尻ふき紙

2014.12.09(Tue)

釣りは野外の遊びである。

一部の釣り場を除いては、トイレのない場合がほとんどであり、急な腹痛は、釣り人ならば誰もが恐れる生理現象であろう。

渓流、湖沼、堤防、磯においてそれぞれ、用を足す場所の選定が肝要であるが、どこであろうと必要なものがある。




紙だ。


もし紙がなければ、葉や海藻を使う事になるが、どれも尻穴にはやさしくない。

切れ痔の人にとっては、傷に塩をすりこむのと同じである。

最近はどこの家庭でもウォシュレットが広く使用されているため、紙の用途は、ババを拭き取るよりも、吸水力を重視したものが多い。

普段、紙で尻穴を何度も往復して拭き取る作業がなくなったため、粘膜が弱体化していると感じるが、その問題はまた別の機会に考察したい。(するのか?)

さて、携行する紙であるが、今まではこのようなものを使用していた。

20141206001.jpg

・新聞の束を回収してもらった際、渡される安物トイレットペーパー。
・タバコをカートン買いした際、おまけでもらった安物ボックスティッシュ。


安物紙をケチって薄くした時は、気を付けないとすぐに破れる。
薄い紙でぬぐっている際、破れてしまい、指で尻穴を拭いてしまったという経験を誰もがお持ちだろう。
湿気に弱く、ボソッと破れてしまう、あれだ。

そんな時は、だいたい中指が被害に遭うのであるが、服に着かないよう、その指だけピンと伸ばしてパンツを上げる作業が、いかに困難である事か。
口に出して人には言わないが、みな心の中で大きく頷いているはずである。

特に現状で不満があるわけではない。
ただ、釣りに行けない時間は、いろいろなことを考えるものである。

いい紙にすると、快適になるのではないか。
焦りの中、一幅の清涼感を感じる事ができれば、終わった後の視界も明るく開け、すがすがしさもさらに高まろうというものだ。

で、さっそく近所のドラッグストアに出かける。

20141206002.jpg

鼻セレブ。
定番の高級ティッシュだ。
柔らかく、尻触りのよいその紙は、緊急時の釣り人に、極上の幸せをもたらすであろう。

20141206003.jpg

贅沢保湿。
エリエールの高級紙だ。
「しっとりやわらか」だそうである。
ん~、ふいてみたい。

20141206004.jpg

お、贅沢保湿のメントール版だ。
キャッチコピーは、「鼻にスーッと メントール」

という事は、尻穴がスーッとするわけだ。

これも魅力的ではあるが、厳冬の磯では、尻穴が凍傷になる可能性がある。
病院に担ぎ込まれ、医者に「なぜ、こんなところが凍傷に!?」
と問われた時、返答に窮するだろう。

20141206005.jpg

スコッティのカシミア。
キャッチコピーは「ふんわり という、贅沢」
いかにも尻穴にやさしそうな商品ではないか。

で、これを買って帰ったのだが・・・


20141206006.jpg

デカくて、竿ケースが閉まらんではないか!

ふんわり感を持続させるためだろうか、どの高級紙も箱が大きいのに気が付いた。



仕方がない。
では、トイレットロールにしよう。

また店に戻った。


20141206007.jpg

これも種類がたくさんある。

価格が高めなのは、香り付きの物が多い。
最近の流行だろうか。

20141206008.jpg

ピオーネの香り。

20141206009.jpg

お花の香り。



たくさんの商品の中で目に留まったのが、これだ。

20141206010.jpg

クリネックス 極上のおもてなし

ネーミングがいい。
英語で、FOR THE GUEST とある。
お客様には、これでふいてもらえという事か。

~くつろぎフィーリング~
リラックスアロマの香り

おお、あわてふためく磯において、このコンセプトはありがたい。

で、これを買って帰ったのである。


20141206011.jpg

竿ケースにもいい具合に収まる。

私は YOU-SHI のミドルチャランボをよく使う。
シャフトを抜いてバラで竿ケースに入れるが、チャランボの頭部にロールを通すと、まさにピッタリである。


20141206012.jpg

他にも、こんなのを買ってきた。
ロールが簡易花図鑑になっているのだ。

使用したことがあるが、これなどは座っている時に、思わず読み込んでしまう、いい工夫だと思う。

魚シリーズのを、釣具メーカーが出さないだろうか。
もちろん、香りをつけて。

~オキアミの香り~

あるいは

~サナギの香り~

など、嫁に怒られそうではあるが、釣り大会のブービー賞などで使われそうな商品になるのではないだろうか。
北海、黒潮、清流、磯、外道シリーズなどのセットものなら、結構売れるのではなかろうか。

そういう遊び心を持って商品を開発する姿勢も、メーカーの好感度アップにつながると思うのだが。

などと考えていて、ふと思った。


トイレットペーパーになぜ香りが付いているのか?


個室に香りを満たすため?
それなら、トイレの芳香剤がたくさん出ており、そちらの方が強力だ。
なんせ、液体やゲル状の粒などが主体なのだ。

そう考えると、答えは自ずと絞られる。


尻穴に香りをなすりつけるためだ。


だが、なぜそんな事をする必要があるのか。

尻穴を誰かの鼻先に突き出し、「ほれ。嗅いでみい!」
という場面が存在するのか!?

「お、あなたの尻穴、ぶどうの香りがしますね~」
「お尻から、お花の香りがしますわ~」

などと言うはずがないではないか!

20141206013.jpg

尻に香りを付けたくば、スプレー缶が手っ取り早いだろう。
トイレットペーパーに香りを付けるのは、無意味ではないのか。

ただ付加価値を付けて、消費者の購買欲をあおり、使用者の自己満足を満たすだけの商品ではないのか。

そう考えると、純粋に肌ざわりのよいものにした方がよさそうだ。

鼻セレブがあるなら、尻セレブもあるだろう。

で、お店に行くと・・・あった。

20141206014.jpg

おしりセレブ。
ダブル保湿+天然由来スクワラン
新・ダブル保湿のうるおいトイレットロール

何がダブル保湿かわからんが、これにしよう。

20141206015.jpg

というわけで、これが竿ケースに収まったのであった。

3度もドラッグストアに行ったが、普段気にも留めないような事を考察する、貴重な体験だった。
(無駄な時間だと自分で認めたくない言い訳である。)


店舗内を回ると、もっと優れたグッズを見つけた。

20141206016.jpg

ただし、これを使うようになったら、もう磯には行けんな・・・




にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

COMMENT

偽チヌ師 #xm20Dlsk

尻セレブですか! 肛門に優しそうですね〜!爆
昨夜この記事を読んで釣り仲間と磯ババ談義に花を咲かせました!

2014.12.10(Wed) 15:38 | URL | EDIT

斑猫 #iarYaaiU

含蓄のあるトイレ紙の考察、恐れ入りました(笑)
磯では便秘になるという特異体質の私にはまだ経験がないのですが、子どものおしりふき用ウェットティッシュが心地よいように
思いますよ~~。

楽竿ライトの完成を心待ちにしてま~~す。

2014.12.10(Wed) 22:03 | URL | EDIT

楽竿作者 #5lgk84Pk

偽チヌ師さん

こんにちは。
やさしそうでしょ?
使うのが楽しみです。(笑)
ババ談義ができるという事は、やはりご経験がおありになるという事ですね。
エマージェンシーの(^^;
押し寄せては引いてゆく、その波のピッチが短くなるにつれ、絶望感も増してゆくのです。
ズボンを下ろすのももどかしく、爆発するのが先か、しゃがむのが先か、死のレースとなるのです(爆)
2013年3月11日釣行記事に、間に合わなかった経緯を書いています(-_-;)

2014.12.11(Thu) 11:59 | URL | EDIT

楽竿作者 #5lgk84Pk

斑猫さん

こんにちは。
うらやましい体質ですね・・・私とは真逆ではないですか。
ウェットティッシュですか。
それは盲点でした。
ウェットだと塗り広げるだけのような気もしますが、チャレンジする価値はあるでしょう(笑)

楽竿ライト・・・お待ちくださいね(^^;

2014.12.11(Thu) 12:33 | URL | EDIT

ぽんた #-

含蓄ありますね

私も磯に着く前に用をたしたくなるほうです。
また、エマージェンシーの時ようには、赤ちゃん本舗からでている水99%と言う水で溶けるウェットティッシュを使っています。
これ、厚手でかなりいいです。しっかりとれますから、一度、ご利用ください!
ちなみに、赤ちゃん用なのでお尻に優しいですよ(笑)

2014.12.16(Tue) 00:45 | URL | EDIT

楽竿作者 #5lgk84Pk

ぽんたさん

こんにちは。

おおっ!
赤ちゃん用とは、盲点でした!
確かに、赤ちゃん用だと、尻に優しいに違いないですね。
で、さっそく買って来ました。

赤ちゃん本舗はちょっと遠いので、近所の西友で。
たくさん種類があるんで、迷いましたよ。
記事、アップします(笑)

2014.12.16(Tue) 12:19 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

楽竿作者

Author:楽竿作者
釣り歴36年だけど、磯は初心者!
房総、伊豆半島、三宅島、八丈島に出かけています。

アクセス

カテゴリ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

にほんブログ村ランキング

↑