10月12日 三宅島 地磯 ツル根

2015.11.07(Sat)

まだ暗いうちに宿を出た。

今日は一人で地磯「ツル根」へ向かう。




20151012001.jpg

いつものハナレは、まだ波を被っている。

干潮に向かっているので、おにぎりを食べたり、仕掛けを作りながら渡れるようになるのを待つ。



20151012002.jpg

きれいな日の出だ。

ハナレも波があまり被らなくなったので、セッティングを始める。



20151012003.jpg

うむ。

いつものスタイルで釣りができそうだ。




20151012004.jpg

山田氏から借りたスピニングリール、ハンドルを左に付け替え、ほぼ操作環境が慣れたものになった。

もっとも、こんなドラグのリールは使ったことがないので、おおもんが来たら困るの~

レバーブレーキもないし、どうやってやりとりすればええんかのう~

などと、釣ってもいないのに心配をする。




20151012005.jpg

まだ時々足元まで波が上がってくるので、バッカンの把手をもう1本のチャランボに通す。



20151012006.jpg

となりの高足場からは、石物師2人が竿を出している。

さて、釣り開始だ!

コマセを撒き、仕掛けを入れると、しばらくしたら入れ食いになった。




20151012007.jpg

こ~んな尾長や・・・




20151012008.jpg

こ~んな口太がな!


石物師を見ると、いきなり何枚か上げておる。

ちょっと見に行くと、小型ではあるが、石鯛と石垣鯛が上がっているとの事。

リリースしていたが、「いります?」というので、ありがたく石垣鯛を頂いてきた。

後ろの潮だまりに放り込んでから、釣りを再開する。

相変わらずコッパが釣れ続けて疲れる。


たまらず、仕掛け投入ポイントを、大幅にずらすと、また入れ食いになった。



20151012009.jpg

こ~んなシマアジが!

全部ポイポイしてるうちに、

「待てよ。このままでは今日のお土産がないではないか。よく考えると、このチビシマアジ、いつも食卓で食べてるマアジとサイズ的には変わらんな。家族4人、一人1尾のおかずに持って帰るか。」

と、キープすると決めた瞬間、釣れなくなった。

お前ら~!

気配を察したか!

などと一人で突っ込み入れてると、後ろでカラスがカアカアうるさい。

ハッと振り向くと、潮だまりの石垣鯛が外に出ておる!

急いで駆け戻り、カラスを蹴散らす。



20151012010.jpg

おのれ~! 目玉をつつきやがって!

ドンゴロスを持って来なかったので、ビニール袋に入れて、竿ケースの中に隠す。

これで喰えんじゃろう。

貴様らは、これでも喰らえ!



20151012011.jpg

ふふ、お前らがババ好きなのは知っておる。

が、液ババは喰えんのも知っておるぞ。

ほれほれ、はようせんと、海面に流れ落ちてしまうぞ?

ざまあみやがれ。




さて、再開すると、またシマアジが来た。



20151012012.jpg

2尾で終わったが・・・


少しいい引きのが来て、上がってきたら、銀色がキラッと見えた。

なんだ~、イスズミか~

と思っていたら、キラキラと周りの水中がやたらに光る。




20151012013.jpg

なんじゃ?こいつは。

見たことがない魚である。

なんとなくウマそうなので、キープした。

後でネットで調べると、「小判アジ」と言うそうな。

刺身は絶品とあった。

さて、今日は東京に帰る日なので、午前10時に納竿とした。

潮だまりで、ウロコを打ち、内臓を取る。



20151012014.jpg

シマアジは2尾とも、口内に寄生虫がいた。



20151012015.jpg

ひっくり返すと、相変わらずの気持ち悪さである。

よちよちと歩いているので、放置した。

カラスにくれてやるわ。



20151012016.jpg

斜面を上がり、上からワンドを見下ろす。

まだちょっと時期が早いの~

来月だな。


ま、とりあえずテストは成功したし、久々に良い景色に癒された。


20151012017.jpg

石垣鯛はもらいもんだが、まあ一家4人には十分なお土産だろう。



20151012018.jpg

昨日海に落ちた古川氏は、良い型の石垣鯛を2枚上げていた。50弱だろうか。



20151012019.jpg

山田氏も、同じくらいの石鯛と石垣鯛を上げていた。

石物絶好調ですな。



20151012020.jpg

今日は三池港から、午後1時半ごろに出船した。

もちろん帰りは爆睡である。

帰宅したのは夜の9時半ごろ。

猛烈に腹が減っていたので、とりあえず今日釣ったシマアジを焼いた。



20151012021.jpg

もちろん、おいしゅうございました。



20151012022.jpg

口太も45クラスになると、お味もイマイチなので、次の日の鍋に入れる。



20151012023.jpg

で、問題の「コバンアジ」。

氷で冷やして帰ったのだが、このままウチワにできそうな硬さだ。

3枚に下ろしても、身が硬い。

刺身が絶品とあったが、ホンマかいな・・・



20151012024.jpg

上が石垣鯛、下がコバンアジ。

コバンアジは脂がノリノリで、味は確かに絶品だった。

これは間違いなくウマい。

次、釣れるかどうかわからんが、絶対にキープしなければならん。

まあ、来月から釣れ始める「スマ」の脂にはかなわんだろうがな。

もうスマを釣った気分になっているのであった。



にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

COMMENT

yukimaru #HYjkyH3s

楽竿作者さん こんばんは。
釣行と言う名のテスト、お疲れさまでした。(笑)

コバンアジ・・・初めて見ました。
美味いとなると、ポイするわけにはいきません。
勉強になりました。m(__)m

2015.11.07(Sat) 21:42 | URL | EDIT

偽チヌ師 #xm20Dlsk

こんにちわ(^^)

つ、ついに実ババ画像を公開ですか〜!モザイク入れても薄っすらと尻色が… 爆

小判アジ、高知の磯で時々釣れてましたが刺身で食べたことなかったです。絶品だったのですね〜。

2015.11.08(Sun) 09:00 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

yukimaruさん

こんにちは。
ほんまに、テストは疲れますわ~(笑)
というか、まったく意識せずに釣りしてます。
違和感を覚えれば、それが問題ですので、今回の製品は合格でした。
帰りに、「ああ、そういえば今回はテストだったな」(爆)

思いもよらない魚が来る事があるので、海釣りはロマンがありますね。
みなさん毎回、とんでもないもんが釣れるのを期待している気持ちが、どこかにあるのではないでしょうか。(^^;

2015.11.08(Sun) 14:34 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

偽チヌ師さん

こんにちは。
カラスを追い立てた時、ちょうどもよおしたもんで(-_-;)
緊急事態だというのに、ちゃんとカメラをセッティングする自分に腹が立ちます(笑)

あら、コバンアジ釣ったことあったんですね。
脂ノリまくりで、固いのは冷えて固まってたからじゃないかと・・・ラードじゃないか(^^;
見た目もカイワリになんとなく似てるし、ああいうのは共通してウマいのかもしれませんね。

2015.11.08(Sun) 14:41 | URL | EDIT

コマチャン #-

テストお疲れ様でした。

コバンアジ初めて見ました。
スマとは、スマカツオですか?
刺身旨いですね。
千葉県だとちょうど秋からこの時期に、捕れると行きつけの魚屋さんが言ってました。
本メジマグロとスマカツオこの季節ならではの御馳走です。

2015.11.08(Sun) 17:38 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

コマちゃん

こんにちは。
私もよく知らないんですが、「スマ」が正式名称だとネットにはありました。
俗名がたくさんあるみたいですね~
一般にはほとんど出回らない、磯の晩秋、最高のごちそうです!
今シーズンも釣りたいですな。
その前にちょっとダンゴ行って来ますわ~

2015.11.10(Tue) 21:44 | URL | EDIT

すぎ #-

スマ

待ってます~!

2015.11.11(Wed) 13:00 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

すぎさん

スマぁ~~~!(笑)

2015.11.15(Sun) 16:15 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

楽竿作者

Author:楽竿作者
釣り歴36年だけど、磯は初心者!
房総、伊豆半島、三宅島、八丈島に出かけています。

アクセス

カテゴリ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

にほんブログ村ランキング

↑