9月17日 神津島 コチが鼻

2016.09.24(Sat)

台風16号が日本に向かっているが、まだこちらには影響がない。

いつものごとく、朝3時半に下田から賀寿丸に乗って神津島へやって来た。




20160917001.jpg

今日は土曜日なので、釣り客も多い。

午前6時、海央丸とともに神津島を出船した。





20160917002.jpg

船長おまかせ~、で、タダナエ島へ向かって走る。

波もうねりもなく、ええ景色じゃの~・・・景色だけで終わらんようにがんばらんとイカン。





20160917003.jpg

初めて乗るが、「コチが鼻」という場所だ。





20160917004.jpg

タダナエ島は、神津島の東に位置する2つの大きな島である。





20160917005.jpg

潮通しが良く、おおもんが多い。

この季節は、青物が有名ですな。





20160917006.jpg

事前に船長から電話で「ムロアジが回ってるよ~」

と聞いていたが、今回は泳がせはせず、フカセのみでやるのじゃ。

今日は、偽チヌ師さんと一緒に来た。

私はチャカ場、偽チヌ師さんは先端に出た。





20160917007.jpg

本流が見えるが、ここは引かれ潮になっている。





20160917008.jpg

新しいZEALの偏光グラス、今日がデビューじゃ。

う~ん、なかなか見やすいのう~

ただ、朝日が当たって暑い・・・風もほとんどないので、暑い・・・キャップじゃなく、笠にすればよかったのう・・・

グラスを外しては、タオルで顔をふく手間が面倒だ。





20160917009.jpg

湯川杓もデビューじゃ。

バランスがよくて、非常に振りやすい、というのが第一印象。

グリップの滑りが全くないので、楽でもある。


さて、まずは右のサラシから攻めるかのう。

コマセを打ち込むと・・・


おわあああ~! た、タカベの大群がぁ~!


こ、これはイカン!

付けエサも秒殺される。

コマセはサラシ一か所に決め、後はタカベをかわして、潮下の深みに仕掛けを入れる。




20160917010.jpg

むう・・・イサキか・・・

いろいろと筋を探るが、イサキしか来ない。

メジナのメの字も出んわい。





20160917011.jpg

ちょっと遊びで持って来た。

もう30年ほど前の、ブラックバス用のソフトルアーじゃ。

まだいっぱいあるので、こういうとこで消化せんとのう。

・・・フカセ一本ちゃうかったんかい。


2~3投で、来たわ。





20160917012.jpg

もっと大きいのが来んかのう・・・

こいつ専門で一日やるのも、スペシャル金額な釣果となるだろうが、なんかむなしいので、すぐにフカセに戻る。





20160917013.jpg

今度はこんなムロアジが喰って来る。

35センチくらいなので、よく引くのだが、釣り上げる時に外れる事が多い。

やっぱりアジじゃのう。

何回目かに、足元で、さらわれた。

ムロアジより、少し大きいカンパチだ。

お前、こんなデカいムロを喰うんかい!

偽チヌ師さんに伝えると、がぜんやる気が出たようである。

小さいアジには何も来なかったようだが、丸棒のようなムロアジを付けて、放り込んでいる。

私も、ムロが釣れたら、泳がせ用に持って行く。

私自身は今回、泳がせはやらないので、青物はお任せじゃ。

3本取ったら、1本ちょうだいという約束を取り付けて(笑)



すぐに喰い付かれたようだが、ブチブチ切られていたようだ(^^;


船長が見回りに来て、偽チヌ師さんに

「仕掛けが小さい! 場所もそこは取り込めん!」

という事で、私と場所を交代した。





20160917014.jpg

コチが鼻の先端に釣り座を取った。

コマセを撒くと、足元の張り出しから、メジナがひょいひょい出てくるのが見える。





20160917015.jpg

こんなヤツではあるが・・・数匹釣って、飽きたので、沖目に投げる。





20160917016.jpg

ん~、沖はこいつか~

イマイチ、パッとせんのう・・・





20160917017.jpg

潮目が目の前にあるのだが、イサキにやられるので、潮上から潮目まで重めの針を00号のウキで潜らせて行こう。

やはりイサキが来るのだが、こんなのも釣れた。





20160917018.jpg

ちょっち小さいが、カンパチや~。

むう、食べごろサイズなので、ええお土産やな。


潮上からラインを張りながら、潮目へ・・・その下までズンズンドンドン送り込んで行く。

・・・もう付けエサがないんとちゃうか?

と思っていた時、ラインが思いっきり指をはじいた。


バチバチバチ! あいたたたた!


べ、ベイルが起きんがな!

竿を立てると、すぐにノされそうになり、レバーブレーキでラインを出す。





20160917019.jpg

とにかく竿を立て、ズームを伸ばして耐える。

向こうの方で、横に向かってバチャバチャ水面を走る魚が見えた。

青もんじゃのう~

横に走りながら、少しずつこちらに寄って来る。

お、あれはスマか?

よしよし、ええお土産やで~

が、水面を横っ走りしていたのが、下に潜り出す。

BB-Xの2号竿が耐えられず、ラインが出ていく。

レバーブレーキが効かね~!

頭上から声がする。

「上から見てると、オモロイですな~」

偽チヌ師さんが、のんびりと見物しておるわ。

た、タモお願いしますわ!

足元の張り出しを横に走られたら一発で切れるので、少し沖目で走らせ、弱った頃に手前に寄せる。

て、手が限界じゃ!

が、イスズミとは違い、気力は落ちませんな。

ようやく偽チヌ師さんの出すタモに入ったのは、針にかけてからちょうど7分後であった。

ありがとうございました。

ぷるぷるしてる手でタモを使うのは、しんどいですからのう。





20160917020.jpg

50センチの・・・ソーダガツオ?

偽チヌ師さんがスマホで調べてくれた。 ヒラソーダでしょうとの事。

太りきってて、重いですな!

かなり走らせたので、すぐにエラ、内臓を出し、立てて血抜きして、急いでクーラーに入れて氷で冷やす。

う~ん、面白かった~

もう食いきれんほどのお土産もできたし、あとはのんびり楽しみますかの~



ん? 何を遊んどるんかの?

見ると、偽チヌ師さんが、竿を持って海にヘコヘコしておる。

じゃなくて、レバーブレーキでラインを出して竿を立てようとしていた(笑)

急いでタモを持って行く。





20160917021.jpg

お~、ムロアジに喰い付いたようですな~

竿よりも体が曲がっているような気がせんでもないが、上から見ると、確かにオモロイですな~(笑)

ハァハァ言いながら、耐えきり、タモに収まったのであった。




20160917022.jpg

お~! りっぱなヒラマサじゃ!

こ、これはウマそうですな!

検量など全く考えず、エラ、内臓、血抜きをしてクーラーにぶち込んでおりました。

偽チヌ師さんのクーラーには入らないし、氷も私のにまとめて入れる事にした。

二人とも、お腹いっぱいになって、早めに納竿。

ニヤニヤしながらタバコをふかし、迎えの船を待つのであった。





20160917023.jpg

今日は波も、うねりも、風もなく、おだやかな神津島だった。

クーラーの効いた船室で熟睡し、午後5時前に下田港へと帰ってきた。




20160917024.jpg

偽チヌ師さんは、ヒラマサが自分のクーラーに入りきらず、若船長に尾っぽを切ってもらっていた。

あ、下田でお声をかけていただたいた方、新島向かいで一人で釣っていたとの事、もし同行者を探しておられるなら、一緒に行きましょう。

メール下されば、日にちを合わせて行きますか。



私はウロコと内臓をここで処理し、疲れたので別荘で泊まる事にした。

明日の渡船は、どこも休みのようだ。

台風のうねりがヤバいらしいが、予報ではそんな事ないんだがのう・・・




18日、目いっぱい寝てお昼前に起き出した。

帰る支度をして、海を見に行く。





20160918001.jpg

石廊崎の本瀬港・・・ベタナギでうねりもなく・・・遊覧船が回って来ておるではないか!




20160918002.jpg

大瀬の漁港近く・・・平和な海じゃ・・・




20160918003.jpg

下流の海・・・穏やかすぎて、サラシもないわい・・・

今回の台風、動きが遅いから、まだこっちにはほとんど影響がない。

予報通りのナギの海であった。

地磯でもええから、やったらよかったのう~





20160918004.jpg

さて、ヒラソーダは、初めてである。

まあ、サシミだろうの~

マルソーダでなくてよかったの~




20160918005.jpg

まだ時期的に脂が乗ってないと思ったが、皮を引いたサクの表面は、脂ぎっておった。





20160918006.jpg

これで4分の1だ。

めっちゃウマいではないか!

カンパチとイサキが、かすんでしもうたわい。

偽チヌ師さんのヒラマサと、ちょっと切り身を交換すればよかったの~

今度から、車にまな板と出刃を積んでおいて、帰りにお互いにさばいて持ち帰るかの~


にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

COMMENT

すぎ #-

おぉっ

となりの島にいたんですな~。
平ソーダのデカいやつ、氷温で2日寝かせたら最高ですぜ!
最近、全然釣りしてません…。11月、アシカいかがですか?たなごっちしに(笑)

2016.09.25(Sun) 14:33 | URL | EDIT

偽チヌ師 #xm20Dlsk

カツオの刺身、脂の乗りが良さそうで美味そうですなぁ〜!パツンパツンのはち切れそうなボディでしたからね。
ホンマに半身ずつ交換すれば良かったですな。次からは楽竿さんが美味そうな魚を掛けたら、タモではなく出刃を持って駆けつけますわ!笑

2016.09.26(Mon) 00:45 | URL | EDIT

zaki2nd #-

こんにちは。
カツオでかいですね~
小さいヤツは釣った事ありますが50オーバーだと
迫力ありますね。
釣り上げた後のバイブ(携帯の)みたいに震えるので
なにかしらの「ネタ」があると思いましたが
スルーですか(笑)

2016.09.26(Mon) 12:47 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

すぎさん

こんばんは。
となりの島なのに、交通機関がだいぶ違いますからね~
ヒラソーダは釣った次の次の日に食べましたが、最高でした。
ウマい魚ですな!

た、たなごっちはイヤですが、納豆魚ならOKです(笑)

2016.09.27(Tue) 04:11 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

偽チヌ師さん

こんばんは。
お互い、魚をかけたら、出刃を持って駆けつけるのがええかもしれませんな(笑)
ババ魚かけたら、大声で呼びますわ(爆)

2016.09.27(Tue) 04:15 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

zaki2ndさん

こんばんは。
まさに弾丸ライナーで、止まりませんでしたわ。
レバーブレーキを思いっきり握りしめても、ラインがギュインギュイン出て行って、貧乏性な私は、「ブレーキがちびる!」と心配でした(笑)
バイブっすか!
そんな下品なブログではありません!(ウソを付け。釣りババ道はどうなのだ!と言わないのはお約束)

2016.09.27(Tue) 04:23 | URL | EDIT

糸がバチバチ #-

楽竿さん、こんにちは。

青物の糸がバチバチ癖になりますよね~

取れなくても興奮する引きですもんね!!

私も楽竿さんのホームに行きたいですね~

ムロアジ泳がせでフカセ竿で勝負してみたい(@_@)

次回はヨコワを期待してますぜぇ~(笑)

2016.09.27(Tue) 12:38 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

糸がバチバチさん

こんにちは。
ほんま、指が痛いくらいの勢いで持って行きますね~
ラインが持つのか、こわいくらいの引きなんで、スリルでチビリそうですわ(笑)

そこからなら、羽田まで飛行機で来られますよ(爆)

伊豆七島、まだまだ魚影が濃いです。
普通はヒラマサなど、みなさん5号とか石鯛竿でやってますわ。
フカセの竿でやってる人は・・・おりませんな(^-^;

2016.09.27(Tue) 15:04 | URL | EDIT

野中たっちゃん #WVd9Zpzg

下五島に格安でいく方法

初めてまして。私は博多在中の釣りバカオヤジです。東京赴任の時は八丈島によく行ってましたが、余り釣れた試しがありませんで、何時も温泉三昧でした。偶然、あなた様の大変面白く、ユーモアに溢れたブログを見つけ、毎日の楽しみが一つ増えました。又、本当に釣りが大好きな方なのだと共感します。つきまして、私が天気が良い週末は毎週下五島に格安で行っている方法をご紹介致します。ご参考になれば幸いです。まず、東京からですと、成田からの最終便ジェットスターで福岡にはいり【20:00】博多駅に移動。博多駅【21:00】発長崎行カモメに乗ります。23:00長崎着。長崎駅から徒歩10分位で長崎港24:00発、協得丸と言う貨物船に乗ります。船賃3000円。貨物船と言ってもちゃんと仮眠スペースは
あり、ぐっすり寝れます。翌朝、5:00に福江港に着きます。そこには、五島最安値の瀬渡し船、オヤジ丸さんの奥さん?息子ポーター?娘船長?の誰かが出迎えてくれて、鴨瀬、ホゲ、姫島方面であればすぐ横から出航。富江、大瀬崎方面であれば、車で移動です。この場合、移動車代1000円別途必要です。納竿は2時頃ですが、半夜とか、瀬泊まりとかのパターンがありますから、詳しくはオヤジ丸のホームページをご参照ください。又、オヤジ丸経営の宿【素泊まり3000円】もあります。私は何時も日帰りで16:40分福江発長崎行きフェリーで長崎着。長崎からjrで博多に戻り、自宅には22時頃着きます。翌日、日曜日はゆっくり魚を捌いて、一夜干しとか、味噌付けを作って、月曜日、東京の息子とか、世話になった知人に送ります。このパターンであれば、時間のロスなく、格安で、疲れない釣りが出来るので、釣り歴40年位なりますが、このパターンにハマってます。博多からの総費用はjr、貨物船、瀬渡し、エサ、フェリー全てコミコミで16000円程です。東京からですと、これに、飛行機代16000円?後は、追加の宿、瀬渡し、エサを加算すれば良いかと(^O^)私も初心者ながらブログをアップしてますので、宜しければご参照ください。ブログ名は”お魚ジイジのほろ酔いブログ”です。

2016.10.04(Tue) 11:53 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

野中たっちゃんさん

こんにちは、初めまして。
詳しい解説、ありがとうございました。
五島、なかなかいい雰囲気で楽しかったです。
また行きたいと思ってますが、こんな裏技があるんですね。
ブログも拝見しました。
時間と金ができれば、また五島で釣りをしてみたいものです。

2016.10.06(Thu) 01:37 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

楽竿作者

Author:楽竿作者
釣り歴36年だけど、磯は初心者!
房総、伊豆半島、三宅島、八丈島に出かけています。

アクセス

カテゴリ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

にほんブログ村ランキング

↑