12月3日 南伊豆 入間 知らん島

2016.12.11(Sun)

ここんとこ、ろくなもんを釣っとらん。

ここらで一発、カマさんとイカンのう。

賀寿丸のホームページを見ると・・・なにぃ!

明日、明後日は銭洲へ行くだとお!

天気予報を見ると・・・明日はうねりがあってムリっぽいのう。

それに年内はもう、離島へは行かんと決めただろうが。

よし、ではホームへ行くか。




20161203001.jpg

この間の船釣りでは、この配合粉を使った。

V9(グレ)と湾チヌスペシャルのミックスという、じつにいやらしい組み合わせだ。

が、ほとんど使わんかったので、冷凍庫で保存してあった。





20161203002.jpg

夕方からバッカンに入れて、解かしておく。

夜9時過ぎ、車で自宅を出て、真鶴のあおき釣り具に寄る。





20161203003.jpg

解凍予約してたオキアミブロックに、グレパワースペシャルを混ぜて、この間の残りとまぜまぜする。

これでグレ寄りの配合粉になっただろう。

なんせ、スペシャルだからのう。



深夜2時過ぎ、入間に到着すると、けっこう車が停まっている。

しばらく仮眠し、午前6時半、出船である。





20161203004.jpg

今日は珍しく、4艘の船が出た。

土曜だから人が多い。

天気はいいものの、うねりが残っており、低い磯は波を被っている。





20161203005.jpg

どこじゃ、ここは~!

向こうに君掛が見えるから、どうやら住吉島らしい。





20161203006.jpg

なかなかええ雰囲気やないか。






20161203007.jpg

ふふふ・・・こいつをコマセに混ぜとくかのう。

この間、はからずも小便がバッカンに入ってしまったが、すぐにチヌが釣れたからのう。


「おじさまの小水」が効くなら・・・


「お嬢様の聖水」はもっと効くに違いない!


ジョボジョボ・・・・おお・・・炭酸だから泡が・・・

なんていやらしい液体なんだ。

コイツは効く・・・効くぞ!



変態セッティングをしていると、他の渡船が近寄って来て、石物師を一人乗せてきた。

・・・い、石物師と一緒ですか・・・上物師ならわかるが・・・

乗せられた石物師は、恐縮して「私はあっちのカドでやりますから」と端っこに行く。

い、いえいえ、あなたのせいじゃありません(^^;




さて、気を取り直して仕掛けを放り込む。

コマセを撒かないうちに、第一投目のウキがピュンと沈む。

スカッ

針がかりしない・・・

それからは付けエサが取られまくる。

いったい何がおるんじゃ?

数回目で、やっと針がかりして、魚が上がって来た。

うちわみたいにでっかい、カワハギかい!

ああっ! 足元で落ちたぁ!

むう・・・喰ってやろうと思ったのに~



そこへ、他の客を下ろした日吉丸が、こちらに戻ってきた。





20161203008.jpg

「楽竿さん~、下りたばっかりだけど、他の場所へ行くか~!」

となりに石物師がいるのを見て、渋谷船長が状況を察したらしい。

船長も磯釣りをやるので、釣り人の気持ちがわかるのだ。

そのへんの心遣いがうれしい。

すぐに撤収して、いきなり磯替えとなったのである。





20161203009.jpg

初めて乗る島だ。

どこじゃ、ここ?

今日は人が多いのに、うねりで島全体が被っており、だれも乗せていない。

そういえば、ここに人が乗ってるのを見た事がないのう。

ちゃらんぼ3本持って来とるから大丈夫じゃろう。

中央の少し高い所にちゃらんぼを1本打ち、荷物を置くように船長が指示をする。

「ここはフグが多いから、そのつもりでやって!」

波をかわしながらしばらく全体を眺めて、上がって来ない場所を見極め、釣り座を決める。





20161203010.jpg

ここでも時々、足元が洗われるため、バッカンが流されないよう、ピトンを打ち込んでロープでつなぐ。

海にはサラシが立ち、雰囲気はええのだが、砂地主体だからフグが多いのか。

まあ、探ってみるしかないのう。


波がジャバジャバしておるので、海中がほとんど見えん。

地形がはっきりしないので、まずは足元にのみ、コマセを撒く。

あっちゃこっちゃ打ちまくると、様子が分かった時、取り返しがつかんからのう。


船長が言う通り、付けエサを取られまくる。

フグか~

仕掛けを入れる場所を少しずつ変えて探るが、すぐに付けエサがなくなる。

小魚の群れが、真っ黒になって集団移動しているのが見えた(^^;

試しに、仕掛けを入れて、すぐ回収してみると、なんと5秒で生オキアミがなくなっておった(笑)

こ、これはイカン・・・よし、ではボイルを付けてみるか。

針も沈め用の重いやつに替える。

ガン玉も付けて放り込むと、すぐにウキが沈んだ。





20161203011.jpg

うむ、コッパだが、一応付けエサが届いたようじゃのう。

ん?

口の中にボイルが残っておったのだが、細長い芯になっている(笑)

こ、これはもっと工夫せんとイカン!


最初はハリス2ヒロ半で、ガン玉無しの軽い仕掛けだったが、どうにもならんので、重めの仕掛けにしてみたのだ。

だが、もっと重い仕掛けにするよりも、コマセの打ち方と、仕掛けの投入場所を変えて探るのが、面白そうだのう。

足場左から出るサラシにコマセを打ち、これを起点として流れを探るか。

前に三ツ根でやった探り方と同じようにやってみると、やはり付けエサを取られる場所と、コッパが釣れる場所が、スジとエリアで分かれているのがわかる。

ん~、やはり探るのは面白い!

コッパのスジの、ウキ下を変えてやるだけで、足裏サイズにアップした。





20161203012.jpg

試しにサラシの沖に溜まっている泡下へ入れると、チャリコとやはり足裏サイズが喰って来る。

ん~、面白いのだが、もうちょっとサイズアップしたいの~


サラシで表層は沖へ出るが、下の方はほとんど動いていない。

試しに、水中ウキを付けて、ハリスを短めにして、サラシに入る波に乗せてみた。

ウキ下は今までよりもず~っと長く取る。

ウキは沖へ流されるが、水中ウキはサラシの下に留まるので、えらい斜めってしまうからのう。

で、1発目でいきなりウキが沈んだ。

うお! いきなりサラシ元へ突っ込んで足元でハリスを切られてしまった。

ぐう・・・見えんが、この下、根が張り出しとるんか?


だが、この方法も間違ってないとわかったので、しばらく続けてみるかのう。





20161203013.jpg

1発目のような引きは来なかったが、30前後の口太の数釣りになった。





20161203014.jpg

久々に活かしバッカンを活用できるのう。

ここは30アップだけの会員制じゃ!





20161203015.jpg

だんだんと潮が引いて、波も穏やかになってきた。

サラシも弱くなって、ある時点からメジナがパタリと来なくなり・・・





20161203016.jpg

コイツの天下となってしまった。

今日はアカメが大好きなフグおじさんがおらんのだ!



むう・・・状況が変わったから、別の狙い方をせんとイカンのう・・・


ちょっと右の方もやってみるかのう。





20161203017.jpg

私の釣り座はこの左先端で、右の切れ込みから弱いサラシが出ている。

右に細長く伸びる岩場は、水際からストンと下へ立っており、水深は浅い。

これに平行し、途中から先端にかけて、ミゾがある・・・ように見える。

サラシの流れが、先端にむかっておるから、これに乗せてみるかのう。

コマセを1発打ち、仕掛けを右の岩場ぎりぎりに平行に落とす。

引っかかるかもしれんのう。

しばらく仕掛けを張ってから、ゆっくりと沈めてやると・・・


ビュン! ビシッ! ギュオ~~ン!


ゴリゴリ ブチッ!  ぐあっ!


う~ん、説明せんでも、擬音語で表現できたのう。


こんな浅いミゾにデカいのがおったんかい!

足元の張り出した根に張り付かれて切れてしまった。

むう・・・まだ地形を把握できておらんの。


同じように繰り返すと、足裏から35までの口太がおもしろいように喰って来る。

こんなせまいエリアに、いったい何匹おるんじゃ!

活かしバッカンにどんどん入れてたら、ああっ!

弱って腹を見せだしたあ! 酸欠じゃあ!

ぶくぶくを最大にしてるが、追いつかんようじゃの。


食いきれんので、家族ぶん+1尾だけキープする事に。

あとはポイじゃ。


よし、まだ時間があるから、もう少し粘るかのう。

同じように右の岩に平行に流すと、やはりピュンピュン仕掛けを持って行く。

爆釣じゃのう~

このエリア、フグのフの字もないわい。

ミゾに口太がびっしり詰まっとるんちゃうか?

おおもんは、流れの先の方におるかもしれんの。

スケベ心を出し、向こうの先端付近に仕掛けを入れる。


ビュン!  ビシッ!ギュオン!ブチッ!


ぐあっ!


今度は、海中の溝の端の向こうに潜られて瞬殺された・・・

これを境に、アタリがパタリと止まった。

流れがゆるみ、今まで斜めに入っていた仕掛けが、真下にだら~んと下がるようになった。

むう・・・まるで元気のないワシのアレみたいではないか。

潮が変わったか。



もう十分釣ったし、時間も残り少ない。

片づけをして、ここの回りを見ておくかのう。

日が差し、サラシもおさまったので、海中が見えるようになっておる。

むお! こんなんだったんかい!

次に乗った時は、要注意じゃのう~

まるでメジナのおる磯には見えんの・・・

少し荒れ気味の方が楽しめそうだの。

というか、ここ難しいわ。

今日はたまたま楽しめたのかもしれん。


来春、チヌを狙ってみるかのう。






20161203018.jpg

33~35できれいに揃うたのう。

ええお土産じゃ。


今日は、またおもしろい釣りができた。

切られた3発が惜しいが、探って釣るのは楽しい。

だが、上手い人は、ここでどういう釣りをするのだろうか。

デカいのを狙うには、どうすればいいのだろう。

我流でやっとるから、わからんのう・・・


にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

COMMENT

zaki2nd #-

爆釣おめでとうございます。
思った通りに魚が反応すると面白いですね
しかし、お嬢様のチカラをもってしても
潮が緩むとアキマセンか・・・

2016.12.12(Mon) 12:44 | URL | EDIT

偽チヌ師 #xm20Dlsk

良い釣りでしたね〜!水温も少し落ち着いて余計な奴らが大人しくなってきましたかな?
いよいよ奴らを試食する季節ですな!笑

2016.12.12(Mon) 19:05 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

zaki2nd さん

こんにちは。
細かく探るのは、ハマると面白いですわ。
ネチネチとやって、ニヤリとする・・・これも廃人への道ですな(^^;
潮が止まっても寄せるには・・・聖水をたくさん入れないといけませんな(笑)
箱買いせんとイカンですな(爆)

2016.12.13(Tue) 16:41 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

偽チヌ師 さん

こんにちは。
アレとアレも、ちょっと釣りにくくなりますな。
がんばって狙わんと、手に入らなくなりますな。
シュンを逃さんよう、がんばりましょう!(笑)

2016.12.13(Tue) 16:43 | URL | EDIT

釣り吉純平 #LYE4Gpho

天国と地獄

前回は、房総でのP.B.!
今回は、入間で「お見事‼」
お疲れ様です😆🎵🎵
次回は、
サンノジへの挑戦!!
楽しみにしていま~す😁

2016.12.13(Tue) 17:52 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

釣り吉純平さん

こんにちは。
一応、磯バッグには、小型のまな板と出刃ナイフを入れました(笑)
釣れるとドキドキしますな(^^;

自分でやるのも、楽しみですぜ?(笑)

2016.12.13(Tue) 18:56 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

楽竿作者

Author:楽竿作者
釣り歴36年だけど、磯は初心者!
房総、伊豆半島、三宅島、八丈島に出かけています。

アクセス

カテゴリ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

にほんブログ村ランキング

↑