6月1日 式根島 サエモン

2016.06.12(Sun)

今日は下田から、式根島海域に渡る。




20160601001.jpg

初めて使う、富久丸だ。

午前3時に、下田の漁協、製氷施設前から出船する。

神津島の海央丸と、同じ場所に接岸する。

神津島の日帰り渡船は、21,000円なのに対し、こちらは16,000円と少しお安い。




20160601002.jpg

帰りに撮った写真だが、上段に2人、下段に4人は寝られる。

詰めれば、もう一人は寝られるだろうか。




20160601003.jpg

その下に、天井が低い荷物室のような部屋がある。

4人寝られるが、照明も何もなく、フタを閉め切ると酸欠になりそうな狭い部屋である。

ただ寝るだけだが、私はこういう空間が好きなので、よく眠れた。

賀寿丸は速いので、神津島まで1時間強で到着するが、こちらは式根島まで2時間ほどかかる。

ぎしぎしと鳴く、木のきしみ音を子守唄に寝るのだが、起きたまま揺れる船で2時間を過ごすのは大変つらい。

定員はもっとあるのかもしれないが、10人を超える釣り人が乗ると、ちょっとキツイと思う。

知らない人どうしで、くっついて寝るのも、私は遠慮したいの~




20160601004.jpg

起きたら、新島の横を走っていた。

強風とうねりで、少々揺れる。

最初は、新島の早島に着けるようだ。

周囲が断崖の島で、あまり乗る場所がない。

1人を乗せたのだが・・・




20160601005.jpg

岩場に張り付くような感じである。(笑)

ワシはこういう場所は恐くてイヤじゃの~


次に2人を下していると船長が、


「イルカじゃぁ! イルカがおるわ~!  ○○さん、やめとこうか!」


渡礁を中止した。

一般人は、「あ、ウミガメだ~! きゃ~!イルカもいる~!きゃっきゃっ! かわい~い!」

などとはしゃぐが、磯釣り師にとっては、


「何がかわいいんじゃ! おまえらどっか行けや~!」



イルカウォッチングならぬ、イルカマイッチングまち子先生である。

見るだけで腹が立つ(笑)

人間とは、勝手な生き物だ。




20160601006.jpg

最初の1人だけを残したまま、早島を離れた。

あの人、大丈夫かの~

まあ一応、船長がマイクで確認しとったが・・・




20160601007.jpg

サエモンという、狭い磯に1人で乗った。

さて、ここは初めてなので、よくわからん。

写真中央奥は、以前すぎさんと一緒に乗ったハタカ根である。





20160601008.jpg

とりあえず、石鯛竿で、ゲソを付けて放り込む。

なんかええもん釣れてこいよ~




20160601009.jpg

ゆっくりと上物の準備をしていると、石鯛竿の穂先が、ちょんかちょんかと激しく入る。

ええもんかぁ~!




20160601010.jpg

またお前かぁ!

むう・・・もはやお約束になってしまったの・・・

再度、仕掛けを放り込み、フカセを始める。

石鯛竿を見ながら、ラインを出していたら、突然バチバチッと指をはじかれる。

来たあ! これは尾長かぁ!

ん? 下に突っ込まず、上に引っ張られる!




20160601011.jpg

白いトリかい!

くっ! また空中戦をしてもうた!


ああっ、石鯛竿がまた、ちょんかちょんかしとる!




20160601012.jpg

もはや、あきらめの境地である。

よし、ど遠投してやろう。

ゲソを付けて、どりゃぁ!

じゅ~~~~ん  ドボン!

ククク、これだけ投げれば、ええじゃろう。




20160601013.jpg

メジナはこまいのう・・・

足元は、コマセに寄ったエサ取りがたまっておるので、少し沖を流すのだが、潮はほとんど流れない。

サラシの流れが沖に運んでくれるが、そこで止まる・・・

イマイチ、雰囲気がないのう~


ズモンッ!  モン、モンモン!


おお! 石鯛竿が! 今までのウツボアタリとは違う!

竿を上げると、お、おっも~い!


こ、これはおおもんじゃ~!


フ~フ~、なかなか上がってこんっ、重すぎる! ハァハァ

うりゃあ、ぐりぐりぐり フ~フ~

いったい、なにもんかのう、ハァハァ、楽しみじゃのう、フ~フ~





20160601014.jpg

エイか!

どうりで重いと思うたわい・・・

ん? 変な形しとるの・・・




20160601015.jpg

エイみたいなサメかい!

大きすぎて上がらんわい・・・

ラインを持って、思いっきり引っ張ると、針が外れた。

よかった・・・どうしようかと思うたわい。



・・・ロクなもんしか釣れんではないか!

底物はヤメじゃ!


そそくさと石鯛竿を片付けた。


しかし、流れがないと、上物もパッとしない。

小型の尾長ばかりである。

足元を泳ぐのは、箱フグやら、わけのわからん小さい魚ばかり。


よし、コマセドカ撒き大きいお魚ルンルン浮き上がり作戦で行くか!


ドカドカとコマセを撒きまくると・・・





20160601016.jpg

い、イカン!

南伊豆の、あのトリがぁ!

1羽が偵察に来た。

ここでコマセを撒くと、間違いなく仲間を呼んでトリだらけになる。

式根島にも来とったんかい!


しばらくお休みするか・・・もう昼になってしもうた・・・

パンを食べながら、サエモンをぐるぐる回る。

狭い岩だが、ん?




20160601017.jpg

うお! 波で動いとる!

波が来た時、割れ目が、1センチほどずれる。

どっちが動いているのかわからんが、ここ大丈夫か?



しばらく景色を堪能し、トリがいなくなったのを確認して、フカセを再開する。

今度は足元を狙ってみるかのう。


ズドン!


来たぁ!

クッ・・・突っ込みまくるの・・・も、もしや・・・あのお方では・・・




20160601018.jpg

イスズミ様であった・・・


イカン・・・なんか打開策はないもんか・・・

沖側ではなく、陸側に目を向ける。




20160601019.jpg

モウヤ根との間の水道だ。

シモリがいくつもあるので、釣りにくいのだが、こちらでやってみるか。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・面白いようにアタリがある。

・・・面白いように突っ込まれてラインを飛ばされる。




20160601020.jpg

こんな型しか、取り込めない。

お前ら、こっち側におったんかい!

ワシの時間を返せ!

自分の選択ミスを、魚のせいにするのであった。



デカくて取り込めないのは、間違いなくメジナである。

こんだけ離島でイスズミ様を釣ると、わかるようにならんとおかしい(笑)


ふ・・・ではそれなりの仕掛けにしてやろうではないか。

竿を2号から、レマーレに替え、道糸5号ハリス8号にしてやろう。

有無を言わさず、岩陰から引っ張り出しちゃる!




20160601021.jpg

型が小さいのう・・・

たいして竿が曲がらんではないか。

さっきまでのデカいヤツを連れてこんかい。

などと写真を撮っていたら、突然、水道が激流に変化した。


いきなりかい!

仕掛けを放り込むと、あっという間に右に飛ばされ、ハナレ岩に道糸がかかりそうになる。

イカン・・・こっちは終わった・・・

後ろを振り返ると、沖側に潮目が!

こ、これじゃ!

すかさず沖の潮目に仕掛けを放り込むと、すぐに釣れた。




20160601022.jpg

イサキが立て続けに3尾。

離島サイズよりも小さいが、これくらいの方がウマい。

が、ふと時計を見ると・・・


もう2時40分ではないか!

い、イカ~~ン!

これからだというのに!

泣く泣く、急いで片づけをしたのであった。

ここに乗った時、すぎさんに電話して聞いたらよかった・・・式根島の磯を知り尽くしとるからのう・・・





20160601023.jpg

一度、野伏港に立ち寄り、式根島を後にした。

・・・ふがいない釣りをしてしもうた・・・

離島でお土産なしじゃ・・・へたっぴじゃのう・・・


最近、磯で一人漫才をしているような気がする。


にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

COMMENT

すぎ #-

ま、まさか…

サエモンで磯ババ研究したのかと………
サエモン乗れば上等ですよー。
あとは潮とタイミング、それに合わせた立ち位置、尾長はこれだけかと思ってます。
サエモンやハタカは上げ潮(西へ行く潮が真っ先に当たる場所です。その上げ潮時に来るべき潮が来なかったら……ツキがないだけですよー。

大場所は
沖小根(上げ下げ)
コヤリ(どちらかといえば下げ)
タイブサ西の離れ(上げ)
ハタカ神津向かい(どちらかといえば上げ)
潮時見て立候補してみてください

一発狙いで
長堀(上げ下げ)
シンパチ(上げ下げ)
ハタカ全般
ヒラトコ(上げ下げ)
ヒッコンドー(上げ下げの引かれ)
ヒラカン(上げ下げ)
キクナガ

マル秘で(笑)
ボンボン(上げ)

イルカ出たら厳しいっすね。

2016.06.14(Tue) 12:37 | URL | EDIT

偽チヌ師 #xm20Dlsk

まっ、マチ子先生!爆笑

式根島も美味げですね〜!
しかし潮がイマイチで残念でしたね。
ウツボ、トリ、そして鮫(カスザメ?)
いや〜ん!まいっちんぐ!

2016.06.14(Tue) 16:34 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

すぎさん

うう・・・
やはり、出勤前なのでと遠慮せず、電話して起こしたらよかった(^^;

残念ながら腹は痛くなりませんでしたが、尻を突き出してババができるポイントでしたよ(笑)
しかし、あそこは狭いとこでしたわ。
すぎさんが以前記事に書いた通り、荷物が多いと、2人は無理ですね。

富久丸のフェイスブックで、この日の釣果が出てないから、やっぱり潮回りが良くなかったようです。

マル秘のボンボンですな?(笑)

2016.06.14(Tue) 18:16 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

偽チヌ師さん

こんにちは。
まち子先生、見てるとアホらしすぎて、腹が立つんですわ。
腹が立って腹が立って・・・大好きだぁ!(笑)

式根島も、宿泊せずに渡れる手段があるので、またまた選択肢が増えましたな。
泊まってじっくりやれれば一番いいですが、普段はそんな余裕がありませんからな。

これからの季節、暑さにマイッチングですな~

2016.06.14(Tue) 18:48 | URL | EDIT

糸がバチバチ #-

楽竿さん、こんにちは。

底狙いの竿をもうちょっと頑張って出して貰いたいです。

来たらでかそうですし、ブログの内容も面白い(笑)

他人事でご免なさいm(__)m

次回、私もデカイの狙いで冷凍庫サバとイサキを丸々一匹投げてみようかと(笑)

アラ狙いのワイヤー仕掛けフカセ仕様。

しかし楽竿さんの行ってらっしゃる船代はバリ高いですね~(@_@)

底(アカハタ系)狙いなら冷凍庫イワシが一番釣れると沖ノ島常連さんが言ってましたよ。

2016.06.15(Wed) 12:50 | URL | EDIT

糸がバチバチ #-

追記

例のデカイサメですがサカタザメだと思いますが友達が持って帰ってよく食べてますよ。

上手いらしいです(笑)

2016.06.15(Wed) 13:05 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

糸がバチバチさん

こんにちは。
あきらめが早かったですね(笑)
底物、あまりアタリがないと、ゆったりできるんですが、アタリまくると忙しいですからね~

海は、何が来るかわからないところに、ロマンがありますから、ドキドキしますな。
アラ・・・2匹釣れたら1匹は漁協で買い取ってもらえば、もうかりますな(笑)
海に引きずり込まれないよう、頑張って下さい。
ブログ更新が止まったら、「あ、引きずり込まれた!」と思っておきます(爆)

週末、また行きますんで、今度はイワシ持って行きます。
あのサメ、ウマいんですか?!
う~む、タモに入らんので、ギャフがいりますな・・・

2016.06.15(Wed) 15:16 | URL | EDIT

通りすがり #kpjYxc8I

余計なことですが

ROMですが、楽しく拝見しております。
写真のサメですが、吻端の形からサカタザメではありません。
一見してカスザメ属であることは明らかです。
実物を見ないと断言できませんが、胸鰭の側端がほぼ直角に見えますので、コロザメではなく、カスザメでよいと思います。

なお、サカタザメは和名にサメとありますがガンギエイ目、つまりエイの仲間です。
カスザメは、カスザメ目カスザメ科カスザメ属の一目一科一属の変わり者のサメ。
ネットでは美味との噂です。

2016.07.28(Thu) 07:48 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

通りすがりさん

こんにちは。
あの魚の特定、ありがとうございます。
魚種については、よく釣れるものしか知らないんですが、アレはもうお目にかかりたくないもんです(^^;
淡水とは違い、海は何が釣れるかわからないところに、ロマンを感じます。
ただ、ギャフは持ち歩きたくないですわ(笑)
タモに入る、おいしい魚を釣る・・・人間のワガママですね。

2016.07.29(Fri) 13:35 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

楽竿作者

Author:楽竿作者
釣り歴36年だけど、磯は初心者!
房総、伊豆半島、三宅島、八丈島に出かけています。

アクセス

カテゴリ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

にほんブログ村ランキング

↑