5月25日 南伊豆 大瀬 カンムリ 後編

2016.06.06(Mon)

携帯電話と磯バッグ、両方とも忘れるとは、いったい何を考えておるのか。

ウキやリールがないので、どうしようもない。

何のために、もう1泊したのだ!




もしかしたら、私がけんめいに腕を振り回してるのを、渡船から見たかも・・・

「喜んでるみたいですな。」

「よほどあの磯が気に入ったんですな。」

「よかったですな。」

などと話してたのかもしれない。


むう・・・ライジャケの笛を吹いたら気付いたかも・・・



などとくだらん事を考えながら、しばらくぼ~っとしていた。

よし! 頭を切り替えよう!

こんな事、めったにないだろう。(ほんとか?)

渡船が見回りに来るまで、今あるものを使って、楽しんでみようではないか!

幸い、三角木馬、もとい、岩でババ穴を押さえていたら、波がだんだんと引いて行った。

ライジャケには、少し道具が入っている。

ハリス、針、ガン玉などの小物を使うのだ!


ハリスに針を結び、そのまま手持ちで放り込んでみるか。



20160525007.jpg

少しでも重い方が、飛ぶだろう。

一番重い針を選択。

3号ハリスしか入っていなかったので、これの先端に針を結ぶ。




20160525008.jpg

うふふ・・・最も原始的な釣りじゃのう。

クーラーに付けエサだけは、いっぱい入っているのだ。

そりゃぁ!

ハリスを引き出し、海に放り込む。

ああっ!

と、飛ばねえ!

磯際に落ちてしまった。

むお! 引っかかったではないか!

引っ張ったら切れてしまった・・・

新しい針を結びなおし、今度は大遠投じゃ。




20160525009.jpg

チャランボにスプールを刺し、簡易リールにする。

ちなみに、下に散らばっているコマセは、昨日か一昨日入った釣り人のものだろう。

きれいに流してほしいもんじゃの~

ハリスを引っ張り、後方へ移動。




20160525010.jpg

針から20センチほどの場所を持ち、遠心力をつけて思いっきり投げる体制で、磯際へダッシュ!!


うぉおりゃぁぁ~~!

ピトッ


・・・2mほどしか飛ばんではないか!

まあええか。

コマセを、磯際に1発だけ打つ。

おお~、近くで見るとよくわかるけど、針の付けエサって、あんなに早く沈むんだのう。

コマセのオキアミとは、まったく違うの~


ドキュン!ぶちっ!


ぐあっ  右人差し指の第一関節が、ラインで切れるかと思ったわ!


いきなりラインを引っ張られ、一瞬で切れてしまった!


手で釣ったことないから、感覚的に魚の大きさがわからんけど、メジナのアタリだ。

一気に下へ持ってったが、なんせ竿のようなしなやかさがない。

あのスピードに、手が追い付かないので、ラインが一瞬で切れたのだろう。

これはイカン・・・メジナを手で釣るのは無理じゃ。



・・・何も手で釣る必要などないではないか。


竿にハリスを結べばええだろうが!




20160525011.jpg

というわけで、プロテック1.7号500のガイドにハリスを通し、一番手元のガイドに結び付ける。

穂先に結ぶと、竿の特性が生かされんような気がするからの。




20160525012.jpg

ノベ竿じゃ。

磯際にコマセを打ち、右から左に流れる外側に付けエサを放り込む。

長さがないので、手をいっぱいに伸ばして、ラインを張り気味にしてゆっくりと沈める。


ドキューン! ぶちっ!

ぐあっ!


ここ、デカいのおるやんけ!

ノベ竿では、無理じゃ!


む、切れたからハリスが短くなったの。

結ぶガイドを、一つ上の節に変える。

よし、も一発来い!


ドキュキューン!ぶちっ!

ぐあああっ!


また切られた~!

た、楽しいではないか!

ハァハァハァ・・・どこかの変態釣り師のような息づかいになってしまった。


よし、ではもっとハリスを長くして、竿を立てられるようにするか。

ん?

・・・来たぁ! と、トリが!



20160525013.jpg

おまえら、入間の大会へ行ったんちゃうんかい!

海の中には、コマセに寄って、小さいエサ取りがたくさん見え出した。

付けエサも取られ出した。

イカン・・・超近距離しか狙えないので、メジナはもう無理だろう。

ならばエサ取りを釣って遊んでやろう。




20160525014.jpg

付けエサをオキアミからイカの小片に変える。

コマセでトリをあっちに寄せ、そのスキに付けエサを目の前に放り込む。

それでもすぐにエサを取られる。

で、針の少し上にガン玉を付けてみた。





20160525015.jpg

お前がエサを取ってたんか。

しかしアタリが微妙だの~

竿先に、コツンと来ると、それ1回でエサがなくなる。

ハリスが不自然なふやけ方をしたときにアワセると、かかってくる。





20160525016.jpg

コイツはアタリが派手じゃの。

ビビビンと来れば、コイツだ。


キタマクラを8匹、スズメダイを5匹釣り上げてやったわい。

ふふ、キタマクラマスターにレベルアップじゃぁ!

キタマクラをポイしたとき、ちょうどトリの目の前に落ち、そいつが喰らいついた。

おい、それ喰うたらイカンじゃろうが・・・

一口では入らないので、バシャバシャやっとるが・・・

あ、腹を裂いて、内臓引っ張り出しやがった。

3羽が奪い合いしとるの・・・

大丈夫か、お前ら?

注意して見てたのだが、みんな元気いっぱい、変化はない。

コイツらには、フグの毒は効かんのか?

右から左に潮が流れ続けているのだが、ふと見ると、2羽がそのまんまの状態で沖へ流されていく。

休んでいるのか、フグを喰ったヤツらなのかは、不明だ(-_-;)

しびれて飛べんのか?





20160525017.jpg

もうトリでいっぱいである。




20160525018.jpg

ほとぼりが冷めるまで、一服じゃの~

セブンイレブンでタバコ2箱買ったら、無料で付いてきた缶コーヒーを飲みながら、景色を楽しむ。

一応、遊べているので、余裕が出てきた。

朝イチの絶望感は、もうない。

コマセはあまり使えないと思っていたので、昨日の残りを使っているが・・・

昨日か一昨日、ここに入った人のコマセが足元にいっぱい広がっている。

帰りに流しとけよ~


なかなかトリがいなくならないので、ちょっと場所を移動して、先っちょにチャランボを打つ。

まだコマセを打ってないので、慎重に1発だけ打ち込み、付けエサをオキアミに変えて投入する。




20160525019.jpg

やっとメジナが釣れた~!

コッパだが、この状況では大変うれしい。


よしよし、もう一発来い!


ドギュギューン!ぶちっ!

ぐあっ!

コッパ以外は無理じゃぁ!

そんな事して楽しんでたら、知らぬ間に9時を過ぎていた。



見回りの大倉丸のエンジン音が聞こえてきた時は、涙が出そうになった。

遭難者の気分だ。

船長に頼んで一度港に乗せて帰ってもらう。


気付かなかったと、しきりに謝るが、船長はまったく悪くない。

100%、忘れた私が悪いのだ。




やはり、車の中に磯バッグが残っておった。

アホやの・・・



20160525020.jpg

で、それを持ってもう一度カンムリに帰ったのであった。

船長が、他のもっと潮通しの良い磯に替わる?と言ってくれたが、まだここでまともな釣りをしていないので、残りの時間、あらためて再スタートする事にしたのだ。




20160525021.jpg

ふふ、3号竿に、胴突き仕掛けで根魚ちゃんを狙うのだ。

下から、カニ、イカゲソ、キビナゴをつけ、放り込む。

なんかオモロイもんが来るじゃろう。




20160525022.jpg

ちっともオモロウありませんわ!


根魚を狙っていると、トリはどこかへ行く。

そのスキに、コマセを打ち、仕掛けを放り込むと、メジナが釣れる。




20160525023.jpg

こんなサイズだが、2投すると、すぐにまたトリが戻って来るので、集中できない。

で、また根魚狙いにすると、トリがいなくなる。



20160525024.jpg

ユムシをつけてみた。

先一昨日買ったやつなので、イキが悪い。

すぐにぶよぶよユムシに変化してしまう。




20160525025.jpg

だらけ玉袋状態になると、トリも喰わんので、当然何も来ない。

やはり、イキの良いモノじゃないと、食いつきが悪いの~




20160525026.jpg

底、上を繰り返しながら、釣りをするので、集中できん。

トリさえおらんかったら、まともにメジナを狙えるんだがのう・・・


ウツボをもう1本追加し、今日の釣りを終えたのであった。



20160525027.jpg

何のためにクーラー3つも持って来たのか!


3日間でお持ち帰りは、カサゴ1尾・・・




20160525028.jpg

煮つけにしたが・・・デカすぎて身が固めだった・・・



にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

COMMENT

どこかの変態釣り師 #xm20Dlsk

まず、腹痛の波が治まり良かったですね。

そして、竿やリールがナシでも、鳥軍団に囲まれても磯釣りを楽しめる!これぞ上級者と思います!
(そんな局面、体験したくないですが。笑)

2016.06.07(Tue) 23:35 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

どこかの変態釣り師さん

やはり自覚しておりますな(笑)
上級者は、この状況でちゃんと釣り上げますがな。
私のは、ただ遊んでただけですな~
ええ経験でしたわ。
二度と体験したくありませんが(^^;

ババが引っ込んでしまったのが、残念ですわ(爆)

2016.06.08(Wed) 14:33 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

楽竿作者

Author:楽竿作者
釣り歴36年だけど、磯は初心者!
房総、伊豆半島、三宅島、八丈島に出かけています。

アクセス

カテゴリ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

にほんブログ村ランキング

↑