9月13日 納豆魚の正体

2016.09.19(Mon)

朝、5時に目覚ましで起きた。

よしよし、今日はちゃんと早起きできたわい。

朝飯を食べ、トイレに行って出発じゃ。




20160913001.jpg

・・・車から出たくないのう・・・

風はないが、土砂降りである。

いや! これくらいでビビッてはイカン。

練習をしなければならんのだ!




20160913002.jpg

セッティングをしたが・・・

雨に煙って、向こうの景色がかすんでおるな。



20160913003.jpg

今日も最初はこれを使う。

混ぜていると、何やら足元で音が・・・「パキッ」




20160913004.jpg

うおおおお!

ピョコタン・ロングを踏んづけてしまった!

むう・・・また作らんとのう。

昨日、さらにウキの改良をせんとイカンと痛感したからのう。




20160913005.jpg

今日はこの針を付けるか。

2段カエシなどという、実にいやらしい針だ。

ふふ、刺さったら、もう抜けんでえ~




20160913006.jpg

クーラーに座って、第一投をした時である。

空が光った。

「やばい! 雷じゃ!」




20160913007.jpg

釣り座を放り出して、ダッシュで離れる。

しゃがんで姿勢を低くすると、さらに雨脚が強くなり、笠とレインジャケットが雨粒で強くたたかれる。

どこから漏れるのか、水が滲みて腰のあたりが冷たい。

しばらくそのままじっとしていると、雨が止んだ。

もう雷はどこかへ行ったか?

釣り座に戻り、第2投目をにぎる。

にじゃっ・・・にじゃっ・・・

ダンゴが水びたしになっとるではないか!

バッカンのフタを閉めていたのに、ファスナーから漏れたのか、にぎると水が出てくる。

おのれ~、このままでは使いもんにならんのう・・・

とりあえず投げてみるが、あまり遠くへは投げられない。



20160913008.jpg

む、チャリコが釣れたか。

じゃあ、ここをダンゴポイントにするか。



が、雨が止んで、ものの10分もたたないうちに、今度は強い風が左向かいから吹きつけてきた。

笠が飛ばされそうな勢いだ。

こ、これはイカン! 撤収じゃ!


まったく釣りにならず、引き上げたのであった。


このまま帰るのはもったいないので、どこか風裏になる場所を探すか。

何か所かの堤防を見て回るが、人が入ってたり風向きが悪かったりで、条件が悪くて竿を出せそうにない。

で、とうとう入間までやって来た。

いつも沖磯へ渡船で渡っている、おなじみの場所なのだが、ここでチヌを狙っている人を見たことがない。

水がきれいで澄んでいるし、浅いのだ。

が、先ほどの雨で港内は茶色に濁っている。

これはええかもしれんの~




20160913009.jpg

外堤防の先端手前に釣り座を取る。

港外は濁っておらず、すぐ右側にはその境があるので、ここにした。

風を背に受ける位置で、しかも一段低いので、ほとんど無風だ。




20160913010.jpg

バッカン内の紀州マッハは、ベチョベチョになっているので、紀州パワーを入れて混ぜる。

お、これだと握りやすいし、なかなかええんでないかい?




20160913011.jpg

日吉丸が、釣り人を乗せて帰ってきた。

風が強くなってきたので、早上がり撤収したようだ。

今週末、入間に来る予定なので、船長としばし打ち合わせ。

さて、やりますかな。




20160913012.jpg

まだぎこちないが、少しずつ慣れて来た。

座ったまま投げられるのも、ええとこじゃのう。




20160913013.jpg

釣れるのはフグばかりだが・・・




20160913014.jpg

オキアミにすると、チャリコも釣れて来る。

じゃあ、サナギは?


お、かかった!

それほどではないが、今までとは違い、少し重い!

これはええもんが釣れたか?




20160913015.jpg

きさまぁ~

いらんもん身にまといやがって~




よし、いよいよ納豆を使う時が来たようじゃの。

今日は大粒を使うかのう。


・・・・ダンゴはつつかれる。

それがウキに出る。

が、ダンゴが割れてからは何のアタリもない。

仕掛けを回収すると、納豆がそのまま残ってくる。

ん~、今日も正体がわからんのか・・・・




20160913016.jpg

ウキが沈んだので、アワセると、お、重い!

しもうた・・・ボラか・・・納豆魚はお前か~・・・

横に走るし、ボラだとあきらめていたので、浮いて来た姿を見てびっくり!

ち、チヌや~!

興奮気味でタモ入れをする。




20160913017.jpg

左手竿、右手タモ入れの慣れない扱いで、なんとかチヌを収めた。




20160913018.jpg

納豆魚は、チヌだった!


やっぱりチヌは、臭いもんが大好きなんじゃぁ!




20160913019.jpg

嬉しくて、るんるんの図。




20160913020.jpg

うむ、45センチと、初納豆チヌとしては上出来ではないか。

しかしエサ取りがいなかったのだろうか?

試しに、オキアミを付けエサにしてみる。




20160913021.jpg

速攻でチャリコが釣れる。

やはりエサ取りも、納豆は喰わんのじゃな?

これを喰うのは、チヌのみという事か!

ならば、最強の付けエサとなるではないか!

いや、まてまて。

たまたまこのチヌが、臭いのが好きな変態だったという可能性もある。

1枚だけでは、まぐれという事もあるからのう。



が、そんな心配は無用だった。





20160913022.jpg

2枚目じゃあ~!


36センチとサイズは落ちたが、これで、証明できたわい。


チヌは納豆を喰うんじゃあ!


ここで、今回の納豆の付け方である。

納豆はぬるぬるして滑るため、針に付けにくい。




20160913023.jpg

針にチョン掛けし、軸にまで持って行く。




20160913024.jpg

指を持ち替え、チョン掛けした納豆を、軸を中心にくるっと反対側に回転させる。

この時、針先が納豆にしっかり刺さる位置になるように注意。




20160913025.jpg

また指を持ち替えて、そのまま納豆を針先に押し込む。




20160913026.jpg

これで完了。

フトコロに抱きかかえるような感じになるので、結構強い。

豆が柔らかいので、工夫が必要なのだ。



ふふ、これでチヌ釣りの付けエサに、オキアミ、サナギ、コーンなどと一緒に、納豆がローテーション入りする事であろう。

が、あまり連続して使用しない方がいいかもしれない。

最初は、何も喰い付いて来なかったが、そのうちこいつが釣れて来る。




20160913027.jpg

味を知られてしまった。

ローテーションしましょう(笑)




20160913028.jpg

コスパ最高の付けエサじゃぁ!


あ、付けた後、指がぬるぬるになるので、バケツで洗って下さい。

道具が大変なことになります(爆)

にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

COMMENT

偽チヌ師 #jGOHMugs

素晴らしい釣果でしたね〜!
丁寧なエサ付け解説まで入れていただき、
これはもうアレですな!
ブーム到来は間違いないですな!

近い将来、チヌ釣り師たちが釣り場で競って納豆をこねるようになりそうですな!

2016.09.19(Mon) 23:27 | URL | EDIT

zaki2nd #-

こんにちは。
スイカは聞いた事ありますが、納豆は初耳です。
豪雨の中、正体を掴むとはいえ大変だったですね~
お疲れ様でした

2016.09.20(Tue) 12:28 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

偽チヌ師さん

こんにちは。
チヌが喰うという事がわかったので、全国に広まりますな。
これより安い付けエサは、ありませんからな。
どこでも手に入れられるし、腹が減ったら喰えますしな(笑)

これから、チヌの大会は、納豆の臭いでいっぱいになりますな(爆)

こねると、ねばねばがさらに強力になるので、使いにくいですわ(^^;

2016.09.20(Tue) 13:07 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

zaki2ndさん

こんにちは。
テレビ番組の、ガリレオで福山雅治が言っておりますな。

「仮説は実証して、初めて真実になる。」

くさいもんを、片っ端から試しましょう(笑)

2016.09.20(Tue) 13:11 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

楽竿作者

Author:楽竿作者
釣り歴36年だけど、磯は初心者!
房総、伊豆半島、三宅島、八丈島に出かけています。

アクセス

カテゴリ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

にほんブログ村ランキング

↑