4月12日 三宅島 地磯 ウノクソ

2015.04.21(Tue)

4時半に目が覚めた。

今朝の便で、東京磯釣倶楽部のメンバーが1名参加した。
みんなで三本岳に渡ると言う。

で、私はいつものごとく、地磯へ出かけるのである。





20150412001.jpg

宿で朝食のおにぎりを受け取り、ツル根への降り口へやって来た。


20150412002.jpg

上から見ると、昨日よりも荒れている。

ツル根は波が被ってるのでムリ。


20150412003.jpg

で、今日もウノクソのワンド側にやって来た。

昨日の釣り座よりも、少しワンド奥側だ。

ここは足元から強いサラシが出ており、流しやすいと判断した。


20150412004.jpg

真後ろから、14m以上の強風が吹いている。

よろめいて、荒れた海に落ちれば、終わりですな・・・


20150412005.jpg

6時半過ぎに、釣り開始!

ちなみにフェロモンコマセは、もう切れた。
フェロモン付けエサも、切れた。

今日はノーマルである。


20150412006.jpg

2投目で、いきなり竿先に ゴツン!


3号竿が大きく曲がる。


おお~!


こりゃデカいわ~!




・・・バレた・・・


早アワセしすぎたのか?

フェロモンが足りんから、喰い込みが浅かったのか?


まあ、また来るだろう。



20150412007.jpg

こんなのがな!


20150412008.jpg

風がさらに強くなり、サラシの強弱が変わり、難しい・・・私にとっては。


今回の釣り場を簡単に書いてみた。

ウマい人なら、どう攻めるのだろうか。


20150412009.jpg

・後ろから14mの強風。
・ウノクソ側とツル根側からのサラシがぶつかり、中央付近で潮が回っている。
・その潮だまりから沖に向かって、下の潮が流れている。
・サラシの流れは大変強い。

最初は様子見で、G3の半遊動ウキに、ハリス2ヒロだけのシンプル仕掛けで、足元のサラシ1に放り込む。

素直に中央よりもツル根寄りの下層流に仕掛けがずんずん入って行った。

で、2投目で「ガツン」と来たのである。
当然この状況ではウキの浮力など無いも同然で、下層流が仕掛けをグイグイ引っ張って行く。
道糸も湾曲しながら張れるほどの下層流であった。
おかげで風の影響も全く出なかった。


ところが、同じように流そうとしても、それ以降は入って行かない。

サラシ1に入れると、潮だまりにつかまって、左右にふらふらと揺れ動く。
水中ウキをつけても、つかまる。

直接、潮だまりの左に直接投入しても、サラシと風で押され、潮だまりに戻されてしまう。

で、コッパのエジキになるのである。

昨日はサラシ2の途中で喰って来たが、サラシ1の途中ではほとんど喰って来ない。

来ても、コッパである。

で、この潮だまりに狙いを絞るが、コッパしか来ない。

昨日の釣り座の足元のサラシ3は、とても強くて結局はサラシ1と合流する。
試しに足元に重い仕掛けで、ズドンと落とすが、ここもコッパである。

とにかくサラシでワンド中が白く、ウキの浮力は当てにならないので、竿先とラインの走りでアタリを取るしかない。

投入ポイントをあちこち探るが、どうしても下層流に乗らない。
乗せる前に、コッパが喰いついてくる。

下手くそな私には、とても手に負えなかった。


20150412010.jpg

デカいのがいるのはわかってるのに、これにやられてしまうのだ!

口に入らんやろうが! このデカい針がぁ!


フェロモンを撒きまくって、浮かせんとダメか?


このような時は、どう攻めるのだろうか。
なんとか下層流に乗せるよう、工夫するのか。
潮だまりを深く攻めるのか。
サラシを重点的に探るのか。
経験の浅い、初心者の私には、絞れないのであった。


で、多数のコッパに3号竿の先っちょを曲げられまくり、10時半の納竿を迎えた。



20150412011.jpg

宿に帰って、昨日の尾長のウロコと内臓を取る。

お土産、これだけやん・・・


20150412012.jpg

午後2時前、遅れて入って来た橘丸に乗船。


20150412013.jpg

夜9時頃、背負子2号をゴロゴロ引きながら、軽いクーラーを持ち帰ったのであった。

今回も不完全燃焼・・・

昨年は5月がまあまあだったので、来月ガンバルか・・・



にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

COMMENT

すぎ #O5sb3PEA

そういえば

「ク○」のつく名の磯へ行かれるのはやはり惹かれるものがあるのでしょうか…。

立ち位置は大事ですよねぇ。
朝一番のそこに居る魚タイムが過ぎたら赤い矢印に直接ドボンして矢印方向に流しますかねぇ。
なるべく赤い矢印と平行に道糸置きたいですねぇ。
僕は道糸の置き場所が大事なんで立ち位置が次のファクター。
次がサラシに取られない、風に取られない、を目指した道糸操作になりますか。
必然的にデカいウキになりますな。道糸が強風やサラシに引っ張らても浮き上がらないよう状況によってはマイナス浮力調整かも。
しかも固定か誘導詰めてなんちゃって固定。
ウノクソの先端に出られないのなら二日目の立ち位置かさらに奥寄りに陣取りますな、他に居ないなら。
そこから赤い矢印のなるべく先に遠投
、道糸はなるべく矢印と平行に置き、そして祈る!

名人でもなんでもないっすが妄想させてもらいました。
サラシの先かさらに先が良さそうとひたすら遠投ですね。
僕は足元からサラシの中はたまに探りいれるくらいで赤い矢印の先をメインに狙います。

あぁ、ひさびさに妄想マスター○ー○○○全開!
乗っ込んでしまいましたwww

早く釣りしたい(>_<)

2015.04.21(Tue) 22:09 | URL | EDIT

すぎ #O5sb3PEA

なんと

妄想から覚め、仕掛けあげたらタカノハダイがついてましたwww

2015.04.22(Wed) 12:12 | URL | EDIT

偽チヌ師 #jGOHMugs

こんにちわ(^^)

私ならどうするか?久々にじっくり考えさせていただきました。
まず、自重のあるデカ目のウキ使って取り回しやすく。そして強制的にある程度入る重さの仕掛けに。もしくは2段ウキの下のマイナス浮力ウキにしてイケイケ。狙いは私も赤矢印ですね〜。
それでダメならルアー投げまわって一発大物狙いに行きます!

2015.04.22(Wed) 12:57 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

すぎさん

こんにちは。
なるほど~、そういう理屈、よくわかりました。
今度はそうやってみます。

この場所、1年以上通ってますが、日によって状況が変わります。
変わりますが、全体のサラシの強弱が変わって、潮だまりの位置も移動するくらいで、基本的には同じです。
この下層流に入れるのが、とっても難しい・・・
ウノクソ側、ツル根側からも、サラシに乗せて行くのが楽なんですが、最後は潮だまりで漂います。
ツルネ側から、沖に斜めに向かう潮もあります。
これに入れるのも一苦労です。
中層~上層のサラシ流が強いので、いつも課題になっています。
別にク○という名前でここを選んでるのではないっす(笑)
タカノハダイが釣れたら、移動しましょう(爆)

2015.04.22(Wed) 15:56 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

偽チヌ師さん

こんにちは。
赤矢印の下層流、やはりそこですよね~
この潮だまりで、今まで45オーバー、スマ、シマアジが上がってるので、ここで釣れたら、楽は楽なんですよ。
どうです?
赤矢印に入れたくなったでしょ?
さあ、三宅島へゴー!(笑)

2015.04.22(Wed) 16:01 | URL | EDIT

zaki #-

まいどです。
皆さんが、おっしゃる通り赤矢印が鉄板かと思いますが潮だまりもネチネチ
攻めたいところです。
水深がソコソコ有るなら重たい錘で向かいのサラシに投入し糸を張って潮だまりの深い棚にサシエを持って行ければコッパをかわせれるかも?

私の場合?
風が10m吹けば釣行延期です(笑)

2015.04.24(Fri) 18:01 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

zakiさん

こんにちは。
コマセは潮だまりに向かい、その後下層流で湾外に向かうのだと想像しています。
その前にコッパに全部、喰われてしまってるかもしれませんが(^^;
今まで、サラシから潮だまりまでで、結構釣れるので、甘えてしまってました(笑)
釣り場では考え付かなくても、後でこんなふうに色々と考え、次はこうやってみようと計画するのも、大変楽しいですね。
コッパかわしは、こういう場所だとコマセの打ち分けでは難しいので、おっしゃるやり方も有効かもしれません。
また次回が楽しみです。
離島は休みの関係で、予定変更が難しく・・・
強風でもヤラねば、ならんのです!(笑)
たとえ体調が悪くても、腹が痛くても!(爆)

2015.04.24(Fri) 21:55 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

楽竿作者

Author:楽竿作者
釣り歴36年だけど、磯は初心者!
房総、伊豆半島、三宅島、八丈島に出かけています。

アクセス

カテゴリ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

にほんブログ村ランキング

↑