3月18日 神津島 大黒根

2016.04.05(Tue)

家の冷蔵庫から、メジナの在庫がなくなった次の日、また神津島へ出撃した。




20160318001.jpg

今日も風がある予報なので、これを混ぜる。

ゴッゴッ、ゴズ~ゥ、ゴッゴッ、ゴズ~ゥ

スコップでかき混ぜる音が、深夜の真鶴(まなづる)に響く。

オキアミ9kgに対し、超遠投グレを3袋・・・きちんと規定の量を入れてやるから、狙い通りの所に飛ぶんじゃぞ!

と、自分のコントロールが悪いのを棚に上げて、ニヤニヤしながらマゼマゼする。

この配合粉を混ぜている時に、妄想がふくらむのだ。

自然とニヤけてしまうのである。



となりでは「偽チヌ師」さんが、同じように混ぜている。

ゴッゴッ・・ハァハァ・・・ゴズ~ゥ・・ハァハァハァ

スコップでかき混ぜる音と、荒い息づかいが、深夜の真鶴に響く。


ハアハア・・・・ハアハア


もう絶倫ドリンク飲んだんかい!


コマセに水を入れて混ぜており、バッカンがメガ重で、車までよたよたしながら運んでおる。


釣りに行く前の上物師は、一般人には、変態のように映るかもしれない・・・



今回も下田から賀寿丸で渡してもらう。

ちなみに賀寿丸は、「かずまる」と呼ぶ。

私は最初、「がじゅまる」と読んでおった。

一旦、神津島の港に立ち寄り、船長が釣り人の希望を聞いていく。

タダナエは、タカベ地獄となっており、まったくおススメできないとの事。

楽竿さん、どうする? 恩馳(おんばせ)行く? それとも地方(じかた)?

ん~、ここは迷うの~ 恩馳でいい思いをしたのは、確か一昨年の5月じゃったの~

なに、恩馳は型が小さい?

ん~、船長おまかせ! メジナの釣れるとこ!(笑)





20160318002.jpg

数人を恩馳群礁に下ろし、我々は神津島本島の北側へ向かう。

ほんとに恩馳で下りなくて良かったのか・・・少し後ろ髪を引かれながら、遠ざかる群礁を後にする。




20160318003.jpg

結構な距離があるのだが、賀寿丸は足が速いので、そんなに時間はかからない。




20160318004.jpg

赤崎に二人だったか、下ろして、次は我々の番だ。

大黒根という場所だ。


船長がマイクで、「ここで釣れなかったら、カンベンね~」

こら、変なプレッシャーをかけるな!(-_-メ)

心配するな。必ず釣っちゃる。

何の根拠もなく、心で叫ぶ。


さて、この根を見て回ろうかの。

私、ここでやりますわ~、と偽チヌ師さんは、早くも釣り座を決める。

え?もう?

そのあたり、根が多そうだけど、ええんでっか?




20160318005.jpg

今日は波が穏やかなので、この航空写真のようにサラシは出ていないが、このような位置取りになった。

流れはゆるく、トロトロである。




20160318006.jpg

岸の道が見えるような場所で、私の釣り座の反対側は、とても浅い。

磯遊びできそうな場所ですな。




20160318007.jpg

チャカ場に陣取り、セッティング完了。

むう・・・向かい風じゃの・・・まだ弱いから大丈夫か。




20160318008.jpg

偽チヌ師さんは、沈み根だらけの所から竿を出す。

剛竿で、一気に浮かすつもりらしい。

この写真撮ってる時、仕掛けを回収してるのかと思ったら、コッパが付いていた。

竿が強すぎて曲がっとらんやないか(笑)




20160318009.jpg

今回も最初はこの針で行く。

今まで離島の竿は、赤レマーレを使用していたが、今回は竿を曲げてやり取りを楽しむために、ベイシス磯2.0号5mを持ってきた。

リールはそのまま道糸5号、ハリス5号の太仕掛けである。




20160318010.jpg

午前8時前、釣り開始だ。


目の前のトロみにコマセを打ち、仕掛けを入れるが、オキアミがボロボロになって帰ってくる。

小さいお魚がたくさん集まっとるようじゃの。

右の根に流すと、いきなりウキを引き込まれる。




20160318011.jpg

2号竿は曲がるが、全体が曲がるほどではない。




20160318012.jpg

む・・・口太か。

40オーバーだが、この前のエボシでさんざん釣ったからのう・・・今日は尾長が欲しいのう~



などとゼイタクを言っておったら、尾長が釣れ始める。





20160318013.jpg

コッパの尾長がな!



20160318014.jpg

これはイカン。

仕掛けを変更じゃ。




20160318015.jpg

い、イカン!

また口太じゃ!




20160318016.jpg

もっとイカンではないか!

後ろに偽チヌ師さんが来て、ニヤニヤしておる。

どうやらええ型のをたくさん上げておるようだ。




20160318017.jpg

ダダ~ンIIを差し入れてくれた。

おお、これで難局を乗り切れと!

我々、昔の世代には、「ボヨヨン、ボヨヨン」で衝撃的なCMデビューを飾ったドリンクの「II」である。

ゴキュゴキュと一気飲みし、気合いを入れる。




20160318018.jpg

来たで~!




20160318019.jpg

また口太が!

・・・太っとるから、キープしとくか・・・

デブ専ではないが、太ったお魚は大好きである。



ん~、根本的に狙うスジが違うようじゃの。

向かい風の、あて潮・・・こんな時のために、超遠投グレを混ぜているのではないのか。

コマセと仕掛けをできるだけ遠投して、こっちに向かって流れてくる潮に乗せてやる。

手前に来るまでが勝負じゃ。




20160318020.jpg

おお~、すぐに反応してくれたわい!

足元でしつこく突っ込むの~




20160318021.jpg

やっと40オーバーの尾長が釣れた。

これや!

この潮スジを攻めるんじゃ!




20160318022.jpg

手前を通り過ぎて、右の沈み根付近まで流すと、口太が喰って来る。




20160318023.jpg

海に帰れや~!


同じ筋を流していると、バリバリッと糸が出ていくが、やり取り中にハリスを切られる。

むう・・・根に突っ込まれてないのに5号が・・・

飲んだ尾長か。




20160318024.jpg

針を変えてみるか。

ちょいと重めのヤツにしてみる。




20160318025.jpg

よ~引くの~

沖で喰うのは、全部尾長じゃろう。




20160318026.jpg

よしよし、うれしいわ~


同じように流してると、メジナほど引かないアタリが・・・




20160318027.jpg

イサキだ・・・相変わらずデカいのう・・・40あるんちゃうか。

ウキ下は2ヒロハリスのみで、斜めってるから、タナは1ヒロ強か。

浅いとこで喰ってくるのう、神津のイサキは。

この間みたいに、海がまっ茶色になりませんように・・・


この後、もう1尾追加しただけで、イサキはどこかへ行ってくれたようだ。




20160318028.jpg

こんなサイズも混じって来るが、あっちゃの方に遠投した仕掛けには、尾長が喰う。




20160318029.jpg

口太ほど太ってはいないが、しぶとく引くので楽しい。




20160318030.jpg

2号竿を思い切り曲げてくれるので、釣りをしているという実感を味わわせてくれた。

このくらいのサイズの尾長なら、2号竿が楽しいと感じる。




20160318031.jpg

45クラスも釣れたし、そろそろクーラーの容量がいっぱいになってきた。

前回は35Lのを持ってきたから、お持ち帰りしすぎたのだ。

さばくのが大変だった。

今回は、グッと小さくして、スペーザの18Lを持ってきた。




20160318032.jpg

よって、口太が釣れたら・・・




20160318033.jpg

全部ポイじゃ!




20160318034.jpg

クーラーの中で、お魚が曲がりまくっとるので、整理してやらんと・・・

偽チヌ師さんが来て、「腹を下にして、向きを交互にするといっぱい入りまっせ」と言うので、並べなおしてみる。

が、なんせまだ生きておるので、きれいに並べても暴れてすぐ崩れてしまう。




20160318035.jpg

フタが浮いているが・・・気付かない事にして、無理やり押し込んで閉める。




20160318036.jpg

ちょうどいい量のお土産もできて、あとは二人で会話を楽しみながら、ゆったりと海に向かう。

偽チヌ師さんも、45クラスの口太と尾長を多数釣って、もうお腹いっぱいになっているようだ。

一緒に来た釣り友が、いい型を釣って満足してくれると、大変うれしいものである。





20160318037.jpg

半島回りで、こんな口太が釣れたら、大喜びなのだが、ここでは感覚がマヒする。

もう1尾もクーラーには入らんので、すべてポイである。




20160318038.jpg

午後3時に磯上がりだが、早めに片付けて賀寿丸を待つ。


そのまま下田へ帰港し、無事に離島遠征が終了した。




20160318039.jpg

スペーザの18Lに、詰め込んだ魚たち。

コンビニの板氷を入れたら、これが限界じゃ。

もうちょっとだけ、入るクーラーがええかのう・・・

船着き場でウロコを打って内臓を出してると、賀寿丸に一緒に乗ってた方から、声をかけられた。

私の変なブログを読んで下さっていると言う。

赤のウェアーにライジャケが目立つんかのう(笑)

今日の恩馳は、サメがたくさんいて、どうにもならなかったそうだ。

島の北部に乗った我々のようなグループは、全体に良かったみたいで、同じ神津島といっても、場所によって全然釣果が違う。

あの時、「恩馳に行く!」と言わなんでよかった・・・



20160318040.jpg

薄暗くなるころ、やっと処理が終わる。

尾長 5枚 45センチ強まで
口太 2枚 45センチまで
イサキ 2枚 測っとらんが、たぶん40センチくらい

十分すぎるお土産になった。

うれしいの~



さ、明日は偽チヌ師さんとリハビリだ。

こんな釣りが普通だと思い込まないよう、現実に戻るのだ(笑)



にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

COMMENT

zaki2nd #-

こんばんは。
また麻痺しそうな釣りしてますね~
クーラが小さくなってるのには驚きです。
魚は〆ないのですね
血抜きした方が美味しく感じるのですが・・・

2016.04.05(Tue) 21:01 | URL | EDIT

偽チヌ師 #xm20Dlsk

お世話になりました

今回もたくさん釣らせて頂きました。

しかしコレは危険ですな。麻薬のような釣りですな!一度ハマったら世捨て人になりそうですわ。笑

あれっ?楽竿さんズッポリですな!爆

2016.04.06(Wed) 18:41 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

zaki2ndさん

こんにちは。
伊豆七島、気軽には行けないという思い込みがあるため、釣り人はまだまだ少ないです。
だから、お魚もたくさんいるのです。
決して私の腕がいいわけではありません(笑)

釣れた魚をどんどんクーラーに入れていくと、帰ってからの私の処理能力を超えてしまうので、入れ物を小さくして予防です(笑)
釣れた魚は、シメた方がいいですよね。
神経抜きを持っていますが、めんどくさくてやってません(^^;

2016.04.07(Thu) 14:00 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

偽チヌ師さん

こんにちは。
磯ラーへの入り口まで、ご案内しただけですよ。
ここで踏みとどまるか、底なし沼へダイブするか、あとは偽チヌ師さん次第です。

・・・もうすでに常識のタガが外れかかっておるようですな。
ブログの記事に現れてますよ(笑)

私は墜ちないよう、ウイング型でささえております(爆)

2016.04.07(Thu) 14:14 | URL | EDIT

すぎ #-

ハァハァ

ハァハァですね~(笑)

僕の馴染みの式根のお客さんも楽竿さん見かけてますからね~。
悪さできませんな(笑)

同行者が釣れると嬉しいもんですよね。
僕は同行者の60オーバー二回タモ入れしてます…(笑)自分じゃ釣ったことないのに…(笑)

2016.04.07(Thu) 21:33 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

すぎさん

こんにちは。
むう・・・そんなに目立ってますかな?(^^;
悪さなんかしてませんよ。
ババくらいしか(笑)
もっともババはババで、人から離れてやりますからな。
それにババは悪さとは言えませんな。
生理現象ですからな。

60釣ってみたいです、いつの日か。
夢ですね・・・実現可能な。

2016.04.08(Fri) 01:33 | URL | EDIT

カナリアブルー #-

すばらしい釣果ですね。
やはり磯選びは初心貫徹に限りますね。
それにしても現実離れの釣りは最高です。
せっかく行ける環境にあるのですから、ドップリはまって下さい。これからは梅雨グレのシーズンもありますもんね。期待しています。
また次回のブログ楽しみにしています。

2016.04.08(Fri) 13:06 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

カナリアブルーさん

こんにちは。
場所は、結果論ですからね~
プロ級の人なら、なんとか釣るのかもしれませんが。
こんなのが普通になってしまうと、廃人になってしまうので、気を付けねばなりません(笑)
尾長の脂がのってる時期のうちに、もっと釣ってみたいもんですが・・・か、カネが続きませんわ(^^;
実はまだアップしてませんが、この後、神津には2回行っております。
釣りが忙しくて、ブログ記事を書くヒマがないもんで(爆)

2016.04.09(Sat) 12:19 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

楽竿作者

Author:楽竿作者
釣り歴36年だけど、磯は初心者!
房総、伊豆半島、三宅島、八丈島に出かけています。

アクセス

カテゴリ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

にほんブログ村ランキング

↑