新・楽竿ライトの開発状況

2015.03.11(Wed)

昨年の5月より在庫切れの楽竿ライト。
ただ再生産するのではなく、さらに改良するために時間がかかっている。
現在の開発状況である。




変更点は、以下の二つ。



・左右アームの寸法、形状。

・ちゃらんぼアタッチメントとの一体化



まずは楽竿シリーズの命とも言える、左右アームの設計変更である。

形状的に、特に変える必要はないのだが、その生産であまりの歩留まりの悪さに変更を余儀なくされた。
原理と実動作は全く問題がないのだが、少しでも変更点があると、使用感がどのように変化するのか、感性の確認が必要だ。


20150303001.jpg

原理がわかれば、同じようなものは誰にでもすぐに作れる。
が、どのようなバランスに設定するかが重要で、これは図面では確認できない。
実験で確かめるしかないのである。


20150303002.jpg

少しでも寸法などが変われば、使用感ががらっと変わる。

例えば自動車にはトラックもあれば、スポーツカーもある。
用途によって求めるものが違うし、アソビがないシビアなセッティングにすると、長時間乗ると疲れてしまう。

使って気持ちいい、長時間使用しても疲れない。

そのようなバランスを探る作業を行うのである。

この20数年、そのバランスを探し続け、改良を繰り返してきたのであり、それはこれからも変わらない。


20150303003.jpg

ちょっと見ただけでは、どこがどのように変わったのかわからないはずだ。
アームの形状、寸法が少し違うが、使用感は現アームと変わらないように仕上げてある。



新しいアームの検証は、ほぼ終了した。

もう一つの課題は、「楽竿ライト」と「ちゃらんぼアタッチメント」の一体化である。


20150303004.jpg

アタッチメント部を小型にし、軽量化を図る。

現製品はネジで合体させるようにしているが、最初から溶接して一体化させる。

カメラの三脚に取り付けできないようになるが、磯の場合はほぼ100%ちゃらんぼに取り付けるし、堤防ではクーラーアタッチメントでクーラーに取り付けられるので、一体化バージョンを主力とするつもりだ。


20150303005.jpg

竿の設置角度は、現製品では上限角度が約20度のところを、27度としている。
普段は竿を上方に向ける事は少ないが、例えば足元のサラシに道糸を取られたくない場合などでは、このような角度にする事もある。


20150303006.jpg

竿を下に向ける限界は、-25度となった。
ここまで下に向けて使用する事は少ないが、ちゃらんぼが垂直に立たない事もあるので、設置角度の可能な範囲は広い方がいい。


ただ、得るものがあれば、失うものもある。
角度を細かく調整するのは、実験中のものよりも、現製品の方がやりやすい。
軽量化と、どちらを採るか・・・悩んだ部分である。

実は現製品を開発していた時の初期段階で、これの実験を行っている。
今、再検証している格好だ。




「どうしてなかなか再販しないのか?」

「簡単な変更なのに、なぜこんなに時間がかかるのか?」



そう思われる方も多かろう。

だが、理屈ではなく実際に使用して、まず自分が納得する。
そうして初めて、人に勧める事ができる。

20150303007.jpg

もともとは自分のために創り出した道具である。
いくら時間がかかっても、使いにくいものを世に出す事はしない。

1度や2度のフィールドテストで決定する事はしない。
これが私のスタイルであるので、これからも変えるつもりはない。


ただ・・・

「まだ~?」

という声をしょっちゅう電話やメールで頂くので、現状をお知らせする次第である。

お待ち頂いている皆様、もうしばらくご辛抱下さい。




にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

COMMENT

糸がバチバチ君 #-

楽竿欲しい人

楽竿作者さん、楽竿まだ~(笑)

冗談です。

自分が納得してから世に送り出す。

大事な事ですね。

楽竿作者さんも大変ですけど頑張って下さいね。

出来上がったら私にも売って下さい。

2015.03.11(Wed) 20:23 | URL | EDIT

偽チヌ師 #xm20Dlsk

こんばんわ(^^)

精度9割で「まぁええんちゃうん!」と割り切ってしまう自分を反省しながら読ませていただきました。
一つの製品を開発するということは一切の妥協は許されない世界なのですね。
チャランボも竿受けも使わないで通してきましたが、昨年から必要を感じて使い始めました。操作が楽な方が釣りが楽しいです。私にもいつか売ってください!(^^)

2015.03.12(Thu) 00:57 | URL | EDIT

斑猫 #RJJIaIUI

出来上がりが楽しみです

お疲れ様です🎶
ゆっくりで結構ですよ〜〜
楽しみにお待ちしています。

2015.03.12(Thu) 01:00 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

糸がバチバチ君

こんにちは。
スンマセン~、時間がかかって(^^;
自信を持って送り出すには、何度も何度も試作と調整が必要なんです・・・
たとえほんの少しの変更であっても。
というわけで、もう少しお待ちくださいね~

2015.03.12(Thu) 11:45 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

偽チヌ師さん

こんにちは。
「もうこのへんでええやろ・・・」と、妥協しそうになる事ばかりなんですよ。
なんせ、

見本が存在しない。

のですわ。
いつか実物を触ってみて下さい。
今まで例外なく、「え?何これ~?」とびっくりされるので、その反応を楽しんでいます(笑)
私は磯に行く時、100%ちゃらんぼを持って行きます。
自分の身を守るために。

2015.03.12(Thu) 11:56 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

斑猫さん

こんにちは。
ゆっくりしたくないんですが、結果的に時間がかかっております。
毎日釣りに行ければ、もっと早くなるかもしれませんが(^^;
楽しみにお待ち頂いている方々を、がっかりさせないためにも、完成度を下げられませんので、もう少しお時間を!

2015.03.12(Thu) 12:07 | URL | EDIT

zaki #-

モノ作りしている職場から、こんにちは。zakiです。
曲げ、溶接は分野が違いますが、量産になると曲げ具合や溶接時のヒズミで
微妙に感触が変わってきそうですね。
タダであげるなら、「こんなもんでいいやろ」は有りですが、
売るなら「どやっ!」って納得されるまで突きつめて欲しいと感じます。
「エエもんは高い」のです。

2015.03.12(Thu) 17:08 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

zakiさん

こんにちは。
製造の過程で出る公差を、どの程度に設定するかなのですが、命であるアームだけは厳しくしなければなりません。

金型、量産試作などでお金がかかっており、はっきり言って大赤字です(-_-;)

少しでも価格を下げるため、問屋さんは通してません。

釣具屋も含め、流通の段階でかなり抜かれるので、直販で価格を抑えています。

人のではなく、自分の生み出した道具なので、信念を持って続けていられるのかな~と、時々請求書を見ながら酒を飲んでます(ToT)

2015.03.13(Fri) 13:28 | URL | EDIT

ゆう #2x.LPFvg

こんにちは

ブログでの使用状況見て拝見して欲しくなりました。販売再開決まったらぜひブログで教えてください。
私は元々、房総の低い磯での黒鯛釣りが多くまさにピッタリな気がします。無名メーカーのチャランボにもセットできますか?
最近は荒れてる日が多く釣りに行けてませんが、去年、神津島でようやく尾長の47センチを釣ることができました。太いハリスでも釣れると信念を持ってやりましたら船中一番の型でした。先輩にはマグレだ(笑)と冷やかされましたが。
クラブの先輩方はハリス2.5とか3号でやってますが少し違和感を感じはじめてます。楽竿さんは5号以上と言ってました。八丈島で有名なSさんとか島の名人と釣りに行かれている記事を読みましたが、やはりそのような方々も太いハリスなんですかね?
なんか細仕掛けでないといけないようなクラブの風潮に困ってます。
地元の名人とご一緒されてるのが羨ましいです。そんな仲間が欲しいと思うこの頃。今度は泊りがけで三宅島や神津島、式根島あたりに釣行してじっくりと勉強してきたいと思ってます。

2015.03.14(Sat) 14:22 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

ゆうさん

こんにちは。
ちゃらんぼの上部が、直径15.5mm以下であれば取り付けられます。
普通に販売しているちゃらんぼは、13~14mmがほとんどです。
16mmと言えば、底物用の短いピトンくらいです。

未熟な私には、ハリスの太さうんぬんを語れませんが、細いハリスの場合はスリルがあるでしょうね~
そのスリルを楽しむ人も多いのではないでしょうか。
狙う魚と場所にもよるのでしょうが、地元の若様は、道糸4号で、ハリスは5~8号ですね(八丈島)

「ここは一発来るから、8号にしましょう」
と言われる事もありました。
メジナは45クラスまでしか来ませんでしたが、彼は3キロほどのスマ、シマアジを上げました。
そんなのが来る流れが速い釣り場では、細いハリスでは難しいかもしれませんね。
Sさんは・・・今度聞いときます。
二人とも釣りのスタイルが似ているので、あまり変わらないかもしれませんが。

釣り方は個人の自由なので、気にしないで
「男は一発!太ハリス!」
と笑って使えばいいんじゃないでしょうか(^^;

太ハリスの仲間ですか?
よろしければご一緒に行きましょう(笑)

式根なら、半地元民のすぎさんがいいでしょう(爆)

2015.03.14(Sat) 17:09 | URL | EDIT

#

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015.03.17(Tue) 21:00 | | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

楽竿作者

Author:楽竿作者
釣り歴36年だけど、磯は初心者!
房総、伊豆半島、三宅島、八丈島に出かけています。

アクセス

カテゴリ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

にほんブログ村ランキング

↑