日に行く予定です!
それまではクロダイで楽しみます。
今から下田へ行って来ま~す。

2014.10.29(Wed) 13:16 | URL | EDIT

久P #-

お久しぶりです。
南九州も秋磯序盤はシマアジが入食いで楽しんでいます。

高水温でグレはまだ時期尚早な状態です。

しかし、関東の瀬渡しの状況は大変ですね。九州では釣客本位での対応をしないと客は来ません。
従って、瀬付けでは絶対に船を押し付けて離さないし、釣れてない瀬には渡さない渡船が大半です。
大型渡船ならポーターが荷物の受け渡しをするのは常識的となっているのとは実に対照的ですね。
関東の磯釣りの為にも改善して頂きたい点ですね。

2014.10.30(Thu) 19:22 | URL | EDIT

楽竿作者 #5lgk84Pk

久Pさん

こんにちは。
お子さんとの釣行、羨ましく拝見しております。
こちらでも、きちんとチャカ付けする渡船が多い中、三宅島のそれは時代から遅れていると感じます。
東京や横浜の港に「アジカ出張所」みたいのが出来れば、連日満員になると思うのですが(笑)
島に渡って、宿泊して、さらに渡船代を払う・・・大変高額になり、釣りの時間も少ない。
サメがいて釣りにならなきゃ、もう二度と来ないですよね・・・
若い人があまり入って来ないのもわかります。
普通の勤め人には、無理ですもん。
伊豆半島にも待遇が悪い渡船があったそうですが、淘汰されて今はいないようです。
サービス業なんだから、当然と言えば当然ですね~
西の世界を一度見てみたいです。

2014.11.01(Sat) 13:58 | URL | EDIT

夢釣人 #mQop/nM.

こんばんは!
渡船の料金等の件は、僕も同感です。
サメ問題もそう。
ただ、渡れる沖磯が三本以外では少なく、全てが阿古側なので、南西の風などでは三本以上に渡れなくなります。
サメは、駆除するにはデカすぎるので、何度か僕らも挑戦しているのですが、上手くいかないんです。
いっそ「サメ釣り大会」が一番手っとり早いかな?と思います。

今年のツムブリは、小ぶりでも脂の乗りがいいらしいですね。昨年までは80cmくらいないと、脂が無かったのですが・・・
こんなチャンス、滅多にないので、美味しく食べられて羨ましいです。

それから、サメが一番好きなのはシマアジ!
これは事実です。
あと、サメを見て大喜びするダイバーも多いので、駆除作戦は企画段階からモメるかも知れませんね

2014.11.04(Tue) 20:46 | URL | EDIT

楽竿作者 #5lgk84Pk

夢釣人さん

こんばんは。
そうですか、いろいろと難しいんですね・・・どうも悪循環に陥っているようで、自分の事ではないけど心配になります。
特に底物師はだいぶ高齢化が進んでおり(笑)、三本まで行って渡れない時は、沖磯じゃなくても行くのがしんどい地磯に渡してほしい希望者がいるんですよ・・・同じ金額支払って港に帰るなら。

ダイバーの心境はわかりませんが、そういう事もあるんですね~
恐くないのかな(^^;
門外漢なんで深くは踏み込めませんが、こういう声もあるという事で・・・
島にとって一番いい方法を採って、「おいおい、三宅島へ行ってみようぜ!」という人が増えるといいですよね!

2014.11.05(Wed) 00:58 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

楽竿作者

Author:楽竿作者
釣り歴36年だけど、磯は初心者!
房総、伊豆半島、三宅島、八丈島に出かけています。

アクセス

カテゴリ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

にほんブログ村ランキング

↑