12月10日 南伊豆 入間 加賀根

2016.12.17(Sat)

明日は晴れだ。

が、予報では西からの強風。

入間は西風に弱い。

波が高くなり、磯が被ってしまうのだ。

が、12月の休みは限られている。

まあ、船が出なければ、港でチヌでも狙うか。




20161210001.jpg

真鶴のあおき釣り具で、コマセを混ぜる。

明日は土曜日だというのに、外に出ているオキアミブロックが少ない。

荒れ予報なので、あまり行く人がおらんのだろう。





20161210002.jpg

いつもの配合粉を混ぜる。

私がまとまりのいいコマセを使うのには、ワケがある。

「あそこだ!」という場所に、狙って打ちたいのだ。


そんなウデはないがのう!


その場所が近いか遠いかは、磯へ行ってみんとわからんが、狙って打って、それで釣れなければ自分の考え方が間違っているのだろう。

超遠投用ではあるが、もちろん近くに打つ事ができるのだから、コマセを打てる範囲が広い配合粉という認識でいる。

バラバラと打ち込み、ぼやけたエリアで釣るのと、ピンポイントで狙って釣るのとでは、満足感が違うのだ。


そんな事は、めったにないがのう!


まあ、明日は強風という事もあり、これを使えばある程度は安心できるだろう。

最近、なんとかもう少し上達したいと思うようになった。


ウマいサシミを食べたいからのう!


何と言っても、サシミは買うと高い。

肉より魚のサシミが高いのだ!

安定してサシミをお土産にするためには、誤魔化さずにきちんとコマセを打てるようにならんとイカン。



・・・おいしいサシミなら、船釣りとか遠投カゴの方がよくないか?

いや、そんな磯釣りを否定するような事を考えてどうする!

磯だって、マダイ、青物、石物なんかのおいしいサシミが食えるではないか!

・・・めったに釣れんがのう・・・



深夜2時ごろ、入間に到着する。

・・・車が少ない・・・

港に一番近い場所に駐車する。

ま、そのうちたくさん来るだろう。

しかし風が強いのう~


ビュオオオ~~ン


うなりを上げ、車がユサユサと振られる。

ゆりかごみたいじゃの~

のんきにビールを飲んでシートを倒し、仮眠する。

予報では朝には、少し弱くなっておるはずじゃ。







5時半、目覚ましで起きると・・・


ビュオオン!


・・・も少し寝よ・・・




ふと目が覚めると、6時を過ぎていた。

渋谷船長が外に出て来た。

お、釣り客もおるやん・・・一人だけ。

聞くと、泊まりのお客さんだという。

むう。 一人で泊まって連日フカセるとは・・・3年前のワシと一緒じゃのう。

港は静かだが、外に出るとちょっと荒れているようだ。

ここから見る三ツ根は、時々波を被っておる。

ちょっと上から広地の方を見てみようかと船長が言うので、軽四の荷台に飛び乗る。





20161210003.jpg

駐車場の端っこまで行くと、千畳敷の方が見える。

む・・・けっこう被っとるな・・・

ビミョウな顔をした船長が、泊まり客に問う。

「やれない事はないけど、ちょっと修行のようになるかもよ・・・」

私も、船長が迷うくらいなら、やめるのもアリだと思ったので、口は挟まない。

もう少し様子を見て、7時半には決めましょうという事になった。

泊り客の彼は、若くてまだフカセに燃え始めたところじゃろう。

悩んだ末、行きたい!との事なので、私と2人、渡ることになった。





20161210004.jpg

他の船は客なし・・・日吉丸は我々2人・・・





20161210005.jpg

出船じゃ!

港まわりはほとんど波がないが、進むにつれて船が大きく揺れる。

こ、これは湾の外に出たらアウトじゃのう。

というワケで、我々は加賀根に下されたのである。


沖磯はどんな具合かのう~





20161210006.jpg

・・・川吾、まるかぶりやんけ・・・

波裏、風裏となる場所に、2人とも釣り座を作る。





20161210007.jpg

仕掛けを作りながら、今日はどういう釣りをするかを考える。

こういう時も楽しいですな。


まだ現実に直面しとらんからのう!






20161210008.jpg

とりあえず、私の口太釣り標準針を付けとこう。

よし、コマセを撒く前に、仕掛けを入れて潮の流れをつかんどくか。

ほ~れ、ぴょ~~ん。

・・・
・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

流れんのかい!

サラシは立っておるから、それでウキは流されるが・・・上っ面だけじゃ。

チャカ場では、若人が竿を出している。

おっさんの釣りが、燃えている彼のジャマになってはイカン。

まずは右のサラシを中心にして、探ってみるか。



それから2時間ほど、いろいろと試すが、な~んも釣れん。

理由はわからんが、このサラシを狙うのは時間の無駄じゃな・・・

水道を出た所に、コマセで魚を寄せるか。


しばらくすると、寄ってきたでえ!





20161210009.jpg

こんなんがあ!

忙しくなく、飽きない程度に足裏~30ほどの口太が釣れてくる。

エサ取り?

おりまっせ~!





20161210010.jpg

コイツがあ!

よどんだ水道は、コイツでいっぱいじゃ!





20161210011.jpg

思い切ってもっと深くしてみるかのう。



・・・・・イカン!





20161210012.jpg

コヤツが来おったわ!



そんな事をしながら、自分の回りをネチネチと探るが、いまいちパッとせんのう~

サシミにできん事もないが、せめて35くらいのを持って帰りたいのう~

もうとっくに昼を過ぎ、あと1時間くらいしかできない。


ん?

張り出した根の向こう、なんか下から出て来たか?

コマセを打つと、下から突っ込んでUターンして行くデカいのが見えた。

コイツじゃ!

よしよし、アノ方法でイケるじゃろう。

急いで仕掛けを変更する。


ここにコマセを打って・・・・・ほれ、喰うてみい!


ビュン! ビシッ! ギュギューン!






20161210013.jpg

一発で来たわい!

何度も突っ込むのを、横へ横へ連れ込んで、タモに入れた。





20161210014.jpg

入間では久しぶりの40オーバーじゃのう~

後で船長に測ってもらったら、43センチだった。

ん?

口から40センチくらいのハリスが出ておる・・・





20161210015.jpg

誰か、根ズレで切られとるわ。

かかり方からして、釣り方が違うのう。


よし、もう一回じゃ。


ビュン! ビシッ! ギュギューン!


ワハハハハハ! また一発で来たわい!

おんなじような大きさかのう~

サシミが食いきれ・・・スカッ


ば、バレた~!


ま、まあ、簡単に釣れたらオモロないやろう。

もう一回じゃ。


ビュン! ビシッ! ギュギューン!


ワハハハハハ! 完全にハマッとるのう!

ラストスパートじゃの~ ん?

ああっ! そ、そっち行ったらアカーン!


ゴリゴリ  ブチッ! ぐあっ!


き、切られたあ!


針を結んで、再度仕掛けを放り込んだ時には、時合いが終わっておった・・・

短かったのう・・・


納竿とし、迎えの船を待つのであった。





20161210016.jpg

帰りも軽四の後ろに乗って、駐車場へ戻る。

日が高く、風もほとんど止んだため、暑いくらいになった。

印象に残る、荒れた1日であった。


にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

COMMENT

偽チヌ師 #xm20Dlsk

40アップのグレ、良いですね〜!
南伊豆ではなかなか出ませんからね。

そして、良型フグちゃん!
その虫喰い状のまだら模様はムシフグですな!昨シーズンいただきましたが美味いフグちゃんでした!

2016.12.20(Tue) 12:05 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

偽チヌ師 さん

こんにちは。
久々に出ましたわ。
離島なら珍しくないサイズですが、半島まわりでは貴重ですな。
素直にうれしいですわ。

ふ、フグはフグおじさんにお任せします(笑)

2016.12.20(Tue) 14:56 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

楽竿作者

Author:楽竿作者
釣り歴36年だけど、磯は初心者!
房総、伊豆半島、三宅島、八丈島に出かけています。

アクセス

カテゴリ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

にほんブログ村ランキング

↑