釣りババの道 「最終部」 ~出すなら、出しきれ!~

2015.05.01(Fri)

「ついさっき、トイレでババをしたのに、また腹が痛くなった。」




そんな経験がおありだろう。

人類が負う宿命、「二度ババ」である。

が、釣り人には、


「恐怖の二度ババ」


と表現するのがよろしかろう。


「二度ババ」は、一回目の中途半端なババ出しに起因する現象である。



釣り人の朝は、あわただしい。

朝飯、荷物の積み込み、着替えなど、集合時間が迫るなか、ゆっくりとババをする時間がない。

そこで、中途半端に出して満足するという愚行を犯してしまうのだ。


「少しでも出した方がよい。」


という考えは完全な誤りである。



図解しよう。


20150427001.jpg

緊急事態におちいるのは、大体このようなババ構成の時だ。

「ゆるババ」が、腸の中でグルグル言っているのに、出口では固いババが通せんぼをしている。




20150427002.jpg

時間がないからと、この「固ババ」を出して、切り上げるという間違いを犯す。

栓の役割をしていた「固ババ」がなくなったのである。

「ゆるババ」が出口に押し寄せ、ゲートである尻穴に、少しでもゆるみが出れば、容赦なく漏れ出て来る危険な状態となる。

固ババがあるうちは、スカしっ屁ができる。
が、この状態では、屁をすると、大参事になる可能性が高い。

腹痛の原因となる、ゆるババが残っているのであるから、その後の展開は容易に想像できよう。


予兆はある。

少しずつ、しかし確実に忍び寄って来るのである。

そしてそれは、渡船前に集合した時から始まる。



「む? まさか・・・いや、さっき出したばかりではないか。 そんなはずはあるまい。」



今までに幾度となく犯したこの甘い認識から、なかなか抜け出す事が出来ないのが、人間の愚かさであろう。

深層では「ヤバい!」と理解しているにもかかわらず、「大丈夫だろう」という自分の希望的甘測に判断を委ねたこの瞬間が、破滅への第一歩なのである。

本来ならば、ここで大事を取って、再度トイレに行くのが望ましい。



20150427003.jpg

大型の渡船であれば、トイレが完備されているため、問題がない。

船中のトイレ前には、健常な釣り人が座ったり、だべっている事が多いのだが、彼らを押し退けて個室に入る気力が必要である。

後顧に憂いを残すのは、厳に慎みたい。

が、このような船は少数派である。


20150427004.jpg

出船時間ともなれば、複数の渡船が磯を目指して疾走する。
(参考写真:南伊豆・入間)


20150427005.jpg

このように先に着いた船から客を下ろすので、遅れた船の釣り人には、いい場所がなくなるのだ。
(参考写真:三宅島・三本岳・マカド根)


20150427006.jpg

だからトイレに行って、みんなを待たせて出船を遅らせるなど、あってはならないのである。
(参考写真:三宅島・漁港)

第一、漁港に都合よくトイレがあるわけもなく、不安を抱えたまま、なし崩し的に船に乗り込む事になる。

そう、地獄へのステップ・インである。


港を出た船の揺れとともに、腹痛の波が押し寄せ、脂汗が浮いて来る。

そんな釣り人の見分け方がある。


20150427007.jpg

普通はこのような握り方であるが・・・

ブルブルと震える指が白くなるほど握りしめていたり、


20150427008.jpg

揺れる船上であるにもかかわらず、足を交差していたら、間違いなくババ待ち人である。

同じ磯に上がって、ババ友になるもよし。

ババ場の情報交換をするもよし。


「あのぅ、もし。 腹が痛いんですかな?」

「ええ、もう、ガマンできませんわ。」

「実は私も危ないんですわ。」

「お互い、ツラいですな。」

「いや、まったく。 ハハハハ・・・はうっ!」



なるべく静かに磯に渡りたいのだが、チャカ付けできない時は、飛び移らなければならない。


20150427009.jpg

着地と同時に漏らさぬよう、尻穴に力を入れ、つぼめておく事が肝要である。
(参考写真:三宅島・新鼻・ハナレ)


20150427010.jpg

また、荷物の受け渡しにも注意が必要である。
(参考写真:八丈島・一の根・T.S.氏)

この、力が入る瞬間が危険なのだ。




20150427011.jpg

一瞬の気のゆるみから、「しまったちゃん」になる可能性が高い。
(参考写真:この時、T.S.氏がもらしたというわけではない。)


20150427012.jpg

先頭に立たず、後ろから荷物の移動を手伝うよう、あらかじめ位置取りをしておこう。
(参考写真:神津島・二八)


20150427013.jpg

渡船客が少数であれば、多少の無理もきく。
(参考写真:南伊豆・入間)


20150427014.jpg

せんちょぉ~~!
どこでもええから、はよ下ろしてくれ~~!
(参考写真:南伊豆・入間・渋谷船長)

そう言えるためにも、普段から船長とのコミュニケーションを大切にしたい。

ババ研の学徒ならば、船長との信頼関係が強固に築かれているものである。


最も近い足場に、単身飛び移り、船が他の客を下ろして回った後で、回収に来てもらうのがいいだろう。
その際、尻ふき紙を忘れないよう、注意されたい。

釣り場的には、いい場所がなくなってしまうかもしれないが、「残りものには福がある」。

幸福感に浸って、新たな磯に下り立つのは、実に気持ちが良い。



「出すなら、出しきれ!」


古来、言い伝えられてきた格言である。

こと、ババに限っては、「残り物には福がない」のである。



今までの数回の記事で、「釣りババ」と「磯ババ」の両語が登場してきたのに気付かれた方も多かろう。

磯ババとは、磯釣りにおいてのババ事象である。

だが、釣りは磯だけではない。

渓流には、渓流の。

サーフにはサーフの。

湖沼には湖沼の。

それぞれの分野で、その環境でのババ事情がある。

季節、地方によって、それは変化し、釣り人は対応を求められる。

あらゆる釣り分野において、ババマスターになる事は大変困難であり、まだ到達した者はいない。

緊急事態である事は共通だが、瞬間的に状況を判断するのは難しく、普段から、最悪を想定して準備を進めておく事が肝要である。

備えあれば患いなし。

道具入れに尻ふき紙を入れておく事はもちろん、替えパンツを忍ばせておくのも、賢者の知恵と言えよう。




20150427015.jpg


釣りババ道・・・それは底なしの修羅の道である。



最終部 <完>




にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

COMMENT

斑猫 #-

楽しく拝見しました🎶
よっぽど辛い経験があるんですね〜〜(笑)
私は釣具屋や本屋に行くと便意を催してしまいます。
物欲と密接な関係があるんですね。

2015.05.01(Fri) 06:54 | URL | EDIT

ぽんた #-

壮大なスケール

こんにちは
今回のババ道は読み終わったあとにかんどうすらしました。まるで、スターウォーズのようです!
ババ道は修羅の道!よく肝に銘じておきます。

2015.05.01(Fri) 09:03 | URL | EDIT

zaki #-

まいどです。
ピトンにトイレットペーパーの写真はしびれます。
朝日?夕日?の写真では「なにが、なびいてんのかな?」と思いましたが、今回のは分かりやすいです

最終部で終わりですか?
「帰ってきた」とか「ファイナル」とかで
ずーっと続くんですよね(笑)

2015.05.01(Fri) 09:08 | URL | EDIT

偽チヌ師 #xm20Dlsk

ありがとう磯ババ!

「最終部」の3文字を見た瞬間、寂しい気持ちになったのは私だけではないのでは。
出勤途中の西武線でニヤケながら拝読し、いま社のトイレで朝ババしながらコメントしております。
「出すなら出し切れ!」全日本磯ババ会創設者であらせる教祖様の言葉を胸に刻み、毎朝精進いたします!
たくさんの笑いと人生の教訓を与えていただいた作者様と磯ババに感謝であります。いつの日か「帰ってきた磯ババ」記事を拝める日を期待して。

2015.05.01(Fri) 09:18 | URL | EDIT

すぎ #O5sb3PEA

(>o<)

溢れ出る涙が止まらない(>o<)

こんな大作がいままであっただろうか…。

2015.05.01(Fri) 13:58 | URL | EDIT

yukimaru #HYjkyH3s

笑えましたが、笑いごとではありません

楽竿作者さん こんにちは。

さすが「最終部」の大作!楽しませていただきました。(笑)
ババ道に明るい未来がある事を祈っております。(爆)

2015.05.01(Fri) 18:39 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

斑猫さん

こんにちは。
つらい経験・・・ありますとも!
あなたはパンツの端に、ババをつけてしまった事がありますかっ?
あなたはトイレに行く途中で、ババ出しが間に合わなかった事がありますかっ?
あなたは揺れる渡船で、どうしようもなく悶絶した事がありますかっ?
特に、船酔い+腹痛は、地獄です・・・
釣具屋と本屋でなら、それは天国と言えましょう(爆)

2015.05.02(Sat) 13:22 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

ぽんたさん

こんにちは。
三宅のように、人がいない釣り場は天国です。
人がいても、すぐに溶岩の陰に隠れられる三宅は極楽です。
見渡す限り、人でいっぱいの磯銀座こそ、スターウォーズならぬ、ババウォーズの舞台となるのです。
さあ、土日の伊豆沖磯渡船で、修羅の道を歩もう!(笑)
・・・私は行きません(爆)

2015.05.02(Sat) 13:39 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

zakiさん

こんにちは。
ちゃらんぼに刺したトレペ・・・それは磯ババ学徒のシンボルである。
初心者は、新聞紙と交換した安物ペーパー。
段位が上がるにつれ、ソフトなもの、香り付きと、どんどん高級品に上がっていくのである。

「帰ってきた」「ファイナル」・・・ギクッ(笑)

2015.05.02(Sat) 13:49 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

偽チヌ師さん

こんにちは。
いけませんな。
電車の中では読まない掟ですがな(笑)

いつの日か「帰ってきた磯ババ」?

そうですな、いつの日か。

たぶん来週あたり(爆)

2015.05.02(Sat) 13:52 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

すぎさん

こんにちは。
すぎさんなら、おわかりでしょう。
T.S.氏を(笑)
溢れ出すのは、涙だけにしておいてください(爆)

2015.05.02(Sat) 13:55 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

yukimaruさん

こんにちは。
そうなのです、笑えないのです。
渡船上で何食わぬ顔をして悶絶する時間・・・
釣りなど、どうでもいいから、とにかく楽になりたい・・・
苦しければ苦しいほど、記憶に残ります。
最近は、それを楽しみに変えるべく、精進しております。
今では、腹が痛くなると、笑顔がこぼれるようになりました。(笑)
変態ですな(爆)

2015.05.02(Sat) 14:16 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

楽竿作者

Author:楽竿作者
釣り歴36年だけど、磯は初心者!
房総、伊豆半島、三宅島、八丈島に出かけています。

アクセス

カテゴリ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

にほんブログ村ランキング

↑