10月12日 南伊豆 入間 たたみ根

2016.10.23(Sun)

明日から2日連続で釣りだ。

午後7時、うちに偽チヌ師さんが来て、車1台で出発。

1台で行くと、経費削減になるからのう。

伊豆半島へ向かう車中、期待に胸膨らませてはしゃぐ。

「釣れ過ぎたらどうしますかな~」

「25Lのクーラー買うてきましたわ!」

「私は35L積んでますがな!」

「20Lの小さいクーラーも積んでるから、足りるんちゃいますか?」

「それでも入らんヤツは、ポイですな!」

ワハハハハ!

車の中は、まさに笑いの渦であった。

釣りは、やる前が一番楽しいものである。




20161012001.jpg

今日は青木つり具が休みなので、下田の清水フィッシングプラザでオキアミを解凍予約しておいた。





20161012002.jpg

もう定番になってしまった、超遠投グレ。

狙ったとこに打ちやすいので使用しているが、遠投もできるので重宝している。



別荘のオーナーである、東京磯釣クラブの先輩には、今日、明日と、偽チヌ師さんと一緒に泊まることで了承を得ている。

偽チヌ師さんは、オーナーご夫婦ともお会いした事があるしのう。

というわけで、コンビニで明日の朝食、昼食、酒とつまみを買い込んで、寝る前に軽く一杯。

「明日は、入間で軽く肩慣らしですな。」

「明後日がありますからな。 超ええもんが釣れた時だけ、お持ち帰りですな。」

「あまり釣りすぎんで下さいよ~、クーラーを賀寿丸に積めんようになりますからな~」

「いや、まったく」

ワハハハハハ!

別荘の中も笑いの渦であった。

相変わらず皮算用ばかりして、仮眠を取る。





20161012003.jpg

朝5時過ぎに入間へ到着。

朝焼けした空のもと、駐車場の釣り人たちは期待に満ち満ちた目を輝かせて準備をする。

日吉丸に乗り込み、どこに下りるか船長と相談。

他の人を優先で選んで~、とゆずり、赤島、シブトに下してから、我々はたたみ根に下りた。


「え? たたみ根は初めてだっけ? うそでしょ~、こんな大場所にまだ乗ってないなんて!」

人が一生乗らんような場所にも下りた事あるのに、ここに乗せんかったんは船長だろうが!

前に乗った、松ケ下なんてマニアしか知らんわ!






20161012004.jpg

チャカ付けの場所でやろうかと思ったが、うねりですぐ足元まで波が上がってくる。

一発が恐いので、二人して高い場所へ道具を持って移動した。

高い場所があるなら、やはり安全を優先した方がよかろう。

釣りは今日だけではないからのう。

上から見ると、竿を出してみたい場所だらけだ。

だが、磯に上がってまず確認しなければならない事は、別にある。

「ババ場はどこじゃ?」

ん~、ここは隠れるとこがないの~・・・高いとこから、ミゾに落として波に持ってってもらうか。





20161012005.jpg

とりあえず、二人並んで竿を出す。

偽チヌ師さんは、来週のダイワ・グレなんちゃらに出場するため、場所を変えるのが前提。

会場は入間・中木なので、ここに乗るかもしれんからのう。

私は初めてのたたみ根なので、ここで粘る事にした。

釣り座はたくさんあるが、一か所で粘ってみんと様子がわからんからのう。





20161012006.jpg

さて、コッパが釣れる。

限りなく釣れる。

面白いのだが、この中から、いい型を釣り上げるのが今日の課題だのう。

マダイを狙いたかったのだが、今日の潮の流れでは、ここでは無理だろう。





20161012007.jpg

コッパを避けるスジを探るが、コイツがジャマをする。

ハデにババ垂れおって~。





20161012008.jpg

上層は無理じゃの~。

じゃあ、ちょっと沈めてみるかのう。



・・・・やっぱり型が小さいのう・・・・

ん? こんなとこに割れ目が・・・

釣り座の右に大きいミゾがあり、そこから大きなサラシが出ている。

波がミゾに入って来て、出ていく時にサラシが出る。

その出るサラシの元部分、つまり磯際前にぱっくりと横方向に割れ目があるのだ。

サラシはその割れ目の上を直角に通りすぎて行く。

サラシが切れた短い時間、そこにデカい魚がうろうろしているのが見えた。


コイツじゃ! これを狙うか!

イスズミもおるが、メジナも見える。


が、普通に放り込んでも、仕掛けは割れ目に入って行かない。

サラシに流されるので、10号くらいのオモリを付けても難しいだろう。

ウキを先、付けエサを先と、いろいろ投入方法を変えて試すが、どうしても割れ目の上を通り過ぎ、コッパのエジキとなってしまう。

ネチネチネチネチと、そうやって割れ目を狙い、引っかかるのを覚悟でミゾの中から波と一緒に仕掛けを落とす。

サラシに引っ張られながら落としていると、おっ! 入った!

と、その瞬間、根だらけの奥へとラインが突っ走る。





20161012009.jpg

こんなとこでライン出したら、潜られて一発で切られてしまう。

ただひたすら耐える。





20161012010.jpg

やっとタモに入れたら・・・んんっ!?

何かが目の前の空を飛んでいる。

ペトッと私の目の前に落ちる。





20161012011.jpg

・・・偽チヌ師さんのコッパだった・・・

ら、来週のマスターズ、がんばって下せえ(^^;



36センチ強あったので、うれしいの~。





20161012012.jpg

お昼前には海が穏やかになったので、偽チヌ師さんはたたみ根の沖向きに位置する場所へ移動した。

幅1mほどの狭くて平らな廊下みたいだ。

ここでもほとんど毎回竿を曲げていた。

さっきよりは型も上がったようである。



私は同じ場所を、ネチネチネチネチと攻めるが、コッパとイスズミにやられまくる。

今日、一番引いたのはコイツだ。




20161012013.jpg

当然、海に帰したのだが、大きくなることはあっても、小さくなることはない。

一回り大きくなって、また釣り人を悩ませてくれ! ワシ以外の(笑)




午後2時に磯上がり、船長とダベッてから、明日のオキアミを買いに下田まで戻る。

マックスバリューで晩飯と明日の食料を買い込んで、また別荘に戻る。

「今日はお持ち帰りなしでしたな。」

「まあ、明日がメインですからな。」

「今日のイサキとか持って帰ったら、明日困りますからな。」

「なんぼでも釣れますからな。」

「いや、まったく」

ワハハハハハ!

相変わらずの中年釣り師たちである。


にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

COMMENT

偽チヌ師 #gVkttqPQ

私のコッパが画像の隅に!笑
36のクチブトはなかなかでしたね!

狙いどこがたくさんある磯でしたね。
いつかまた挑戦ですな!

2016.10.24(Mon) 12:21 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

偽チヌ師さん

こんにちは。
たたみ根、いい磯でしたね。
また行きましょう。
船長をからかいに(笑)

2016.10.24(Mon) 17:21 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

楽竿作者

Author:楽竿作者
釣り歴36年だけど、磯は初心者!
房総、伊豆半島、三宅島、八丈島に出かけています。

アクセス

カテゴリ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

にほんブログ村ランキング

↑