釣りババの道 ~サスペンダーの功罪~

2015.04.10(Fri)

磯では、波しぶきを被る事が多い。

また、寒さ対策としての風よけ、突然の雨に対処するため、最初からレインウェア―を着用している磯釣師も多かろう。

釣具メーカーのレインパンツは、ベルトで締めるのではなく、サスペンダーを使用するモデルがほとんどである。

中高年の腹を締め付けすぎず、楽に動けるようにとの配慮であろう。

が、利点もあれば欠点もある。



「サスペンダーを外すためには、上着を脱がなければならない。」



という事である。

特に磯で腹痛を起こした場合、手間取ってはいけない。

時間との勝負であるから、できるだけ早く尻を露出させねばならないのである。

一秒でも早くパンツを下ろせるかどうかが、キモとなる。


写真で解説しよう。




20150404001.jpg

この格好でババ場に来たら、


20150404002.jpg

まずはライフジャケットを脱ぐ。


20150404003.jpg

レインジャケットを脱ぎ、


20150404004.jpg

ヒップガードを着けている場合は、これを外す。


20150404005.jpg

この状態になって初めて、レインパンツを下ろす事ができ、


20150404006.jpg

しゃがむ事ができるのである。


熟練度にもよるが、数十秒という時間がかかり、しかも焦っている場合は、ふだんよりも時間がかかる事が多い。

上着を脱いでいる間に、間に合わなくなる事故も多かろう。

「ふおおお~ぅ」
などと荒い息遣いで、ジダンダを踏みながら上着をはぎ取るような行為は慎まなければならない。

何食わぬ顔をして、ブルブルと震える手を、精神力で抑えこむのである。

やはりこの境地に至るには、数多くの修羅場をくぐって、釣りババ道に精進するしかあるまい。


20150404007.jpg

ここで重要なのは、外したサスペンダーの処理だ。
急ぐあまりに忘れてしまう事が往々にしてあるのだが、これでは自分のババにまみれてしまう。
せっかく外したサスペンダーを、永遠に外してしまう事になりかねないのである。



20150404008.jpg

だが、悲観する事はない。
一般のパンツにはサスペンダーを外す事ができないものもあるが、釣具メーカーのものは、さすがによく考えられており、これを外す事ができる。


20150404009.jpg

これはダイワのレインパンツであるが、マジックテープで留めてあるため、ループを外す事ができる。
緊急事態に対処するための造作と考えてよかろう。

前側に2本、後ろ側に1本となっているが、後ろ側の1か所だけを外せば、サスペンダーの呪縛から解き放たれ、上着を脱ぐことなく、レインパンツを下ろせるのである。


20150404010.jpg

ババ場に来て、ライジャケのマタヒモ、後部サスペンダーを外せば、


20150404011.jpg

すぐにしゃがめるのである。

またこの方法だと、サスペンダーが下に垂れる事がないため、ババが付着する事故も防ぐ事ができる。


釣具だけを調べるのではなく、ウェアーなどにも気を配り、仕組みをきちんと理解しておこう。

そこには、メーカーの配慮があり、釣り人の緊急事態を助けてくれるはずである。

また、そのような気配りを怠らぬメーカーこそが、信頼に値する会社であると、私は信じている。



さらに重要な事は、アンダーウェアにも気を付けなければならないという事だ。



20150404012.jpg

磯釣り、特に地磯への釣行時には、機能ウェアを使用すると楽になる。
ただし、必ず上下が別れたセパレートタイプを使わねばならない。


20150404013.jpg

このようなワンピースタイプは、機能的には優れているかもしれないが、使用してはいけない。

せっかくのサスペンダーテクニックが、まったくの無駄になってしまうのだ。

ババをするとき、上部をはだけなければならないため、上着を全て脱がなければならないのだ。
きつく締め付ける構造であるため、脱ぐのにも時間がかかろう。

上半身が、はだかになるため、冬のババは非常につらいものとなるだろう。

これを着用しての事故は、非常に悲惨なものとなる。
下半身だけを脱ぐ事ができないため、一度素っ裸になる必要があるのだ。

磯で裸の釣り師など、変態にしか見えない。

ババ姿勢のまま、凍死でもしようものなら、葬儀の時に「なんで死んだの?」「どういうふうに死んだの?」という質問に、遺族はどのような回答をすればよいのか!


ワンピースタイプのアンダーウェアは、厳禁である。



山に危険が潜んでいるように、海にも危険がある。

そして特に、磯はデンジャラス・フィールドなのである。

波、風はもちろん、内なるエネルギーの爆発に備えなければならないのだ。

その準備、対処を極めるのは簡単ではない。


20150404014.jpg

釣りババ道・・・それは底なしの修羅の道である。


第二部 <完>




にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

COMMENT

もりま #-

こんばんは

もはや磯ババ経験者にしか分からぬ境地(笑)
笑かして頂きました!

2015.04.10(Fri) 21:23 | URL | EDIT

すぎ #O5sb3PEA

(>o<)

最後の一枚、素晴らしい写真!

磯ババに対する自信に溢れ出てる!

2015.04.11(Sat) 13:30 | URL | EDIT

偽チヌ師 #xm20Dlsk

こんにちわ(^^)

タイトル副題で吹き出しましたよ!
本日もトイレでババしながら拝読させていただきました。読み終えた時にはスッキリ出し終わってましたね。ありがとうございました。
今頃は三宅で磯ババ中ですか?絶倫釣行記と磯ババ第3部を楽しみにしております。

2015.04.11(Sat) 14:56 | URL | EDIT

赤い彗星 #-

初めまして。
道楽三昧yukimaru様のリンクよりやってまいりました。
近く、釣り用兼通勤に使用していた軽トラを処分して、バイクでの釣行を計画しています。
すごく参考になり、いつも吹き出してしまうほど面白く読ませてもらってます。
僕も、腹が弱いのでババ記事はほんとに役に立ちます。
よろしければ、リンクさせていただきたいと思いコメントいたしました。
よろしくお願いします。

2015.04.12(Sun) 08:21 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

もりまさん

こんばんは。
遅くなりました。先ほど三宅島から帰ってまいりました。

・・・磯ババのご経験があらせられない?
なんと幸福な方でしょうか!
5回の釣行で、2回は腹痛にみまわれる私にとって、うらやましい限りです(笑)
・・・今回も三宅でしてきました(-_-;)

2015.04.12(Sun) 23:08 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

すぎさん

こんばんは。
ちゃらんぼにトイレットロールを刺し、朝日に向かってみました。
撮影しながら、笑ってしまいました。
「なんとばかばかしい事をしているのか」と(笑)
プロフィールの写真も、これに差し替えました(爆)

2015.04.12(Sun) 23:43 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

偽チヌ師さん

こんばんは。
そうそう、電車じゃなく、トイレの中で読みましょう(笑)
ただ、トイレから笑い声が聞こえてきたら、家族から気味悪がられませんか(^^;
しかし、カンがいいですね~
土曜のお昼過ぎの事でした・・・三宅の磯でババをしたのは・・・
第三部、しばらく時間がかかります。
すでにロケは済ませましたが(爆)

2015.04.13(Mon) 00:20 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

赤い彗星さん

初めまして。
バイクだと、ガソリン代が劇的に安く済むので、重宝しています。
瀬戸内でチヌですか~
トイレ付のイカダは天国ですな。
ないと地獄ですが・・・

くだらない記事ばかりですが、楽しんで頂ければうれしいです。
リンク、ご自由にどうぞ。
私はFC2ブログですが、FC2以外のリンクの張り方がよくわからないので(^^;

2015.04.13(Mon) 01:11 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

楽竿作者

Author:楽竿作者
釣り歴36年だけど、磯は初心者!
房総、伊豆半島、三宅島、八丈島に出かけています。

アクセス

カテゴリ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

にほんブログ村ランキング

↑