釣りババの道

2015.03.03(Tue)

人はババの上にババを垂らさず。 ババの下にババを垂らさず。

そう、磯の上にババを垂らすのである。




人は生き物である。

口から食物を入れる動物である限り、排泄は必ず行わなければならない命の営みだ。

社会生活においては、トイレを使用するのが常識であるが、釣り場にそのような施設はない。

もちろん、釣り場に入る前に、釣り人はできるだけの準備をする。

おんおん唸りながら顔を真っ赤にし、腸を空っぽにしておこうと頑張るのだ。

が、腹痛などは人の意志に反して起こるものである。
突発的なそれは、釣り人を苛み、地獄のような苦しみを与える。

一刻も早く解決しなければならない緊急事態だ。
特に渡船で渡る沖磯や、車から遠く離れた地磯などでは、その場で処理するしかない。



磯ババである。



が、一口に磯ババと言っても、そう単純なものではない。

平地とは違い、磯は様々な地形を有しているのであるから、それに対処するため我々は様々な工夫をしなければならない。
家庭でぬくぬくと便座に座っているインドア派の一般人には、それは想像もできない荒業と映るであろう。

しかし、およそ釣りの中で、磯ほど、ババに適した釣り場はないのである。



想像してみるがいい。

堤防などは隠れる所がないため、平らなコンクリートの上にしゃがむと360度、遠くからでも丸見えである。

人も頻繁に通行するため、すぐそばでニチニチと音を立てるのもはばかられよう。

静かな海に向かって竿を出し、波がチャプチャプと堤防を軽く打つ音を楽しんでいる横で、「ぶぱっっちぃ~っちち」などと、屁とともに爆発する音など、迷惑千万である。



見渡す限り、自分以外に人っ子一人いない釣り場であればよい。

が、そんな事は稀である。

ところが堤防と違って、磯には隠れる所が随所に存在するものだ。



babakata001.jpg

このような窪み、あるいは溝に入ると、足腰の弱い中高年には、つかまる所もあって安心だ。
ふらついて尻餅をつき、ババまみれになる事を予防できる。



babakata002.jpg

しかも頭だけ出して、体を隠す事が出来る。
置き竿や、他の釣り人の様子を眺めながら、安心してしゃがめる事であろう。


だが、このような窪みがない時は、何か人工物を使わなければならない。
広く知られた代表的なものがこれだ。


磯バッグの上に、バッカンを重ね、その後ろでしゃがむ型である。



babakata003.jpg


それらを背負子に固定すると、崩れる心配がないため、安心してしがみつく事が出来る。
この方法の長所は、堤防など隠れる場所がない所でも使えるということだ。


babakata004.jpg

ただ、一方向への遮蔽であるため、少しでも角度が変わると、丸見えになってしまうのが短所である。
この方法をとる場合は、他の釣り人を正面ににらみながらパンツを下ろす事となる。




しゃがむ際、自分の体の前につかまるのが一番安定するのであるが、毎回そのような理想的なババ場を見つける事は難しい。
また、荷物を軽くするためにバッカンのみ携行する時、それだけでは低すぎて体を隠す事が出来ない。

さらに、ゆるババの時などは、垂らしたババが地形のアンジュレーションによって、自分の足に向かって流れて来る事も多い。

フェルトスパイクであれば、フェルト部がババ汁を吸って、簡単には落ちないので致命的である。

それを避けるため、U字、V字型の谷に、あえて挑むのも、磯釣師なのだ。




babakata005.jpg

時には岩壁を利用し、両側に手を突っ張る事で、体を安定させる事ができる。

ただ、このような溝に入る時、適切な幅である事は少なく、突っ張る手の角度を変えたりして対処しなければならない。






babakata006.jpg

俗に言う、「ウイング型」である。









babakata007.jpg

有名な写真、連行される宇宙人を連想させる事から、「吊り下げ型」とも言われるが、長時間しゃがむ事による、足のしびれを軽減させる効果もあるため、意外と中高年に人気のある型だ。

ただし、肩より上に手が上がらない四十肩だと不可能であるため、腕の機能に問題がない事が条件となる。




babakata008.jpg

これらの方法を磯際で応用すると、波がババを洗い流すので、釣り場が汚れないという利点がある。

が、後ろから波を被る恐れがあるため、海に背を向けるのは避けたい。

かと言って、海に向かってしゃがむと、押し寄せる波の迫力に押されて、せっかく出かかったババ頭が、ババ穴深くに引っ込んでしまうという現象に悩まされる事も多い。

そう、波がど~んと来るたび、ヒョイ、ヒョイと、せっかく出かかったババが引っ込む、あの恐怖の現象である。




babakata009.jpg

そこで、海に対して横向きになって切り抜ける型が生まれた。

実を言うと、私は和式トイレでは、この体勢をとる事が多い。

しゃがむと大きくふくらんだ下腹部が、大腿と干渉し、とても苦しい。

後ろにひっくり返りそうになるため、前の水道パイプをつかみたいのだが、強度不足のために水タンクごと落ちて来るのではないかと不安になり、生まれた技だ。

個室の後ろ壁に片手を突っ張り、体が後ろにひっくり返らないよう支えるのである。






繰り返しになるが、釣り場のババは、できれば波が洗い流してくれる事が望ましい。

人気のある場所などは、連日人が入るため、釣り場はもちろん、通り道にもババは残さない方がよい。

潮が引いた時などは、満潮時に水没するようなババ場にしゃがむのが理想的だが、そのような幸運に巡り合える確率は大変低い。

水際で尻を付き出して垂らせれば完璧ではあるが、そのような行為は、磯という特殊な環境では自殺行為と言える。





babakata010.jpg

この体制でババを垂れると、すぐに波が洗ってくれるだろう。


が、磯では海に背を向ける事はご法度である。
忘れたころにやって来る与太波に気づかず、さらわれる危険性があるからだ。
よって低い足場では、このような型をとってはならない。





以上、磯ババ基本型のほんの一例を紹介したが、地形によっては別の型をとったり、個人の嗜好で変わったりもする。

もちろん、磯ババを奨励しているわけではない。

しないに越したことはない。

が、冒頭に書いたように、非常事態は誰にも起こりうる事であり、それに備える事を、磯釣師は常に求められているのである。

苦しい時間を長引かせず、短時間の快楽に変え、再度楽しい釣りに戻るためには、日々の精進あるのみ。

時代を超えた奥義を極めるには、滑る足場、さらけ出した局部に群がる夏の虫にも耐え、修練を積むしかないだろう。




babakata011.jpg


釣りババ道・・・それは底なしの修羅の道である。


第一部 <完>




にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

COMMENT

もりま #-

これは・・

笑かしてもらいました(爆)
この悩みは磯師にしか分からないかもしれませんね(笑)
自分はまだ沖磯釣行などでは、港で済ませて事なきを得ているので、緊急事態にはなったことがありません。
明日は我が身か・・
ならないことを祈るばかりです(笑)

2015.03.03(Tue) 20:21 | URL | EDIT

月一 #-

はじめまして。
リアルすぎてお腹がゆるみました!
今からババしてきます(^0^)

第二部お待ちしてます。
これからもよろしくお願いします。

2015.03.03(Tue) 20:43 | URL | EDIT

偽チヌ師 #jGOHMugs

教祖様!

磯ババ界のカリスマ!いや教祖様!ですね。
快適かつ安全な磯ババを布教されるため、教祖自らが澄まし顔でモデルまで勤められるとは!笑
信者を集め「全日本磯ババ会」(略称:全ババ)発足も時間の問題でしょうね!
第二部も期待しております!

2015.03.03(Tue) 23:52 | URL | EDIT

ぽんた #-

腹が痛いっす

昼食中に読んでて、ウィングのポーズで盛大に吹き出してしまいましたよ!

2015.03.04(Wed) 12:08 | URL | EDIT

zaki2 #-

ZIBA?(全日本磯ババ会?)の会長!こんにちは。
会長もしくはマイスター(レジェンドも有り?)と勝手に呼ばさせて頂きます

ここまで真面目に、海での生理現象を書いているサイトは他には無いと言って過言では有りませぬ。

大いに笑わせて頂きました。

女性がロングスカートを使うのも聞いた事が有りますので、検証お願いします~

2015.03.04(Wed) 12:32 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

もりまさん

こんにちは。
土日の伊豆沖磯群・・・あの人波の中、「ババタレが~」と後ろ指さされないよう、もりまさんも心構えだけはしておくのが吉かと。
あっちやこっちの磯から、「あっぱれなり!」と拍手で讃えられる型をご披露できるよう、シャドーババリングをオススメします(笑)

2015.03.05(Thu) 14:05 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

月一さん

こんにちは、初めまして。
おや、お腹がゆるいほうなんですね?
ならば必要ですね?
磯ババグッズが(笑)
個人の嗜好が色濃く反映される分野ですので、周囲からナメられないよう、ブランドで固める事をオススメします。
ピジョンとか大王製紙とか(笑)
役に立たないブログですが、どうぞよろしくお願いします。

2015.03.05(Thu) 14:17 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

偽チヌ師さん

こんにちは。
だれが教祖やねん(^^;
みなさん、釣りでババに困った経験をお持ちのはず。
そういう意味では、みな兄弟なのです(笑)
よく腹痛をおこす私にとっては、切実な問題なのです。
え?第二部?
釣れない時、また磯でロケしますわ(爆)

2015.03.05(Thu) 14:29 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

ぽんたさん

こんにちは。
前回の三宅島・・・釣れなかった・・・仕方ないのでロケをして楽しみました。
ウノクソ付近は、地形が複雑で、まさに型撮りの宝庫!

ああ、三宅島・・・磯ババの天国・・・(笑)

2015.03.05(Thu) 15:00 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

zaki2ndさん

こんにちは。
変な呼称を付けないように(笑)

磯釣り師はみな、心の中で恐れおののいているのです。
「腹が痛くなりませんように」 と。

恥ずかしいから言わないだけなのです。
「ババタレと言われませんように」 と。

みんなで書けば恐くない!(笑)
みんなで垂らせば恥ずかしくない!(爆)

女性のは、聞いた話ですが、興味深いのがあります。
またの機会に書きましょう(^^;

2015.03.05(Thu) 15:09 | URL | EDIT

すぎ #O5sb3PEA

いやいや

式根のババポイントを案内させてください!
お目に止まりましたら全日本磯ババ会の会員にさせてください!w(ササヨしか釣れない会?w)

2015.03.07(Sat) 15:49 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

すぎさん

こんにちは。
今度一緒に行ったら、全ポイントをロケしましょう(笑)
全ババ連・・・そんな会はありません。
もしあっても・・・どんな会則になるんでしょうね(笑)

しかし、ほとんどの磯釣り師がその資格をお持ちのはず!
ほら、これを見ているあなたも・・・(爆)

2015.03.07(Sat) 16:43 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

楽竿作者

Author:楽竿作者
釣り歴36年だけど、磯は初心者!
房総、伊豆半島、三宅島、八丈島に出かけています。

アクセス

カテゴリ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

にほんブログ村ランキング

↑