4月06日 神津島 沖砂糠   イスズミ様

2016.04.29(Fri)

日常の釣りに戻れない。

これでは、磯ラーになってしまう。
(今までに何度も出た単語であるが、知らない方は、 こちら をどうぞ。)




20160406001.jpg

今日は気分を変えて、配合粉をダイワの「強力グレ ど遠投」にしてみた。

一袋で、オキアミ3kgブロック2枚が適量と書いてある。

今回はブロック3枚だが、めんどうなので「ど遠投」を2袋混ぜる。




20160406002.jpg

オキアミ3枚に、マルキューの「超遠投グレ」3袋だと、バッカンが結構いっぱいになるのだが、これだと量が少ないの~

足りるかの~?



今日は神津島の、沖砂糠という場所に下りた。




20160406003.jpg

タダナエが見える地磯で、チャカ場の反対側は、大変景色のいい場所である。

こちらでやってみたいが、正面からの強風でとても竿を出せない。




20160406004.jpg

すなおに、風裏のワンド向きに竿を出す。

こちらもサラシで真っ白、いい雰囲気だ。

少しうねりがあり、低い場所は洗われるので、高めの足場である。

なんとなく、おおもんがいそうなので、レマーレにしようかと思ったが、まずはBB-Xの2号を曲げてやろう。




20160406005.jpg

すぐに曲がったがな!




20160406006.jpg

こやつで!

足元のサラシで、ちらちらと、イスズミの群れが泳ぎ回っているのが見える。

やばいの~

サラシの先を狙うかの~。

雰囲気は強烈にいいのだが、アタリが少ない。

ラインをハデに持って行くのに、型が小さい。

35くらいまでの尾長が、ぽつぽつと釣れる。

離島ではもちろん、すべてポイだ。




20160406007.jpg

ガン玉で少し沈め気味にすると、ババイサキが来た。

相変わらずデカい。

40センチはあろう。

が、デカいイサキは、味がイマイチ。

やはり魚屋さんで売ってる、30センチくらいのイサキがおいしいと思う。




20160406008.jpg

根気よく続けて、ようやく43強の尾長が釣れた。

やはり2号竿だと、やり取りが面白い。


が、引きを面白く感じるには、限度というものがある。




20160406009.jpg

50オーバーのイスズミは、苦痛となるのだ!

斜めの状態で、このシルエット・・・55センチあった・・・

2号竿では、上がって来るまでに時間がかかって、全身に疲労がたまる。




20160406010.jpg

ポイすると、海面から 「たっっっぱ~~ん!」というハデな音がして、少しだけ気分が良くなる(笑)




20160406011.jpg

足場にしぶきが上がってきたので、低いけど波が来ないワンド寄りに釣り座を移した。

よし、心機一転!

おおもんを狙うで~!




20160406012.jpg

2号竿が満月のように曲がり、期待をさせる。

よっしゃぁ! ええもんか~?!

なかなか上がって来ず、足元で突っ込みまくる。

・・・こ、これは・・・姿を見たくないかも・・・

イヤンな気持ちで、胸がムカムカするが・・・





20160406013.jpg

やっぱりお前かい!

測らんかったが、ゆうに50は超えとるわ・・・

しかし、重い。 重すぎる!




20160406014.jpg

太りすぎやろ!

厚みがありすぎて、カーリングのストーンみたいになっとるやないか!




これはイカン、竿をレマーレに替えよう。

たまらんわ。




20160406015.jpg

むう・・・赤い竿にしたら、こんなのが・・・

イカン。

釣りは楽しくやるものだ。

そう、どんなお魚でも、釣りは楽しまなければならない。

だいたい、イスズミを毛嫌いしているから、つまらんのだ。

あれほど引いて、竿を曲げてくれるのだから、喜ばなければならないのだ。

敬意を表して、ありがたく 「イスズミ様」 とお呼びし、針にかかるのを熱望してみてはどうか。

ひょっとしたら、たまに外道のメジナ野郎が来るかもしれん。

そうだ、イスズミ様を狙うのだ!

頭を暑さとイスズミのババにやられ、とんでもない事を考え出す。




で、うねりが落ち着いたところで、最初の釣り座に戻り、イスズミ様を狙う。

あのお方たちは、大変目がいいに違いない。

通常では、付けエサを見切ってしまい、針にかからない。

サラシや磯際で喰わす、もとい! お口にされるよう、工夫しなければならんのだ。

狙ってみると、案外難しいものかもしれんぞ。





20160406016.jpg

一発で来たやんけ!

レマーレは耐えても、すでに疲れきった私の腕が耐えられん。

ラインは出すが、とにかくイスズミ様のお怒りを鎮めるよう、やさしく竿を扱う。

するとけっこうすぐに浮いてこられるのだが、そのぶん余力を残していなさる。

一発でタモ入れしないと、ここからギュンギュン突っ込みまくる。

うねりとサラシで、これがなかなか難しい。

案の定、一発では入らず、うねりに乗ってタモ枠の外にひょいひょい逃げまくる。

一回失敗すると、必ず下に突っ込みなさるため、右腕だけで竿を支えるのが難しくなり、タモの柄を左脇にはさんで、両手で竿を立てる。

これが何回かあるため、腕はもとより、体中が悲鳴を上げる。




20160406017.jpg

あんぎゃ~~~!


タモが折れた~!


大損害じゃぁ!


ぶくぶくとお太りになられたイスズミ様の体重を、忘れておったわ!




20160406018.jpg

くっそ~、さっきのよりは小さいが、50は超えとるの。



・・・危険じゃ。

やはりイスズミ様は危険じゃ。

そうそうに海へお帰り頂こう。




20160406019.jpg

ポイッ

ちなみにいつも遠くにポイしているが、足下の岩にぶち当たらないように投げているのだ。

当たり所が悪くて死に、化けて出られてはたまらんからのう。

イスズミ様に祟られては、お先真っ暗じゃ。

自分が写った写真に、ボ~っとイスズミ様が被ったり、私の釣り座だけに仲間が群がったりしては、もはや誰も私と竿を並べてはくれんだろう。




結局、タモがなくなったので、ここで納竿とした。

時間がまだあるため、磯でお土産の内臓とウロコを処理する。




20160406020.jpg

尾長 41、43センチ、イサキ40センチ。

・・・貧果じゃ・・・


半島回りなら、大喜びで帰るところだが、離島ではのう・・・

まあ、引きは楽しめたから、ヨシとするか。


いや、イスズミ様が遊んでくださったのだ。

喜ばんとイカンぞ。





これがイスズミ様を釣る作法だ!

タモ入れの重要さが身に染みる経験となろう。(笑)





にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

COMMENT

蒲鉾職人 #xm20Dlsk

いつも楽しく拝見させてもらってます

私も神津島でイスズミに振り回されました。ババ魚!などと忌み嫌わず引きを楽しませてくれる「イスズミ様」と崇めるべきだったのですね。

ところで、イスズミ様を食べないのですか?
伊豆諸島の大型は美味しいと聞きます。
夏場の大型イスズミをお刺身で!
試食シーンの動画アップ楽しみにしております。笑

追記 : 外食しながら動画を拝見しました。タモの柄が折れたシーンで、鼻から米粒が吹き出ました。爆

2016.04.30(Sat) 15:01 | URL | EDIT

ぽんた #-

こんにちは。
今回の動画は、迫力がありました。一瞬、タメに入ったところなど、ドキドキしましたが、動画に付いているコメントを観るたびにニヤニヤしてしまいました。
電車の中で見ていたのですが、タモが折れた時に「あっ!」と声を出してしまいました。

イスズミ様、くわばらくわばら

2016.05.02(Mon) 09:30 | URL | EDIT

すぎ #-

ぽい

完成度高いぽいですね~。
式根と一緒で潮の緩い磯のサラシ場はササヨの巣ですか…。
竿曲げるにはいい相手ですな。


冨久丸さん乗るなら早島目指してみては?良い場所です。シマア…も!
わが浦島じゃつけられないんですが…。

2016.05.02(Mon) 11:55 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

蒲鉾職人さん

こんにちは。
同じ場所で、同じような事をしましたな(笑)
イスズミ、カマボコなら、大丈夫じゃないですか?
しょうがをたくさん入れて、蒸し上げる・・・蒸気の香りも楽しめるのではないでしょうか。
試したくなったでしょう~(爆)

2016.05.02(Mon) 15:50 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

ぽんたさん

こんにちは。
イスズミ様をたくさん釣っておくと、尾長が楽に上げられますよ(笑)
レマーレとラインが耐えられても、釣り人が耐えられないので、時々ラインを出してしまいます。
電車で不審者に間違えられないよう、お気を付け下さいませ。
イスズミ様のタタリですじゃ(爆)

2016.05.02(Mon) 15:58 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

すぎさん

こんにちは。
思えば、一昨年の式根島から始まったポイですね~
イスズミ様の引きは、大変に強いため、ゲームフィッシュとしては最高ですね。
持ち帰って食べないブラックバスや、ヘラのようなもんでしょうか。

ゴールデンウイークが過ぎたら、フクマルに電話しようかと思っています。
式根は交通の便で、まだまだ未開の地に近いため、行きたいんですよね~

2016.05.02(Mon) 16:04 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

楽竿作者

Author:楽竿作者
釣り歴36年だけど、磯は初心者!
房総、伊豆半島、三宅島、八丈島に出かけています。

アクセス

カテゴリ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

にほんブログ村ランキング

↑