1月24日 南伊豆 田牛 スズリ根

2017.01.31(Tue)

朝4時に起きた。

昨日コンビニで買っておいた朝食を食べる。

う~ん、いつもの事だが、今朝もすぐにはババが出んのう。

中途半端に出すと、栓を抜く事になるから、それだけはやめておかんとのう。

田牛の喜一丸には、朝5時に港に来いと言われている。

別荘から15分もあれば到着するので、4時半過ぎに出発した。




20170124001.jpg

田牛港で荷物を下ろし、真っ暗な中、船頭を待つ。

しかし寒いのう。

風裏だからほとんど風はないのだが、しんしんと冷えてくる。

あ、ヒップガード忘れた!

岩場に座る時、ズボンが破れないためのものだが、アレがないとマタヒモが尻に喰い込むからのう。

偽チヌ師さんは、アウターのズボンを忘れたようだ。

下着と作業ズボンの2枚で、とても寒いらしい。

くねくねしておる。



やっと船長たちが来て、みんなに渡る磯の希望を聞いていく。

ここは娘も操船する。

昔から話に尾ひれがつき、女子高生の時にセーラー服で舵を握ってたとか(笑)

んなわけないだろうが。

しかし・・・今は見る影もないが・・・

いや、こんな事書いてバレたら、次から変なとこに乗せられそうだからの。

ウソですぞ、ウソ。

とってもきれいな女性ですぞ!(^^;



我々の希望は、唯一、「風がない所!」

今まで喜一丸では、横根と平根に乗った事がある。

今日も、沖磯へ行けるとの事だが、この強風だ。

乗れるとこ限定だし、地方の風がない所でいいだろう。

ナニパクさんは今までは地磯通いで、渡船で渡るのは初めてなのだ。

さて、出船だ。





20170124002.jpg

すぐに着いたわ。

港のすぐ横にあるスズリ根だ。

初めて乗ったので、どんなとこか知らんから、3人ともヘッドランプを点けてうろうろうろうろする。

海中が見えず、どこがいいのかわからん。

だが、足場が良くて沖向きの場所が一つあり、ここがたぶん一番よさそうだ。

ここには渡船初めてのナニパクさんに入ってもらおう。

初めての沖磯、楽しんでもらわんとのう。

磯ラーへといざなう甘いワナとも言う。

ワシと偽チヌ師さんは、どこか適当な所でやるかのう。

もうすでに逝っておるからのう。





20170124003.jpg

しばらくしてエビ網漁船が、仕掛けた網を引き上げに来た。

なかなかいい景色である。

こっちにも何匹か放り投げてくれるとありがたいんだがのう。





20170124004.jpg

さて、明るくなったので釣りを開始する。

偽チヌ師さんは西側の磯との間に向けて竿を出す。





20170124005.jpg

私は田牛港に向けて釣り座を取った。

右からサラシが来て、釣りにくいが、なんとかなるじゃろう。





20170124006.jpg

ふふ・・・がまのファルシオンを下ろすのじゃ。

どんな具合か、楽しみじゃのう。

あんまりデカいのがおらんような場所だが、ある程度は楽しませてくれるだろう。

今日は、今夜のおかずが釣れればいいのだ。

そりゃあ~!





20170124007.jpg

これが初がまの魚か!

ちょっと小さいが、一応メジナだから許そう。

最初がイスズミやベラだったら、クセがつくからのう。





20170124008.jpg

・・・数は釣れるんだが、こんなんばっかしか!





20170124009.jpg

お、ちょっとサイズが上がって来たわい!

この調子でサイズアップしてくれよ~





20170124010.jpg

思いっきりサイズダウンか!





20170124011.jpg

ついにはこんなんがぁ!

竿を出した3人の前にはトリが群がり、バッカンの横でも、こぼれたオキアミを狙う。

泳ぎ回るもんだから、足でラインを蹴飛ばしまくる。

竿を上げるとラインに絡まって、コイツを釣ってしまった。





20170124012.jpg

おのれ~、道糸が絡まっとるやないか。

ある意味、カラスよりタチが悪いのう・・・

ここをこう通して・・・足を抜いて・・・こうすれば・・・


バサバサバサ!


こら、暴れるなっ!


バサバサバサバサバサバサ!


きさま~! さらに絡まっただろうが!


泣く泣くラインを数か所切って、抜いてやった。





20170124013.jpg

放り投げると、遠くへ飛んで行く・・・んちゃうんかい!

偽チヌ師さんの前に陣取る仲間と一緒になって、またプカプカ浮いてエサを待っておる。


こんバカドリがあ!


日向ぼっこをしている偽チヌ師さんと、タバコを吸いながら談笑する。

「水深が浅いですな。」

「春のチヌが乗っ込みで釣れそうですな。」

「今日は流れもほとんどなくて、グレはもう一つですな。」

「しかしトリが多すぎますな。」

「コイツら、バッカンの横まで来て、逃げませんからな。」

「今夜はトリも食べますかな?」

「さすがにトリをさばくのはイヤですなぁ・・・」





20170124014.jpg

「ナニパクさんとこにトリが集中してますな。」

「ワシらがサボってるんで、あそこに集まっとるんですな?」

「楽しそうですな。」

「いやまったく。」

ワハハハハ!

人でなしであった。


そんな平和な時を過ごし、型もんは見る事が出来ず、30半ばのメジナを釣ったのは、ナニパクさんだけであった。






20170124015.jpg

ファルシオンをちゃんと曲げてやれなかったのう。

1.5号5m なのだが、小型のメジナしか釣れなかったので、まだ竿としての感想ははっきりしない。

ただ、30くらいのメジナでもよく曲がり、楽しい竿ではある。

シマノのプロテックほどではないが、操作性も悪くはない。

だが、曲がり始めると、明らかにプロテックとは感じが違う。

なんというか、言葉で言い表しにくいのだが、連続して曲がる感覚というか、無段階で曲がり、手元に来る衝撃を竿が吸収するというか、何か独特の感覚である。

チヌ竿の感覚に近いかのう~。

ま、デカいのかけてからですな。

今度じゃ、今度(^^;



午後3時過ぎに沖を上がり、別荘に帰る前に港で魚を処理した。

ナニパクさんの釣果だけであり、彼が処理してくれたのだが・・・





20170124016.jpg

フグだけは、フグおじさんにやってもらう(笑)

ええ型のフグで、うまそうですな。

(フグおじさん=偽チヌ師さん)





別荘では、さばきと下処理をフグおじさんがやってくれた。

メジナのサシミと、塩ごま油の中華風カルパッチョとでも名付けるか。

私はやることがないので、フグを油で揚げ、メジナを酒蒸しに。





20170124017.jpg

「ウマいですのう~」

「ビールでのどを潤し、日本酒で魚を流し込む。最高ですな!」

「やはり日本酒が合いますな!」

「でも、あと2品、足りませんな。」

「アレとアレですな?」

「神津島へ行けば、ノトイスズミはほぼ100パー、手に入るんですがな。」

「明日は人数集まらなくて出船しませんからな。」

「ほんまはこっち3人おるのに、1人だけだと船長が勘違いしてましたからな。」

「まあ、明日は下田の沖磯に渡れるから、それはそれで楽しめそうですな。」

「シマアジがおりますな。」

「デカいのいらんから、食べごろの大きさのが欲しいですな。」

「40センチくらいが一番いいですな。」

「50センチ超えたら、ポイですな。」

「いやまったく。」

ワハハハハ!


そんなもん釣れるか。


にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村


にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

COMMENT

#

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017.02.01(Wed) 09:21 | | EDIT

ゴマちゃん #-

宴会も楽しそうですね

前日から宴会まで、釣り人なら誰しも一連の流れとして楽しんでいると思いますが、
釣果とはまた別の楽しみが宴会には、ありますよね。

楽しい日記ありがとうございました。
日曜日は、乙浜港でハオコゼ2枚を釣りました(^-^)ゝ゛

食べたら旨いらしいですが、まだ未経験です(^_^;)

2017.02.01(Wed) 12:24 | URL | EDIT

72 pac #-

ありがとうございました

スズリでは、一番良い釣り座を譲って戴きありがとうございました。とても楽しい釣りができました。あのお方をばらしたのは不覚でした(笑)次回はあのお方をしっかりあげられるように鍛練しておきます(笑)

2017.02.01(Wed) 18:42 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

ゴマちゃん

こんにちは。
釣りだけではなく、その過程も楽しみですね~、特に泊まりの間の宴会は特別ですな。

ハオコゼですか!
食べる場所というか、唐揚げで丸ごと食べるんでしょうか(^^;

この季節、西からの風が多いので、どうしても風裏になる伊豆が増えてしまいます。
風がなかったら、房総へ行くんですが・・・

2017.02.02(Thu) 11:58 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

72 pacさん

こんにちは。
いえいえ、我々も楽しんでましたからね~
アレは、「ノト」が付くイスズミでなければ試食しません。
真正のイスズミは、ポイですから(笑)

しかし地磯でしっかり釣ってたみたいですね~
お上手でしたわ。
我々はキープなしでしたからな(^^;

2017.02.02(Thu) 12:02 | URL | EDIT

すぎ #-

う~

シマアジ待ってます^^;

2017.02.02(Thu) 13:44 | URL | EDIT

楽竿作者 #LvbWpVdY

すぎさん

こんにちは。
あのシマアジ、専門に狙ってる人たちがいるんですね。
普通のフカセの道具では、私の腕ではちと無理ですわ(^^;

2017.02.03(Fri) 14:49 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

楽竿作者

Author:楽竿作者
釣り歴36年だけど、磯は初心者!
房総、伊豆半島、三宅島、八丈島に出かけています。

アクセス

カテゴリ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

にほんブログ村ランキング

↑