05月08日 銭洲群礁 中ヒラッタイ (前編)

2015.05.12(Tue)

ふと思い立った。

「今まで行った事がない、とんでもない所で釣りをしたい!」

しかし、飛行機で行くような遠くへは、日程的に難しい。

近場、しかも日帰りで行けるような所はないか。
まあ、計画だけでもと、色々調べた。

で、決めた釣行場所は、「銭洲(ぜにす)」だ。




ちなみに私、ブログとは、日記のようなものだと思っている。
だから1泊2日の釣行なら、1日ずつ2回に分けて書いている。
2泊3日なら3回だ。

今回は日帰りなので、本来ならば1回の記事だが、とても長くなりそうなので、2回に分ける事にした。

というのも、ネットで銭洲を調べたが、情報が極めて少ない。

他に行く予定の方々の参考になるかもしれないので、なるべく詳細に書く事にしたのだ。

もっとも、釣りの内容は、下手なので参考にならず、雰囲気だけになるかもしれない。
また、私の乗った場所の限られた情報のみである。

それでも、こんな場所があるのだと、紹介の意を含め、恥を忍んで事実や感想を、写真と映像を入れながら、つづって行こう。



まず、銭洲とはどこにあるのか?

名前はよく聞くものの位置がよくわからない。

「南の方の、遠いとこ」くらいの認識である。


20150508001.jpg

伊豆半島の南約75km、神津島の南西約36km、伊豆諸島の西の端らしい。

こんな何もない海のど真ん中に、低い岩が突き出ている岩礁との事である。


20150508002.jpg

グーグルマップに、岩礁がちゃんと写っている。


20150508003.jpg

この大ダルマ、小ダルマと、


20150508004.jpg

ヒラッタイと呼ばれる岩礁群、


20150508005.jpg

ネープルスと呼ばれる岩礁群の3カ所が、銭洲群礁である。


空撮本を見ると、釣り場の対象魚が書かれているが、やはり実際に行ってみないとよくわからん。


銭洲へ行く釣り船をネットで調べると、たくさんあった。

主に神津島からである。
銭洲が神津島に属しているからだろう。

が、毎日出ているわけでもなく、行く日がどれも不明だ。

電話して頼まれれば行く・・・そんな感じである。


「はっきり言ってめんどくさい!」


唯一、渡船予定表が掲載されているのは、やはり神津島の「賀寿丸」のホームページだ。

5月8日は銭洲行きの予定とある。

下田から、日帰りの往復渡船である。

2日前に電話をして、聞いてみた。

一人で行っていいか? O.K.
コマセに配合粉を使用していいか? O.K.
クーラーを持ち込んでもいいか? O.K.
集合場所と時間、磯上がりの時間などを聞いて、予約した。


渡船代金は、26,000円と、かなりお高い。

少しでも安く上げるために、下田まではバイクで往復する事にした。

この季節、気温も高いのでクーラーは必需品だ。
が、磯バッグ、バッカン、クーラーの3点全部はバイクに積み切れない。

そこで発泡スチロールのトロ箱をクーラー代わりにする。



20150508006.jpg

明るいうちに積み込みの予行練習をしておいた。

・・・前後長が車体の1.5倍になっとるな・・・

しかも発泡がデカい!
が、お魚が入らんかったら困るじゃろう。

今までの経験では、大きい入れ物を持って行くと、釣れないという不吉な予感が・・・

下田港の集合時間が午前3時半。

仮眠をとって、午後11時に家を出発した。

首都高、東名高速を通り、伊豆の山中を走る。


20150508007.jpg

結構寒いので、コンビニで温まりながら目的地へ急ぐ。

午前2時半に、下田のシミズフィッシングセンターに到着。

予約解凍しておいたオキアミブロック3枚を、ここで配合粉と混ぜる。


20150508008.jpg

今回は、V9SP、V10SP、メガミックスグレの、フェロモントリオを使う。


20150508009.jpg

ふふふ・・・お色気ムンムンじゃろう。

にやけながらマゼマゼし、午前3時に下田の魚市場に到着。

おや、もう荷物の積み込みが始まっている。

バイクを船に横づけし、荷下ろしすると、ポーターのあんちゃんと他の釣り客が船に積み込んでくれた。

ありがとうございます。

すぐにバイクを移動して路上に駐車する。

着替えてると、「早くしないと置いてかれるよ~」と、声を掛けられる。

え?まだ集合時間の3時半前だよ・・・あれ、声掛けたのは船長か・・・

あんたが見てるから、置いては行かれんだろう(-_-;)

少しでも、みんなが釣る時間を長く取ってあげたいという親切心だと思うので、急ぐ。

で、急いでるので、ここでの写真を撮るヒマがなかった。


乗船すると、すぐに船室で横になって眠る。
神津島まで1時間20分ほど、神津から銭洲まで55分ほど、とのアナウンスを聞きながら、すぐに爆睡してしまった。

・・・・・・・・・・

ふと目が覚めると、周りの人たちが、立ち上がってライジャケを着始めている。


20150508010.jpg

私もすぐに身支度をして船室外に出ると、そこはもう銭洲だった。

カメラを構えられないので、頭にアクションカムを装着して、撮影している。


20150508011.jpg

まずは大ダルマに、3人が渡礁。


20150508012.jpg

小ダルマには、2人だ。


20150508013.jpg

エビ根のしっぽに、3人が乗り、


20150508014.jpg

頭に2人が乗った。


20150508015.jpg

外ヒラッタイには3人。


20150508016.jpg

ネープルスに行って、石山根にはそれぞれ1人ずつが乗った。


最後に私が残ったが、「楽竿作者さん、石物でしょ~、どこに乗りたい?」と、船長がマイクで聞く。


20150508017.jpg

手をぶんぶん振って、「うわもんやで~!(^^;」

船長「え?その発泡は何?」

私「これ、クーラーの代わりや~!」


20150508018.jpg

操舵室の横で、どの磯に乗るか相談である。

船長「そこ(大根)に降りて、反対側に歩くと、いいかもよ。」

私「え・・・歩くの?」

船長「歩くのヤダ?」

私「ヤダ」

船長「じゃあ、あっち行くか(笑)」


20150508019.jpg

で、少し戻って、中ヒラッタイという磯に降りた。


20150508020.jpg

ここから南を見ると、こんな風景である。

ネープルスの大根以外は、とても低い磯ばかりだ。

今日はナギだが、少し荒れると、被りそうな場所ばかりである。


20150508021.jpg

賀寿丸は近くで待機しているので、一応安心だ。


20150508022.jpg

ちゃらんぼを打ちこんで、釣り座を構える。

釣りを開始したのは、午前7時前であった。




にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

COMMENT

カナリアブルー #-

大変わかりやすいブログです。
後半戦も楽しみにしています

2015.05.12(Tue) 19:29 | URL | EDIT

かつ #-

お久しぶりです。
異動になって休日も無く毎日帰りが21時くらいになり
釣りにも行けません。
銭洲初渡礁おめでとうございます。
一言、非常にラッキーでしたね。少しでも波があると
行けない所なので、タイミングが悪いと延々渡れない
場合が多い所です。
そして恐らく伊豆諸島一の高速船である賀寿丸で行けた
のもラッキーだったかと。
私が初めて銭洲に渡った中学生の頃は片道2時間以上の
旅でした。

2015.05.12(Tue) 20:58 | URL | EDIT

もりま #-

為になります

こんばんは!
銭洲上陸おめでとうございます!
自分もいつかは行ってみたいと思うフィールド。大変為になります!
所でアクションカムって良いですね~
手に持たずに撮影出来るんですか?

2015.05.13(Wed) 00:52 | URL | EDIT

すぎ #O5sb3PEA

いきましたか!

銭洲、嫌いじゃないっすよ。

漁でしか行ったことないっすw

次はまさか…い、い、いな…イナ…

イナイイナイバア!

月末日曜にミコモト行って隣の人釣ってきます!

2015.05.13(Wed) 09:53 | URL | EDIT

zaki2nd #-

まいど~
日帰りで離島に行けるんですね。羨ましいです。
渡船代もその分高いですが自走して遠征に行く事を考えれば、
そんなに変わらないと感じますね。

バイクの積載量(特に長さ)を超えているのは、幻ですよね(笑)

2015.05.13(Wed) 12:25 | URL | EDIT

偽チヌ師 #xm20Dlsk

こんばんわ(^^)

スゲ〜! 銭洲に行かれましたか!
ドッキドキの釣り場ですね〜!
釣行記の後編を楽しみにしております!
しかし、トロ箱で磯上がりしたら底物師さんと間違われますよね〜。笑

2015.05.13(Wed) 19:48 | URL | EDIT

斑猫 #-

銭洲ですか〜〜🎶
読んでるだけでアドレナリンが出てきますね。
次回、赤い竿がひん曲がるのを楽しみにしてますね。
そうそう、門前仲町に部屋を借りましたよ〜。

2015.05.14(Thu) 01:46 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

カナリアブルーさん

こんにちは。
一応、流れがわかるように、順を追って書いてますので、わかりやすければ嬉しいです。
釣りの内容も、誇張することなく、淡々と記録して行きますので、少々お待ちください。
長くなるので、どういうふうにまとめるか悩んでおります・・・

2015.05.14(Thu) 15:07 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

かつさん

こんにちは。
ご無沙汰してます。
帰りが21時ですか・・・バリバリのエリートサラリーマンのようですね(笑)
銭洲、低い磯ばかりですね。
いや、今回ほんとにラッキーでしたわ~
風も波もなかったですからね~
往き帰りも、船室で寝てて、楽チンでした。
なかなかいい船ですね・・・クセになりそうです(爆)

2015.05.14(Thu) 15:21 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

もりまさん

こんにちは。
銭洲、ぜひ行ってみて下さい。
話のネタになりますよ(笑)
私のアクションカムは、初代の古いやつですが、なかなか綺麗に映ります。
頭に純正ヘッドバンドで取り付けてます。
頭の横に着けてるので、目立ちにくいです。
防水ケースが付いているので、水中でも映りますよ。
これで海に落ちてもオッケー!(爆)

2015.05.14(Thu) 15:31 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

すぎさん

こんにちは。
り、漁っすか!
でも、磯からでも、漁のような感じで釣れましたよ(笑)
そう、次は・・・イナイイナイバア(爆)
金を貯めないと行けませんな(-_-;)

2015.05.14(Thu) 15:38 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

zaki2ndさん

こんにちは。
日帰りでこんなとこに行けるとは、私も知りませんでした。
日数をかけてゆっくり遠征するか、短期勝負するか、金額はあまり変わらないので、仕事があって休みをあまり取れない人は、こういう釣りもいいかもしれませんね。

え?バイクの積載オーバー?
・・・気のせいでしょう(笑)
あれは合成写真ですよ(爆)

2015.05.14(Thu) 15:43 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

偽チヌ師さん

こんにちは。
単独で、初めての銭洲、ほんとにドキドキしました。
ワクワクして、小便ちびりそうになりながらバイク走らせてました(笑)
軽くてデカいクーラーが欲しい・・・

2015.05.14(Thu) 15:58 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

斑猫さん

こんにちは。
ほらほら~、行きたくなったでしょ~(笑)
銭洲、赤い竿では強すぎる魚と、赤い竿ではかなわない魚がおりました。
石鯛竿でないと上がらないようなお魚が、目の前を何度も通り過ぎましたわん(^^;

おお、門前仲町ですか。
落ち着いたら、居酒屋でも行きますかな(^^♪
・・・もちろん、部屋の中は、釣り道具でいっぱいなんですな(爆)

2015.05.14(Thu) 16:11 | URL | EDIT

釣りキチオヤジ #-

お疲れ様です

銭州には数回行ったことあります。
初めての時はシマアジ天国でした。
次からは口太オンリーでした。
解禁直後に行かなければ尾長は厳しいと
言われました。
でも・・・口太の58㌢は魚拓にしておけば
良かったと後悔してます・・・

2015.05.14(Thu) 19:52 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

釣りキチオヤジさん

こんにちは。
遅くなりましてすいません。
魚影が濃いので、1種が群がれば、かわすのは難しいですね~
私も尾長は時期が限られると聞きました。
なかなか難しいもんです。
58センチの口太・・・あまり想像できませんが、バケモンですな(笑)

2015.05.18(Mon) 12:42 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

楽竿作者

Author:楽竿作者
釣り歴36年だけど、磯は初心者!
房総、伊豆半島、三宅島、八丈島に出かけています。

アクセス

カテゴリ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

にほんブログ村ランキング

↑